sabaaysabby さん プロフィール

  •  
sabaaysabbyさん: 深呼吸して自然に
ハンドル名sabaaysabby さん
ブログタイトル深呼吸して自然に
ブログURLhttp://sabaaysabaay.hatenablog.com/
サイト紹介文乳がん患者になりました。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供28回 / 177日(平均1.1回/週) - 参加 2016/09/01 18:02

sabaaysabby さんのブログ記事

  • 術後一年
  • 術後一年検診、超音波と触診のみ。前回、6カ月前、血液検査と超音波とマンモ。次回、6か月後、血液検査とマンモ。告知前の私は、2008年から9年間一年毎の経過観察で、毎年嚢胞との診断でした。2013年、要精密検査時も、左右共に嚢胞、カテゴリー2。完全に私の失敗。要精密検査時の時、まともな所に行っていれば・・・。健診以外に、二軒の乳腺科にもかかったが、「これが悪性なわけがない」という言葉に「でも、数パーセントは悪 [続きを読む]
  • 最近、涙もろい
  • 一年検診予約日の今日、昨年末、針生検をしてもらった日本の病院へ問い合わせの電話をした。「心配でしょうけど」だったか「不安でしょうけど」なんて言われたかはっきり思い出せないけど、思わず涙ぐみました。日本語だと、ダイレクトにきます。今の状態が正しくそうなんだと思います。はっきり日本語で聞きたい。日本語じゃなくて助かる事もあるけれども、この≪癌≫に関しては、日本語がいい。通訳さんも居るけれど、やっぱりダ [続きを読む]
  • 何も言えない
  • 先日、言われました。「深刻な顏してるから、酷いかと思ったら、ステージ1なの!軽いわよ、平気よ、ステージ1なんでしょ」・・・。そうですね、そうなんでしょうけど・・・。「マオちゃんのブログ読んだ?読みなさいよ、彼女強いから」そうですね、そうなんでしょうけど・・・。・・・。何も言えませんでした。話変わって、昨日、術後1年の超音波検査に行って来ました。手術した病院でのシステムで、担当医専属の技師がいて、そ [続きを読む]
  • ウォーキング
  • 元々あまり真面目ではないので、癌になっても、あまり真面目ではないし、自分に甘い。場面場面で、とても真面目な部分も持ち合わせてるけど、基本、ぐうたら。でも、今迄の生活スタイルを改善しないといけないというのは頭にある。そんなわけで時々ウォーキングするように心掛けている。おかっぱみたい。 [続きを読む]
  • マンモトーム
  • この冬休み、一時帰国したので、日本の先生に診てもらおうと数カ月前から予約を入れていた病院に行った。今迄抱え込んでいた、すっきりしていない部分の質問をさせてもらった。・・・が、そんな事では無く、怪しいものがあるという事で、このまま経過観察でもいいけど、今日、これからマンモトームしてもいいですよと。そんな心構えは全く持ち合わせてなかったので、どうしたものかとオロオロするばかり。こんな状態であっても、往 [続きを読む]
  • 時代
  • 母親の姉は、20年以上前に肺がんで亡くなった。ずっと調子が悪かったそうだが、お店をしていた事があってか、病院に行くのを延ばし延ばしにしていた様で、病院に行った時には既に手遅れで手術も出来ない末期の状態。遅くに随分年下の人と結婚したが、子供は居なかった為か、電話をくれたり物を買ってくれたり、高価なお下がりをくれたりしていた。その頃は、今と時代が違っていて、医者も本人には告知しないし、周りも本人には告げ [続きを読む]
  • ノルマ
  • 今日はノルマ果たしました。やらなきゃいけない事すると、気持ちがいいです。18時に国王賛歌が流れると、皆、静止画像の様にぴたりとも動かない。暗くなるのが、早くなりましたが、こういう場所があって良かったです。読んで頂いてありがとうございます。 [続きを読む]
  • 結果
  • 腕の腫瘍の検査結果は、悪性ではありませんでした。嬉しさのあまり、はっきり病名を覚えていませんが、多分、血管腫と言われた様な気がします。摘出日の翌々日の日曜日、足ならいいかなと思いフットマッサージへ。マサージも終盤になった頃、脇の辺りに手を置いた担当者、熱があるんじゃないの、具合が悪いのかと聞いてきたから、そんな事ないよと答えたものの、切開した辺りがジクジクしたり痛い感じもあるし、ちょっと熱っぽい [続きを読む]
  • タメコミアン
  • 私は、タメコミアンだ...った。過去形になりつつある今日この頃。只今、時間軸を「今」に置いて、不用品を排出中。体の毒素も出し切りたい。カンチャナブリの滝にいたドクターフィッシュ↓読んで頂いてありがとうございます。にほんブログ村 [続きを読む]
  • 腫瘍
  • 9月10日にマッサージに行った後、いきなり出来た腕のしこり。ウズラの卵位の大きさが、いきなり出来た。翌日、一日待たずしてサイズダウンしたので、様子を見る事に。そして、別のマッサージ屋に行くと、終了間際、担当してくれた人が別の人を呼んで腕のしこりをチェックしている。これはおかしいから病院に行った方がいいと言われる。・・・そうだよね。。。その足で、病院に行く。外科で診てもらうと、血流の流れをよくするとい [続きを読む]
  • 運動
  • なかなか重い腰が上がらず、術後8ヶ月が経つというのに、何も運動らしきものをしていない。時々、ウォーキング程度…運動は、30%再発率を下げるとか…それは、無理矢理にでもしなきゃ。一周700メートルの公園を10周以上回って漸く1万歩。読んで頂いてありがとうございます。にほんブログ村 [続きを読む]
  • 我慢しない
  • 今の季節は雨季だが、もう直ぐ終わり、一年で一番涼しいとされる涼気、そして一年で一番暑い暑気があり、その時期にソンクランというタイのお正月休みが4月にある。昨日、移動中にふと浮かんだのが、子供と一緒に、昔住んで居たヨーロッパに、夏休みより長い春休みを利用して行ってこようかと。そう思ったからには、先ずは住まい?探し。今は、為替が以前より暴落してる事もあり、ベラボウな感じではないけれども、安くはない。そ [続きを読む]
  • タイの国王が崩御されてから、街を歩いてる人は、ほとんどの人が黒色の服を着ているし、お店に並んでいる商品も黒・黒・黒。高級デパートも市場も露店も、黒。私も、私の家族も、毎日黒色の服を着ている。日本に住んでいた時は、抵抗無く着ていた黒色の服が、この国では似合わず、そして何より、今の私の心をより一層重くする。今日も、黒い服を着て、夫の黒色の服を買いに行った。読んで頂いてありがとうございます。にほんブロ [続きを読む]
  • 保険
  • やっと、保険の手続きが完了した事が分かった。このお金は、今後、大きいお金を支払わないといけなくなった場合か、その心配もなくなった時には、家族で使おう。ここ最近、あの頃は良かったな。と、ふと思う時がある。あの頃というのは、癌だと知らずに生きていた時まで。子供も反抗期のせいか、何だかシンドイ・・・。最近、術側の強い痛みもあるせいか、眠る前やふとした瞬間に涙が出る事もあった。読んで頂いてありがとうご [続きを読む]
  • マッサージ
  • ここに住み始めて、大好きな事のひとつに、マッサージ通いがある。思い起こせば、中学生の頃から肩凝りが始まる。肩凝り、首凝り。取れない疲労感。整体、タイ式、日本式、台湾式、オイル、フットマッサージ、グアサ、色んな所に行っていたが、先日初めてカッピングをしてみた。「心臓、腎臓、膵臓、肝臓いい、悪い所はない」と言う施術者に、「胸は?」と聞いてる自分が居た・・・。台湾式の足マッサージの時「痛い」と言った所は [続きを読む]
  • 生老病死
  • ブッタの四門出遊の話と生老病死の話をお坊さんから聞く。人間として避けられない4つの苦しみ、生老病死。死ぬ事が怖いですか?例えば、癌を患ったAさんとBさんがいます。Aさんは、それを受け入れる。Bさんは、受け入れられず、その事が頭から離れず、そればかりを考える生活をしている。同じ癌患者でも、物の捉え方で全然違う生き方となる。受け入れると違う。という様な話。自分はどうだろう、受け入れてはいるけど、頭から離 [続きを読む]
  • 考え方
  • 家庭環境は、性格や物の捉え方、考え方、全てに影響すると思う。生んでくれて育ててくれた事は感謝しているが、人格形成時に不安定な家庭環境の元、生活するという事はアンラッキーだった。人の顔色を見る事、様子を察知する事は人より長けていたと思う。でも、基本が違う為に、とんちんかんになる事が多々ある。子供や夫の考え方や行動を見ていて“普通はそうなんだ”“そう考えればいいんだ”と気付く。子供を持つ事に自信がなか [続きを読む]
  • したい事をする
  • これから先、どれくらい命があるかは、誰にとっても分からない事。自分の人生も平均寿命の半分を過ぎた今、今迄生きてこれた事も偶然ではなかった事を、この年になると理解する。他の方のブログやネットの情報から色々学ばして頂く事が多い日々ですが、その中で、腫瘍が右側に出来るか、左側で出来るかでタイプ分けが出来るという事を知り、自分自身が当てはまったので納得したものでした。右側の人は、家族との間でのストレスが多 [続きを読む]
  • ココナッツ
  • タイ人から、タイ人が亡くなったらココナッツの水で顏を拭くんですよ、例外は無いです、と聞いて驚いた。この話は本当なのかどうなのか、別の人に聞いてみたら本当だという。乳癌になる前は、生きている側に居るのが当たり前に思っていたという事を、告知以来、よく思う。口では、分かった様な事を言いながら生きていた。突然死や事故死よりは、心構えが出来る時間があってよかった、と思い直してみたり、ふと、私を見送る夫と娘を [続きを読む]
  • 術後、初めてのマンモ、超音波、血液検査
  • 9月16日金曜日、マンモと超音波の予約の為来院。前回、超音波をしてくれた先生とは違う先生になる。それは、乳腺外科医が変わったからだけども、過去8年間、経過観察という事で一年に一度チェックしていたにもかかわらず、見逃されていたこの腫瘍を見付けてくれた、前回の超音波の先生は、私にとって特別な位置付けとして少なからずある為に、同じ先生が希望だったが、それは叶わない。乳腺外科医の予約まで時間があるので、一度帰 [続きを読む]
  • 断端近接
  • リワイド手術後の病理結果、断端陰性だが一部近接とあったが、乳腺外科の先生も、放射線科の先生も問題無いとの返答。自分で、それを受け入れ一時期、目の前が明るくなった時期はあった筈なのに、放射線も受け終わった後で、又、頭を抱えて悩み出す。そして、パソコンの前から動けない日々が続く。乳腺外科医の予約日はまだ先だったので、この悩みの解決を求め、新たに予約の追加をする。8月19日、この日も夫に同席を頼み、来院し [続きを読む]
  • 振り返り
  • ・私が乳がんの告知を受けた頃の体重は58?・・・身長158?なので、体は重く、気分も重い日々。去年2015年のマックス時には、62?にまで増大していたが、漸く50?台にまで戻った所で、乳がんの告知。そこから、精神的に参るのではと自分で思う日々が続き、乱れて偏った食生活から思い当たるフシが大有りな事から、白米、肉類、乳製品を受け付けれなくなる。半年程、そんな日々を送った現在の体重は、46?〜47?。・リーマンショッ [続きを読む]
  • 放射線
  • ・4月30日、放射線科のドクターの診察に夫と子供と共に出向く。十分に話を聞いてくれる、真面目な人柄が伝わってくる、でも、彼は放射線科のドクター。・5月2日、放射線開始。同じ時期に、年配の日本人の患者さんと通院中顏を合わせる日々が続いたが、こちらから目を合わせようとしても避け続けられたので挨拶もしないまま終わる。・5月15日、取り出した腫瘍の画像等見せてもらう。・6月10日、放射線終了。読んで頂いてありがと [続きを読む]
  • オンコタイプDX
  • ・3月20日、夫と病院の予約時間に待ち合わせして、診察に立ち会ってもらう。ノルバデックスを明日から飲み始める事は決定済みだが、今日はオンコタイプの話が出る。ガイドラインから、私は対象者になると表を見せられた。価値観や金銭的な事もあるので、次回の予約の時までに決めて来てと。車一台分・・・夫がやった方がいいんじゃないのと言ってくれた、有難い。返事をする前にも、再度確認するが、同じ答え。・3月27日、オンコタ [続きを読む]