海 さん プロフィール

  •  
海さん: 不倫の恋の果て 海の場合
ハンドル名海 さん
ブログタイトル不倫の恋の果て 海の場合
ブログURLhttp://ameblo.jp/hurinjojunogohu/
サイト紹介文好きになった人が、たまたま妻子ある人でした。
自由文好きになった人が、たまたま妻子ある人でした。そう言っちゃえば簡単なんだけど、実際にはそんな簡単な事じゃな
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供22回 / 44日(平均3.5回/週) - 参加 2016/09/01 10:50

海 さんのブログ記事

  • 過去の記事 …
  • 最後に…私が今でも電話占いに電話をする本当の理由
  • 今でも、正直言って電話占いの先生に頼ってます。不倫を終えて、恋愛成就してから数年の年月が流れていますが…理由は、「罪悪感」です。もちろん、今の私はとっても幸せです。でも、罪悪感だけはどうしても、消えないのです。彼にも、話したことはありません。友達にも、もちろん話せません。でも、どうしても罪悪感だけが消えないのです。当然と言えば当然ですよね。墓場まで持っていこうと思ってた恋が、彼の一言で動き出し、そ [続きを読む]
  • まずは護符の力を無料体験してみたいと言う方へ
  • 海です。私に護符を作ってくださった先生のご好意で、護符のお力を無料で体験する事ができます。まずは、護符の力を試してみたい、そんな方は護符を試してみてください。護符を無料で体験できるって本当? 私の願いを叶えてくださった桃源院かなえやの椿先生は、色々な悩みで苦しんでる多くの方々に護符の効果を感じて欲しいと護符を無料で配布されているのです。携帯電話の待ち受けの護符であり、ダウンロードするだけで無 [続きを読む]
  • 本気で不倫の彼と一緒になりたいと思われてる方へ
  • 海です。世の中には、辛い恋をされてる方って恐らくたくさんいるはずです。私も、そんな女性の中の一人でした。辛い恋は、自分さえ変われば抜けだすことができます。幸せになる方法を、書いていきます。本気で彼との未来を考えてますか?私は、出会いこそ不倫でしたが彼との未来を真剣にずっと思い続けました。彼もそうであったと思ってます。最初は分かりません。もしかしたら、単なる遊びだったのかもしれません。もう結婚して何 [続きを読む]
  • 私の電話占い利用方法
  • 海です。電話占いって、色々な使い方ができると思うんです。私の電話占いの利用方法を、ご紹介していきます。電話占いの色々な利用方法皆様は、電話占いってどんな時に使われますか?運勢が知りたい時ですか?それとも、彼との相性が知りたい時でしょうか?どっちの方角に旅行に行ったらいいか知りたいという方もいらっしゃるはずです。また、運命や生まれた時からの宿命が知りたい。そんな方もいらっしゃるでしょう。私の場合は、 [続きを読む]
  • 電話占いのおすすめポイント3選
  • 海です。電話占いと一口に言っても、色々あると思います。私がよく利用してた電話占いについて、ご紹介していきます。電話占いで悩み相談? 占いって、女性なら誰でも一度は利用した事があるのではないでしょうか?当時私が住んでいた地域には、ショッピングモールともデパートとも呼べるような施設があり、地下一階にある本屋さんの一角に、占いの館がありました。つい立てのようなものでしきられて、数名の先生が待機して [続きを読む]
  • 不倫成就の護符を持って変わった事
  • 海です。電話占いの占い師の先生に教えて頂いた「護符」に願いを込めることで、色々と変わった事があります。今回は、護符を持つ事で変わったことについて書いていきますね。護符を持つ事で彼との未来に確信を持てるようになった彼の事を信じてなかった訳ではないんです。彼は、必ず私の所に来てくれると思ってました。でも、それがいつになるのか、どれ程の長期戦になるのかが予測も出来ない状況でした。そんな中、彼と一緒にいる [続きを読む]
  • 護符は不倫の願いでも叶えてくれるの?
  • 海です。護符と言われても、「え?護符って何?」という状態の方もいらっしゃるはずです。護符について、ちょっと書いていきますね。護符って何? 護符と言われても、最初はピンと来ないという方が多いかもしれませんね。護符と言うのは、お守りの事で陰陽師の先生に作成して頂くお守りのことを指します。平安時代から、人知れず願いを叶えたいという方々が護符に願いを託していたんだそうです。平安時代からだなんて、すご [続きを読む]
  • 20.二人の不倫の結末
  • 私は今まで彼に内緒にして来た電話占いの話をして、彼の前で占いの私の担当の先生にお礼を言いました。先生もとても喜んでくれて、「お相手の奥様に知られないという事が恋愛成就の必須条件でしたので、これをお二人が固い信念と絆で守り抜いた事が成就に繋がったのです。いつまでもお幸せに…。」私は先生のお蔭で心が折れそうな時に頑張れてのだと彼に話しましたが、「これからは隠し事はなしで、僕に何でも話して欲しい。」と言 [続きを読む]
  • 恋愛成就の時
  • 私たちはずるいと言われようが、秘密裏に彼の奥さんやその関係者にばれる事なく、無理をしないで着々と恋愛成就に向けて行きました。もう数年にも渡るプロジェクトになっていて先がどうなるのかも分かりませんでした。そんなある日に彼からメールが来て、「無事にプロジェクト完了!後は大事を取って半年後にオープンに!」このメールの意味は奥さんと無事に離婚ができ、半年の期間を待って私との交際をオープンにすると言う意味で [続きを読む]
  • 電話占いの効力〜私の場合〜
  • 電話占いの先生のお蔭で、日々穏やかな気持ちで過ごせるようになりました。そして、彼と不倫の関係である事への罪悪感も、少しだけ薄れてきました。もちろん、罪悪感はずっと私の中にはあるにはあるのですが…ある日、電話占いの先生に言われた事です。「磯田さんがお相手の方と会えない時には、彼の方がもっと辛そうです。彼は磯田さんをこんな風に合わせている事にかなり罪悪感を持っていますし、むしろ彼の方が磯田さんに会いた [続きを読む]
  • 17.『彼に言わない秘密』
  • 私はそれからも精神的に疲れたり、『不倫』と言う罪悪感に苛まれると、電話占いを頼ってしまう様になり、この事は彼には内緒にしている事にしました。どうしても、彼の気持ちに不安になった日に、電話占いの先生に彼の気持ちを占ってもらいました。ずっと、怖くて彼にも聞けないし、占いでも占ってもらえなかったことです。「今日、占って欲しいのは彼の私への気持ちを問いたださずに知る事はできないものかと言う事です。」「私も [続きを読む]
  • 16.『不倫の関係』
  • 彼と肉体関係になったのもそれから随分してからの春の日の事です。私自身精神的な愛情の部分が先行していたので、肉体的な結びつきにはそれほどこだわりはありませんでしたが、最初の時には感動とうれしさで思わず泣いてしまいました。私は彼の大人の男性の部分と少年のキラキラした部分を失っていないところに強く惹かれて行きました。でも、いくら好きでも愛していても彼には妻子が居て、その事が大きくまるで重石の様にググッと [続きを読む]
  • 愛が生まれた日
  • 私は会社の近くのワンルームマンションを元カレとの思い出を立ち切る為にも引っ越して、今は地味ながらも1LDKのアパートに住んでいました。会社には一駅だけ電車を使わなければならなくなったけれど、歩いても20分足らずだし何よりも環境がかなり良くなり閑静で近所には緑や公園もたくさんあります。このアパートに引っ越して来て、最初のお客さんが係長でした。そうなんです。例のワインのあの約束…この夜は私の手料理であの [続きを読む]
  • 新たな恋が生まれる瞬間
  • それから数か月して、もうすぐクリスマス間近という頃の出来事です。私が提案した企画が受理され上司からお褒めの言葉を預かり、最近の私は絶好調という感じでした。まさに、良くない恋愛をしていたあの時の私とはさよならできた、そんな気持ちです。その事を理由に、係長を家に招待して預かっているワインを開けようと言う事になりました。係長とは、その間も外での食事などは続けてました。ただ、残業の後に飲んで話して…という [続きを読む]
  • 恋愛の代償
  • 結局のところ、お金は受け取れないと断ると、それは困ると言われましたが、彼に二度と会う気はないのし、お金を受け取る条件が念書の様な物を書く事が条件でもあったので、ありきたりな男女間の話でそんな物を一々残すのはこちらの方も正直、とても困るお話だと伝えました。それよりもそちらの仲が悪くなったからといってこちらに来る様な事があった方が困る事を伝えると、かなり納得して帰って行きました。私は思わずペタリとしり [続きを読む]
  • 恋愛の代償
  • 結局のところ、お金は受け取れないと断ると、それは困ると言われましたが、彼に二度と会う気はないのし、お金を受け取る条件が念書の様な物を書く事が条件でもあったので、ありきたりな男女間の話でそんな物を一々残すのはこちらの方も正直、とても困るお話だと伝えました。それよりもそちらの仲が悪くなったからといってこちらに来る様な事があった方が困る事を伝えると、かなり納得して帰って行きました。私は思わずペタリとしり [続きを読む]
  • 別れから新しい恋へ
  • 私は身体の中にあった何かの液体の様な物が、サーッと抜けて行き様な錯覚に陥って行き、少しフラフラとしたのを今でも覚えています。多分、これはマインドコントロールから解けて自由な気持ちになったのと、彼に対する愛情が一気に冷め渡ったのだと思いました。このままですと私の方から別れを切り出して、どんな気持ちでかは分かりませんが彼がその事に対して、承諾をする事しか選択肢はありませんでした。またそれを全部人任せで [続きを読む]
  • 別れの時
  • そんなこんなのストレスで食欲はなくなり、眠れない日々が多くなり胃がチクチク痛む時がありました。ある晩の事ですが、知らない方が私のマンションに訪ねて来ました。私の父位の年齢でしょうか?「金田 貢さんの事で少しお話があります。」と、付き合っている彼氏の名前を言われて、もしや興信所か何かの人?と思っていると、当たらずしも遠からずでした。彼がお付き合いしているお嬢さんのお父様が経営している、病院の関係者と [続きを読む]
  • ひどい彼氏
  • 大学生時代、ヒロの知り合いの経営するクラブで知り合った製薬会社の男性と知り合い、バリバリ仕事をする姿にひかれて少し年上でしたがお付き合いを始めたのです。今にして思えば私は彼にとって都合の良いオンナだった様で、出張費を浮かすために私のマンションをホテル代わりに使いたかっただけのようでした。その浮いたお金でターゲットにしていた開業医の娘に貢いでいた様でした。もちろん最初はうまく行ってましたが、だんだん [続きを読む]
  • 私の体調不良
  • 話は前後しますが、まだ係長と不倫の関係になる前の出来事です。私はそれからも残業が続き、係長とは月に一度〜二度位、夕飯に誘われて行きました。時には私たち二人だけではなかったし、係長の愛妻家という話は先行していたので、変なウワサが立つ事もありませんでした。ある朝、私は具合が悪く中々起きられずに居ると立ちくらみがして何だか怖くなり少し大きな病院で診てもらう事にして、会社は昼過ぎから出る事にしておきました [続きを読む]
  • 電話占いの鑑定結果〜私たちの不倫の結末〜
  • 本当は、少しだけ怖かったのです。あの時、不倫の結末を聞いてしまうのが…悲しい結末だったら…!?でも、やっぱりあの時の私にとって、終わりが見えない恋は酷過ぎました。若すぎたのかもしれません。電話占いの先生は、ゆっくりと話始めました。「二人の不倫の恋愛の結末ですが、お相手の方の奥様がかなり気のお強い方ですので、夫婦の間ではもうかなり愛情は冷え切っていても、プライドや意地がそれを許さないと感じです」と。 [続きを読む]
  • 過去の記事 …