ゆうYu さん プロフィール

  •  
ゆうYuさん: Hi From Yu
ハンドル名ゆうYu さん
ブログタイトルHi From Yu
ブログURLhttps://meetammyu.blogspot.com/
サイト紹介文アメフト部マネ。高校留学。青年海外協力隊員。続けるべきことは続ける。やりたいこともやる。そんな毎日。
自由文カナダ留学(2012-13)後日本の大学に進学。アメフト部のマネージャーです。続けるべきことは続ける。やりたいこともやる。そんな毎日。楽しく書くので頑張って読んでください。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供51回 / 265日(平均1.3回/週) - 参加 2016/09/02 07:36

ゆうYu さんのブログ記事

  • 価値のある仕事ない仕事
  • 最近ここ一年Twitterで「ネットビジネス教えます!」「起業に興味がある方必見!」「楽に稼げる!!」「今の収入に満足ですか?人生一度きり!やりたいことをやろう!」みたいなことを言うアカウントにめちゃくちゃフォローされます。正直うんざりです。キュレーションサイトとかアフェリエイトのサイトとか最近すごい増えてて美容系医療系検索するとものすごい数のサイトと要領を得ない大量の記事が出てきてがっかりすることも多 [続きを読む]
  • 就活に向けて人生最大の美を追求する
  • こんにちはそしてお久しぶりです。数か月ぶりの更新で変なタイトルごめんなさい。大学生になって太りトンガに行って太りそんなこんなでなんと高校の時から10kg太ってしまいました。(渋谷のピザ屋さんにて)おいしいものは、脂肪と糖でできている・・・。アメフトのMGやってるから分かるんですけど10kgって相当人変わる笑増えたのは体重だけじゃなくて肌荒れやらなにやら体に負担かかってるんだなあと感じます。そんな今年の抱負は [続きを読む]
  • つまんな
  • 最近イケてるなかっこいなすごいなと思うものへの熱が強くなってそう思わないものにはとても冷めた気分になります。当たり前のことかもしれないのですがその気持ちが著しいのです。特にもとごとに対してだけじゃなくて人に対してそう思ってしまいます。忙しい・疲れたアピールする人課題を人にやらせる人何もしてないのに達観したようなこと言う人ほんとうに冷めた気持ちになります。つい最近まで仲が良かった子でも1度冷めるとな [続きを読む]
  • 生きてます
  • 皆さま、お久しぶりです。なんと最後の投稿から2ヶ月経とうとしているところですね。私は生きています。日本にいます。秋から冬へ。というかもうクリスマスかあ年末かあ来年は2017年かあと考えているところです。青年海外協力隊トンガ派遣任期を10/27に終え帰国しました。帰国に向けてはJICAへの報告書と大学へのレポートで怒涛のWordラッシュでした。帰国してから勉強と部活とバイトの忙しさでほとんどブログのことは頭からすっと [続きを読む]
  • 伝統衣装をオーダーメイド
  • 先日トンガ人の方と一緒にプレタハを作りに行きました。トンガの伝統衣装であり正装でありドレスでありみたいなポジションの服です。まずは布を選ぶ種類が多い(゜゜)!この生地に決定トップスはこの生地でスカートの部分は無地の生地を使います。このトップスとスカートの組み合わせがセンスの見せ所最初この生地にしようとしてたとき私はスカートは黒の生地が合うのかな??と思ったのですがトンガ人的には花の中央の茶色が合うと [続きを読む]
  • 「日曜日はお店がすべて閉まる国」の日曜日
  • 先週の日曜日職場の人に誘ってもらって教会に行きました。この教会はTUPOUカレッジという全寮制の中高一貫校付属の教会。というよりこの教会が学校を運営している、といった方が正しいですね(*^ ^*)前にもお話したかと思いますが毎週日曜日はトンガの休息日家族みんなで教会に足を運びます。そして食べて、寝てまた教会に行く。日曜日は法律で働くことが禁止されています。会社に行くのも、お店を開けるのもダメです。(観光客 [続きを読む]
  • 空港と先輩の帰国
  • 先輩隊員さんが任期を終え帰国されるということで空港に行ってきました。空港に行くのはトンガに来た時ぶりです。ちょうど夕日が見える時間帯でした。息をのむほど美しい夕日トンガは山のない真っ平らな国です。ヤシの木でできた地平線へ落ちていく夕日はとても綺麗でした日本ではなかなか見ることができない景色ですね。これがトンガの国際空港の全貌です。笑チェックインや荷物検査をする場所がポンポンポン!以上!って感じです [続きを読む]
  • 通勤時の必需品
  • 通勤するときは自宅から職場までほぼ100パーセント自転車です。(たまにドミトリーから行くときはバスを使うこともあります。)自転車はJICAから貸与されたものです。10年以上使われている日本のママチャリ。最近はトンガで売られている中国製の自転車を買うこともあるらしいのですが日本のママチャリの乗り心地の良さは圧倒的です(゜゜)通勤時の必需品のひとつヘルメットもJICAからの貸与されます。自転車に乗るときは必ず [続きを読む]
  • 人生に一度はやることリスト
  • 皆さんは人生に一度はやりたいことやると決めていることはありますか?私のリスト↓ボリビアのウユニ塩湖に行くエアーズロックでトレッキングウィニペグにもう一度行くホストファミリーに会いに行く星を撮るインドでカレーを食べるイタリアでピザとカルボナーラを食べるフランスに行ってフランス語生活するスウェーデンでクラブに行くEDMの聖地スイスにいく、綺麗でロッキーな山を見に行くロシアを列車で旅NFLスーパーボールをスタ [続きを読む]
  • かぼちゃとトンガ語
  • 先日カボチャを大家さんからいただきました。日本のかぼちゃと同じようなやつですね。昔一時期トンガは日本との貿易でかぼちゃをめちゃくちゃ輸出、黒字だったそうな。ちなみに外側がオレンジのかぼちゃもあります。一人でかぼちゃ丸まる一個って結構な量ありますね笑煮たり、焼いたり、パスタにしたり・・・ホクホクでやさしい甘さとてもおいしかったです。そんなかぼちゃはトンガ語でhina ヒナと呼びます。そしてこのヒナはカボ [続きを読む]
  • 縁と巻きずし
  • 海外にいて恋しくなるものNO.1はやっぱり日本食じゃないでしょうかお寿司ラーメンカレーとんかつから揚げオムライス・・・その国では食材がなかったりお店があってもなんか日本で食べるのとちがったりそんな時に日本食を食べる機会があるとほんとにほんとに幸せです先日シニアボランティアの方の奥様Kさんにお誘いいただき巻きずしを作りました。のりはトンガでも売ってるみたいなのですがとても高いらしい。巻きずしに必須なすの [続きを読む]
  • 時刻表はありません。‐バス事情
  • トンガのバスは時刻表がありません。みんなバス停で待ってバズが着たら乗る運転手は小さなバス停ならお客さんが乗ったら、大きなバス停ならちょっと長めに待って出発します。結構な頻度でバスが通っているので15分もまてば一つは必ず来ると思います。いわゆる「国営」とか「市営」というものはなく皆個人営業(たぶん)運転手は私服だしバスもそれぞれ見た目も大きさも違う。大体席 通路 席席という大きさのバスが多いです。見え [続きを読む]
  • 水が、でない
  • 本日家からJICAのドミトリーに一時的な引っ越しをしました。というのも家の水が出なくなったからです。土曜の夜気付いたらキッチンの水もシャワーの水も何もかもでなくなっていました。どうしたことやら。でも前の停電の時のように待ったらいつの間にか復活しているということもあるだろうと思いとりあえず放置することにしました。大家さんも多分とりあえず様子見てって言うだろう。シャワーは一日くらい浴びれないのは慣れっこで [続きを読む]
  • 【真面目な話】日本に帰りたい
  • 今日は気持ちの変化-日常-です。----------------------来て最初のころは毎日が新しいことだらけ見るもの聞くもの食べるもの自分の当たり前とトンガの当たり前のズレなんだかすべてがゆっくりトンガンタイム「何時に」といったことが通じないこれがいわゆるカルチャーショックというものなのかな最初の2、3週間はずっと「I miss Japan.」「日本に帰りたい」の状態でした。離れて少ししかたってないのにこれが3ヶ月続くと思うと耐え [続きを読む]
  • 気持ちの変化-仕事-
  • 渡航する前から8月のはじめにかけて「自分ができることはなにか」を現状をきちんと知らないのに考えていた(自分では知っているつもりになっていた)なんか壮大なスケールで考えてたりでも決して自分の能力が足りていると思っていたわけではなくて漠然とした不安も平行してありましたまだ大学生。マンパワーになれるかさえ定かじゃない。トンガについて最初の1週間はここでお部屋探しも含め生活・活動するための様々なオリエンテー [続きを読む]
  • リゾートで"伝統"に触れる
  • 先週の金曜の夜トンガにいる隊員さん数人と任国外旅行でトンガにいらっしゃった隊員さんと一緒に'Oholei beachオホレイビーチのディナーショーに行ってきました。トンガで唯一送迎つきのディナーショーをやっている施設です。車のなかでは人数オーバーだったので半けつになってしまいましたがまあ送迎してもらえるだけありがたや。人数オーバーなのに乗せちゃうところトンガですな施設に到着55パアンガ(約2700円)を払ってチケット [続きを読む]
  • 冷蔵庫から血がでていた
  • 最近ハプニング続きな気がします(´・_・`)こちらをご覧ください。自宅の冷蔵庫左下から血がでていますこれに至るまでには色々ありました。この日は町で二つイベントがあり職場の人に送迎してもらっていました。Mさんということにします。40代くらいの女性の方です。次のイベントまで時間があるので一旦家まで送ってもらって2時間後にまた迎えに来てもらう予定でした。すると30分後に家の前でクラクションの音が外をみるとMさ [続きを読む]
  • タトゥーを入れてみたいんだ
  • トンガではタトゥーをしていない人の方が少ないくらいタトゥーが一般的です。タトゥーに対して悪いイメージが全くないといえるくらいの勢いです。職場の人にタトゥーのことを聞いてみると「タトゥーを入れてる人は忍耐力がある人だなあって思う。だってタトゥー痛いもん。」と言っていました。そういう風に考えたことがなかった。タトゥーに興味あるんだーと言ってみると「トンガで入れてみたらいいじゃないこの辺にちょこっとなら [続きを読む]
  • 正しくない休日の過ごし方
  • 私の職場は週休二日です。平日8:30〜16:50勤務土日はお休みです。日本にいた時に比べると余暇の時間が沢山あります。私は大学で運動部に所属しているということもあり部活がある日は基本家に着くのは夜23時。部活がない月曜と金曜は授業かバイトか、なにもなければようやくお休みがくる。本気で日本ではスケジュールみっちり系大学生でした。なのでトンガで平日18時には家にいる。土日が完全フリーという状態はまさに圧倒的に感動 [続きを読む]
  • ランチにどでかアイスクリーム
  • 職場ランチにアイスクリーム屋さんに連れて行ってもらいました。バニラの中にカリットロッとしたキャラメルが入ったもの写真じゃ伝わりにくいかもしれませんがめちゃくちゃ大きい。サーティワンに例えるとキングサイズの1.5倍ぐらい紙?段ボール?のような箱に入ってます。この写真見ると分かると思うのですがコーンの中までしっかり入れてくれるなんというサービス精神「・・・でもお高いんでしょう?」という声が聞こえてきそう [続きを読む]
  • エレベーターに閉じ込められた
  • エレベーターに閉じ込められました。人生で初めてです。本気でビビりました。職場の人が敷地内の病院に知り合いのお見舞いに行くということで一緒についていきました。病室は一つ上の階なので階段ですぐ行けたのですが「階段めんどくさい」ということでエレベーターを使うことにしました。写真撮りそこないましたが相当大きなエレベーター。トンガの方のサイズ感を考えればこれくらいの大きさが妥当なのかな。いや、ベットも入るよ [続きを読む]
  • 親子丼をつくる
  • 卵玉ねぎ鶏肉これだけで作れちゃう最強自炊ご飯「親子丼」トンガでも作ることにしました。日本から持ってきている調味料はしょうゆほんだし鶏ガラスープの素コンソメ日清の小麦粉(サラサラのやつ)です。親子丼に必要なのは・・・あとみりんと砂糖みりんは重量オーバーでなくなく諦めてましたトンガのちこちのお店で探しましたがやっぱりどこにも売ってない(´・_・`)砂糖を多めに使うことに決定そんじゃ砂糖を買おう手前は小麦 [続きを読む]
  • 国をあげたダイエットイベント始動
  • 国をあげたダイエットイベント8 weeks challengeが始動しました!8週間仕事の後に毎日運動をするというもの。保健省では一人ひとり8週間後にどうなりたいか「I will 〜」という形で目標を掲げています。健康的な生活をする!とざっくり書いている人もいますがほとんどの人が何キロ痩せる!と具体的に数字で書いています。BMIの理想数値と皆さん比較して目標を立てているみたいなのですが「10kg痩せる!」「20kg痩せる!」と [続きを読む]
  • あんたトンガで何やってるの?
  • というかナゾなんてない。笑すみません。ふざけました。さておき。「ところでゆうってトンガで何してるの?」良くいただく質問です。本日お答えしたします。私の職種はJICA的に言うと「家政・生活改善」仕事の肩書は保健省の公衆衛生局のヘルスプロモーションユニットのメディアチームのグラフィックデザイナーです(^v^)というとなんか聞こえがいいんですが実際やっていることは「ポスター制作」です。常々紹介させていただい [続きを読む]
  • 最大の敵と最強の武器
  • トンガに来て私が一番戦っているもの日焼け・・・もありますがそれ以上の敵「虫」です。トンガは日本と季節が逆。日本が今夏なのでトンガはただいま冬なのですが、気温は23〜25度ぐらいでものすごく過ごしやすい。人間が過ごしやすいということは、他の生き物も過ごしやすいというわけでございます。特に隙間が大き目のお家なので虫とは常に共存生活。日本で一年以上ひとり暮らしでしたが階の高い所だったのでありがたいことにちっ [続きを読む]