English Tutors Network さん プロフィール

  •  
English Tutors Networkさん: 英語の発音 by ETN
ハンドル名English Tutors Network さん
ブログタイトル英語の発音 by ETN
ブログURLhttp://etn.co.jp/pronunciation/
サイト紹介文英語の発音記号・音のつながり・イントネーション・強弱についてまとめてみました。
自由文発音は、英語習得のために学習しなければならない3つの重要な要素の一つです。しかしながら、他の2つの要素である単語と文法に比べて重要視されていません。このサイトは、リスニング力とスピーキング力向上のために必要な英語の発音の基礎を理解してもらうために作りました。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供24回 / 116日(平均1.4回/週) - 参加 2016/09/07 15:16

English Tutors Network さんのブログ記事

  • 過去の記事 …
  • User Guide
  • 「 英語の発音 by llll 」の活用方法llll 発音記号の基本を知りたい…「発音記号」 を し “ 発音記号について ” を読んでみてください。発音記号の種類や、米語・英語の違いなど「発音記号って何?」の基本的な疑問にお答えしています。llll ある発音記号の発音方法を知りたい…発音記号の基本を理解したら、気になる(苦手な)発音の発音記号を Check してみましょう。「発音記号について」 のページ内から、もしく [続きを読む]
  • Prosody
  •  強弱・イントネーション について強弱・イントネーション とは!Prosody (プロソディー) とは、広義では、発話の強弱 (リズム)、イントネーション (抑揚) などの音声学的要素のことです。文法によって定められているものと、話者の感情や文脈によって変わるものがあります。比較的平坦な言語であると言われている日本語と比べ、英語は強弱 (リズム) やイントネーション (抑揚) が重要な言語です。それらを誤った形で発話する [続きを読む]
  • Prosody
  •  強弱・イントネーション について強弱・イントネーション とは!Prosody (プロソディー) とは、広義では、発話の強弱 (リズム)、イントネーション (抑揚) などの音声学的要素のことです。文法によって定められているものと、話者の感情や文脈によって変わるものがあります。比較的平坦な言語であると言われている日本語と比べ、英語は強弱 (リズム) やイントネーション (抑揚) が重要な言語です。それらを誤った形で発話する [続きを読む]
  • Liaison
  • 音声変化 (連結・脱落・同化) について音声変化とは!日本人が英語を聞きとれない最大の理由である音声変化(Liaison)は、連結(Linking)・脱落(Elision)・同化(Assimilation)の3つの種類に分けられます。これら3つとも日本語ではあまり起こらない現象のため日本人にとって難しく感じますが、それぞれの特徴を理解し、自分でも発音できるように繰り返し練習すれば必ず聞き取れるようになります。音の連結とは!音の連 [続きを読む]
  • Liaison
  • 音のつながり (連結・脱落・同化) について音のつながりとは!日本人が英語を聞きとれない最大の理由である音のつながり(Liaison)は、連結(Linking)・脱落(Elision)・同化(Assimilation)の3つの種類に分けられます。これら3つとも日本語ではあまり起こらない現象のため日本人にとって難しく感じますが、それぞれの特徴を理解し、自分でも発音できるように繰り返し練習すれば必ず聞き取れるようになります。音の連結と [続きを読む]
  • Vowels
  • 英語の母音は 20 以上あります 発音記号発音方法単語例/ i ? /唇を横に引っぱり、舌を緊張させて「イー」と強めに長く発音する。/:/は長く引っ張って発音する。he /hi?/speak /spí?k/more/ i /日本語の「イ」と「エ」の中間の音。唇と舌は緊張させずに、日本語の「エ」の口の形で「イ」と発音する。it /ít/minute /mín?t/more/ e /日本語の「エ」に近い発音。ただし、日本語の「エ」よりも若干下顎を下げて、口を開けて発音 [続きを読む]
  • Vowels
  • 英語の母音は 20 以上あります 発音記号発音方法単語例/ i ? /唇を横に引っぱり、舌を緊張させて「イー」と強めに長く発音する。/:/は長く引っ張って発音する。he /hi?/speak /spí?k/more/ i /日本語の「イ」と「エ」の中間の音。唇と舌は緊張させずに、日本語の「エ」の口の形で「イ」と発音する。it /ít/minute /mín?t/more/ e /日本語の「エ」に近い発音。ただし、日本語の「エ」よりも若干下顎を下げて、口を開けて発音 [続きを読む]
  • Consonants
  • 英語の子音は 24 あります 発音記号発音方法単語例/ p /唇を閉じ息をためてから、急に唇を開け、パッと破裂させる感じで「息」を出す。日本語の「パ」行よりも、強めに破裂させる。pen /pén/open /óup(?)n/more/ b /唇を閉じ息をためてから、急に唇を開け、パッと破裂させる感じで「声」を出す。日本語の「バ」行よりも、強めに破裂させる。big /bí?/job [米]/d???b/more/ t /唇は閉じずに、舌の前方を上の歯茎につけて息 [続きを読む]
  • Phonetic Symbols
  • 発音記号について発音記号とは!発音記号とは、発音を表す記号です。発音記号を知っていれば、実際に音声を聞いたり、口元を見たりしなくても、正解な発音、そして喉・舌・唇の動かし方がわかります。英語は日本語に比べて母音と子音の数が多いため、発音記号を知らなければ、日本人は英語の正確な発音を文字に書き表すことができません。また、発音記号を知らなければ、実際に発音の仕方を見て、口の動かし方を教えてもらわ [続きを読む]
  • Rhythms from Steve Jobs
  • スティーブ・ジョブズ から「強弱(リズム)」を学びましょう。スティーブ・ジョブズのスピーチを題材に、実践の場での「強弱(リズム)」を説明しています。繰り返し聞き、そして自分でも発音できるようになれば、必ず聞き取れるようになります。スティーブ・ジョブズ の「強弱(リズム)」解説2005年 スタンフォード大学卒業式スピーチから(上級者向け)Paragraph 1http://etn.co.jp/training/wp-content/uploads/2016/12/SJ-1. [続きを読む]
  • Assimilations from Steve Jobs
  • スティーブ・ジョブズ から「音の同化」を学びましょう。スティーブ・ジョブズのスピーチを題材に、実践の場での「音の同化」を説明しています。繰り返し聞き、そして自分でも発音できるようになれば、必ず聞き取れるようになります。スティーブ・ジョブズ の「音の同化」解説2005年 スタンフォード大学卒業式スピーチから(上級者向け)Paragraph 8http://etn.co.jp/training/wp-content/uploads/2016/11/SJ-4EyeShadowing1.mp3An [続きを読む]
  • Elisions from Steve Jobs
  • スティーブ・ジョブズ から「音の脱落」を学びましょう。スティーブ・ジョブズのスピーチを題材に、実践の場での「音の脱落」を説明しています。繰り返し聞き、そして自分でも発音できるようになれば、必ず聞き取れるようになります。スティーブ・ジョブズ の「音の脱落」解説2005年 スタンフォード大学卒業式スピーチから(上級者向け)Paragraph 1http://etn.co.jp/training/wp-content/uploads/2016/12/SJ-1.mp3Thank You. I am [続きを読む]
  • / l /
  • 有声子音。発音記号の概要説明はこちら 発音方法母音の前と語頭では、舌先を、上の前歯と上アゴの境目につけたまま舌の両側から声を出してから、舌先を下方に弾くように発音する。子音の前や語末では、舌先を、上の前歯と上アゴの境目を目指して伸ばすようにし、「ウ」と「オ」の中間の声を出す。日本語にはない発音。注意点* 日本語の「ラ」は、/ r / と / l / の中間。* 綴りは「l」「ll」「le」で表す。単語例bell/bél//b/ [続きを読む]
  • / r /
  • 有声子音。発音記号の概要説明はこちら 発音方法唇を丸めて若干前に突き出し、舌先を上アゴにつけずに内側に巻くようにしながら「ウ」と声を出す。日本語にはない発音。注意点* 舌先が上アゴについてしまうと / l / の発音に近くなるので注意。日本語の「ラ」は、/ r / と / l / の中間。* イギリス英語では、/r/ は母音の前にきた時のみ発音する。例えば rain /réin/ では発音するが、car / k???/ では発音しない。* 綴 [続きを読む]
  • / w /
  • 有声子音。発音記号の概要説明はこちら 発音方法唇を丸めて前に突き出し、それを緩めながら「ウ」と声を出す。注意点綴りは「w」の他に、「wh」や、時には「u」も /w/ と発音する。単語例beware/biwé?r//b/ /i/ /e?r/ one/w??n//?/ /n/ queen/kwí?n//k/ /i?/ /n/ quick/kwík//k/ /i/ swan[米] /sw??n/[英] /sw??n//s/ /?/ /?/ /n/ sweet/swí?t//s/ /i?/ /t/ twelve/twélv//t/ /e/ /l/ /v/ twice/twáis//t/ [続きを読む]
  • / j /
  • 有声子音。発音記号の概要説明はこちら 発音方法舌先のちょっと後ろを上アゴに近づけて、その間から「イー」と言いながら声を出す。日本語の「ユ」と「イ」の間の音に近い。注意点* ローマ字読みの「ジェイ」の音とは全く異なる発音。* 綴りは「y」の他に、「u」「ew」「eau」も / j / の発音。単語例accuse/?kjú?z//?/ /k/ /u?/ /z/ beauty/bjú?ti//b/ /u?/ /t/ /i/ cute/kjú?t//k/ /u?/ /t/ dew/djú?//d/ /u [続きを読む]
  • / ŋ /
  • 有声子音。発音記号の概要説明はこちら 発音方法舌の奥を上アゴにあてて、口からは息を出さずに、鼻を通して声を出して「ング」のように発音するする、語末に /ŋ/ がくる場合以外は、「グ」は発音せず「ン」に近い音になる。注意点* 語末に /ŋ/ がきた場合も、日本語の「グ」の様にはっきりとは発音しない。舌の奥を上アゴにあてて鼻を通して声を出し、その後、その舌を離すと軽い「グ」の音が出る。* 綴りは「ng」「n」で表 [続きを読む]
  • / n /
  • 有声子音。発音記号の概要説明はこちら 発音方法口を軽く開け、舌先を上アゴにあてて、口からは息を出さずに、鼻を通して声を出し「ンー」と発音する。語末に /n/ がきた場合は、舌先を上アゴにしっかりとつけて、口から息も声も漏れないように「ン」と発音する。注意点綴りは「n」「nn」で表される。単語例dinner/dín?r//d/ /i/ /?r/ funny/f??ni//f/ /?/ /i/ hand/h?nd//h/ /æ/ /d/ knee/ní?//i?/ name/néim//ei/ /m [続きを読む]
  • / m /
  • 有声子音。発音記号の概要説明はこちら 発音方法唇を閉じ、口からは息や声を出さずに、鼻を通して「ンー」と発音する。後に母音が伴わない場合や、語末に /m/ がきた場合は、唇をしっかりと閉じたまま「ン」と発音する。注意点綴りは「m」「mm」などで表される。単語例arm/???rm// ??r/ autumn/???t?m//??/ /t/ /?/ bamboo/bæmbú?//b/ /æ/ /u?/ come/k??m//k/ /?/ hammer/h?m?r//h/ /æ/ /?r/ home/hóum// [続きを読む]
  • / d? /
  • 破擦音・有声子音。発音記号の概要説明はこちら 発音方法唇を少し丸めて前に出し、舌先を上顎につけて、それを離すと同時に「声」を出し「ヂュ」と発音する。注意点* 上顎につけた舌先を話すときに「息」を出すと /t?/ の音になる。(例えば chance /t??ns/ )* 舌先を上顎につけずに近づけて、隙間から「声」を出して「ジュ」と発音する /?/ と区別すること。(例えば age /éid?/ と vision /ví??n/ )* 綴りは「d [続きを読む]
  • / t? /
  • 破擦音・無声子音。発音記号の概要説明はこちら 発音方法唇を少し丸めて前に出し、舌先を上顎につけて、それを離すと同時に「息」を出し「チュ」と発音する。注意点* 上顎につけた舌先を話すときに「声」を出すと / d? / の音になる。(例えば jump /d???mp/ )* 舌先を上顎につけずに近づけて、隙間から「息」を出して「シュ」と発音する /?/とはっきり区別すること。(例えば、chance /t??ns/ と shine /?áin/ )* [続きを読む]
  • / h /
  • 無声子音。発音記号の概要説明はこちら 発音方法 のどの奥を広く開けて、勢いよく「息」出し発音する。日本語の「ハ」行に似た音。 注意点 * 下唇の内側に上の歯を軽く当て、その隙間から摩擦させるように「息」を出す /f/ と … 続きを読む / h / → [続きを読む]
  • 過去の記事 …