sadafusa さん プロフィール

  •  
sadafusaさん: sadafusaの創作のお部屋
ハンドル名sadafusa さん
ブログタイトルsadafusaの創作のお部屋
ブログURLhttp://sadafusa-novels.blog.so-net.ne.jp/
サイト紹介文「フランツ、僕ほど君のことを愛している人間はいない?!」禁断のラブロマンス『月蝕』掲載中!!
自由文ヨーロッパ、歴史、絵画、華麗なファッションが好きな方!耽美的な非日常空間へ、いざ!
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供232回 / 328日(平均5.0回/週) - 参加 2016/09/03 22:19

sadafusa さんのブログ記事

  • 薔薇は金食い虫だ!
  • わたしの趣味のひとつに薔薇を育てるっていうのがあるのだけど、これがまぁ〜、報われないんだわwもともと通っているフラワーアレンジメント教室で使った薔薇の茎を腐葉土に刺しておくところから始まった趣味なんだけど、案外根が付くものなんですよ!教室で使う花は、ほとんど外国産の切り花が多いので、これが根付くとすごいかも!って思ってやり続けているんだけど、これが、挿し木はタダでも、まず、薔薇専用の土から始まって [続きを読む]
  • 40年ぶりの新作! 《ポーの一族》「春の夢」
  • 出典 《「ポーの一族」カット (c)萩尾望都/小学館》いつも思うのですが、萩尾先生の衣装に対する造詣は並々ならぬものを感じます。19世紀に流行ったハイ・カラー。クラバットの締め方など、涙がちょちょぎれそうになります。は〜、毎日暑いですね。溶けてしまいそうです。わたし、本当に暑さには弱くて…。義理の息子が、二三日前に手紙をくれたのですが、ロンドンはもう、夏の気配は過ぎ去って、寒いそうなんです。わたし、四 [続きを読む]
  • 一夜明けて…
  • 皆さま、こんばんは。昨日まで、廃人だったsadafusaです。なんだか、毎日毎日、文章と格闘している日々から解放されたら、何にもすることがないような気がしてぽか〜〜んとしております。やっとオスカルさま、無事に成仏していただいたそんなさわやかな気分でおります。しかし、それはそれとしてですね、別な意味で「なんかな〜」と思っています。手持無沙汰のような、生と死のぎりぎりで生きてきた、強制収容所のユダヤの人々もな [続きを読む]
  • 時間の記憶 Epilogue その2
  • 皆さま、本日も当ブログをご訪問いただき、ありがとうございます。本日で『時間の記憶』最終回となります。約60回ほど、ほとんど連日3000字から5000字程度の文章を掲載していました。正直、毎日推敲して、リライトする日々はつらいものがありましたが、皆さまの熱い応援もありまして、無事完走することができました。本当にありがとうございます。そして感謝しております。今日もどうぞ、最後までお楽しみください。 [続きを読む]
  • 時間の記憶 Epilogue その1
  • 皆さま、本日も当ブログをご訪問いただき、ありがとうございます。この連載も残すところあと1回となりました。あしたが最終回となります。皆さん、これまで本当にたくさん、応援のコメントをくださってありがとうございます。皆さん、本当にそれぞれ含蓄の深いコメントが多く、それでいて多感な少女時代をすごしてこられたのだろうとうかがえるのような、瑞々しい感性の方が多いように見受けられました。ちょっとおまけですが、池 [続きを読む]
  • 時間の記憶 《見出された手紙》 
  • 皆さま、本日も当ブログをご訪問いただき、ありがとうございます。お待たせいたしました、今日こそ、手紙の内容が明かされるときがきました。オスカルは誰に当てて、何を言いたかったのでしょうか?これは〜、もう本当にしんどい箇所でして、なんだかず〜っといじっていました。勢いをつけて読んでいただきたいので、長文ですが、全文を掲載します。 [続きを読む]
  • 時間の記憶 第七章 5
  • 皆さま、本日も当ブログをご訪問いただき、ありがとうございます。えへへ〜、今日はいきなり!恥ずかしい場面からですね〜。この箇所はもう、読みながら、ニヤニヤするしかない箇所ですね!電車の中で、ニヤニヤ笑って読んでいると不気味です!(笑) [続きを読む]
  • 時間の記憶 第七章 4
  • 皆さま、本日も当ブログをご訪問いただき、ありがとうございます。…作者としては、多少恥ずかしい気持ちもあるのですが、書かねばなりませんね、やはり。書いていて非常に気になったのですが、オスカル自分が結核だって知っていたんでしょ?ならどーして、アンドレとキスすることに躊躇しなかったんですかっ! 解せぬわwそれに、男性の経験値低すぎるくせに、はじめっからディープキスすることにもまったく躊躇してないよね?ふ [続きを読む]
  • 時間の記憶 第七章 3
  • 皆さま、本日も当ブログをご訪問いただき、ありがとうございます。昨日、エマ・ワトソン主演の『美女と野獣』をちょこっとだけyoutubeで見ていましたが、野獣やってる王子サマ役の人、34歳なんですってね〜。34歳っていうと、「え、結構トシ食ってんな」って感じしますけど、実は結構、若いのよね。かといって、小娘とか小僧みたいな感じでもなく、オジサン、オバサンという感じでもない。大人ですよ、オ・ト・ナ。そういう意 [続きを読む]
  • 時間の記憶 第七章 2
  • 皆さま、本日も当ブログをご訪問いただき、ありがとうございます!わたしはなるべく原作にあるシーンはかぶらないようにして、本作を作ってきたのですがここで、どうしても避けては通れないところまで来てしまいました。ですが原作には限りない敬意を払いつつ、やはりちょっとsadafusa色を強めに入れてみました。今日も、どうぞお楽しみください! [続きを読む]
  • 時間の記憶 第七章 1
  • 皆さま、本日も当ブログをご訪問いただき、ありがとうございます。今日って、7月14日なんですね。なんかイマイチタイミングが合わないのですが、また時間は逆行して1789年の6月23日へ参ります…。ここは〜、実は別の文章を1万字ほど書いていたのですが、ある方のコメントが非常に秀逸だったので、その1万字をすべてカット。新たに加筆修正しました。(感謝いたします!) こうすることによって、原作のあの例の行動が [続きを読む]
  • 時間の記憶 《最期の朝》 その1
  • 皆さま、本日も当ブログをご訪問いただき、ありがとうございます。さて、今日こそ!と思われた方も多かったはずです。しばらく前に『ライオン』という映画を見ました。インドの孤児で、オーストラリアの白人夫婦に養子としてひきとられた青年が自分の故郷は探す話なのですが、彼はグーグルアースを使って、自分の故郷を探し出したのです。(この話は実話)実はわたしは、『フーガ』を書いているときから、グーグルアースを使って実 [続きを読む]
  • お知らせ
  • このSO-NETってメッセージ機能がついていなんですね〜。で、どうしてもいいたいことがあるよ、っていう場合はわたしのブログ専用のメールを作りましたので、こちらにご連絡くださいませ。sadafusashinnnou@gmail.comです。よろしく〜〜。 [続きを読む]
  • 時間の記憶 第六章 2
  • 皆さま、本日も当ブログをご訪問いただき、ありがとうございます。今日の箇所は…ま、ちょっとというかかなり理屈っぽいところですね…。 [続きを読む]
  • 時間の記憶 第六章 1
  • 皆さま、本日も当ブログをご訪問いただき、ありがとうございます。お蔭様をもちまして、SO-NETブログランキング、アートの部24位、総合で526位とさらに新しく記録を更新しました。また、順調にアクセス数も伸びておりまして、昨日ついに12万1千を突破しました。本当に皆さまの温かい励ましあってのことと御礼申し上げます。さて、前回でマチルドの独白部分も終わりました。これを思いついたのは、使用人目線でアンシャンレ [続きを読む]
  • 時間の記憶 第五章 10
  • 皆さま、本日も当ブログをご訪問いただきまして、ありがとうございます。本日の分でマチルドの独白は終わりなのです。どんなふうにお感じになられましたか?あしたはまた新しい章です。 [続きを読む]
  • 時間の記憶 第五章 9
  • 皆さま、本日も当ブログをご訪問頂きまして、ありがとうございます。さて、話は急に加速をつけていくのです。「あれれ?」と少なからず驚きながら読んでいらっしゃる方も多いと思います。ベルばらはよく考えると1巻から四巻ぐらいまでで、オスカルさまの人生のほとんどが終了しているのですね。ドレスを着たシーンてたぶん、三十路前だと思うのです。そして、フランス衛兵隊に転属してから、死ぬまでって3年ぐらいじゃないでしょ [続きを読む]
  • 時間の記憶 第五章 8
  • 皆さま、本日も当ブログをご訪問いただきまして、ありがとうございます。さあ、昨日は「ああっ、アンドレ、どういってリシャールをやり込めるのだろう?」と思ったところで終わりでしたよね?はい、今日は続きですね。昔、ダイアナが結婚したとき、司式をしていた司祭を思い出しました。「おとぎの国の王子さまと王女さまは『その後ふたりはずっと幸せに暮らしました』で結ばれるけれど、ここは現実の世界、結婚とはゴールではなく [続きを読む]