marcoの手帖 さん プロフィール

  •  
marcoの手帖さん: marcoの手帖
ハンドル名marcoの手帖 さん
ブログタイトルmarcoの手帖
ブログURLhttp://blog.goo.ne.jp/marco8080
サイト紹介文つきない世界のベストセラーを脱線しながら読んでます。
自由文すべてのしがらみから解放されて永遠の命を与える神の言葉をひとりひとりのものに!
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供273回 / 269日(平均7.1回/週) - 参加 2016/09/01 23:07

marcoの手帖 さんのブログ記事

  • 世界のベストセラーを読む(348回目)神学的人間学の核心
  •  とても偉そうな今回の表題だ。国家についても、人権についてもとても僕のような学識素人には、書き続けるととめどなく終わりのない格闘になりそうだ。しかし、それらの事については多少の触りだけとしても、今、実際僕の生きている、そして子供たちが生きていくこれからの社会、世界を作って行くわけだから考え意見を持っておく必要があるだろう。(本当は声も上げなくてはいけない)そこで、敬愛する神学者大木英夫先生からの引 [続きを読む]
  • 世界のベストセラーを読む(346回目)少々難しく「人格と人権」覚え書きⅢ
  •  自分でもずいぶんと深入りした内容にはまり込んで来ているように思っています。とてもブログで語り尽くせるような内容ではありませんが、深い理解は読まれる方に委ねざるを得ません。これは僕らに今のこの国のあり方を決めた「人権」についての大切な事なので、キリスト者といわず、ブログの344回の末に書いたペインの方の見解の一部も後半掲載します。◆ここで、ペインの文書を読み、理解するには注意が必要なのです! 神学者 [続きを読む]
  • 世界のベストセラーを読む(335回目)憲法記念日にあたり そのモヤモヤⅠ
  •  今日は憲法記念日、今年は憲法施行70年に当たります。大いに学んで議論を深めたいところです。「あたらしい憲法のはなし」という本は、かつて学校でも教えられていたそうですが(とてもよい理想が書かれているので一度は目にすべき)戦争に負けてその後、施行されたということもあってまた、いろいろその他の追いつけ追い越せの詰め込み教育もあってその学びの時間は裂かれなくなったということを今朝のニュースでやってました。 [続きを読む]
  • 世界のベストセラーを読む(333回目)聖餐について「実にひどい話だ」
  •  聖餐(せいさん)についてひとときふれたので、そのままでは素通りできないと考えたので書き留めておかなくてはいけないものと思われました。そのことに関する僕の考え方は、実にシンプルです。秘蹟の一つでもある聖餐については、とても大切な事柄ではあるにも関わらず僕はにぎにぎしくも(おそれおおくも)定義などはしなくてもいいと思う。なぜならイエスがズバリその意味を話されているからです。◆330回目に掲載したアリス [続きを読む]