noctiluca さん プロフィール

  •  
noctilucaさん: 浪漫の騎士
ハンドル名noctiluca さん
ブログタイトル浪漫の騎士
ブログURLhttp://noctiluca94.blog.fc2.com/
サイト紹介文宝塚歌劇と共に四半世紀(ブランクあり)。月組比重高めの全組観劇派。珠城りょうさんを応援しています。
自由文ほぼ、珠城りょうさんについて語っている『ほぼ珠』ブログを書いています。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供151回 / 207日(平均5.1回/週) - 参加 2016/09/03 00:51

noctiluca さんのブログ記事

  • 珠様に惚れ直す!All for Oneのヴィジュアルがカッコいい!
  • 月組ファンはグラホロスに陥ってる暇なんかありゃしません!出ましたね!『All for One』のヴィジュアルが!!>公式サイトはこちらこう来たのね!まったく予想外な感じでした(もっとクラシカルなものを想像していた)が、カッコいい!カッコいいよー!珠様(珠城りょう)ー!!!もう、惚れ直してしまいますー!胸板!腹回り!腰回り!太腿!!珠城ファンの夢が詰まったお衣装、最高です!!『ロミオとジュリエット』を思わせる [続きを読む]
  • ありがとう!素晴らしい舞台でした│グランドホテル
  • 『グランドホテル/カルーセル輪舞曲』千秋楽から一夜明け、不思議に静かな、満ち足りた気持ちでいます。素晴らしい舞台でした!ありがとう!想いは溢れんばかりですが、ひとつ形にするとすれば感謝の言葉しかありません。ただただ、あの空間に身を置き、役者の呼吸する空気を呼吸し、舞台から発せられる熱を共有できたこと。役者の身体を借りて、他者の人生を疑似体験する。“芝居を観る”喜びを存分に味わえたことが何よりの幸せ [続きを読む]
  • 舞台と観客のコール&レスポンスが素晴らしい!MY HERO観劇記(1)
  • 花組ファンの友人にお誘いいただき『MY HERO』を観て来ました!面白かったー!!笑って笑って、泣いて、また笑って。齋藤吉正先生のサービス精神が隅々まで行き届いた痛快娯楽作!分かり易すぎるほど分かり易い。こう来るだろうと思ったところをズバッと狙い撃ちしてくるストーリー。なにより出演者全員が心の底から楽しんで演じているのが最高!決して、内輪受けや独りよがりに走ることなく、ひとりひとりが役として生きているか [続きを読む]
  • 私・僕・俺、一人称に隠された男爵の心とは│グランドホテル
  • 私(わたし)、俺(おれ)、僕(ぼく)。男爵(珠城りょう)の一人称使い分けが密かにお気に入りな私。日本語って不思議で、『自分』と『相手』の関係によって一人称が変わるんですよね。公の場で『私』と自称する人が、家族や親しい仲間内では『僕』『俺』になる。社会的立場、相手との親密度や力関係、場の空気etc.諸々の事情に合わせ、瞬時に器用に使い分ける。小説や映画や演劇においては、一人称で多くの情報を読者や観客に示 [続きを読む]
  • 珠城りょうの雄叫び「オウッ!」に悩殺されるカルーセル輪舞曲
  • 男役さんがショーで発する掛け声。正式にはなんと呼ぶのでしょう?代表的な例はこちら。ラテン系群舞の「オラオラオララァァ!!!」大階段黒燕尾の「フッ!」「ハッ!」特に今回の『S6 楽園(メキシコ)』通称『テキーラ』のように、男役さんが盛大にキザりまくる場面では顕著。皆さま思い思いに雄叫んでおられます。いつもはおっとりエレガントな印象の月男たちが野生に返ったかのように吠えまくる。力みすぎて声が裏返ってしま [続きを読む]
  • まゆぽん支配人はロシア語で何と言っているの?│グランドホテル
  • 1920年代後半のベルリンは様々な人種が行き来し、政治・経済・文化が集中する世界都市でした。そんなベルリンでも超一流の『グランドホテル』。宿泊客が操る言葉も多彩です。劇中でもそんな様子が見て取れます。物語冒頭、ホテルのロビーでエリザヴェッタ(愛希れいか)が叫びます。「信じられない!私たち全員喋る言葉すらバラバラじゃない」その場にいたのは、彼女の付き人ラファエラ(朝美絢/暁千星)、マネージャーのウィット [続きを読む]
  • たまちゃぴの組本はいつ出るのかな?
  • 『ザ・タカラヅカ(いわゆる組本)』第VIIシリーズの発売が決まりましたね。トップバッターは雪組!>TCAオンラインショップ│ザ・タカラヅカ VII 雪組特集楽しみですねー!“内容を大幅にリニューアル”とのことですが、どんな特集が組まれているのでしょうか?“トップコンビが公演中の名古屋を楽しむコーナー”って、ちぎさん(早霧せいな)とみゆちゃん(咲妃みゆ)大忙しですねー。名古屋の名所案内的な感じなのかな?次回の [続きを読む]
  • 【ラファエラ役替り】剛の暁千星、柔の朝美絢│グランドホテル
  • 『グランドホテル』のヒロイン、エリザヴェッタ・グルーシンスカヤの付き人兼友人のイタリア人女性ラファエラ・オッタニオ。前回、役者とは切り離して“ラファエラとはどんな人物か”考えました。20年の永きに渡り、エリザヴェッタに仕え、いつしか愛するようになった女性。>『グランドホテル』屈指の難役ラファエラ・オッタニオ│変化する愛の形当初、役としての理想形は“蕾のまま、しおれてしまった薔薇”と捉えていました。こ [続きを読む]
  • 予想通り『ちゃぴちゃん=ルイ14世』でしたね│ALL FOR ONE
  • 月組次回作『ALL FOR ONE』の配役が一部発表されましたね。演目発表時に皆さまが予想してらした通り『ルイ14世=愛希れいか』でした。まあ、サブタイトルが“ダルタニアンと太陽王”ですからね。ルイが主人公ダルタニアンと深い関わりを持つストーリーだろうことは想定の範囲内でした。いやー、それにしても楽しみ!!ただいま公演中の『グランドホテル』のエリザヴェッタ役で、劇場を呑み込むような神がかった芝居を見せている彼 [続きを読む]
  • 東京宝塚劇場の雛人形を“たまちゃぴ”にしませんか?
  • 明日は雛祭りですね。東京宝塚劇場のロビーにも素敵な雛飾りがお目見え。華やかでいいですねー。三人官女の段あたりから覗いてるのは怪しい人ではございません。逸翁像がベストポジションで写り込んでしまいました。ちょっとホラーですね。『美の巨人たち』のモデュロール兄弟みたい?せっせと写しておりましたら、パートナーがこう申しました。「お内裏様の顔が、たまちゃん(珠城りょう)とちゃぴちゃん(愛希れいか)だったらい [続きを読む]
  • 【Twitterの謎】RT≠Ryo Tamakiなことが判明
  • いま、お世話になっているブログサービス(FC2)とても気に入っているのですが、更新通知機能が無いのが玉にキズ。そこを補うためにTwitterを始めたのが昨年秋。これまで友人のつぶやきを覗く程度でしたが、自分でつぶやいてみると面白いものですね。何事も見るだけより実際やってみる方が楽しい!興味のある情報がピンポイントで手に入るのが便利。なにより、大勢の宝塚ファンの皆さまと交流できるのが嬉しくて!見よう見まねです [続きを読む]
  • 早く来い来いMY初日│“たぎる男S”珠城りょうに会いたい!
  • 『グランドホテル/カルーセル輪舞曲』東京公演初日から一夜明けました。お芝居はだいぶ手が加わったようですね。大劇場公演を経て、より進化したに違いない月組生たちに会えるのが楽しみです!さて、タイトルの“たぎる男”ですが、詳しくはスポーツ報知の記事をご覧ください。>スポーツ報知│宝塚月組新トップスター珠城りょう、東京お披露目公演「たぎるものがある」もういくつ寝るとMY初日♪なんて呑気に構えてた私ですが、珠 [続きを読む]