月光為替 さん プロフィール

  •  
月光為替さん: 月光為替の勝利のFX
ハンドル名月光為替 さん
ブログタイトル月光為替の勝利のFX
ブログURLhttp://kawasegekko.com/
サイト紹介文現役ヘッジファンドトレーダーがデイトレの手法を無料で公開している。本気で勝ちたい者のみ読んでほしい。
自由文億万長者になりたい全てのFXトレーダーに。国内中規模ヘッジファンドで為替のみで月1億から2億をコンスタントに稼ぐ現役裁量トレーダーが送る、本質をついたシンプルな手法及びメンタルを解説したFXブログ。基本的にはデイトレードを解説している。過激な表現が苦手な人はご遠慮ください。死ぬほど努力してでも真剣に勝ちたいという覚悟のあるトレーダーのみ記事に進んでほしい。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供226回 / 204日(平均7.8回/週) - 参加 2016/09/02 14:57

月光為替 さんのブログ記事

  • AIを理解する:人工知能の歴史 その4〜ベイズ理論と機械学習〜
  • それでは、新たな時代の幕開け、「確率・統計的アプローチ」の基礎となった、ベイズ理論と機械学習をみていこう。 そもそも、このアプローチの着想としては、勿論人間に戻る。 人間は、生まれてから様々な経験を通して、ある場面でどのように振る舞えばいいかを学習していく。 多くの経験を積み、物事の判断をすることを学ぶというのは、沢山のデータから、統計的に判断していることと同じであると言える。 ここで [続きを読む]
  • AIを理解する:人工知能の歴史 その3〜記号処理〜
  • さて、今回は人工知能を達成するために考えられたもう一つのアプローチ、「記号処理」について話して行こう。 ここでいう記号とは、文字や図形など、その他もろもろ全てを含んだものだ。 例えば、人間は物を読むとき、どの単語がどのようにつながっているのか処理することが出来る。 しゃべる時も、形容詞、名詞、動詞などがどのように連なっているのか、考えなくても直感で理解できているので、その組み合わせでしゃべ [続きを読む]
  • AIを理解する:人工知能の歴史 その2〜パーセプトロン〜
  • では、今回は人間の脳の神経構造を模した、ニューラルネットワークの走り、パーセプトロンについて話して行こう。 これは、1958年にRosenblattにより提案された、階層型のネットワークだ。 モデルとしては、以下のようなものになる。 数学的なモデルを数式を用いて話して行くのが今回の歴史シリーズの目的ではないので、ざっくりと説明する。 パーセプトロンとは、なにかの入力に対して、最後のニューロンがど [続きを読む]
  • 無料メルマガ発刊
  • さて、今週の日曜より、この前言っていた無料メルマガを開始する。 昔発行していたようなチャート分析のメルマガではなく、相場のことやヘッジファンド業界のこと、はたまたプライベートのことまで、広いトピックにわたったメルマガなので、ただただ手法とか分析とかを知りたいだけの人は購読しないように。(時折そういう話もするかもしれんが、、気分しだい) 毎週日曜日にメルマガを配信するのに伴い、今後は日曜日は [続きを読む]
  • AIを理解する:人工知能の歴史 その1〜初期の人工知能〜
  • さて、所属するファンドでもAIファンド設立プロジェクトが動きはじめ、その1メンバーとして忙殺されているというのは最近書いた通りだが、本日より、時々AIに関する記事を書いていきたいと思う。 目的としては、自分の備忘録のためと、今後のマーケットを生き抜いていく上で、このブログを読んでいる個人投資家といえども最低限の知識は必要だろうと考えたためだ。 多分、シリーズの展開の中でかなり技術的な側面に立っ [続きを読む]
  • メンタルの癖を把握する
  • 自分のメンタルの癖は、把握しておいた方がいい。基本的に、この仕事は精神状態を平静に保つようにしておかなければならない。 精神論とかではなく、平静な状態でないと、たとえばパニック売りの時にチャンスだと考えて仕込んだり、材料がでているのにポジションにこだわって我慢してしまったり、色々と余計なことをしてしまう。 そういう平静状態でない精神状態で下した決断ってのは、この世界ではほぼ確実に裏目に出て [続きを読む]
  • 雇用統計の時にトレードは避けるべきか
  • 日月と少し忙しく、更新ができなかった。 ランキングも落ちてきているので少しやる気もでなくなってきているので、みなさんポチたのむ!! で、今日は久しぶりに細かいトレードの話を。 初歩的な話なんだが、例えば自分がトレードのルールを完全にテクニカルに頼ったもので作り、そのバックテストで利益が出ていることを確認した後に実践に移る時、幸か不幸か例えば雇用統計の10分前にポジションをとるシグナルがでたと [続きを読む]
  • 忙殺される毎日
  • AIファンドを年内にローンチさせるために今プロジェクトメンバーとして頑張っているが、本当に忙しい。今までは運用だけだったので、自分の運用のことさえ考えていればよかったのだが、AIファンドも同時にやるとなると、ものすごい仕事量になってしまう。 この前はAIファンドでモデル作成を一緒にやってくれるベンチャーに、Bloomberg、Quick、Factsetでとれるすべてのデータを引き渡した。このデータを作るのに死ぬほど時間 [続きを読む]
  • 無料メルマガ計画
  • 昨日間違えて2回分更新してしまったので、今日は簡単な宣伝を。 実は、来週あたりから、無料のメルマガを始めようと考えている。 週刊で、内容はプライベートなことだったり、ブログでは書かない株やFXの相場観だったり、株の銘柄選定の手順だったり、システムトレードやAIの話だったり、ヘッジファンドの内部事情だったり、旨い店紹介だったり、多岐にわたる。 ブログでは書かない、もっとプライベートな空間とし [続きを読む]
  • GCIが立ち上げる京都ラボ
  • GCIが京都ラボという、京都の寺を改装してファンドマネージャー育成の施設を立ち上げるらしい。さすが、やることが面白いねぇ。 GCIには知り合いが何人かいるが、あそこの強みはクォンツ運用なので、今のディープラーニングなどの技術は親和性が高いだろう。 京都ラボでは、実用に耐えうるモデルができたら、シードマネーを入れていきたいとのことだが、なかなか苦戦するだろうなぁ。 世の中ではAI万能風潮があるが [続きを読む]
  • なぜプロは年間30%のリターンを目指すのかその2
  • さて、昨日の質問に対する回答。これは、多分誤解している人も多い部分で、かつ重要な部分なのでしっかりと解説したい。 まず、プロの場合、年間30%のリターンは、”目指す”のであって、かなり厳しいリターンだと言える。 また、大体この30%というのは、レバレッジをかける前のNAVに対してのリターンであって、大体2~3倍のレバレッジをヘッジファンドではかけているので、実際の運用額に対するリターンは、10~15%となる [続きを読む]
  • なぜプロは年間30%のリターンを目指すのかその1
  • さて、本日と明日は、少し重要な質問に答えたいと思う。結構誤解している人が多そうなところなので、グッドクエスチョンだと思った。今日はまず、質問の紹介。 引用ここからお世話になっております、日々ブログで勉強させていただいております。僕自身はFXを始めてもう少しで2年になるところです、最初の一年は手法ジプシーでしたがようやく自分の手法も固まってきて検証では期待値もプラスになってきました。今までいろいろ [続きを読む]
  • それは”確率”なのか。それとも”変化”なのか。
  • トレードには勿論、当たり前の経験が必要な時がある。 それは、例えば連続で負けるトレードが続いた時なんかはそうだ。 よく、確率的に仕方ない敗北とかいうが、そもそも経験がなければ確率的に仕方ない連敗ってどの程度なのかが分からない。ヘッジファンドの破たんで有名なLTCMも、確率的にその当時ありえないとはじき出されたことをいいことに、レバレッジをかけすぎて破綻することとなった。 マーケットの世界では、 [続きを読む]
  • 裁量ストラテジーをpythonに落とし込む難しさ
  • 自分のトレードストラテジジーをできる限りシステムに落としてこんで、ディープラーニングさせるべく頑張っているのだが(FXに関して)、なかなか難しい。自分でプログラムを組んでアルゴリズムを考えていると、特にプライスアクションの部分、つまりタイミングの部分がかなりアルゴリズムに落とし込むことが難しい、裁量の多い部分なんだと認識する。 まぁ、そもそもpythonを触り始めたばかりなのでプログラムスキル自体も低 [続きを読む]
  • ポジション毎のリスクの把握
  • マーケットは、勿論何かの法則に完全に縛られているわけではない。時々起こる非効率な瞬間でエッジがある方にベットを続けていく結果、トータルで勝てるというだけで、一つ一つのトレードで確実に勝てることが保証されているわけではない。なので、どれくらい期待値があるかも勿論大切なのだが、一つ一つのトレードにおいて、潜在リスクがどれくらいあるかというのもちゃんと把握しておかなければならない。 FXで流動性の高い [続きを読む]
  • 資金量と戦略
  • 今日は、資金量に関する質問だ。 引用ここからいつも月光為替さんのサイトで学ばせていただいております。ありがとうございます。 質問なのですが、デイトレ(5分足、15分足)の場合資金量が大きいと捌ききれず、スイングトレードせざるを得ないという内容の記事を読ませていただきましたが、具体的にはどれくらいのポジション量であればデイトレ可能なのでしょうか?宜しければお返事ください。よろしくお願いします。引用ここ [続きを読む]
  • AIと資産運用に対する誤解
  • そろそろ実際にAIファンドのプロジェクトが俺の所属するファンドでローンチするということで、この間結構現在のAI技術に対して勉強をしてきた。 それで、かなり自分も含めてAIというものに対して誤解している人が多いのではないかという印象となった。 まず、おおいなる誤解として、ファンドマネージャー・トレーダーが全ていずれAIに置き換わるという誤解。 これは、まだまだ訪れることはない。 なぜなら、今 [続きを読む]
  • 株式市場の最近の変化
  • 俺は自慢ではないが、株式市場における経験は少ない。 今のファンドに移ってからなので、そもそも見始めたのがちょうど去年の今頃、実弾をやり始めたのが去年の9月。まだまだ勉強中の身だ。 自分のエッジがFXの運用で培ったチャート分析と、統計・計量経済、そしてバリュエーションにあることはわかっていたので、自分のユニバースのチャートをちゃんと見ていく作業と、エクセル・Rを使った統計モデルでのスクリーニングなど [続きを読む]
  • ポジションと戦略への執着を捨てる
  • ポジションを持つ前には、当たり前のことだが、しっかりと分析をする。アイディアの起点、というか戦略の一つ一つは、実践に移している段階である程度期待値は自分の中ではプラスだと考えている。なので、その戦略を思いつき、検証し、期待値がプラスだと納得できるまで物凄い時間がかかるし、さらにポジションをとるためにある種ルーティンワークにはなるが、一応しっかりと分析をして、ポジションテイクを行う。 ここまでを [続きを読む]
  • 統計学基礎講座その6〜二項分布〜
  • さて、今日は正規分布の代表格、二項分布について話して行きたい。 釣鐘型の形をみて、正規分布のイメージが少しはつかめたかもしれないが、まだ??な人も多いだろう。 今日は、実際に正規分布を人工的に作っていってみたいと思う。 その手法として良く知られているのが、二項分布である。 ここで、パチンコを思い浮かべて欲しい。一つ一つのバーにパチンコ玉が当たって、右か左に落ちる確率が、完全に1/2のパチン [続きを読む]
  • 統計学基礎講座その5〜正規分布〜
  • 正規分布は、真剣にトレーディングをやっていれば、一度は聞いたことがある単語だろう。 そもそも分布ってなんやねんという話だが、分布とは、例えばある次元で考えたとき、何かのデータセットの位置をプロットした時の様相のことだ。 こう書くと意味不明だが、例えばテストの成績を考えてみるといい。 学校全体でテストをみると、100点をとるやつもいれば、30点をとるやつもいるだろう。 そこで、全員のテス [続きを読む]