patapata さん プロフィール

  •  
patapataさん: 雑務な日々
ハンドル名patapata さん
ブログタイトル雑務な日々
ブログURLhttp://www.zatsumunahibi.xyz/
サイト紹介文小さな職場で毎日バタバタとあわただしく雑務をこなしています。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供57回 / 311日(平均1.3回/週) - 参加 2016/09/04 18:02

patapata さんのブログ記事

  • 住民税の特別徴収決定通知書にマイナンバーの記載は必要か?
  • 各市区町村からの特別徴収決定通知書も届き、給与から控除すべく給与計算ソフトへの住民税の入力も終え、振り込みの手配をしようとしていた先月半ば、某区から決定通知書が届きました。中身を見ると、確定申告により税額が変更したとの通知でした。まだ修正が間に合うタイミングだったのでやれやれでした。郵送されてきた決定通知書は「変更」であるためか、マイナンバー担当者以外は開封しないようにとの注意が封筒に記載されてい [続きを読む]
  • 私もアーリーリタイアメントしたかった
  • 日本語にすると「早期退職」になるんでしょうか。。。私がこの言葉を知ったのは、外国人と一緒の職場で働いていた時のことです。彼らのほとんどは仕事の時間にしか現れないのですが、その人の場合はあってもなくても、一日フラフラと事務所に出入りしていました。同業他社だったらこういうのは禁止なんでしょうけど、自由な職場だったので、彼が話しかけてくれば私たちも応じるという感じでした。日本の文化や習慣を理解し、ドタキ [続きを読む]
  • もうじき70歳になる人が入社することになったら
  • 先日雇用保険のことを調べたのは、そういう理由があったからです。詳しくはかけませんが、あと数ヶ月で70歳、、、、社会保険や雇用保険に加入できるのか、まだ未体験の業務だったので調べてみました。まず、雇用保険は加入できます。平成29年1月1日より65歳以上でも加入できるようになりました。雇用保険料は平成32年3月31日までは無料、平成32年4月1日より徴収です。加入期限は無しでず〜っと入れます。次に、健康保険料ですが、7 [続きを読む]
  • 雇用保険の適用拡大で、64歳以上の雇用保険料徴収はどうなる?
  • 制度が変化がめまぐるしいので、頭の中が混乱してきたので、一度ここで整理しておきます。雇用保険加入の要件とは、現時点で、・一週間の所定労働時間が20時間以上であること・一ヵ月以上の雇用が見込まれることとなっています。そして、これまでは雇用保険に加入できるのは65歳まででしたが、平成29年1月1日からは65歳以上でも加入出来るようになりました。ここまでは理解しましたが、わからなくなってしまったのが、では、現時点 [続きを読む]
  • お役所は特別徴収額決定通知書の個人情報に配慮すべき
  • 最近毎日住民税の「特別徴収決定通知書」が郵送されてきます。マイナンバーが開始になり、それまで丸見えだった本人に手渡す分の通知書に保護シールが貼られるようになりました。ほとんどの市区町村がそういう配慮を見せる中、今まで通り、まる見えのところもいくつかあるんです。つい昨日受け取った横浜市の分がそうでした。すごくガッカリしました。鎌倉市もそうだったので、もしかしたら神奈川県はそうなのかもしれません。横浜 [続きを読む]
  • 高年齢雇用継続給付金を受けてる人の給与支給額に変動があった時
  • 60歳で定年となりその後も嘱託として一年ごとの契約で雇用されている人が何人かいるのですが、当然、定年後の給与はそれまでの給与を下回る額での契約となり、その下げ幅が条件に合えば、「高年齢雇用継続給付支給申請」をし、65歳まで給付金を受け取ることができます。定年後の下がった給与支給額が変わることはほとんどありませんよね。なので給付支給申請は、2ヶ月ごとに「高年齢雇用継続給付支給申請書」に、支給額を記入して [続きを読む]
  • マイナンバーで副業は会社にバレる?給与計算の立場から考える
  • マイナンバー制度が始まることで、会社に副業がバレてしまうのか、給与計算をしている立場から考えてみました。私が、この人は他にアルバイト等副収入があるかもしれない、と疑うとすれば、それは住民税の「特別徴収税額の決定通知書」だと思います。これは住んでる市区町村の役所から勤務している会社あてに郵送され、天引きする住民税額の通知書なので給与計算をしている立場の人であれば必ず目にすることになるからです。そこに [続きを読む]
  • 途中で雇用保険加入条件に合わなくなった時の手続き
  • 桜を眺める余裕もなく、ふと気がつくともう4月も半ば過ぎ、、、、毎年こんな感じです。4月は新しい期の始まりなのでいろんな変更がありますよね。入社や異動、昇給とか、あとはお子さんが就職するから健康保険の被扶養者でなくなるからその変更とか、雇用に期限のある人は契約更新もあります。今年はその契約更新でパートの人が雇用保険加入の条件に合わなくなってしまいました。時給の高い人でなおかつ扶養控除の範囲で働きたいと [続きを読む]
  • 入金額から差し引かれた振り込み手数料を調べる方法
  • 昔は銀行で振込みをする時に窓口でもATMでも、「電信」か「文書」の二通りがあったんです、「電信」は当日午後3時までに手配すればその日に振り込みになり、「文書」は同じ条件でも数日かかりました。当然、振り込み手数料も「電信」のほうが「文書」よりも高くて、急ぐ時は「電信」、そうでもない時は「文書」と使い分けていました。「電信」の振り込み手数料は1件800円くらいだったような気がします。件数が20件あれば16,400 [続きを読む]
  • プレミアムフライデーの恩恵にはあずかれない
  • 今日から始まった「プレミアムフライデー」とは、毎月末の金曜日、午後3時前後の早い時間に退社を促し、個人消費を増やしてもらい経済を活性化させることが目的らしいのですが、こういう発想はどこの誰がするのか、まったく理解できません。今日はプレミアムフライデーだから早く帰っていいよ、という会社はあるんでしょうか?大手ならありえるかもしれませんね、フレックス勤務だったり、自分の裁量で仕事の量や時間を調整できる [続きを読む]
  • レターパックと簡易書留の決定的な違いは何か考えてみた
  • 先週末、健康保険組合にマイナンバーのデーターをCDに落としてレターパックプラスで投函しました。期日ギリギリの提出なので翌日、しかも手渡しで配達になるレターパックプラスはすごくありがたいです。マイナンバーを含め、普通郵便では送れない重要な書類は、レターパック(プラスもライトも)使っていますが、健康保険組合のマイナンバー関連の提出時の注意は、「簡易書留かそれと同等以上の安全性のあるもので」とあり、これ [続きを読む]
  • 一国の代表選挙に投票できる怖さ
  • 親戚の人が心臓にペースメーカーを入れることになりました。ペースメーカーを入れてる人はそんなに珍しくもないですし、手術も部分麻酔で難しくはないそうです。手術には300万円ほどかかるらしいのですが、それが、ペースメーカーを入れることで身体障害者となり、役所に申請して認められれば、かかった費用のほとんどが戻り、自己負担がかなり軽くなる、というものでした。実際、高齢で年金収入しかなかったのでほとんどかからな [続きを読む]
  • マイナンバー関連書類の発送方法は特に定められていない
  • マイナンバーが記載された書類を送るのに「レターパック」にするか「簡易書留」にするかと、騒いでいる私ですが、実際はそういう書類を発送するのにこういう方法で送って下さいという指示があったのは、現時点で・ハローワーク・健康保険組合のみです。ハローワークは「高年齢雇用継続給付支給申請書」を返信用封筒を同封して普通郵便で提出していたところ、途中で「簡易書留」か「特定記録郵便」で送るように言われたので、以降提 [続きを読む]
  • 税金の未納からは逃れられない
  • 某市役所から照会のあった件についてですが、上司が対象者に確認したところ、数百万円の未納額があるそうです。本人が金額を把握しているということは何度も督促を受けているということですよね。役所は書面だけでなく対象者の自宅まで足を運んだことだろうと思います。私が確信犯と言ったのは、当時税金を滞納せざるを得ない事情があったとしても、その後就職して安定した収入を得て納付しようと思えば出来た額なのに数年間それを [続きを読む]
  • 大量の簡易書留を出す時の「差出票」はエクセルで作表して提出できる
  • 昨日ふと気がついて慌てた簡易書留を出す際に記入する「書留・配達記録郵便等差出票」の手間をどうするか、さっそく今朝最寄りの郵便局に電話で聞いてみたところ 「書留・配達記録郵便物等差出票」を書く手間をどうするか悩む・エクセルで作成した表でも良い(1枚)・表の項目は、依頼主の住所、氏名、届け先の名前、料金等を設けること (「書留・配達記録郵便等差出票」と同じ項目があれば良い)・入力した届け先の名前順に封 [続きを読む]
  • マイナンバー制度導入で税金未納者の追跡が容易になる
  • まだ忙しさは続いていて毎日ドタバタして余裕がありません。ブログの更新も滞ってしまい、2月までは仕方がないと思っていたのですが、ちょっとした事件があり書くことにしました。昨日某市役所から郵便が届き、給与支払報告書の送付にしては遅いなと思いつつ開封すると、それは調査票でした。ぱっと見て税金滞納者についての照会なのがすぐにわかりました。調査項目を追っていくとその対象者の過去3ヶ月の給与、賞与、給与支払い方 [続きを読む]
  • 雑務も工夫しだいで少しは楽に、小物も使って女子ウケを狙う
  • 今は年末調整のまっただ中でカリカリしながらやっています。限られた時間なので集中してやらなければならないのですが、私の仕事は「雑務」、電話やお茶出しはもちろん、宅配便の受け取りとかこまごまとしたことがたくさんあって、頻繁に席を立たねばなりません。その中であ〜、面倒くさいな、と思う雑務のひとつが「現金精算」です。この職場のやり方では、千円にも満たない金額でも都度払ってあげなくてはいけません。その大半は [続きを読む]
  • 「支払調書」の発行義務はないと知り、ホッとしたこと
  • 基礎的なことからちゃんと積み上げた業務経験ではないので、思いがけずいろんなことにぶち当たって、その場その場でこなしてきたのでこれで良かったのかな、という自信のなさがいつも残ります。年の途中で扶養親族が亡くなったらその年の年末調整はどうするのか、ということもそういう場面に遭遇して初めて、あっ、どうするんだろう!?となったわけですが、今回もまたそれに似たことがあって、今年の夏頃、業務委託をしていた人が [続きを読む]
  • 支払調書の大きな誤解、実は発行義務はない
  • 「支払調書」というのは源泉徴収票のようなもので、年末になると発行しているのが、写真のような「報酬、料金、契約金及び賞金の支払調書」というものです。個人に支払ったもので原稿料やデザイン料、講演料など規定の項目に該当する場合はそこから源泉所得税を引いて支払い、一年間の支払合計と源泉所得税の合計を記載します。それを相手に毎年発行しているわけですが、調べてみたいら、「発行の義務」はないことがわかってびっく [続きを読む]