nakaみかん さん プロフィール

  •  
nakaみかんさん: 鉄道模型のレイアウトは楽しい!
ハンドル名nakaみかん さん
ブログタイトル鉄道模型のレイアウトは楽しい!
ブログURLhttp://www.mokei-tetsudo.com/blog/
サイト紹介文HO,Nゲージの小型レイアウトやモジュールの製作記を通じてレイアウトの楽しさをご紹介。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供153回 / 237日(平均4.5回/週) - 参加 2016/09/01 23:23

nakaみかん さんのブログ記事

  • KATO C11 カプラー取付け
  • C11といえば、バック運転じゃないですか。こんなダミーカプラーでは車両を繋げないので、形状的には気にいらないですが重連用ナックルカプラーに交換します。ダミーカプラーと排障器を引っこ抜いて、重連用を先台車に嵌め込むだけ。 後ろも付属のナックルカプラーに交換します。従台車は、後ろに軽く引っ張るだけで外れます。とにかく近眼+老眼で、細かいものが見えにくいので、外した後付けられるか不安になります。アー [続きを読む]
  • KATO C11 南河内機関区入線
  • KATOのC11が入線しました。アマゾンの通販で購入しましたが安い上に、2日で到着しました。走行は何の問題もありません。信頼している通りでした。細かい所まで作りこまれて素晴らしい出来です。動輪の上も、スポーク動輪もスケスケです。大好きなC55も早くスケスケでリニューアル発売してほしい。キャブ下のパイピングも、ここまで表現する必要があるのかというぐらいの出来栄えです。まだナンバーも決まってない [続きを読む]
  • 天の川峡谷のモジュール地形④
  • 穴の開いているスペースを順に塞いでいきます。大きめの具材で埋めて、スチロールカッターで地形に合わせてカットします。向い側の内壁と台枠の間も埋めます。内壁に合わせてカットします。下半分に、石積板を貼りました。スチのりで、どんどん固定します。スタイロフォームの切れ端を適当に貼り付けて、凸凹を表現します。 「にほんブログ村」に参加しています。記事が気に入っていただけたら、 していただけると幸い [続きを読む]
  • 天の川峡谷のモジュール地形③
  • 橋梁の両端の地形の成型をします。下の土台をかなり削ったので、取って付けたような状態になっています。竹串を刺して固定してからスチロールカッターで削ります。なんかすごく小さくなりましたね〜。ここまでの削りかすです。もったいないですが、いくつかは地面の凸凹を作るのに使います。先っちょの三角部分です。地形の最初の所ですんで大事な部分になりますね。2cm厚x11段積をした所です。右の画像と比べてどうですか。 [続きを読む]
  • 天の川峡谷のモジュール地形②
  • 持ち上げるとばらばらになってしまうので、竹串を刺して簡単に固定します。おかげで、下の方を持っても動きません。動くと作業がスムーズに出来ないですからね。スチロールカッターを使います。上の方から少しずつカットしていきます。最初にカットした所です。結構やりがいあるぞ〜。削っているとね、何か楽しくなって知らん間に鼻歌歌ってました。細かいとこは、カッターナイフも使います。分かりにくいと思いますが [続きを読む]
  • 天の川峡谷のモジュール地形①
  • ここまでが川、ここからは地面という地形の一番下の層から、スタイロフォームを切り出し置いてみます。 順に一回り小さめにカットして上に積み上げていきます。5cm厚や3cm厚のフォームがあまりなかったので、めんどくさいけど、沢山ある2cm厚を積んでいきます。橋台をはさみこみます。これでも橋に接触してしまいそう。次に先っちょの所。地形の最初の所ですが、橋脚があるので川幅が一番狭い所になっています [続きを読む]
  • 天の川峡谷のモジュール橋台
  • 右側の奥には地表がないので、足やフィーダー線が見えてしまいます。そこで苦肉の策として、合板で作った内壁を取り付けました。奥の穴から足を突っ込みますが足の構造と材料をどうするかは、まだ決めていません。こちらはコンクリート製の橋台にしたいので、土台になるものを取り付けます。前面をスチロールボードで蔽って一体化します。橋がのる橋台を簡単に作って取り付けました。 コルク道床を接着します。この隙間 [続きを読む]
  • 天の川峡谷のモジュール再始動
  • レイアウトとモジュールを平行して製作しているのでどっちつかずになって、どちらも中々完成が見えて来ません。しかし、5月末のHNモジュール運転会が近づいてきましたので、又、モジュールの製作のほうを進めていきます。長さ1300mmx奥行き350mmx高さ450mmと、結構大きめのモジュールです。この状態で作業が止まっています。橋脚は固定せず置いているだけです。実はこの状態で止まっているのは、考えに行き詰 [続きを読む]
  • 美栗観光鉄道 待合室の塗装②
  • 扉の枠を茶色に塗りますが、滅茶苦茶細いんですよね。息を止めて一気に塗ります。台座はこげ茶に塗ります。斜めに取り付けられた補強の筋交いは、うす茶に塗ります。しかし実際、こんな筋交いで大丈夫かな?屋根の色は色々考えた結果、本体と同じ黄緑にしました。塗装し終わった所です。派出ですかね〜。こんな待合室があってもいいんじゃないですか。黄緑が綺麗すぎるので、パステル粉で汚してみたいと思います。 屋根は一番 [続きを読む]
  • 美栗観光鉄道 待合室の塗装①
  • 遅ればせながら、待望の桜が一気に開花しましたね。地元大阪富田林市の真ん中を流れる石川の河川敷堤防の遊歩道には約1,5キロにわたって、桜と雪柳の美しいコラボが見られます。堤防の遊歩道では、沢山の人がお弁当を広げたり散歩をしたりとそれぞれ楽しんでおられました。 この石川のもう一つの名物が4月の第二日曜から1か月間のこいのぼり揚げです。400尾のこいのぼりが一斉に泳ぐ姿は誠に壮観です!昨日は風 [続きを読む]
  • 美栗観光鉄道 待合室付ホーム製作②
  • ホームへのスロープがカーブに掛かっているので、カットする必要がありました。このように3枚重ねになっていますので、かなりしっかりしています。 本来の完成品とは反対の位置にスロープをつけたいのですが、そうするとどうしても手摺り取り付けの穴が、スロープを上がった所にあります。ま、そのぐらいいいっか。 裏面の2本足は、簡単に溝にはまる様になっています。この長ーい細ーい棒?を付けるとめちゃしっ [続きを読む]
  • 美栗観光鉄道 待合室付ホーム製作①
  • とても親切な、大変分かりやすい写真入りの組立説明図がありますので、間違える事はないと思います。接着材はタミヤのクラフトボンドを使用します。切るのにちょっと力を入れるとふにゃ〜っと曲がってしまいそうな・・・。取扱いに気を使うわ〜。 待合室の窓に塩ビ板を裏から貼り付けます。キットには付いてなかったので、手持ちがあって良かった。待合室の中にお客さんがいます。車両の中に、運転手や乗客がいる [続きを読む]
  • 美栗観光鉄道 バラスト固着
  • 界面活性剤入りの台所洗剤を数滴入れた木工ボンドの水溶液をスポイトで撒きます。 水溶液を撒き終わった所。一晩乾かせば固着します。引き込み線に駅を設置したくて自作しようと思っていたのですが、日本橋のボークスでモーリンの待合室付ホームのキットを見つけたので、製作しようと思います。簡単そうには見えるのですが、線が細いので注意が必要です。色は先に塗っておいた方がいいのかな? 「にほんブログ村 [続きを読む]
  • 美栗観光鉄道 バラストの散布
  • 前回の続きですが、どこかのメーカーで、ダイソーのプチ電車シリーズの動力を開発してもらえませんかね〜。電車は3両編成ですから、基本の3両編成の動力システムがができたら、ダイソーさんではどんどん新しい車両を作ってもらえたら結構普及すると思うんですけど・・・。いや〜私は責任持てませんけどね。何年も前に思わず買ってしまって忘れていた、ゆふいんの森が,出てきたので、こまちから下回りを移して動かしてみました。 [続きを読む]
  • 美栗観光鉄道にE6こまち入線!
  • 100均が大好きで、仕事帰りでも良く寄り道します。何年か前からダイソーで売っているプチ電車シリーズを見るたびに、どうにか出来んか!と思っていました。実際HN運転会に他のメンバーが、走行可能にしたドクターイエローや旧型客車などを持ち込んでいました。 2年前のHN運転会の画像ですが、ドクターイエローが何事もなく参加しています。下回りがどうであったかは、残念ながら覚えていません。新幹線は500 [続きを読む]
  • 美栗観光鉄道 道路橋の塗装
  • HO美栗観光鉄道の製作を再開します。その前にちょっと寄り道。また100均のセリアで怪しい車達を見つけました。50年ぐらい前のアメ車のクーペみたいなのとワーゲンのバンに似た車。陶器製ですね。中々味がありますわ。前回(1/31)のと一緒に並べてみました。100均なので、これで1000円ちょっととかなりお得な買い物。この怪しい車達を美栗専用にしますので、美栗自体も怪しい感じに仕上げたいです。道路橋の塗装を行 [続きを読む]
  • Nレイアウト千早鉄道の補修⑤
  • 食品加工工場周辺です。活気ゼロです。やっぱり道路は車が走ってないとね〜。線路際にはオレンジの花が。補修前のレイアウト左側です。こちらはあまり手を加えていません。ここから見ると、幅が35cmしか無いことがよくわかります。こちらが一番変わった所でしょうか。千早駅から2センチ登っただけなのに、土台を掘り下げているので高低差が出ています。車と人を配置するだけで、活気が伝わってきます。裏のコードの見栄 [続きを読む]
  • Nレイアウト千早鉄道の補修④
  • 池の横の公園ですが、大変寂しそうな感じになっています。緑が褪せてきています。樹木を桜に植え替えてみました。大変華やかになりましたね。ベンチに女の人が一人で座っています。まず、何種類かのターフで草むらを明るくします。 祖母がベンチで赤ちゃんをあやしています。滑り台に座っているお母さんがその様子を犬と見ています。小学生が2人、楽しそうに帰宅中。シチュエーションを考えながら人を配置するのは楽しいです [続きを読む]
  • Nレイアウト千早鉄道の補修③
  • 築堤の緑が薄くなってきたのでボリュームアップさせます。霧吹きで全体を濡らします。コースターフ3色を簡単に混ぜます。築堤に貼り付けていきます。濡れているので、とりあえずひっつきます。全体にまぶしたら、全体が自然に見えるようにパウダーを振りかけて色の調整を行います。木工ボンドの水溶液を作って、スポイドで流していきます。 一晩置いて、全体に固着させた所。自然な感じに見えてるでしょうか。花畑を作る為 [続きを読む]
  • Nレイアウト千早鉄道の補修②
  • 裏側を覗いたら、コードがごちゃごちゃになっています。製作当時は、パワーパックの横にポイントコントロールボックスをズラーと並べていたのですがほとんど使わないので外してしまいました。良く使用するのは、駅で列車を交換するポイントぐらいで、それも手前にあるので、神の手で切り替えられます。ところで、フィーダーに繋がる線がこれ。見た目を良くする為に、オーディオのターミナルを取り付けたいと思います。台枠に固定し [続きを読む]
  • Nレイアウト千早鉄道の補修①
  • 此度、Nゲージレイアウトの千早鉄道を知人に譲渡する事になりました。しかし製作から10年も経っており、見た目でも褪せた感じがしますし、家がもげたり地面が浮き上がったり細かいアクセサリーが外れたりしていますので、何とか製作当時に近い状態に戻したいと思います。サイズは、900mmx350mmの小サイズです。特にミニカーブレールのおかげで、この幅が実現出来ました。トミーテックの鉄道コレクションの発売を機に [続きを読む]
  • 万博鉄道まつり2017
  • 今日は休みなので、万博鉄道まつりに行って来ました。屋外イベントなので、大型レイアウト等はないとは思っていましたが、無いとさびしい。愛車で行ったのですが、10時半なのにエキスポシティに行く渋滞に巻き込まれ、時間取られるのが面倒で、東駐車場に駐車しました。東口から入りますが、すでに家族連れが溢れてる! JRのテントはすでに沢山の人がグッズ買うのに並んでます。太陽の塔の背中側のお祭り広場  [続きを読む]
  • 超リアル!のボンネットバス
  • 昨日、用事で梅田に行ったので久々マッハ模型に立ち寄りました。そこで見つけた奈良交通の1/80ボンネットバス・・・そんなに高くなかったので、つい買っちゃいました〜!非常口やナンバープレートがきっちり表示されてリアルですね。となりの焼津交通のディフオルメされたバスとほぼ買った値段は変わらないのに、ボンネット部分やフェンダーミラーが超リアルの上リーズナブル!ねじ1個外すと、車内もすごいですよ。床は茶色、 [続きを読む]
  • 保津峡モジュールのフィーダー
  • 線路外しでフィーダー線を引きちぎったので、再度ハンダ付け。何が苦手て、半田付けほど苦手な物は無い!何かへたくそ。 モジュールの裏はこんな感じ。沢山のモジュールを繋ぐと電圧降下をおこす可能性があるので、ジョイナー以外にモジューるの通し線として使用します。 ワニ口にパワーパックを繋いで試運転してみます。ちゃんと通電していました。 「にほんブログ村」に参加しています。記事が気に入っていただけ [続きを読む]
  • 保津峡モジュールの線路塗装
  • レールにフラットブラウンを塗ります。ガードレールの塗装は表面にも塗装します。車輪は通らないですからね。ジョイナーの所には塗装しません。落石覆い内のレールにも塗装します。 フラットブラウンだけだと錆色に見えないので、上から薄くあずき色を塗って行きます。上のレールは薄くあずき色に塗った方。良い感じじゃないですか〜塗装が乾いたら、篠原のレールクリーナーで表面を磨きます。ガードレールは高さが低いので表 [続きを読む]