ふじえまさなお さん プロフィール

  •  
ふじえまさなおさん: ひきこもり、不登校支援メンタルコーチ 藤江正直
ハンドル名ふじえまさなお さん
ブログタイトルひきこもり、不登校支援メンタルコーチ 藤江正直
ブログURLhttp://masanao-fujie.com/
サイト紹介文子供さんがひきこもりや不登校で悩んでおられるお母さん、お父さんを勇気づけるブログです。
自由文不登校・ひきこもりだった娘が社会にでられるようになるまでに僕が学んだこと、実践してきたことを同じ悩みを抱えている方の参考になればと綴っています。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供143回 / 193日(平均5.2回/週) - 参加 2016/09/04 18:45

ふじえまさなお さんのブログ記事

  • 自分を知ることでコミュニケーションが楽になる
  • ペップトークはトークという名前がついているので他人に対する言葉がけと思われている方が多いのですが実は一番大事にしているのはまずは「自分」なのです他人を応援しようと思うとまず自分が元気でないと十分な応援ができなかったり継続して応援することは難しくなりますただ、ちゃんと知っているつもりでも意外と知らないのが自分のことなのです 人はどのくらい自分のことを知っているのでしょうか?知っているつもりでも意 [続きを読む]
  • 相手に動いてもらうにはペップトークで「してほしいこと」を伝える
  • こもまで困ったあの人、苦手なあの人の印象をペップトークで変える方法と困ったあの人、苦手なあの人に遭遇したら「どうなりたいのか?」を考えるでは嫌だなと思う人や苦手な人に対する意識の変え方、捉え方変換のお話でした他人を変える事はなかなかできませんでも自分の他人に対する見かたや意識、印象を変えることは可能です変えられないものを無理に変えようと努力をしたり苦しんだりするよりは変える事ができる自分の見 [続きを読む]
  • 同じ出来事でも「不幸」と思える人と「幸せ」と思える人の違い
  • 前回は人を応援しようと思ったらまずあなたが満たされ幸せになって下さいねと書かせていただきました今回はその満たされ幸せになれる考え方のなかでも前向きになれる、幸せになれる物事のとらえ方について書かせていただきますね 事実は1つでも解釈は無数にある 同じような出来事に遭遇した時にそれを「不幸」と捉える人と「幸せ」と捉える人がいますあなたならどちらの人になりたいですか?例えば朝出かけようと思って [続きを読む]
  • 人を応援する・・・その前にあなた自身は元気ですか?
  • 子供にもっと頑張ってもらいたい、良くなってもらいたい疲れているパートナーを励ましたい凹んでいる同僚を勇気づけたいそんな時に役に立つのがペップトークでありペップトークの考え方なのですそのペップトークの考え方の中で大切にしているものの1つに人を応援しようと思ったらまず自分からというものがあります 自分が元気でないと人は応援できない 例えばこれから取引先に大きな商談に向かうあなたその商談は会社の [続きを読む]
  • 子供や自分自身をやる気にさせる言葉の使い方〜ペップトーク〜
  • 子供に対してやる気のないうちの子になんとかやる気を出してほしい少しでも前向きになってもらいたい自分自身に対してダメなのはわかっているんだけど気が付いたら物事のとらえ方がネガティブになっているそしてネガティブに捉えてしまう自分を責めて落ち込んでしまう・・・こんな事を思ったことはありませんか?今日はそのような方に子供にやる気を出してもらえる前向きになってもらえる言葉の使い方自分自身もポジティブになれる [続きを読む]
  • 子供や自分自身をやる気にさせる言葉の使い方〜ペップトーク〜
  • 子供に対してやる気のないうちの子になんとかやる気を出してほしい少しでも前向きになってもらいたい自分自身に対してダメなのはわかっているんだけど気が付いたら物事のとらえ方がネガティブになっているそしてネガティブに捉えてしまう自分を責めて落ち込んでしまう・・・こんな事を思ったことはありませんか?今日はそのような方に子供にやる気を出してもらえる前向きになってもらえる言葉の使い方自分自身もポジティブになれる [続きを読む]
  • 不登校、ひきこもりの子供さんに更に自信を持ってもらう方法
  • 前回の不登校、ひきこもりの子供さんに自信を持ってもらう方法では子供さんの「存在」やできているところを承認しそれを伝えて下さいと書かせていただきました今日はそこからもう一歩進む方法について書かせていただきますねお願いするアメリカの心理学者アブラハム・マズローは人には社会的欲求(集団に所属したい、仲間が欲しいと思う気持ち)や承認欲求(人に認められたい、尊敬されたいと思う気持ち)があると自身が提唱した欲 [続きを読む]
  • 不登校、ひきこもりの子供さんに更に自信を持ってもらう方法
  • 前回の不登校、ひきこもりの子供さんに自信を持ってもらう方法では子供さんの「存在」やできているところを承認しそれを伝えて下さいと書かせていただきました今日はそこからもう一歩進む方法について書かせていただきますねお願いするアメリカの心理学者アブラハム・マズローは人には社会的欲求(集団に所属したい、仲間が欲しいと思う気持ち)や承認欲求(人に認められたい、尊敬されたいと思う気持ち)があると自身が提唱した欲 [続きを読む]
  • 不登校、ひきこもりの子供さんに自信を持ってもらう方法
  • 不登校、引きこもりの子供を社会に出ていけるようにするためまず家庭で勇気づけることが大切です傷ついたり、勇気がくじかれている子供の心を再び勇気で満たすその為には家庭が子供にとって安心・安全で居心地の良い場所である必要があり受け入れ、承認が必要だと書かせていただきました今日は次のステップ子供さんに自信を持ってもらい元気になってもらうための具体的な方法について書かせていただきますね人はどのような時に困難 [続きを読む]
  • 不登校、ひきこもりの子供さんを勇気づける「承認」の方法
  • 前回のあなたとあなたの周りが劇的に変わるコミュニケーションでは子供さんをはじめ他者を「受け入れる」には「承認」することが必要そして承認とは褒めるではなく感謝の気持ち相手がしてくれた貢献を伝えることそうすることで子供や相手の自己肯定感が上ると書かせていただきました今回は承認するのにもレベルがあるというお話です 同じ承認でも違いがあるんです 例えば子供さんが食事の後片付けをしてくれて、食器もキ [続きを読む]