アンテリユインテリアデザイン/寺田由実 さん プロフィール

  •  
アンテリユインテリアデザイン/寺田由実さん: 素敵なインテリア
ハンドル名アンテリユインテリアデザイン/寺田由実 さん
ブログタイトル素敵なインテリア
ブログURLhttp://interieur.sblo.jp/
サイト紹介文洗練された豊かな暮らしを送るために、海外生活から得たアイデアを交えて発信するステキなインテリア
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供35回 / 212日(平均1.2回/週) - 参加 2016/09/03 03:24

アンテリユインテリアデザイン/寺田由実 さんのブログ記事

  • 英国の生活情報誌mr. partner掲載されました。
  • 久しぶりの投稿、こんにちは。intérieurアンテリユ 寺田由実です。英国の生活や文化、ライフスタイルを紹介する雑誌mr partner(ミスターパートナー)4月号(3月10日発売)に掲載されました〓今回は、”インテリアのコーナー”p85で紹介していただきました。〓この雑誌の魅力はなんといっても、イギリス人の生活について蜜にリサーチしていて他雑誌と違う視点で取材していてなかなか面白いんです。こういう雑誌はなかなかないんじ [続きを読む]
  • ラジオ出演します!West End Talk(井形慶子さん)
  • こんにちは、アンテリユ 寺田由実です。今日はラジオ番組出演のお知らせです。1/29 日曜日 午前9:30〜10:00エフエムフジ 78.6MHZ イギリスの豊かな生活を日本にお届けする生活マガジンMr. Partner編集長 井形慶子さんの番組ウエスト エンド トークに出ませんかというオファーをいただきまして、東京南麻布にあるスタジオに行ってまいりました。エフエムフジは山梨県のFM局なので、てっきり甲府市でと思ったら、 [続きを読む]
  • 英国 マダムの憧れキッチンAGAのcooker
  • アンテリユ 寺田です。 今日はキッチンについてのお話です。古き良き時代のインテリアの代名詞として有名なのがAGAキッチンオーブン。映画の一コマや、昔のインテリア雑誌特集で見たことはありましたが、このWarner夫妻の家に本物があってもう珍しいし、うれしいし、興奮してしまいました。その時代、ファームハウススタイルの家に、鋳物製、エナメル仕上げのオーブンを持つことがご婦人の憧れで、富のステータスシンボルだった [続きを読む]
  • Christmas クッキー デコレーティング パーティー
  • アンテリユ寺田由実です。クリスマスですね。アグリーセーターアメリカ人Terryさんからステキなお誘い〓Christmas Cookie Decorating Partyにオーストラリア人こ家族も声かけたから家族で来ない?ということで家族でデコレーティング パーティーにいってきました。この国の人達は生活をメチャメチャ楽しむことを本当によーくしってることに感動します。皆さん、クッキーパーティって知ってますか?クリスマス時期に子供がツリーや [続きを読む]
  • イギリス訪問記 ビショップ司祭の家
  • アンテリユ 寺田です。私が英国留学している時からの友人のWarnerご夫妻のお家です。学生時代は旅行に連れて行ってくれたり、イギリスの文化を教えてくれたり、ごはんごちそうになったりと苦学生のころ本当にお世話になった恩人です。久しぶりに新居Norforkへ、主人と会いに行きました。以前はAylesburyに住んでいらしたのですがこれで何度目のお引越しでしょう? 本当によく皆さん、家を綺麗にデコレートしては売買してどんどん [続きを読む]
  • オーストラリア 子供がDIY!?Cubby House
  • 久しく、オーストラリアの記事ご無沙汰してますね。カビーハウスっていうのですが、これは私も初めて〓どこの家にも家の敷地内にある「子供の家」なんです。ご両親が子供のために作ったというならまだしも、いないな・・・・?と思うと、”多分カビーハウスにいるんじゃない”かって。なんと、この10歳の小学生DAVID君が作っていました〓入口もH90cmぐらいだけど、もちろん、雨風しのげまーす。入ってみると...ちゃんと断熱材 [続きを読む]
  • 京都 インテリアの旅
  • 久しぶりの京都ーJRのCMの「そうだ!京都へ行こう」みると、紅葉の時期に一度はいってみたいと思っている方、多いのではないでしょうか。いいところを2日間でギューっと凝縮した見学会でした。さすが、京都! どこみても日本の伝統工芸が随所にあり近代化してしまった関東とは真逆なのに、インテリアの視点で考えると最先端というのでしょうか。京都の町屋に行くと古美術とデジタルのコラボレーションには素晴らしくて圧倒さ [続きを読む]
  • tomita Tokyo 内覧会
  • 京橋に11月25日オープンに先立って、創業93年トミタTokyo様の内覧会のご案内がありましたので一足早く、オープン前の京橋エドグランへ行ってまいりました。プレミアハイエンド向け商材を扱うトミタ社。いつ訪れても軸のぶれない、その経営方針がショールーム随所に表れていました。思い起こせば、17年前、ドイツのインテリア展示会で衝撃的な出会いをさせていただいてからのお付き合い。今日もいろいろな商品を拝見いたしました [続きを読む]
  • Bon Chic(主婦の友社)掲載されました
  • エレガント・リノベーションの特集にアンテリユのお客様が紹介されました。〓4ページに渡る掲載なのですが、1ページこんな感じに仕上がってました。<<お客様の声>>既に持っている絵画とインテリアの調和、収納部分の増設と、私には解決できない難題でしたので全てアンテリユさんにお任せしました。限られた空間にコート類も使い易く収納できるようになり、さらに憧れのオーク材と赤い壁紙を使って統一感のない絵画もごく自然 [続きを読む]
  • Cool!福沢諭吉旧居が素晴らしい
  • 仕事の関係で大分県に来ました。せっかく来たし、ネットで歴史的建造物を探したら中津町に福沢諭吉旧居があるということで訪れてみました。青年期を過ごした家で、大河ドラマでみるあの中庭に木があって、家族と話したり、武道をしたりしてたのかな・・・なんて想像が膨らみます フフ(^_-)資料館にはあの『学問のススメ』の2巻から17巻を始め、『西洋事情』『文明論之概略』など数多くの原本が展示してあり、『ホンモノ』の威力に [続きを読む]
  • ジャパンテックス 探し物みっけ!
  • 今年は登壇しないので、ゆっくりセミナーやブースを周りました。ないかな? ないかな?と探していましたウッドシャッターに出会えました〓普段はめったに名刺を出さないという創業者のご子息でグループの副社長Mr. Ron。恐れ多くも名刺もいただき、またすべての商品についてご説明までしてくださったのです。 〓これはここの商品たくさん使いたくなってしまいますね。オーストラリアの写真を何枚かご覧いただき、ご満悦!子供部 [続きを読む]
  • COOL!和の織物ってホントにクール!
  • 今、なかなか少ない和のお家をデザインにかかわっております。いろいろな素材で日本伝統工芸品を散りばめているのですがいよいよ、最終段階のフィニッシングタッチ。座布団にしっくりくる生地がない?!ありました〜〓灯台下暗しー私の街は織物産業が昔から盛んで細番手の織物、甲斐絹(かいき)といって、特に絹織物が得意なんです。高度成長期は『ガチャマン』といって、ガチャンと一織りすれば1万円入ってくるといわれるくらい盛 [続きを読む]
  • 英語で時計の読み方なんていうの?
  • 子供に時計の読み方で、同じ10時15分を伝えるのに日本と違う言い方の概念を持つことが難しいらしい。私自身も最初まごついたことなので気持ちはわかるけどね。何回いっても、日本式に10と15を数字でいいたくなってしまう息子。to なのか pastなのか 前なのか後なのか・・困ってたところに、低学年の教室でステキな時計を見つけました。 撮影後、チェックしなかったらピンボケ・・・スミマセン。黄色はpastを使うオレンジは to [続きを読む]
  • ポルトガルAldecoファブリック発表会
  • 私の好きなファブリックブランドAldeco社のファブリック商品発表会へ行って来ました。ポルトガルの会社ですが、フランスからマネージャーが直々に来日し、コレクションの魅力を熱く語って下さいました。シェニールやリネンルックなコレクショがンの数々。ジオメトリック柄(幾何学模様)は以前よりサイズダウンして小さめの柄展開になったとか。 でもよくみてみると日本の伝統 亀甲柄ですね。無地系ジャガードが更に充実! さり [続きを読む]
  • 英国スタイルリノベーション完成 べっぴんさん!
  • インテリアのリノベーション工事が終わるとどんな感じで仕上がったのか? 気になりますね。お仕事をさせてもらったのがきっかけでお客様のグループに時々、お邪魔させていただき、お披露目会とランチで集まるのが恒例になりました。2週間後には主婦の友社 『Bon Chic』のリノベーション特集で登場予定です。是非、ご覧くださいね。工事は初夏には終わっていたのですが、なかなか予定があわず、夏が終わり、先週天気のいい日に久 [続きを読む]
  • ATP Sunday 錦織圭選手の公開練習
  • 2016楽天ジャパンオープンが始まりましたね。久々の晴天の日曜日、ATP Sundayといって豪華な顔ぶれのATPプレーヤーによる前日公開練習を家族で見に行ってきました。歴代最多の1万人強が入った日で秋晴れの最高に気持ちのよい一日でした。予選はスタートしているのですが、センターコートで練習するATPプレーヤーみるためにスゴイ行列。朝から並んだ甲斐あって、いい席、近い!始まるまで、初心者キッズになんと、 [続きを読む]
  • ウィリアムモリス アカンサスの葉
  • レモンの木の元のグリーンはアカンサス。とても厚くて、大きくて、緑も深く、ツヤがあり 目を引く葉。インテリアではカーテンファブリックス、壁紙、真鍮でできたカーテンホールドバックスなど、よーくでてくる柄。 特に、ウィリアム モリスの商品では欠かせない人気パターンの一つ。引用: William Morris UKイギリスにあるウィリアム・モリスの家として公開しているレッドハウスに行ったときも、花よりもこの葉をまず探して [続きを読む]
  • オーストラリア ガーデン
  • 今回お邪魔した家のガーデンは、お花いっぱいのお庭ではなくて、果実園。温暖な気候だから冬でも木にいろんな実がなっている。初めてみました! アボガドの木 もぎ取って食べたいくらいでしたが、そこは押えて・・・おいしそうだった・・・レモン、レモネード・・・レモネードはジュースの名前かと思ったら立派な果実。 レモンとオレンジを掛け合わせたもの。レモンよりは少し丸みを帯びてるが、レモンに見える。食べると何とな [続きを読む]
  • オーストラリア 庭にある子供の遊具
  • 私が知る限りオーストラリアはかなり親日派。学校でも日本語の授業があり、人気があるようです。素晴らしい景色が家から見えるおうちだからいっておいで!とアレンジしてもらいました。オーストラリアは雨水をためて使う国って知ってますか?このプールも雨をためて作ってます。 ダムって呼んでました。今は冬なので使ってないのですが、こんなところで子供が一日中遊んでいるなんてなんかすごいワイルド! それからどこの家にい [続きを読む]
  • 古希の迎え方、フランス人の発想
  • 週末、山中湖にお住まいのお客様で日本人のご主人が趣味で始めた陶器や水彩画の個展を開くということで行ってきました。今年は古希ということで久しぶりに友人たちとあう、きっかけになったらと開かれました。ご夫人はフランス人。ここでもやはりホームメードのケーキで来客をお迎えしてます。インテリアもキュイジーヌ、それからライフスタイルも本当にフランスのエッセンスを散りばめて日本人以上に富士山麓で日本の生活を楽しん [続きを読む]
  • オーストラリア ワイルドバードライフ
  • 私は鳥が好き! 特にオーストラリアの鳥は見ごたえあって好きなんです。今回はコンパクトデジカメでとりました。結構遠くにいるので、ピントが甘いのですがお含みください。●ガッハッハッハッハ〜 と鳴く ワライカワセミ声は聞こえるんだけど、止まってなくてどんどんどこかにいってしまう。右の鳥は頭にまだフサフサの毛がないから子供かも。●ギャー、ギャーってものすごーい鳴き声のキバタンペットで飼ってる人がいるという [続きを読む]
  • オーストラリアのティータイム
  • オーストラリアの家庭にお邪魔して楽しみなのが『お菓子』 どこの家も手作りがでてくるのです。ビスケット一つにしても、各家庭のレシピがあり味は日本のお店でパティシエが作る焼き菓子となんら変わらない、いやそれ以上に美味なのでご紹介しましょう。フォークシンガーのJo Caseley、美味しいスコーンを作ってくれました。イギリスと変わらないクリームティーキッチンカウンターもダイニングに向かってV字にせり出している。今度 [続きを読む]
  • 雑誌取材 エレガントな大人のインテリア
  • 9日金曜日、取材の前はやはり緊張する。今回はどんな部屋として紹介されるんだろう?って。8時半に吉祥寺のお客様のお家に到着。リノベーション特集に掲載予定ということで美しくとっていただくためにも、念入りにお客様とご相談しながらあーでもないとオシャベリしながらセッティング。これがまた楽しいんです〓 あっという間に到着〓カメラマンによって、本当に同じ空間が切り取り方でまったく別物に生まれ変わるのだから、ワ [続きを読む]