福熊 さん プロフィール

  •  
福熊さん: 福熊の鱒釣りBlog
ハンドル名福熊 さん
ブログタイトル福熊の鱒釣りBlog
ブログURLhttp://blog.livedoor.jp/fukuguma-unluckyebisu/
サイト紹介文東京近県でのフライでの鱒釣りや北海道釣行による鮭釣りやイトウ釣りを紹介。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供35回 / 365日(平均0.7回/週) - 参加 2016/09/04 19:53

福熊 さんのブログ記事

  • 弱り目に祟り目
  • まいりました。台風による商船三井フェリーの遅延を回避するため、シルバーフェリーで八戸に出て、東北道を自走する。時間的に一番早く到着し、台風を回避できるはずだったのに、事故による仙台南〜白石間の通行止めで、菅生PAで足止めを食らってしまった。まぁ、道路上で待たされるよりはマシだが。 このまま待つべきか、それとも一般道を使って事故区間をやり過ごすか?さほど時 [続きを読む]
  • 最終日
  • 今日は苫小牧まで移動しなければならないので、午前中だけ釣りをする。ツール・ド・フランスの最終日のパレード走行のように、和やかにキャストを楽しんで締めくくるつもりだ。 皮肉なことに、北海道に上陸してから一番の快晴になっている。 [続きを読む]
  • 天候回復
  • やっと天気が回復したが、全日釣りが出来るのは残念ながら今日だけになってしまった。 生憎、オホーツク海からの強風は止むことはなく『よーし、釣ってやるぞ!』的なテンションは既にない。『せっかく来たから、竿出すか』くらいに後退していた。 河口の有名なポイントである沼の入口で釣りを始めた。他に釣り人はいないし、魚の気配もない。 やはり、幻の [続きを読む]
  • 誰もいない雨の渓谷
  • 昨日から降り続けている雨のせいで川は濁ってしまった。当然ながら釣りにならないので誰もいない。今日も一日中雨の予報だが、今のところ降ったり止んだりで酷く降ることはなさそうだ。 ここは、初めてC&Rエリアを設けたことで有名な川だが、今まで訪れたことがなかった。この状況では釣果を期待することはできないが、折角来たのだから次回のためにも駐車場の場所や入渓ポイントを見 [続きを読む]
  • 雨をついての北上
  • 今日は一日中雨が降っている。 サケ釣りが好調なら、半日くらいサケ釣りと思っていたが、不調のうえに天候も良くないので、朝から北上して次の川を目指すことにした。 たまたま見たローカルニュースが、『今年の鮭の水揚げは、不漁だった去年を上回っている』と伝えている。感覚的に魚が少ないと思っていたが、実際に少なかったのだ。 [続きを読む]
  • 問題発生
  • 道東のサケ釣りで有名な川に来ている。 昨日、ウェーダーの寿命が尽きて大量に浸水したので、急遽、釣具屋によって代替品を購入したのだが、河原を歩いているうちに爪先があたるようになり、痛みを感じるようになった。 試着した時は、短時間履いただけなので気づかなかったのだ。カタログサイズでは2.5cmも大きいので、正確には小さいのではなくて足の形に合っていないようだ [続きを読む]
  • ウェーダーを買いに
  • 苫小牧を出発してから道東に着くまで、ずっと雨がちらついていて、今日は一日中雨の中かと思っていたら、入渓した途端に快晴に! 「日頃の行いがいいからに違いない!」と都合のいい解釈をして、ロッドを振る。結ぶフライはエルクヘアカディス!ドライフライは、いつもこれだ。 いかにも魚が付いていそうな流れにカディスを落とす。暫く流れに揉まれなが流れていくが、落ち込みにの [続きを読む]
  • 他力北上
  • エンジンの細かな振動と波による緩やかな上下動が常時伝わってくるので、さすがに快適とは言えないが、それでもまずまずの目覚めだ。 日の出の時間はとうに過ぎていて、船は仙台の沿岸を航行している。デッキに出てみると雲一つない快晴だった。今年の夏は、とにかく晴れが少なかったので、久しぶりに胸のすく光景が見られて気分がいい。このまま予定どおりに苫小牧港に入港すれば [続きを読む]
  • 東京脱出
  • なんとか仕事にけりをつけて家に帰ると、休む間もなく車を運転して大洗のフェリーターミナルを目指す。順調にいけば、十分乗船開始時間に間に合うはずだが.途中で渋滞に巻き込まれると微妙な時間帯でもある。祈るような気持ちで高速道路を乗り継いでいくが、幸運にも渋滞に合うこともなく予定した10時半に着くことができた。乗船手続きを済ませ、待機場所に移動すると、あとは乗船開始時間を [続きを読む]
  • なぜ絡む?/多摩川
  • 海の日であるが、そんなことにはお構いなく、河原に来ている。遅い午後だが、陽射しはまだ衰えていない。まだまだ熱中症の危険があるので、ビールは2本に増やした。それと温くなったビールでは、体温を効果的に下げられないので水筒も準備した(注意:アルコールで水分補給はできません)。 キャスト練習の準備をしていると、ミンミンゼミが鳴いているのに気づく。この辺で蝉の声を聴 [続きを読む]
  • テーリングループ/多摩川
  • 歩いて10分弱の河原にキャスト練習に来ました。 途中でビールとスポーツドリンク買って熱中症予防も万全。アレ?アルコールは、水分補給にならなかったか? さっそく確信犯が購入したビールを飲む。日中野外で飲むビールは格別。もっと買ってくるんだった?? 蒸し暑くて、刺さるような紫外線が容赦なく降り注いでいる。若い頃なら気にならないがこの歳 [続きを読む]
  • 潮時/中禅寺湖
  • 7月最初の週末、中禅寺湖に来ている。平地と比べて季節の巡りが遅いこの場所でも、十分に夏の陽射しを感じるようになっている。 駐車場を出て山側を1kmほど歩いたが、釣り人をほとんど見ない。ここから先に入っている人も、そうはいないだろう。釣り場を決めて改めて見回すと、2人の姿が見える。解禁間際の賑わいが想像できないくらいに閑散としている。昨年の最後の中禅寺湖 [続きを読む]
  • 蝉フライで遊ぶ/中禅寺湖
  • 春ゼミが鳴くこの時期には、期間限定のシケーダーの釣りが愉しめる。 残念ながら釣れた試しがない。 釣れないのは、フライの出来が悪くて見向きもされないのか、発生直後でまだ魚が興味を示さないのか、はたまた単に運が悪いのか。 太陽が山の端を超えて湖畔に陽が射すと、セミの大合唱が始まる。湖面 [続きを読む]
  • 大物を釣る/中禅寺湖
  • 中禅寺湖の新緑もだいぶ進んできている。湖面には、春蝉がつくる小さな波紋が見られるようになった。しかし、先ほどから注視しているのだが捕食される気配はまるでない。それどころか見える範囲には、ライズが一つもない。ほどよく吹く風が湖面に小々波を立てて、釣りやすい状況であるが、肝心の魚は表層に関心がないようだ。 太陽が高くなり日の当たる場所が広がるにつれて、春蝉 [続きを読む]
  • フライラインの問題/中禅寺湖
  • 今日は、難しかった。棚があってないのか。フライが違ったのか。ショートバイトすらなかった。午後からは雨も止んだが、風も止んで、湖流も感じない。色々試してみたが皆目見当がつかない。釣りは半ば諦めて、前から不満だったロッドとフライラインのマッチングを試してみた (遠くに3人いるだけで、近くに釣り人はいませんでしたよ。念のため…)。 まずは、RI [続きを読む]
  • キャス練/多摩川
  • 暑いのにも関わらず多摩川でキャスト練習に励んできた。一番近い河原まで歩いて5分、こんな時は本当に便利だ。 練習に持ってきたのは、CNDのソルスティス#7/8/9で柔らかくてタイミングがとりやすいロッドだ。へなちょこキャスターの俺でも、そこそこ扱える!このロッドを使うときは、野寺さんへの感謝を忘れないようにしている。 ラインはRIOミッドスペイ#8/9、同じくRIOス [続きを読む]
  • 大きさに関係なく/中禅寺湖
  • 標高1269mに位置する中禅寺湖は、日本で一番高所にある湖だ。5月も中旬になるというのに、湖畔にはまだ桜が咲いてたりする。天候が変化すれば温度もそれに伴って変わるのは当然だが、平地と比べると変化が極端で装備服装にも注意が必要になってくる。 釣りについても釣れる条件が短いスパンで変化し、先週は正解だったメソッドが今週には成立しないということもざらにあることで [続きを読む]
  • 祝杯をあげる/中禅寺湖
  • またもや中禅寺湖にきている。それも、まだ暗い午前3時半にポイントを目指して1人歩いている。我ながら、ずい分と変わったものだと思う。フライを始めた頃にも中禅寺湖に来ていたが、その頃の釣りはキャンプツーリングのアクティビティの1つで、目的ではなかった。 それも真夏の昼近くとか…釣れる要素がほとんど無いのに嬉々としてロッドを振っていたのを思い出す。 この暗闇を1k [続きを読む]
  • 春雷の湖/中禅寺湖
  • GWが始まった。 今年のお得感のないGW、特に前半は普通の週休と変わりなくてガッカリだ。 前日の金曜は残業して、戻って釣行の準備したら11時近い、寝れば良いのに1時間ほど飲む。起きられるか心配だ。 なんとか翌朝無事目を覚まし、6時半には歌が浜駐車場に着いた。手早く準備して、山側を歩いていく。特に決めたポイントはないので、空いたところを探しながら進んでいく。 [続きを読む]
  • 春雨の中/養沢毛鉤専用釣場
  • 午後から養沢に出かけてきた。着いた途端に細かい雨が降りはじめた。もともと夕方には降るような予報だったので、騒ぐことではないのだけれど、雨粒が眼鏡に付いたりで、視界が悪くなるのは少なからず不快だ。 薄暗いなか小さなフライのアイに、ティペットを通そうとするが上手くいかない。このところ老眼が進んでミッジのような小さなフライを使った釣りが面倒になってしまった。 [続きを読む]
  • 春とはいえ水は冷たい/中禅寺湖
  • 疲れていたので起きられないと思っていたのだが、意外にも3時に目が覚めた。睡眠が足りず頭の芯が鈍く痛い。このまま起きるか暫し逡巡…どうやら天気は良さそうだ。窓からは月が見える。今から準備すれば7時前には着くだろう。 ほぼ予定どおりに歌が浜駐車場に着くと、駐車場は既に満車状態だ。空きスペースを見つけて駐車し、手早く準備して釣場に向かう。 [続きを読む]
  • 近場で手軽に/養沢毛鉤専用釣場
  • 先週の土曜日に養沢毛鉤専用釣場へ行ってきました。翌日の日曜日は、雨で非常に寒い1日になったので、土曜日に出かけたのは正解でした。午後になってから出発したのですが15kmちょっとの距離なので、十分釣りをする時間はあります。近くて助かります。 事務所で遊漁料金を支払って、ついでに午前中の釣果を聞いてみると、気温が上がらず [続きを読む]
  • まだ寒いです/養沢毛鉤専用釣場
  • 3月に入り東京近県の渓流釣りが解禁になりましたが、同じく3月1日からシーズンインしている養沢毛鉤釣場に行ってきました。 養沢毛鉤釣場は、トーマスブレイクモア記念社団が運営する養沢川にある流程4kmのフライ専用の釣場ですが、あまり行ったことがありませんでした。 管理事務所から2つめの橋までの下流域を釣ってみ [続きを読む]
  • 人差し指の問題行動
  • 人差し指が、頻繁にネットで買物をするようになった。どうしたものか様子を見ているうちに、どんどんエスカレートして何時しか看過ごせない程になっていた。 半年くらい前迄は、ネットで買物しても精々月1〜2回のペースだったが、年末あたりから利用が増えたと思う。全ての顛末は記録しないが、今年の1月だけでも次のようなものを買っている。 年末にランディングネットに穴 [続きを読む]
  • パーフェクトの今後の処遇について
  • フライフィッシングでのリールはそれ程重要なものではない。最低限、ラインの収納ができればいい。それでも、楽にラインの回収ができて、巻きぐせがつかないラージアーバーホイールであったり、万が一の大物とのやり取りに有利なディスクドラグであれば便利ではある。 今までのリールを選びは実用性がポイントで、ラージアーバー、ディスクドラグが最低条件だった。それに付け [続きを読む]