末永能登守14611514 さん プロフィール

  •  
末永能登守14611514さん: 土芥の一類〜奥州葛西家臣末永氏一族〜
ハンドル名末永能登守14611514 さん
ブログタイトル土芥の一類〜奥州葛西家臣末永氏一族〜
ブログURLhttps://blogs.yahoo.co.jp/notnokami14991006
サイト紹介文君の臣を視ること土芥の如く、臣の君を視ること寇讎の如し、と評されし末永一族の闇に埋もれた叛骨の歴史。
自由文時は鎌倉時代から戦国時代、現在の宮城県北から岩手県南にかけて蟠踞した武家の一族葛西氏の家臣末永氏。我が母方の先祖とされるこの一族、時に主君に謀叛を起こしながらも家老にまで立身を遂げた叛骨気鋭の武者ぶりを、様々な視点から論じ、滅びし者達の声無き声を明らかにするブログです。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供221回 / 365日(平均4.2回/週) - 参加 2016/09/03 00:53

末永能登守14611514 さんのブログ記事

  • 第十章40母衣のお墨付き・北条時行の復活、青野原の合戦
  • 1337年(北建武4年、南延元2年)後醍醐天皇(皇族・50歳)南朝を開闢、北畠顕家の上洛を催促護良親王(皇族・30歳)渕辺義博に殺害されたと見せ掛けて牡鹿郡に落ち延びる?北畠顕家(公家・20歳)第二次遠征軍を率い、鎌倉を破り、京へ進軍新田義貞(武家・36歳)次男義顕が北畠顕家遠征軍に参戦足利尊氏(武家・33歳)次男義詮が北畠顕家に追われながらも追撃斯波家兼(武家・30歳)甥で初代関東管領家長が戦死葛西清貞(武家・47 [続きを読む]
  • 第十章37母衣のお墨付き・名君の危機管理、2皇子のプライド
  • 1337年(北建武4年、南延元2年)後醍醐天皇(皇族・50歳)南朝を開闢、北畠顕家の上洛を催促護良親王(皇族・30歳)渕辺義博に殺害されたと見せ掛けて牡鹿郡に落ち延びる?北畠顕家(公家・20歳)小高城を相馬親胤一族に奪還される新田義貞(武家・36歳)越前国金ヶ崎城が落城、長男義顕らを喪う足利尊氏(武家・33歳)奥州総大将に石塔義房を任命斯波家兼(武家・30歳)兄高経が金ヶ崎城を落とす葛西清貞(武家・47歳)嫡男高清が [続きを読む]
  • 鬼のやうなる大河論第5回・「平清盛」
  • 御陰様をもちまして当ブログはご訪問者様18000ヒットを達成致しました。ここに厚く御礼申し上げますと共に、さぁ恒例となりました、この企画。鬼のやうなる大河論、5回目は「平清盛」で、サブタイトルは、〜低視聴率の理由、わからん、誰か教えてくれ〜作品としてはかなり作り込んだなーという印象。「龍馬伝」の時焚かれたコーンスターチが再登場。白河法皇(@伊東四朗さん)落胤説とか、異説新説を下地に、翻弄され、葛藤する人 [続きを読む]
  • 第十章32母衣のお墨付き・相馬の弔い合戦、湊川の合戦
  • 1336年(北建武3年、南延元元年)後醍醐天皇(皇族・49歳)新田義貞敗報を聞き、比叡山へ逃亡護良親王(皇族・29歳)渕辺義博に殺害されたと見せ掛けて牡鹿郡に落ち延びる?北畠顕家(公家・19歳)陸奥国で相馬一族を撃破し、多賀城に到着新田義貞(武家・35歳)湊川の合戦足利尊氏(武家・32歳)湊川の合戦斯波家兼(武家・29歳)兄高経が湊川の合戦に参戦葛西清貞(武家・46歳)嫡男高清が足利尊氏に謁見白河関に入った北畠顕家 [続きを読む]
  • 第十章31母衣のお墨付き・葛西高清、アンタ誰?
  • 1336年(北建武3年、南延元元年)後醍醐天皇(皇族・49歳)新田義貞に足利尊氏追討を命じる護良親王(皇族・29歳)渕辺義博に殺害されたと見せ掛けて牡鹿郡に落ち延びる?北畠顕家(公家・19歳)相模国で斯波家長を撃破、陸奥国へ新田義貞(武家・35歳)足利尊氏追討の途中、播磨国の赤松円心に手間取る足利尊氏(武家・32歳)捲土重来を期し、九州から進出斯波家兼(武家・29歳)甥家長が相模国で北畠顕家を待ち伏せるも撃破さる [続きを読む]
  • 第十章30母衣のお墨付き・馬篭合戦と熊谷合戦
  • 1336年(北延元元年、南建武3年)後醍醐天皇(皇族・49歳)新田義貞に足利尊氏追討を命じる護良親王(皇族・29歳)渕辺義博に殺害されたと見せ掛けて牡鹿郡に落ち延びる?北畠顕家(公家・19歳)相模国で斯波家長を撃破、陸奥国へ新田義貞(武家・35歳)足利尊氏追討の途中、播磨国の赤松円心に手間取る足利尊氏(武家・32歳)捲土重来を期し、九州から進出斯波家兼(武家・29歳)甥家長が相模国で北畠顕家を待ち伏せるも撃破さる [続きを読む]
  • 第十章28母衣のお墨付き・北畠顕家の前に立ちはだかった男
  • 1336年(北延元元年、南建武3年)後醍醐天皇(皇族・49歳)比叡山にて北畠顕家を謁見護良親王(皇族・29歳)渕辺義博に殺害されたと見せ掛けて牡鹿郡に落ち延びる?北畠顕家(公家・19歳)足利尊氏を九州に追い払い、陸奥国に帰還新田義貞(武家・35歳)葛西江判官三郎左衛門尉なる人物が身替りとなって討死する。足利尊氏(武家・32歳)北畠顕家遠征軍に破れ、九州に敗走斯波家兼(武家・29歳)甥家長が相模国で北畠顕家を待ち伏 [続きを読む]
  • 第十章26母衣のお墨付き・葛西江判官三郎左衛門尉なる人物の正体
  • 1336年(北延元元年、南建武3年)後醍醐天皇(皇族・49歳)比叡山にて北畠顕家を謁見護良親王(皇族・29歳)渕辺義博に殺害されたと見せ掛けて牡鹿郡に落ち延びる?北畠顕家(公家・19歳)遠征軍を率い、足利尊氏と会戦新田義貞(武家・35歳)葛西江判官三郎左衛門尉なる人物が身替りとなって討死する。足利尊氏(武家・32歳)遥々上洛した北畠顕家遠征軍と対戦斯波家兼(武家・29歳)甥家長が奥州総大将として北畠顕家に対抗すべ [続きを読む]
  • 第十章25母衣のお墨付き・北畠顕家遠征軍の上洛
  • 1336年(北延元元年、南建武3年)後醍醐天皇(皇族・49歳)足利尊氏入京に際し、比叡山に退避護良親王(皇族・29歳)渕辺義博に殺害されたと見せ掛けて牡鹿郡に落ち延びる?北畠顕家(公家・19歳)遠征軍を率い、上洛新田義貞(武家・35歳)北畠顕家遠征軍と合流し、足利尊氏と対峙足利尊氏(武家・32歳)遥々上洛した北畠顕家遠征軍と対戦斯波家兼(武家・29歳)甥家長が奥州総大将として北畠顕家に対抗すべく陸奥に派遣される葛 [続きを読む]
  • 第十章22母衣のお墨付き・足利尊氏に迫る新田義貞の討伐軍
  • 1335年(南建武2年)後醍醐天皇(皇族・48歳)新田義貞、北畠顕家に足利尊氏・直義兄弟討伐を命ず護良親王(皇族・28歳)渕辺義博に殺害されたと見せ掛けて牡鹿郡に落ち延びる?北畠顕家(公家・18歳)足利尊氏征伐に動く新田義貞(武家・34歳)後醍醐天皇の命令で足利尊氏と合戦足利尊氏(武家・31歳)鬱病を発し、家出を図るも、弟の危機に一念発起する斯波家兼(武家・28歳)甥家長が奥州総大将として北畠顕家に対抗すべく多賀 [続きを読む]
  • 第十章21母衣のお墨付き・ライバルとなった足利尊氏と新田義貞
  • 1335年(南建武2年)後醍醐天皇(皇族・48歳)新田義貞に足利尊氏・直義兄弟討伐を命ず護良親王(皇族・28歳)渕辺義博に殺害されたと見せ掛けて牡鹿郡に落ち延びる?北畠顕家(公家・18歳)足利尊氏の動向を警戒新田義貞(武家・34歳)後醍醐天皇によって足利尊氏の対抗馬に擁立される足利尊氏(武家・31歳)逆意の無さを弁明するも、反逆の已む無きに至る。斯波家兼(武家・28歳)甥家長が奥州総大将として北畠顕家に対抗すべく [続きを読む]
  • 第十章19母衣のお墨付き・末永氏が足利尊氏に謁見叶う
  • 1335年(南建武2年)後醍醐天皇(皇族・48歳)新田義貞に足利尊氏討伐をけしかける護良親王(皇族・28歳)渕辺義博に殺害されたと見せ掛けて牡鹿郡に落ち延びる?北畠顕家(公家・18歳)足利尊氏の動向を警戒新田義貞(武家・34歳)論功行賞と称し、足利尊氏に所領や家臣を奪われる足利尊氏(武家・31歳)鎌倉で論功行賞斯波家兼(武家・28歳)兄高経が越前国を与えられる葛西清貞(武家・45歳)家臣末永定道が足利尊氏より褒美を [続きを読む]
  • 第十章18母衣のお墨付き・足利尊氏があっさり鎌倉を取り戻す
  • 1335年(南建武2年)後醍醐天皇(皇族・48歳)足利尊氏を征東将軍に後追いで任命する護良親王(皇族・28歳)渕辺義博に殺害されたと見せ掛けて牡鹿郡に落ち延びる?北畠顕家(公家・18歳)護良親王逃避行に関わる?新田義貞(武家・34歳)護良親王失脚後、足利尊氏の対抗馬として着目される足利尊氏(武家・31歳)瞬く間に中先代軍を駆逐、鎌倉を奪還斯波家兼(武家・28歳)兄高経が越前国を与えられる葛西清貞(武家・45歳)嫡男 [続きを読む]
  • 第十章17母衣のお墨付き・足利尊氏に謁見した葛西の御曹司
  • 1335年(南建武2年)後醍醐天皇(皇族・48歳)足利尊氏を征東将軍に後追いで任命する護良親王(皇族・28歳)渕辺義博に殺害されたと見せ掛けて牡鹿郡に落ち延びる?北畠顕家(公家・18歳)護良親王逃避行に関わる?新田義貞(武家・34歳)護良親王失脚後、足利尊氏の対抗馬として着目される足利尊氏(武家・31歳)弟直義を救援すべく、許可無く出陣、葛西高清の謁見を受ける斯波家兼(武家・28歳)兄高経が越前国を与えられる葛西 [続きを読む]