ほふられた小羊 さん プロフィール

  •  
ほふられた小羊さん: ほふられた小羊
ハンドル名ほふられた小羊 さん
ブログタイトルほふられた小羊
ブログURLhttp://yohane-no-mokusiroku.muragon.com/
サイト紹介文読まれる皆さんは私も含めて、自分がどこに属しているのかという思考を解放してお読みください。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供73回 / 205日(平均2.5回/週) - 参加 2016/09/05 21:03

ほふられた小羊 さんのブログ記事

  • 聖和された神山先生に想いを寄せて・・・!
  • 神山先生の命を賭した最期を知り、心からご冥福をお祈りします。 神山先生の聖和は家庭連合が最も混乱した大患難時代(草束事件から七年)の生き証人として霊界に旅立たれたとのだ思います。今の時代は霊界がアベルの位置になって霊界から協助される側なりますから、神山先生が霊界から私たちが現在の混乱を収束できるように共助してくださること、そして、お父様のご心情がこの地上に花と咲く時代が到来するように、ますますご尽 [続きを読む]
  • 12双の櫻井夫人の「声」に思うこと。・・・日本の良心がようやく動き出した
  • 全家庭連合(家庭連合、顕進様と亨進様)において、忘れ去られて不問となっていることが二つあげられると思います。 一つは、お父様の「摂理的な死」であり、もう一つは摂理の要である「レアとラケル」問題です。 前回の記事でお父様の不自然な死である「摂理的な死」について、以下のように書きました。 ・家庭連合はお父様の死は天寿を全うされたとして「摂理的な死」を見ようともしません。 ・亨進様は「摂理的な死」を知っ [続きを読む]
  • ③−5 何故、顕進様はお父様に従わなかったのか??
  • 本日の記事は、《 ③−6 》へと続きます。 本日も、前回に続いてお父様が顕進様に語られた、「一年間、公的な活動を休んで、原理を勉強しなさい。お父様のそばにいなさい。」(2009.3.8)についてです。 この御言葉は「聖霊と称するブログ」が顕進様を貶める為に利用している御言葉です。 お父様が原理を解明された時に、神様も反対し、全霊界までも反対したとあります。 顕進様がお父様に従わなかったように見える [続きを読む]
  • ③ー4 今年から七年間、「顕亨国一体化によるお母様解放運動」の時代です。
  • 「平和の主人、血統の主人」と「黙示録」は、お父様が聖和された後、私たちを道案内する御言葉として記されています。 本日は黙示録ではありませんが、「捨てた石が隅のかしら石」になったという、子女様のことを喩えた一つの聖句を紹介します。 この聖句はイエス様が祭司長たちに対して「あなたたちは宮を盗賊の巣にしてしまった」と叱られた翌日に語られた御言葉です。歴史は繰り返しますから、お父様を離れた清平もこれと同じ [続きを読む]
  • 『天地共鳴圏と真の御父母様の聖婚』から・・・
  • 「先駆者」様から頂いたコメントに対する私の感想を記事としてアップします。 「先駆者」様、コメント欄の内容と同一のものですので、ご了承ください。 =========== 以下は「先駆者」様からのコメントです。 このお父様のみ言を、どう思われますか? http://ameblo.jp/88angelvoice/theme1-10098355157.html 『息子の國進君も可哀想です。彼に何の罪がある [続きを読む]
  • ③−1 黙示録「二人の証人」のひとり・・・顕進様
  • (※1)(※2)はこの二つを してご覧ください。 《 ① お父様が語られた「三年半」 》 《 ② お父様の愛を貪ったサタン 》の続きです。 ーーーー ③−1 「二人の証人のひとり・・・顕進様」 黙示録11:3 (※3) 『そしてわたしは、わたしのふたりの証人に、荒布を着て、千二百六十日(三年半)のあいだ預言することを許そう。』 本日は、 (※3)になります。    この二人の証人こそ、顕進様 [続きを読む]
  • ② お父様の愛を貪ったサタン
  • (※1)は前回終わりました。 本日は(※2)です。 《 三年半 》 「束草事件」の2009年3月8日〜「聖和」の2012年 9月 3日 2010年 天歴 7月25日 (陽暦 9月3日=聖和の丁度二年前)    Today's World Japan 2011年 1月号 35ページ 《 原文 》 「(※1)ますます近づき、三年六か月以内にけりをつけなければなりません。 (※2)サタンが自白書を書い [続きを読む]
  • ① お父様が語られた「三年半」
  • これまでの記事、「三年半」について、再度、整理します。 《 三年半 》 「束草事件」の2009年3月8日〜「聖和」の2012年9月3日 2010年天歴7月25日(陽暦9月3日=聖和の丁度二年前)    Today's World Japan 2011年1月号 35ページ 《 原文 》 「(※1)ますます近づき、三年六か月以内にけりをつけなければなりません。 (※2)サタンが自白書を書いて公文を発表 [続きを読む]
  • 聖霊の名を借りて分断を図るブログは、今年の三月で終わらなければなりません。
  • 自らを聖霊のような立ち位置に立てることはサタンの手法に落ちる危険があります。 聖霊の名を借りて、あたかも真実があるかのように錯覚し、それでいて温情と批判を繰り返し、わずかなブログ情報によって記事として、至る所の文脈に摂理観との矛盾が見え隠れするブログ、最終的には、聖霊と名乗るブログを愛読している人さえも貶めることになります。 愛読者が多いことにこしたことはありませんが、それに浮き足立っていることに [続きを読む]
  • 独善的なブログには余計なことかも知れませんが・・・
  • 本題に入る前に・・、 今の時代は、天の本分を離れた家庭連合に鉄槌を加える一大チャンスの時代です。 しかし、この絶好の機会を逃すようにサタンは巧妙に分裂工作を進めています。 名前は伏せますが、批判力旺盛で、該当する独善的なブログには余計なことかも知れませんが・・・、サタン側になる危険性が非常に高いブログがあります。 独りよがり的であり、情緒的であり、摂理観の全体性が乏しく、同調する者の心の隙間に張り [続きを読む]
  • 「第六の封印」 家庭連合の罪がマグマ溜まりになっている
  • 初めに、お知らせです。 黙示録第一章はメシヤの聖和直後から始まっていました。 この時間軸がぴったりと合うことによって、誰も知り得なかった黙示録のメッセージが鮮明に見えてきます。   もし、あなたが少しでも関心があられるなら、このブログが真実かどうか確かめる為にも、あなた自身で《 黙示録(1) (2) 》をワードに落とし込み、一句一句分解し、検索機能をフルに活用して、解読してみませんか。 お知らせ頂 [続きを読む]
  • ①−2
  • ①−2 再創造の公式  きょうの題目は何ですか? (真の自分を探しましょう)。みんな、こういうように、結局は世界が悪いというのですが、日本はどうですか? 日本は悪い国ですか、良い国ですか? (悪い国です)。日本が悪い国だったら、ここに集まっている日本の女はどうですか? (悪い女です)。悪い女は天国に行きますか、地獄に行きますか? (地獄です)。何で地獄に行く人が、ここに来ましたか?(……) 地獄が [続きを読む]