月光為替 さん プロフィール

  •  
月光為替さん: 月光為替の勝利のFX
ハンドル名月光為替 さん
ブログタイトル月光為替の勝利のFX
ブログURLhttp://kawasegekko.com/
サイト紹介文現役ヘッジファンドトレーダーがデイトレの手法を無料で公開している。本気で勝ちたい者のみ読んでほしい。
自由文億万長者になりたい全てのFXトレーダーに。国内中規模ヘッジファンドで為替のみで月1億から2億をコンスタントに稼ぐ現役裁量トレーダーが送る、本質をついたシンプルな手法及びメンタルを解説したFXブログ。基本的にはデイトレードを解説している。過激な表現が苦手な人はご遠慮ください。死ぬほど努力してでも真剣に勝ちたいという覚悟のあるトレーダーのみ記事に進んでほしい。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供195回 / 171日(平均8.0回/週) - 参加 2016/09/02 14:57

月光為替 さんのブログ記事

  • スプレッドは今後どうなるのか
  • スプレッドに関する質問を貰った。 引用ここからいつもブログを拝見しています。質問なのですが、私は現在スキャルピングで数pipsを抜くようなトレードをしているのですが、 今のような狭いスプレッドのおかげで成り立っていると思います。 ドル円で2pipsぐらいのスプレッドになれば間違いなくエッジもなくなると考えています。月光様は今後スプレッドは広がっていくと思いますか? 広がっていくとすればドル円でどれくらいに [続きを読む]
  • 何故サヨクは危険なのか
  • ちょっと今日は相場とは関係ないことを。 ネトウヨだとかパヨクだとかいう言葉がうまれて久しいが、今の時代ほど、個人が国家の在り方、人の在り方を真剣に考えた方がよい時代もないだろう。 ただ、その中でも、俺が常日頃侮蔑している「サヨク」がなぜ危険なのかを、少し話して行きたい。 まず、そもそも右翼と左翼とは一体なんなのか。 そもそも歴史上初めてこういった概念が出来たのは、フランス革命の時代 [続きを読む]
  • 羽生善治氏に倣う、逃げない姿勢
  • 昨日も紹介したが、今日も羽生さんの考え方から、トレーダーに役立つ考え方を一つ。 この言葉を見た時は、結構カルチャーショックだったことを覚えている。 それは、「得意な形に逃げない」というものだ。 「いつも、「自分の得意な形に逃げない」ことを心がけている。 戦型や定跡の重んじられる将棋という勝負の世界。自分の得意な形にもっていけば当然ラクであるし、私にもラクをしたいという気持ちはある。 しか [続きを読む]
  • 羽生善治氏に倣う直感の養い方
  • 将棋界の誰もが知る大名人といえば、羽生善治氏だろう。 将棋は運の要素が少なく、その意味ではマーケットと少し違った面もあるが、戦略的思考を常にめぐらせながら勝利を求める姿勢は大きくトレーディングと通じる。 方法論としてのトレーディング手法は、その奥にある考え方、なぜそこにアルファがあるのかという考察なしには無意味であるとは前から何度も述べているが、方法論とは別に、思考法というか、心構えという [続きを読む]
  • 少額でやれば獲得pips数は増えるのか
  • さて、以下のような質問が来た。 引用ここから約2年前からの超ド素人の時から月光為替様のブログで勉強させていただき、ようやくここまで来ました。ありがとうございます。現在1万通貨の小ロットで取引しています。月平均150pipsでそこそこ利益が上げられるようになってきました。ただ、月光様のように、超高額をかけたら、ビビってしまって、利益が出せるとは到底思えません。そこで質問なんですが、超高額をかけている [続きを読む]
  • AIファンドプロジェクトの立ち上げ
  • ついに、俺の所属するファンドでも、AIファンドのプロジェクトが立ち上がり始めた。 東大と京大の有名な教授は他社にもうとられているので、○○大の教授とタッグを組む予定。 何でAIファンドを作るかというと、一番の理由は成功報酬ではなく管理報酬。 今、米国でもふつうのアセットマネジメントやロボアドバイザーは勿論のこと、この前初めて完全AIのヘッジファンドが立ち上がったりというように、ブームが来てい [続きを読む]
  • お便りの紹介
  • 今日は、最近のお礼のお便りの紹介。こういうの読むと、ほんとブログやってる意味あるなぁと思う。 引用ここから6日、7日に質問と回答をブログに載せていただいたワタナベです。早速回答をいただきありがとうございました。月光さんの回答の内容にかかわらず、この手法は続けようと思っていたのですが(実際やっていますが(笑))、肯定の回答をいただきとても勇気づけられました。こからも検証検証で頑張っていきたいと思い [続きを読む]
  • ヘッジファンドとバリュー投資
  • 今日は久しぶりに株の話を。 ヘッジファンドだからって、別に特別なことをしているわけではない。 絶え間なくくる尋常じゃない量の情報(ANレポのメールも含めると一日多いときだと500件以上くるメール)ってのは確かにこういう業界のプロ特有のものだが、案外当たり前のことを当たり前にやっていたりもする。 例えば、ファンダメンタルズをみて、割安銘柄をロングして、割高銘柄をショートする手法。これってもう完全に [続きを読む]
  • 国井善弥に見るトレードと武道
  • 国井善弥氏という天才武術家が昔存在した。 といっても、そこまで昔ではない。 彼は、鹿島神流第18代宗家であり、生涯他流試合無敗で「今武蔵」と呼ばれた男だ。 その中でも、最も有名な逸話は、GHQの米海兵隊の銃剣術教官との試合で、完封勝利したことであろう。 彼に興味がある人は是非調べてみると面白いと思うのだが、その中でも特筆すべきエピソードとして、彼と彼の師の間で行われた、独特の鍛錬法がある。&n [続きを読む]
  • 大口の注文が成立するかどうかと、インパクトの計算法
  • さて、大口の注文が成立するのかどうかについての質問への回答。 まぁ、簡単に言ってしまえば、1000とか10000ロットとかは、大口というほどのロットでもない。 まぁ、1億通貨単位(100000ロット)くらいになると、少し大きいなという感じだが、別にこれも、FXにおける取引量からすると、そこまで大きい売買代金でもない。 俺はセルサイドでセルトレや、カバーをした経験はないので正確かどうかは分からないが、そもそもF [続きを読む]
  • 流動性に対する質問の紹介
  • また、気合いの入った質問が来たので、答えていこうと思う。とりあえず、今日は質問の紹介まで。引用ここから月光為替様へ初めてお便りします。 今時非常にめずらしい体育会系のブログに出あえて毎朝パンツを濡らしております。 私は相撲で言えば部活の相撲部に入って、まだ目が出ない補欠ぐらいで月光様のように幕内で活躍する力士の方に連絡するにはまずすべてのブログを読んでからと思っておりましたが、ようやく3ヶ月かかりま [続きを読む]
  • 質問への回答
  • 昨日の質問の回答だが、端的に言うと、俺ならば実際に行う。 というのも、まず大きな理由として、ある程度の期間、今回で言うと数年分で検証した結果トータルがプラスであるならば、何らかの優位性があると考えられる。 その優位性をより活かすために検証を続けるのももちろんいいが、俺も前から言っているが、質問者さんもやっておられるように、少額でちゃんと実弾をかけて検証を続ければいい。 やはり過去のバッ [続きを読む]
  • お便りの紹介と、質問の紹介
  • 今日は、お便りと質問の紹介。回答はまた明日。まずお便りから。 引用ここからいつも勉強させてもらってます。今回のブログ、グッときました。私自身も痛いところを付かれた感があります。同時に、すっきりした気持ちにもなりました。今後とも勉強させていただきます!!引用ここまで どうも、いつもありがとうございます。毎回ネタ切れなんでいつもグッとくるものを書ければいいのだけれども、、頑張ります。 次に [続きを読む]
  • 千の言葉より、一つの行動
  • 先日、島根県で三原董充さんが小学3年生の男子児童をトラックからかばって亡くなった。 彼は、33年前に当時7歳の娘を交通事故でなくし、以来子供たちの事故を防ぐため見守り活動を続けていたらしい。 彼の行動には、信念が伴っていた。「二度と同じような思いをしてほしくない」という信念が。だからこそ、とっさに男子児童をかばうという行動につながったわけだ。 俺は、基本的に人を測る時、何をしてきたか、そし [続きを読む]
  • PLの罠
  • PLは、トレードをしていると、当たり前だが最も気になってしまう要素だ。 トータルのPLだけでなく、自分が今持っているポジションのPLでさえ気にしてしまう。 だが、そのポジションを切るのか、残すのか、それとも積み増すのか、少し利食うのか、という判断は、自分のPLやポジションのPLではなく、値動きと価格のレベルが決めるということを忘れてはいけない。 勿論、人間なので、どうしてもPLに引っ張られてしまう [続きを読む]
  • トレードの根拠は何故必要か
  • どうしようもない韓国はどうでもいいとして、中国も米国も欧州も、やっぱりどんどん過激になってきてるねぇ、、こういう中で株が強いってのにはおかしさを感じている。そろそろ落ちてくれないかねぇ(願望) さて、トレードでエントリーに何故根拠が必要なのかっていう根本のところなんだが、これが意外と分かっていなかったりする人が多い。 結局、確率だー、とか、運だー、とか、確かに一つのポジションが、どれだけ理 [続きを読む]
  • 辛いときこそ努力する
  • なんだかありがちな人生の格言みたいでいやだが、相場の世界ではこれが本当に当てはまる。 ちゃんと成績が出てる間ってのは、人間はさぼりがちだ。 トレーダーも特に焦る必要はない。自分自身の戦略がモメンタム、つまりトレンドに乗っていると解釈できるわけだからだ。 だが、つらいときってのは、誰しも均等に訪れるが、それが構造的な辛さなのか、確率的に仕方ない辛さなのかを見分けることは、ものすごく重要と [続きを読む]
  • バックテストから実運用に旅立つ時
  • さて、運用スタートの時期に関する質問だ。 引用ここからいつも勉強させてもらっております。 ありがとうございます。ポチ!!バックテストでこの結果なら実運用できると判断する基準を教えてください。ある戦略をどこまで改善していけばよいのか悩みます。引用ここまで 俺は、今まで幸運にもFXでのデイトレーディングと、日本株のポートフォリオマネージングという二つの全く異なる運用スタイルでの経験を積むことがで [続きを読む]
  • 負けを喜ぶ
  • まぁ、もう専業でばりばりやっていたり、俺みたいにどっかでプロとして雇われてやっている身としては、負けを喜ぶなんてことは不可能なんだが、最初の初心者のうちは、負けに対してあまりネガティブにならないほうがいい。 トレーダーってのは、勝ってると安心して、働かなくなる人種だ。基本的には負けているときに、頭をフルに回転させ、なんとか勝ちの目をみつけようとする。 で、自分のまけトレードを分析し、なにが [続きを読む]
  • 習うより慣れる
  • 習うより慣れよとはよく言ったもので、とりあえずトレードでも”やってみる”というのは重要だ。理論的に、限りなく正しいトレード理論を構築し、期待値プラスのルールを作り上げ、しっかりと過去検証を行うこと。勿論それも大切だ。だが、同時並行的に、実践で、実際のトレードの感覚をつかんでおくというのも、同じくらい重要になる。 FXは株よりも、幸運にもデモトレードの環境が整っている。この整った環境をうまく使わな [続きを読む]
  • 相場には逆らわない
  • FXだと、トレンドフォローの優位性がある分基本的にはトレンドフォローになるわけだが、別に逆張りでも、相場に逆らってはいけない。 株だと俺は基本逆張り気質のようで、基本的にはポートフォリオが若干のリバーサルに傾く。 どちらにしても、基本的には相場には逆らってはいけない。 基本的にエントリーをするという行為は相場に逆らう行為だ。 なぜなら、現在の相場は将来を織り込んだフェアバリューではないと [続きを読む]
  • ヘッジファンドでも実際に行われる、連想ゲーム手法
  • この前Yahooのニュース記事で、上野のパンダが発情すれば何故東天紅や精養軒の株価が上がるのかという記事が上がっていたが、こういった連想ゲームは、何も個人投資家だけでなく、我々HFも頻繁に行う取引手法の一つだ。 例えば、決算短信のセグメント情報から、地域や製品ごとの利益の出方の違いをみて、それをヒントに他の銘柄同士でロングショートを組む。 インバウンドの客単価は減少傾向だが客数自体は増えているな [続きを読む]
  • 合気道とトレード
  • 相場には必勝法はなく、あるのは正しい考え方や、知識と、それを運用する人だけ。例えば物凄いアルファのある手法を教わったとしても、それに最初から何も考えず頼ってしまうと、いずれ必ず勝てなくなる。自分のものにしようと努力を怠らなかったものだけが、手にすることができる。うわべをさらっていてはいけない。 まぁ、こういうことをこのブログでは本当に口酸っぱくいってきた。 話は変わるが、おれは結構長いこと [続きを読む]
  • ヘッジファンド資産が3兆ドル突破
  • ヘッジファンド資産が3兆ドル突破したらしい。 ただ、資金流出の中、資産の値上がりで3兆ドルを突破したわけで、なんだかんだちゃーんと運用益をあげてるところはあげてるのねという印象。 もうアジア圏ですら管理報酬は1%とかが普通になってしまって、それでもヘッジファンドに対する風当たりは依然強いわけだが、やっぱこう数字でみるとアセットクラスの一つとしては魅力的にうつるだろうなぁとおもう。 ただ、問 [続きを読む]
  • 何故時間帯の特徴がなくならないのか〜その2
  • さて、何故時間帯において、ストップをつけにいくために高値安値をつけに行く傾向がなくならないのか、ということについて話して行きたい。 で、ここからは完全に俺の推論なので、証拠があるわけではないのでそれは悪しからず。 でだ。 欧州勢、東京勢、NY勢と簡単に言うが、勿論プレーヤーはそれぞれ独立している。そして、その独立したプレーヤーが思い思いにトレードしている。別にクラス別運動会のように、それ [続きを読む]