ななこ さん プロフィール

  •  
ななこさん: ミャンマーにて想う
ハンドル名ななこ さん
ブログタイトルミャンマーにて想う
ブログURLhttps://s.ameblo.jp/love1357love1357/
サイト紹介文ミャンマーヤンゴンで家族と暮らしはじめました。 日々思うこと、想うこと色々綴ります。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供112回 / 365日(平均2.1回/週) - 参加 2016/09/04 16:47

ななこ さんのブログ記事

  • Cookさんその後
  • クックが来てくれるようになって約3週間。本当に助かっているし、有り難く思っている。彼女は料理が好きなようだし、手際もいい。きっとミャンマー料理なら美味しく作るのだろう。しかし、彼女は元韓国人家庭で働いていたこともあって、無理に韓国料理や和食もどきの物を作るが故に色々無理がある。初めの頃は色々問題があった。まず、彼女の味付けはむちゃ甘い。こんなもの毎日食べていたら確実に糖尿になる、と言うほど甘い。そ [続きを読む]
  • ミャンマードレスのオーダーメイド
  • 更新サボってました…と言うかもうこのままフェードアウトするムードでした。ミャンマーに来て8月でちょうど1年。もう生活にも慣れ、新鮮味も薄れてきたし、仕事あると特に出かけることもなく。それに仕事ある日はクタクタでブログ書く余力もなくて。。。でも、今日学生時代からの友人に、ななこのブログは芸能人のと同じくらい楽しみにしてる!とLINEが来てまたちょっとやる気になった(*^_^*)今日はちょっとご報告。遂に作りまし [続きを読む]
  • Cookさん来たる!
  • ついにクックが毎日来てくれることになった!取り決めはこうだ。月曜日から金曜日まで毎日夕食作りとアイロン掛けをしてもらう。給料は月200,000ks(本日のレートで16,000円ちょっと)買い物は来る前にして来てくれる。メニューもお任せ。この金額がローカル市場では安いのか高いのか。そこで義妹に聞いてみたらいいんじゃない?という反応だった。私的にはもちろん安い!ありがたい!感謝してもしきれない!取り敢えず今月いっぱい [続きを読む]
  • 毎日の食事作り
  • 私の1番嫌いなこと。。。それは毎日の食事作りである。私にとっては苦痛以外の何ものでもない。しかし、食べ盛り育ち盛りの子供たち、疲れて帰ってくる夫の為作らない訳にはいかない。イヤで堪らないし、作りたくないが一応毎日作っている。たまにディナーの予定があって作らなくて良い日は朝から体が軽く、お腹の底からスーッとして気分晴れやかこの上ない。私にとって料理は苦行である。もう結婚してからずーっとこの辛い苦行を [続きを読む]
  • おめでとう( ´ ▽ ` )ノ
  • 彼女の名前はスーペーぺーアウン。とても頭が良く努力家。どんな問題も正確にやりこなす。テストはいつもほぼ100点。人の嫌がる仕事も進んでする。いつも私を気遣い、たててくれる。しかし、彼女は今まで日本行きの面接にパス出来ないでいた。彼女は日本語の発音も良いので自己紹介も他の生徒よりハキハキ言えるし、選考試験も誰よりも良く出来ているはず。でもパス出来ない。企業によって欲しい人材が違うし、誰が選ばれるかは運 [続きを読む]
  • 盛大な100日のお祝い
  • 親戚の赤子が100日を迎えたとの事でお祝いに呼ばれた。場所はお寺。お坊さんにお経を唱えていただき、無事にこの日を迎えられたことを皆で感謝し祝う。ミャンマーでは生まれてから100日を迎えるまでは、ニックネームで呼び、100日でやっと名前を付ける。彼女のミャンマー名は忘れたが、意味は "輝く星"因みにニックネームはラッキー。 両親は美男美女。母親は医師。祖父は軍の偉いさん。2人もベビーシッターが付いていて、甲斐甲斐 [続きを読む]
  • ミャンマーLIFE 再始動
  • ミャンマーに戻って5日。雨季真っ只中のミャンマーは比較的涼しく過ごし易い。クローゼットのカビの心配をしていたけど、大丈夫だったので安心した。仕事も再開した。1ヶ月半もふやけていたので、まだ身体が慣れない。毎日帰る頃には目はショボショボ、グッタリですぐ寝てしまう。夕飯ギリギリにのそのそ起きて支度する。ああ、こんな時ご飯作ってくれる人がいたらどんなに良かろうか。。。久々の生徒たちとの再会は嬉しいものだっ [続きを読む]
  • 久々の更新!
  • ずっと更新していないのに、何故か昨日のアクセス数が凄かったので驚いていて。。。何でかな?という事で、ちょっと書こうかと。毎日のんびりゆったりダラダラ過ごしている。でも友達と会ったり、妹家族と遊びに出かけたり、花火を観に行ったり温泉に行ったりして、日本の夏を満喫できた。それに今回一番感動したのは新鮮な野菜の美味しさ。今が旬の夏野菜の美味しいことといったら?那須の焼き浸しにミョウガと鰹節をたっぷり添え [続きを読む]
  • 誕生日
  • 今日 7月7日は私の誕生日である。だから"ななこ"と言う訳。ちょうど1年前のこの日、もうどうしても、どうやっても、なにがなんでも、絶対にぜ〜ったいに、これ以上歳をとりたくないと真剣に思った。それなのに…結局は1分1秒の狂いもなく、きっちり間違いなく、確実に、ひとつ歳をとってしまった。。。よく、年齢なんてただの番号よ!とか歳なんて関係ない!とか言うけど。。。歳は歳なんだよ!!!間違いなく、その年月生きてきた [続きを読む]
  • 夏休み
  • 日本に帰って来ている。いや〜〜、やっぱり日本はええのう〜〜〜〜(*^_^*)これから約1ヶ月半 久々の日本を満喫するつもり。この休みを取ることは、仕事を始める時点で学校に伝えて予め許可を取ってあった。でもそれを生徒たちに伝える時は言い辛くて、とうとう前日まで言えなかった。とても罪悪感を感じた。皆を1ヶ月半も放っぽらかして、日本に帰ってしまうなんて。。。私がいなくなったらミャンマー人の先生しかいない。それに今 [続きを読む]
  • シャンプーの泡で。。。
  • もうすぐ夏休みで日本に帰る。その前に美容院に行きたいと思っていたが、なかなか時間がなかった。そこで先日、買い物ついでにショッピングモールに入っているローカルのお店に入ってみた。日本の美容院とこちらの美容院の違い??それはシャンプー台がまるで診察台の様に真っ平らなこと。靴を脱いで真横に寝ると、タオルを掛け布団の様に被せられる。そして、更なる違いは、シャンプーの泡を利用したマッサージ付きということであ [続きを読む]
  • 癒しの君
  • 住まいのロビーをいつも掃除している彼。彼は掃除夫にしておくのはもったいないほどの端正な顔立ちで、なかなかの好青年である。いつも爽やかな笑顔で挨拶してくれる。今まで彼とは挨拶以外の言葉を交わしたことはなかった。彼はとってもシャイ。目を見つめるとたちまち耳まで真っ赤になってしまう。彼とのほんの数秒は私にとっての癒しだった。でも、ここ最近ずっと彼を見かけなかった。もう1ヶ月以上である。あぁ、もう辞めてし [続きを読む]
  • 分かり易いね!あなた
  • 生徒の1人にやる気のない子がいた。いつもふてくされた顔をしており、ダラダラムード。皆が課題に取り組む中、ボーッとしていたりする。第20課まで進むと、もう分からないし、これ以上はやりたくない!と 自ら同じ進度のグループから外れてしまった。1人で復習する…と皆から席を離し、1人ぽつんとしている。困ったな。。。と思いながらも取りあえず様子をみていた。数日後、第16課まで進んだ男子生徒がいるので、彼と一緒に16課か [続きを読む]
  • 千差万別、十人十色
  • 生徒は最近更に増えて、現在約60人いる。彼らを見ていると、本当に面白いなあ〜〜〜と思う。皆それぞれにそれぞれの個性がある。頭が良く、1度で理解しどんな問題もサクサク正確にやりこなす子理解力に欠け、いつもトンチンカンな回答をする子どれだけやってもなかなか出来るようにならない子いつまで経ってもカタカナが覚わらない子(ハンソー)几帳面で日本人より綺麗な字を書く子色白で美人、そのうえ心も美しい子リーダーシップ [続きを読む]
  • ヘぇ〜〜そこまで!
  • 生徒の1人に、肘から手首にかけてミャンマー語で大きく入れ墨をしている子がいる。彼に何と書いてあるのか聞いてみたら、何と彼女の名前なんだとか。。。え〜〜じゃあ別れたらどうするの?と聞くとちゃんと彼女と別れないと約束した!と。。。でも意地悪して、そんなこと分からないでしょ。消せないのにどうするの〜〜〜?と言ったらその時は腕を落とす!とキッパリ。ハン ソー 君の彼女に対する熱い気持ちはよ〜く伝わった!それ [続きを読む]
  • 初給料!
  • 昨日、5月分の給料をもらった。働き始めて初めての給料である。現金でむき出しのまま、輪ゴムで留めた札束を渡された。100万円位の分厚さである。と言ってもチャットなので、金額はそれほどない。でも、嬉しかった。感激した。。。早速、夫に報告。そして、これで長崎亭に行こう!と提案した。※説明しよう!長崎亭とは、接待などにも使われる高級焼き肉店である。肉は日本からハンドキャリーされており、お姉さんが焼いてくれる。 [続きを読む]
  • だから近いって!!
  • 先日ミャンマー人のパーソナルスペースが我々よりも狭い話をした。 ? ミャンマー人のパーソナルスペースそして、思わぬ伏兵が現れた。先週入った新しいミャンマー人男性教師だ。先生不足の中、新しい先生は大変嬉しい。大歓迎だ。彼の日本語能力はまだまだ…というか全然というか…でも人柄は良く、やる気と熱意は素晴らしい。教科書片手に、先生!先生!!と質問してくる。それは大変良いのだが。。。彼も近い!近い!! [続きを読む]
  • 旅立ち
  • 金曜日、1人の生徒が日本へと旅立って行った。仕事を始めてから、初めての別れである。彼女はこれから3年間、日本の農家で技能実習生として働く。別れの時、泣きたくないと考えていた。憧れの日本へ向けて出発する彼女を、笑顔で元気に送り出したいと思ったからだ。彼女に皆の前で挨拶してもらい、私も今までの努力への労いと激励の言葉を述べ、皆からのメッセージカードを送った。先生、一緒に写真を撮りましょうと言ってくれて、 [続きを読む]
  • ミャンマー人のパーソナルスペース
  • パーソナルスペースとは他人に近づかれると不快に感じる空間のことであるが、ミャンマー人の人との距離感は明らかに我々とは違う。街で見かける若者グループは、皆互いに肩を組んだり腕を組んだりしながら密着して歩いている。女の子同士なら、手を繋いだり腕を絡ませたり…それは20代でも普通だ。大人の孫がおばあちゃんと抱き合うのも普通だ。先日は、17〜8歳の男の子が、お母さんと肩をぴったりくっつけて、互いに手の平を微妙 [続きを読む]
  • 名前が覚えられなくて。。。
  • 生徒の名前が覚えられなくて、困っている。生徒は約50人。名札もないので、ネームプレートを紙で作って机に立てるように頼んでいるのだか、毎回言わないと立ててくれない。第一ミャンマー人の名前は難しい。Phyu Hnin Phwe とかNang Ei Ei Thinzar Phwe とかMyo Thiri Kyaw とかこんな感じだ。それをカタカナに直しても、正しい発音ではないようで、呼ぶと苦笑いされる。 James とか Maryならそう苦労もしないだろうが、ニィンニィ [続きを読む]
  • 寮訪問
  • 学校が終わり、帰ろうとしたら土砂降りの大雨だった。車を待っていると、生徒が3人佇んでいた。聞くと、傘がないとの事だったので、送って行くことにした。ヤンゴン出身の生徒以外は皆、寮で自炊しながら共同生活を送っている。どんな寮なのか気になっていたので、ちょうど良い機会だった。寮はミャンマーの典型的なボロアパートの中の何部屋かを学校が借りており、その中の2部屋におジャマした。部屋には二段ベッドが5台。それに [続きを読む]
  • 仕事について
  • 仕事が始まり、全然余裕なくてブログ更新を怠っています。。。なんせ働くこと自体が娘を産んで以来ぶりで、終わる頃には疲労困憊。しかも帰ってから息つく暇なく夕食作り。。。世の中の共働きのお母さん達は皆こうしてやっているのだなあ…と尊敬してならない。 私の仕事というのは、日本へ留学や働きに行くミャンマー人に日本語を教える、というものだが、入っていきなりHead teacher になってしまった。と言うのも、とにかく先生 [続きを読む]
  • それだから。。。Part2
  • フラッと入ったお店で、すごくいい感じのワンピースを見つけた。一目で気に入り、即買い。早速帰って着てみた。なかなかいい感じ(*^_^*)でも、私にしてはちょっと丈が短い。足が気になる…夫が帰って来た。ねえ、このワンピースどう?いいでしょ!でもちょっと短いかなあ〜足、気になる?と聞くと、こうのたまった。男は乳とお尻しか見ないから大丈夫「 ・・・・・・・・・ 」誰もそんな事聞いとらん!!!何で良く似合ってるね、 [続きを読む]