もんた さん プロフィール

  •  
もんたさん: もんたにすた
ハンドル名もんた さん
ブログタイトルもんたにすた
ブログURLhttp://monta.hateblo.jp/
サイト紹介文広島のオトナ女子ハイカー。里山日帰りから北アルプスのテン泊縦走まで。ギアに凝ったり写真を撮ったり。
自由文山の魅力・登山の奥深さに惹かれ、月2回くらいのペースで山登りしています。自分が登山にはまりだしてから湧き起こったさまざまな疑問を、周囲の先輩や多くのブログさんから学んでクリアしてきたので、少しでも同じような境遇の方に情報八誌できればと。凝り性なので登山ギア選びが大好き。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供50回 / 365日(平均1.0回/週) - 参加 2016/09/04 16:19

もんた さんのブログ記事

  • 十方山 二軒小屋から
  • 以前にも十方山に登っていますが、今回は別ルートで再登頂です。恐羅漢山スキー場入口からほど近い、二軒小屋の駐車場に車を停めて、そこから登って行きました。駐車場。トイレもあります。はじめのうちは川沿いの整備された傾斜の少ない道。散策気分で歩いて行きます。せせらぎが心地よいです。だんだん茂り始めて、、、ザ・山道に。棘のある草木や葉っぱの縁が痛い花が茂っていたりするので、注意深く進みます。石がゴロゴ [続きを読む]
  • 久々の伯耆大山、雨中山行
  • 引っ越しやら出張やらで1ヶ月ほど山登りブランクに。久しぶりに鳥取は大山町、伯耆大山に登ってきました。言わずと知れた中国地方の百名山、標高1729メートルのその山容は、周囲に山群を従えてどっしりと広がる雄大な姿。今回は夏道登山道をピストンしました。この時期ならお花畑が楽しめるユートピアルートもいいですね。夏道登山道入口から一番近い南光河原駐車場。満車です。ここに専用ポストが置いてあり、登山届・下山 [続きを読む]
  • 登山もいける世界遺産の島 宮島・弥山
  • 宮島といえば厳島神社、海上の大鳥居。…なのですが、霊山「弥山」を擁する山の島でもあります。今回、ヤマレコのログが飛んでしまってルート図がないのですが、、JR/広電「宮島口」駅から徒歩5分程度、船着き場からフェリーに乗って宮島へ。往路(登り)は紅葉谷コース。復路(下り)は、弥山山頂から駒ヶ林に寄り道して、大元コース。紅葉谷コースは道もよく整備されていて、難所はまったくありません。ただ、階段状な [続きを読む]
  • ローバー メリーナGTX お手入れ
  • 里山登山から少しハード目の日帰りまで、いつも一緒に登ってくれる登山靴、ローバー メリーナGTX。いつもは「水洗いして汚れを落として乾燥」で済ませていますが、少し汚れが目立つなーというとき、3〜4回登ったときは「ちゃんと」お手入れします。今回は4回登山後で、かなり汚れて傷もついているので「ちゃんと」お手入れコースです。使うものコロニル ナノコンプリートコロニル レザージェル(ワックス)コロニル レザーロ [続きを読む]
  • 白い蝶(?)の群生乱舞 三瓶山
  • ふたたび、島根の三瓶山に行ってきました。前回とまったく同じルートを別の仲間と登ったわけですが、これまでにない経験をしたのです。それは、無数の白い蝶がひらひらと舞っていることでした。去年も5月の終わりころには三瓶山に登りましたが、こんな景色を見ることはありませんでした。今年が特別なのか、本当に時期が限定的なのか。iPhoneカメラだと捉えきれていませんが、、、かなりの数の白い蝶が飛んでいたんです。白くチ [続きを読む]
  • 岩場&荒道どんとこい!鎌倉寺山
  • 志和口にある鎌倉寺山は、標高610メートル。かつて、山頂付近に鎌倉寺があったとのこと。山頂にシャクナゲの花が咲いているらしい、ということで、花見ついでのハイキング…ということになってましたが、いやいやいやそもそも鎌倉寺山はクライミングの練習山としてクライマーが集うような山。要は岩場の多いゴツゴツした岩山なのです。その岩場を連続してよじ登りよじ降りる、結構ハードな山です。志和ICから降りて少し行 [続きを読む]
  • 広葉&針葉コラボと度胸試しの廻り縁。広島最高峰:大峯山
  • 広島県廿日市市にある標高1025メートルの独立峰、広島で最も高い山:大峯山に登ってきました。下川上の登山口から登ります。登山口までのアクセスはマイカー、登山口近くに駐車場、トイレがあり便利です。最初は10分ほど、こんな感じの舗装路を登っていきます。アスファルトですが、そこそこ急坂です。貯水槽のようなものがあって、その奥が本格的な登山道に入る入り口です。しばらくこんな感じでもみの木が立つ間の道をどん [続きを読む]
  • メタリックな黄色い花 ウマノアシガタ
  • この季節、山に登ると役目にするのがこの花。よーく見ると、なんというか独特な光沢があります。メタリックな感じ。拡大して切り出すとよくわかるのですが、この、金属質というか、パール感というか、、、独特な質感のある光沢。不思議です。調べたら、キンポウゲ科の「ウマノアシガタ」というらしい。どこをどう見たら馬の足の形なのかさっぱりわかりませんが。この花、毒性があるとのこと。誤飲すると腹痛や下痢嘔吐 [続きを読む]
  • 男三瓶山&子三瓶山ブリッジハント&三瓶バーガー!
  • 島根県の三瓶山に行ってきました。冬以来で久しぶり。やっぱり新緑の時期はいいですね。三瓶山は、1番高い男三瓶山(1126m)と、それに連なって女三瓶山、子三瓶山、孫三瓶山、計4つの山が環状にくっついています。全部回って縦走するもよし、登山口も3箇所(西、東、北)あり、どこから上がり、どう回るか、いろいろバリエーションが楽しめます。私は、西の原から男三瓶山に登り、そこから子三瓶山→孫三瓶山→女三瓶山→男三 [続きを読む]
  • 眺め良し 十方山
  • 広島県で3番目に高い十方山は、標高1328メートル、その名の通り頂上からは周囲を遠く見渡せる展望です。吉和にどっしり構える山容で、粘土質の道は急勾配の道あり、ブナ林の緑が美しい樹林帯の道あり、頂上は熊笹が茂る広々とした傾斜ありで、楽しみどころ満載です。吉和インターから「めがひらスキー場」方面に車を走らせた途中にある登山口からスタート。駐車場、トイレあり。登山口入口は、トイレの右手から伸びています。 [続きを読む]
  • 涸沢小屋(5月連休/GWの涸沢カール 小屋泊)
  • 今年(2017年)の5月連休は、涸沢カールで小屋泊。私はテント泊が多いのですが、たまには小屋泊もいいものですね。涸沢カールには、ふたつの山小屋があります。「涸沢ヒュッテ」「涸沢小屋」です。涸沢ヒュッテは、下から登ってきてすぐのところにあり、テン場からも近いので、宿泊者だけでなく飲食する人も含めてかなりの人数で賑わっている印象。平たいつくりも面白いです。いっぽうの涸沢小屋は、テン場から急坂をよじ登っ [続きを読む]
  • 5月連休/GW 残雪の涸沢カールを満喫 その2
  • 涸沢カールに到着後、あまりに景色がすばらしいので写真を撮りまくりました。今回の投稿は、朝昼夜の涸沢カールの顔をご紹介。谷側をのぞむ。右側に小さくテン場が写ってますね。カール。昨年は雪が少なかったそうで、今年の雪量は例年並み。数万年かけて氷雪が削りあげたカールに、たっぷりと真っ白な雪が。テン場。だいぶ増えてきました。テン場手前から、涸沢小屋方面をのぞむ。ちなみに、手前の白いテントが、テント泊受付で [続きを読む]
  • 5月連休/GW 残雪の涸沢カールを満喫 その1
  • 連休だからこそ遠出したい、この時期ならではの山を楽しみたい。というわけで、北アルプスは涸沢カールに繰り出しました。東京、名古屋、大阪・京都から、上高地まで直通で高速バスが出ています。前日深夜に出発して上高地に朝5〜6時に到着しますので、涸沢へ出発するのにちょうどいい。今回もこのバスを利用して現地入りしました。ルートは 上高地−明神館−徳沢−横尾−涸沢カール 往復ピストンです。5/2早朝5:50、上高 [続きを読む]
  • お寺参拝も池も桜も温泉も。楽しみ沢山の極楽寺山
  • 広島県廿日市市にある極楽寺山は、山頂の極楽寺に向かう参道がそのまま登山道になっています。標高693メートル、高さはあまりありませんが、コースタイム2時間ほどでずっと登りが続く、勾配もそこそこきつめの登りがいのある山です。JR廿日市駅から徒歩10分ほどで登山口に到着、そこから樹林帯の中を登って行きます。途中で高速の上にかかる陸橋を渡ります。結構、登りがきついぞ〜。こんな看板に励まされつつ登ります。途中で祠 [続きを読む]
  • 新緑萌ゆる寒曵山
  • 北広島町にある寒曵山は、標高826メートル。裾野が広く、冬はスキー場として賑わう山容はなだらかで穏やか。樹林帯を少しずつ上がって行く道々で、木々や花を楽しめます。登山口からの登り始め。すぐに、大きな苔むした岩が。「仙人岩」と呼ばれているそうです。小さな鳥居がかわいらしいです。木々の間を抜けていきます。新緑、初夏の花々に目移り。頂上まで残り250メートル、という小さな看板とともに道が分岐。スキー場ゲ [続きを読む]
  • 山でお花見!神ノ倉山
  • 安佐北区にある神ノ倉山は、標高561メートルの里山です。JRの最寄駅から徒歩で登山口にアクセスでき、そこそこ樹林帯の奥深さも楽しめるステキな山。ですが、今の時期の神ノ倉山の素晴らしさは、何と言っても見事な桜です。平地では桜のシーズンはすでに終わっていますが、山は標高が高いぶん、開花が遅れますのでまさに今が見頃。登山口。イノシシ除けの金網が巻かれています。木々の茂る土道を黙々と登っていきます。割 [続きを読む]
  • 会員制捜索ヘリサービス ココヘリ
  • 1人で登山することも増え、夏〜秋のハイシーズンになれば縦走やテント泊も。3泊〜4泊プランで単独アルプス縦走をしてみるか、と計画していた折、考えたくはないですが遭難という有事の際にもしっかり備えておこうと思いたりました。山岳保険、jROには入っていますが、何より、「遭難者がどこにいるのか」という『捜索』が最もキモなのだと思い、また、信頼している山ヤさんのおすすめもあって、このサービスに入会することに。 [続きを読む]
  • 全天候OKの万能レイングローブ RAPIDRUSH GLOVE
  • 夏の縦走の時など、残念なことに結構雨に降られたりします。日焼けしたくないし、岩や鎖をつかむ時に手を守るために、ずっとグローブをしているわけですが、雨が降るとぐっしょり濡れて、だんだん手指の皮膚が湿ってふやけてくるし、終いには嫌な臭いがし始めたり。かと言ってしっかりしたレイングローブは、かさばるし、晴れてる時と雨の時で付け替えるのが面倒。縦走の時は少しでも荷物を減らしたい。そんな時に出会ったのが [続きを読む]
  • 身近でハードな里山 白木山
  • 広島県安佐北区にある「白木山」、JRの芸備線「白木山」駅から歩いてすぐの場所に登山口があり、近隣から多くの登山者が集う山です。標高889メートル、さほど高いわけでもないこの山ですが、ほぼ直登の登山道はかなりハード。トレーニングで往復する猛者も多いこの山、舐めたらあかんのです。白木山駅すぐの道路に車を路駐(白木山登山者の車が縦列駐車するのはこの辺の名物らしいです)、歩いてほんの100メートル程度で登山口 [続きを読む]
  • スノーハイクで樹氷満喫。比婆山
  • 広島と島根にまたがる比婆山、いくつかの山が繋がっていて比婆山連峰とも呼ばれます。今回は冬の比婆山。天気予報は晴れ、「ひろしま県民の森」駐車場からスタートです。一緒に登る男性陣はワカン装着。自分はアイゼンを持参しましたが、結局使いませんでした。靴はローバータホープロ、ゲーターをつけて雪が靴と足の隙間から入らないように防御。アウターには、マムートのフリースを着用。登山口の周りはすっぽり雪、足跡 [続きを読む]
  • いにしえの狼煙の山 倉橋火山
  • 広島市の南に位置する江田島…の、ちょっと手前にある倉橋島にある火山(ひのやま)に登ってきました。標高408メートル。実は火山は2つあり、前火山408メートル、後火山455メートル。「前火山」のほうが本命なのかな。この時期は登山口までクルマで行ける山を探すのがたいへんで(いや、自分の運転力の低さゆえ…。冬タイヤ装着して、多少の雪道やアイスバーンでも普通に運転できるドライビング力があればいいのですよ)。その [続きを読む]
  • チェーンアイゼン カンプ アイスマスター
  • 雪山登山は経験なく、今年は登ってみたいぞ。ということで、ちまちま準備をしています。とは言え、いきなり2000メートル級の雪山登山に臨むにはあまりに経験不足。まずは近場の1000メートルかそれ以下の低山から。低山でうっすら雪が積もる程度の山ならば、本格的なアイゼンを履くのはちょっと大げさ。そんな時、「軽アイゼン」なるジャンルがあり、アイゼンの爪の数が4本、6本、8本、10本…といろいろあるのを勉強しました。 [続きを読む]
  • 瀬戸内一望!黒滝山&白滝山
  • 広島の頭部、竹原にある2つの山に登ってきました。黒滝山(270m)、白滝山(350m)の二山。JR山陽本線「忠海」駅から徒歩15分程度で登山口に着けます。標高も低く、登山道も整備された穏やかな山。ですが、たくさんの石仏、磨崖仏があり、山頂には神社あり、ささやかながらも鎖場があったり、よじ登る岩場があるなど、楽しみどころの多い山でした。登山口となる地蔵院の山門。この脇の道を上がっていきます。ルートはこんな感 [続きを読む]
  • 謹賀新年!で宮島の弥山で初日の出
  • あけましておめでとうございます。今年もよろしくお願いします。ということで、世界遺産「厳島神社」で名を馳せる宮島の神峰、弥山に登って初日の出を拝んできました。朝3時。まだ真っ暗です。ちょうど干潮で、大鳥居の周辺にたくさんの人が。3時に宮島に渡り、厳島神社に初詣して、その後、弥山の尾根ルートを登りました。真っ暗なのでヘッデンをつけて、ぐりぐりとやや荒れ気味の登山道を登りました。所用時間、およそ1時 [続きを読む]