nakaみかん さん プロフィール

  •  
nakaみかんさん: 鉄道模型のレイアウトは楽しい!
ハンドル名nakaみかん さん
ブログタイトル鉄道模型のレイアウトは楽しい!
ブログURLhttp://www.mokei-tetsudo.com/blog/
サイト紹介文HO,Nゲージの小型レイアウトやモジュールの製作記を通じてレイアウトの楽しさをご紹介。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供250回 / 365日(平均4.8回/週) - 参加 2016/09/01 23:23

nakaみかん さんのブログ記事

  • 美栗観光鉄道をHOからナローへ⑯踏切
  • 駅前広場を塗装しました。無人駅ですが、バス停も作る予定です。俯瞰で見た所です。渓谷側から駅前広場を見た所。イメージがための為に、セディアの変な自動車たちを置いてみた所です。トミーテックのNゲージ用の踏切です。脚がついているのを、1mm残してカットします。踏切板を置いてみた所です。真ん中の板なんか、測ったようにぴったりです。駅前を通り抜けする為には踏切を作るしかないのでね。 「にほんブログ村」に参 [続きを読む]
  • 美栗観光鉄道をHOからナローへ⑮道路橋
  • 線路が当初より内側に7mm程移動したので、角の地形との隙間が広がりました。 2mm厚の合板で、新たな道路を切り出しました。ポポンデッタの下地用塗料ですが、グレイペイントみたいな感じです。塗装したら道路に見えますね。駅へと続くめちゃくちゃ急な坂道ですが、これも道路部分をグレイに塗装します。 坂道と手前の住居の土地、向こうの展望台駐車場もグレイに塗装。坂道の表面の凸凹をきれいに修正する気はありません。 [続きを読む]
  • 美栗観光鉄道をHOからナロ-へ⑭地形確認
  •  HOで製作中の時の地形を、そのまま使用します。 しかし、HOの時の線路後よりずれている所もある ので、地形を削って調整する必要があります。取り外し式の山ですね。固定するか、実際に取り外し式にするかは考え中です。定位置に置いてみた所です。線路位置がHOの時より少しズレたので、トンネル内を削る必要があります。ナローに変わったことにより、車体の断面が一周り小さくなりました。トンネルポータルもHO用を使 [続きを読む]
  • 美栗観光鉄道をHOからナローへ⑬バラスト完了
  • ポイント部のバラスト散布を行います。何でか緊張しますね。これ以上は怖くて撒けません。別モジュールへの連絡線は一気に行きます。 集中して一気にやる方が早くできます。手前のポイントは、完全に神の手での操作ですので、動作確認してみます。バラスト散布完了!後は乾燥を待つだけです。 「にほんブログ村」に参加しています。 記事が気に入っていただけたら、 していただけると幸いです [続きを読む]
  • 美栗観光鉄道をHOからナローへ⑫バラスト散布
  • バラストには、モーリンの商品を使いますが、HO用ではなくNゲージ用に近い、ナロー用を使います。線路の中央から撒きます。枕木の外側に、木工ボンドを出していきます。バラストをむやみに広がるのを防ぐのと、形を整える為です。木工ボンド水溶液を使って固着していきます。水溶液を流しても、木工ボンドが壁になって外に流れていきません。 木工ボンドは乾燥したら透明になるので、一石二鳥です。半周を一気に撒きました。 [続きを読む]
  • 美栗観光鉄道をHOからナローへ⑪レール塗装
  • ピィコのポイントと篠原のレールは接続すると段差ができます。レール面の高いピィコの方を斜めに削って脱線と集電不良を予防します。 レール側面を塗装しますが、あずき色では明るすぎるので、艦艇色と混ぜてみます。今回は筆塗りです。夜中なので外で塗装が出来ないです。中々根気のいる作業です。ポイントでは集電不良にならないように注意が必要です。こんなに小さいレイアウトでも、線路総延長は2m程あります。1本の線 [続きを読む]
  • 美栗観光鉄道をHOからナローへ⑩車両増備
  • 現在当鉄道で走行できるのは動力車のキハ3とトレーラーのホハフ53の1編成のみです。以前ホハフ53を動力化しましたが、その動力はNの車両に必要となり、千早鉄道のレイアウトと共に知り合いに貰われて行きました。走行できないのが4両もあるので、足回りを購入してきました。しかし、日本橋以外の街のキッズランドでは、ほしいものがあったためしがありません。TM−O7Rが必要だったのにTM−07しかありませんでし [続きを読む]
  • 美栗観光鉄道をHOからナローに?試運転
  • フィーダーを取り付けます。あ〜!苦手なハンダ付け。ちゃんと付いたかな。やっと台枠に置けました。 つまようじを刺して、台枠と土台を仮に固定しました。フィーダーをターミナルに繋ぎます。KATOのパワーパックに繋いで試運転!トミックスのナローは走り好調。早くこうゆう景色を完成させたい。 VT133も走行に問題ありませんでした。これでやっと景色に取り掛かれますわ。 「にほんブログ村」に参加しています。記 [続きを読む]
  • 美栗観光鉄道をHOからナローに⑧ポイント手動遠隔操作
  • ポイントを電動にすると、動作は確実ですが高価ですし、こんなレイアウトは手動で十分です。しかし、手動といっても遠くのポイントを手で操作するのも何なので、ラジコンの部品をつかった手動遠隔操作を採用します。針金で、こんな形の物を作って、」ポイントの可動部分の穴に突っ込みます。ポイントの裏側です。可動部分の穴に通した針金がこんな形に突き出ています。ロッドアジャスターを針金に日っ掛けます。フレキシブルワイ [続きを読む]
  • 美栗観光鉄道をHOからナローに⑦ポイント交換
  • 篠原のポイントを交換するしか前に進めないので交換します。おかしいですが、ピィコのNゲージ用を使いう事にしました。ピィコのナロー用が、いつ手に入るか分からないのでね。大丈夫とは思いますが、一応通電するかテストしました。左右とも、超スローで走れました。ポイント周辺の線路を、出来るだけ傷つけないように外します。交換する線路を全部引きはがしました。手前は610RのYポイントに交換したので、篠原の150R [続きを読む]
  • 美栗観光鉄道をHOからナローに⑥通電しない!
  • 土台をカットした所です。これを台枠に乗せれば、線路幅は違いますが、一応元に戻せたという所なのですが・・・。 簡単に試運転してみます。ワニ口クリップのあたりをフィーダーにすると、通常では全線走れるはずなのですが。ポイントを本線側にしてみます。もちろん走行できます。今度は、引き込み線側にすると。なんと車両はピタッと止まったままで動きません。引き込み線側に車両を置いて手で動かしてもびくともしません。 [続きを読む]
  • 美栗観光鉄道をHOからナローに⑤
  • 線路は固定していないので、左手で線路を抑えながら、位置をけがいていきます。描き終わったら線路を抜きます。というより土台を抜きます。ケガキ終わりました。ポイントや線路の接続位置や線路幅等を情報として書きこみました。 今回も遠隔手動ポイントを取り付けるつもりですので、先に穴を開けておきます。スチロールが溶けないボンドクリヤーを、枕木1本飛ばしで塗って行きます。ポイントをまず固定しました。 線路を2〜 [続きを読む]
  • 美栗観光鉄道をHOからナローに④
  • トンネルや橋の位置は多少は変えられますが、一応HOの時の線路の位置をなぞっていきます。 今回も土台は4mm合板を使おうと思いましたが、加工のしやすさと時短の為に4mm厚のスチロールボードを使います。篠原の線路がせっかくあるので、150Rと200Rをうまく使ってケガキの中心をなぞっていきます。篠原とピィコの線路は、高さは同じなのですが、篠原は枕木が厚くてレールが低い、ピィコは枕木が薄くてレールが高い [続きを読む]
  • 美栗観光鉄道をHOからナローに③
  • 忘れていたのですが、土台と下のスタイロフォームは直接接着していないのです。バラストの固着だけでひっついているんです。ですので、カッターで接着面を切り取る感じで歯を入れます。スタイロフォームに接着されたバラストは、カッターで削ぐ感じで切除します。って事で、比較的簡単に外れました。きっちりした性格でなくて助かりました。スタイロフォームの方は、もう少し綺麗にバラストを取り去る必要がありますね、土台の [続きを読む]
  • 美栗観光鉄道をHOからナローに②
  •  まずは、新しい線路での試運転です。 今夜、仕事をいつもより早く終わらせて日本橋まで車を飛ばしました。 しかし篠原のナロー用フレキシブルレールは何処にもなくて、結局 キッズランドで、ピィコのナロー用SL-400を買いました。接続できるか心配でしたが篠原の60番用ジョイナーで繋ぐ事ができました。15ORのポイントから、右分岐はSカーブと200R.左分岐は。150Rのカーブです。購入した時の試運転で、単 [続きを読む]
  • 美栗観光鉄道をHOからナローに①
  • 昨年の11月から今年の4月まで、天の川峡谷のモジュールと並行してHOの美栗観光鉄道を製作してきまして、バラスト散布まで終了しています。製作期間中に、トミーテックから猫屋線のナローシリーズが発売されて、つい購入してしまってその時には、ナローレイアウトを作りたいという気持ちが芽生え始めていたのです。しかし、まずHOレイアウトを完成させようという気持ちでここまで製作してきました。でも再度先に進めようとい [続きを読む]
  • 第38回HNモジュール運転会⑦気になった情景
  • マイテの室内が作りこまれています。こういう風に部屋が仕切られていたんですね、知らなかった。何度見てもほれぼれする、hatagさんのフルスクラッチ、ドレスデンの教会です。光る噴水もあって凝ってますね。同じくhatagさんの農家のモジュールですが、これも凝ってます。 自作の農家ですが、室内も畳や障子まできっちり再現されています。誰が見るのでしょうか。 ニワトリがえさをつつきながら動き回るギミックです。後ろの建物 [続きを読む]
  • 第38回HNモジュールクラブ運転会⑥天の川橋梁
  •  製作に1年近くかかった、私の天の川峡谷のモジュール を走行している車両たちです。 製作の苦労を忘れて見入ってしまいます。 運転会では、自分のモジュールを色んな車両が走って くれる、あるいは、自分の車両が色んなモジュールの 情景の中を走れる。 これが参加の一番の理由ですね。 水面から見上げた所です。線路までは実物換算で約40mです。ほんとはもっと高くしたかったのですが、サイズ的にはこれが限界です。 [続きを読む]
  • 第38回HNモジュール運転会⑤外国車両
  • 実際に地中海沿岸を走るhatagさんフルスクラッチの気動車。マラード号です。綺麗な流線型蒸機ですね。煙を吐きながら走行します。綺麗なビール柄の貨車です。メルクリン製を走行できるようにされたとの事です。古い電気機関車ですね。何か味があっていいですね。台車の上に無理やりバスを乗せたようなドイツのレールバスです。通常道路を走行中は、台車が収納されているんでしょうか。線路に乗るときはそういう施設があるんでしょ [続きを読む]
  • 第38回4HNモジュールクラブ運転会④日本車両
  • 盛岡色のキハ52。綺麗な塗り分けですね。これは私所有のキハ52のゴールデンコンビです。マイクロエース製は、かなりリーズナブルでした。キッズランドで買いましたが、2両でNゲージの編成物より安かったです。せっかくマイクロエースのキハ52が偶然4両集まったので、4両編成で走らせてみました。4両のうち、モーター車が3台あるのに、とてもスムーズに走ります。京阪京津線80形です。hatagさんのペーパー製自作品で [続きを読む]
  • 第38回HNモジュールクラブ運転会③気になるモジュール
  • kotさんの、少年野球のモジュールです。私が参加できなかった時に持ち込まれてて、どうしても見たかったんですよね〜。 グラウンドの土の感じとかいいですね、Nゲージ用の大人を塗装して、少年に見せているそうですが、めちゃ雰囲気出てますね。塁審は変な帽子をかぶってて浮いてますが・・・。線路の外側では土手の工事をしているようです。左側から右側にかけて、工事の過程を表現しているのかな。hatagさんの、コートダジュー [続きを読む]
  • 第38回HNモジュールクラブ運転会②新モジュール
  • kotさんの「のうすべる機関庫」のモジュール。名前の由来はわかりません。50cm角でユニトラックの490Rを使用との事 瓶コーヒーの蓋を使っての完全自作で、シンクロナスモーターを使用。私にはとても出来ません。こんなのをササッと作れる人はほんとに尊敬しますわ。どんな機関車が集まるんかいなと思ったら、何とトーマスシリーズ。機関庫はプラレール用。ホームの駅舎もプラレール用で着せ替え出来るようになってます。次 [続きを読む]
  • 第38回HNモジュールクラブ運転会①
  • 今回は、地下鉄なかもず駅近くの会場にて行います。10mx6mの比較的広い部屋ですが、今回は参加が多いので、おさまるのでしょうか。持ち込んだモジュールを各人が隅の方で組み立てていきます。それぞれモジュールの組立方や脚の形や収納方法に工夫を凝らしています。 今回の配置図です。ブルック駅を中心に、加悦桃を出発して2方向に分岐という形です。端に人が通れるスペースを開ける事を条件にして、中央のブルックを中 [続きを読む]
  • 天の川峡谷のモジュール57 運転会準備
  • モジュールのカバーを作ってる時間がないんで、段ボールを使って作ってみました。カバーを作りましたが、まだ頼りないので、ビニール紐で固定しました。今回は保津峡のモジュールも連れていきます。こちらの箱は5角形ですけど、段ボールの加工は、仕事柄得意です。でももう30回ぐらい参加しているので、そろそろ作り直す必要がありますね。モジュール3台でこれだけの脚を持っていきます。いつもは5〜6台持ち込みますのでこ [続きを読む]
  • 天の川渓谷のモジュール56 接続確認
  • 保津峡のモジュールを接続して走行確認をします。ここから見ると、川が続いてるような感じです。心配していた接続は出来ました。接続箇所を車両が無事通過しました。3台のモジュールを行き来出来たので、とりあえず運転会に持ち込めそうです。脚を外すのは一苦労です。膝でモジュールを支えながら蝶ねじを外していきます。モジュールを運ぶ際に損壊しない為にカバーを作ります。とにかく時間がないので今回は軽ーいビニール製のボ [続きを読む]