インテリ庵 さん プロフィール

  •  
インテリ庵さん: 庭なしガーデニング
ハンドル名インテリ庵 さん
ブログタイトル庭なしガーデニング
ブログURLhttp://plantshallots.seesaa.net/
サイト紹介文戸建で庭無しですが、それでも何とかハンドメイドで家の周りに緑を増やしています
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供52回 / 203日(平均1.8回/週) - 参加 2016/09/08 10:05

インテリ庵 さんのブログ記事

  • ミニ・箱庭
  • 日本家屋用のバスケット?庭の無い我が家に、園芸支柱などを使って手作りハンギング・バスケット等を製作し、緑を増やしています。毎回のように記述していますが、自宅周辺の環境は日照時間が短く花物の植物が育ち難くい場所で、育てている植物の大半が日陰向きのモノばかりです。この園芸支柱を使った手作りハンギングを始めてから数年が経ち、ようやく家の前に緑が揃って来た感じがしています。(花物の植物が少なく外観に華やか [続きを読む]
  • トリプル型バスケットの補修
  • 前回の予告通り、本日は小型バスケットが3コ連なった?トリプル型?バスケットの補修作業を紹介したいと思います。小型と言っても小・中・大と一番大きなバスケットは、幅は無くとも高さが50cm程あります。中に入る土もフルに入れてしまえば15?も入り、見掛けに寄らず重いバスケットです。 主に、御近所に取付けさせて頂いている物ですが、季節に合わせて中の植物を交換しつつ、御近所と我が家を行ったり来たりさせて楽しんでい [続きを読む]
  • 初雪かずらバスケットの補修
  • 本日も前回に続き、バスケットの補修作業の紹介です。今回は、ご近所に設置させて頂いているハンギング・バスケットの修繕。中には?初雪かずら?が植え込んである大型のバスケットです。本来ならもっと早くにメンテナンスをするつもりでいたのですが、設置した時の重さが思い出されて、なかなか行動に起こせず先送りにしていました。バランスを取るために、同じ型のモノを左右対象に掛けさせて頂いているのですが、殆どのバスケッ [続きを読む]
  • アジアンタムミクランサ
  • 以前、アジアンタムが入ったハンギングバスケットの紹介と、そのバスケットの補修を記述しました。痛み易い生地を使っていたので2年ほどで腐食し、バスケットの補修ついでに布地の交換をしたのですが。。。     今回はその隣に吊り下げていたバスケット。同種のアジアンタムが入ったバスケットなのですが、アジアンタム・?ミクランサ?の方。ハンギングにしてから3年が経ったアジアンタム・ミクランサです。100円ショップで3 [続きを読む]
  • 手作りハンギング アジアン風
  • どんな形のバスケットでもいいから自宅裏にあるカレックスを表舞台(自宅前)に立たせたくて、ハンギングスペースを見付出し、ぶら下げる事にしました。場所的に大きな物は設置出来ないので、奥行きが無くとも高さで土の量をカバーした縦長の物に。ノートに書き溜めていたデザインの中から、何とか作れそうな物を選び出し、製作開始です。製作材料は、他のバスケット製作でも使っている物と同じなので省きますが4mmφ支柱が基本で [続きを読む]
  • カレックスと言う植物
  • 日陰植物が大半の我が家ですが、花物植物と比べれば華やかさは無くとも、爽やかで清涼感も得られます。常緑のものも多く、肥料の心配なども少なくて…何しろ手間の掛からない所がイイ。シダ類やコケ類も好きな植物ですが、葉っぱが細くてツンツン”している所が気に入っている「カレックス」と言う品種も好きで、我が家でも7種類ほど育てています。葉が細く、株が小さなうちは目立たないのですが、大きな株になれば単独植えでも見 [続きを読む]
  • アクア ガーデニング
  • 前回の続き…アクア・ガーデニングの紹介です。じつはこの容器、取説には容器内の水量は10cm前後と記載。確かに一般水槽から比べると、ガラスの厚みも無く“気泡”もチラホラと確認できます…。つまり、”テラリウム専用”の器。この容器を購入される方の大半が、アクアリウムファン?だと思うのですが、水槽を趣味としている方なら「注意書き」を無視して「?フル?に水を張ってみたい」という衝動に駆られるはず…多分?自分も、 [続きを読む]
  • グラス アクア ガーデニング
  • 前述の屋外テラリウムからスタートした我が家の緑化活動。植物の設置場所を求めて、現在の手作りハンギングへと辿り着いた訳ですが、次第にバスケットの数も増え、ようやくガーデニングらしき物になって来た感じがします。一般的には余り見掛けない※オンリーワン(正しくはone and only)のバスケットを次々に作り始めたのですが、それが楽しくて楽しくて…。作り続けて行くうちに、本来の?緑を増やす?と言う目的も忘れるほど製 [続きを読む]
  • テラリウム ガーデニング
  • *屋外テラリウム 2016'〜2017'*2015'冬、玄関横に設置している屋外テラリウムの周りをクリスマスに合わせてディスプレイ。前回は、ここ迄を紹介下のですが、紹介していると言うより”記録”。説明文のように記述したりもしてますが、基本的には自分へのWeblog使用です。画像を通して翌年の参考にもなるので、閲覧している方の参考になるのか?は定かでは有りませんが、質問メールもたくさん頂いています。植物に関しての質問も届 [続きを読む]
  • 屋外テラリウム バージョンUP
  • 前回に続き、屋外テラリウム”〜2015冬”迄の紹介です。「テラリウム」と記述していますが、ガラスゲージを使用している訳では無く、スチロールの空箱を並べただけの物。自宅の中には↓こんなのとかこんなの↓があり、この他にも水槽がたくさん…。一般的に”テラリウム”と言うと↑↓こう言うモノを指す事が大半です。ですが、屋外に設置した物は“スチロール箱”を只並べて水を張ったダケ。「テラリウム」とは呼べない物かもしれ [続きを読む]
  • 屋外のテラリウム
  • 屋外にテラリウム?まだハンギング・バスケットを始める前、植物を“吊り上げる”などとは考えてもいなかった頃…。庭も無く、植木やプランターの設置場所も確保する事が難しい家なのですが、家族の要望も有り何とか我が家に緑を増やそうと、みんなで相談。取敢えず、植木鉢やプランターの置き場所を決めなければ成らなく、家族と共に相談しつつ…出た答えが玄関脇の小スペース。そこなら何とか利用できるかも?と言う事に。自転車 [続きを読む]
  • オランダ海芋
  • *オランダ海芋(カイウ)と言う植物から始まった園芸と言う趣味*我が家は庭も無い一軒家。移り住んだ当時は↓オマケ程度の小さな花壇が一箇所在るだけ。この“小さな花壇”も、最初は右端の「ヤブラン」と移し替えてしまった「ローズマリー」の2種類のみと、とても暗い感じのモノでした。園芸に、それ程興味も無く建築業者が植えた植物なので、暗い感じも仕様がありません。今思えば日差しも弱く、日照時間が短い環境なので、日 [続きを読む]
  • 正月の寄せ植え
  • 和風ハンギングバスケット”竹筒型”で寄せ植え一時は失敗かなぁ〜と思った竹筒型ですたまにはシンプルな物を作ろうと製作を開始、完成後にテスト用の植物を入れて撮影してみれば、少々目立つ存在になってしまいました。中に植え込む植物を替えれば、又違った感じに見えるのでは?とも思い、植物の交換をする事に…2017'まで後2,3日。新年を迎えるにあたり、目立つ存在なら普段使いは出来なくても、”竹筒型”だけに正月飾りとして [続きを読む]
  • ハンギングバスケット竹筒型製作
  • 竹筒型ハンギング・バスケットの製作一時は失敗と感じた”竹筒型”なのですが意外と使える事が分かり、自分への記録と共に、もしかして誰かのヒントや参考にでも成るかと、製作工程も残して置きます。使用材料は何時もの「4mmφ園芸支柱」と「結束バンド」それと容器内に入れる「ポリ袋」「布地」塗装に使う「カラー・スプレー」「艶消しスプレー」最初に支柱を丸めて中骨を作ります。(この大きさがそのままバスケットの幅)後は [続きを読む]
  • 竹筒型ハンギング
  • 年の瀬に新作ハンギング・バスケット?形状からしてバスケットとは言い難いモノで、一応吊り上げタイプなのでハンギング!”竹筒型”ハンギングの紹介です。現在、自作しているハンギング・バスケット等は、敢えて市販では目にする事の無い、変わった形の物ばかりを作っています。”オーソドックスでシンプル”なバスケットも幾つか製作した事があるのですが、作っている時も実際に使った時も、全然楽しくありません。よそでは殆ど [続きを読む]
  • 手作りハンギング2016'冬
  • 毎年、本人の恒例行事に成りつつある”手作りハンギングバスケット”の植物レイアウト変更。2016/11月末から始めた鉢上げ作業と、年末から年始にかけての飾り付けがやっと終了しました。現在は”2016冬”クリスマス使用になっています。クリスマス終了後は、下の画像から多少装飾を減らして2月中旬迄は、少しだけ控えめの外観にする予定でいます。本物の植物に、100円ショップの造花を紛れ込ませて楽しんでいたりもするのですが、 [続きを読む]
  • ご近所の塀を年末レイアウト
  • ご近所のハンギングバスケットと塀をX’masレイアウトに変更。前回の続きです。我が家と同じく庭なしの一軒家の御宅ですが、”ウチ”では育たない植物を、自作のハンギング・バスケットを作り、こちらの御宅の塀をお借りして育てています。年々数も増え、今では沢山のバスケットを取り付けさせて戴いていて、我が家のバスケットと時折交換したり、植物だけを交換したりと楽しませて貰っています。最初は”一年草”を多用し、時期 [続きを読む]
  • X’masの寄せ植え
  • 年末年始用にレイアウト自作しているハンギングバスケットを、御近所の塀をお借りして幾つか設置させて戴いています。そのハンギングバスケットも含め、”塀ごと”年末年始用にレイアウトしている最中です。前述の毎年恒例になった我が家の”寄せ植えクリスマス・ツリー”製作が完成したので、次に御近所の塀を年末年始スタイルにレイアウト変更。気温が下がり越冬が難しい植物の”鉢上げ”がメイン作業に成り、序に装飾等も少々取 [続きを読む]
  • クリスマス寄植えツリーの作り方
  • ”フェイク・ツリー”を使った”寄植えの紹介です。直径45cmの13号鉢で結構なサイズですが、移動が楽に行えるように軽量な”プラ鉢”を使っています。毎年、春〜秋にかけては下の画像の様な状態で、とてもシンプルな外観の植木鉢です。中央に”ドラセナ”後ろに”コニファー”外周に”ヘデラ”と、それなりに整えて植えてありますが、それぞれ育成待ちに使っている鉢で、”寄せ植え”とは言い難い状態です。植木鉢の置場がほとんど [続きを読む]
  • art hanging basketsアンブレラ型
  • 前回に続き”アンブレラ型”ハンギング・バスケットの紹介です。バスケット製作が完了したので、今回は実際に植物苗をセットしたいと思います。このアンブレラ型は、我が家には不向きなデザインなので、最初からご近所の外壁に設置する為にデザインした物で、形も色も少々派手。現在季節か冬!しかも12月。他のバスケットも鉢上げする植物と時期的に”らしい”植物を入れ替えている段階です。今年も自宅裏で無事夏を越し花眼を沢山 [続きを読む]
  • ハンギングバスケット DIY
  • アンブレラ型以前紹介した「ハート型ハンギング・バスケット」と同じく、バスケット内に土留め用の中敷の布を取り付ければ完成してしまうバスケット。簡易的な画像と簡単な説明を交えながら、DIYハンギングバスケットの紹介をしたいと思います。<デザイン>バスケットのイメージは、開いた傘を縦半分に切った感じのデザインで「アンブレラ型ハンギング・バスケット」です。マルで囲んであるモノが、制作前のイメージ。回転しない [続きを読む]
  • ブリリアントカット型
  • ブリリアントカット型ハンギングバスケット前述連記です。と言うか、既にココで「ブリリアント」でも「ブリリアント・カット」でも無くなってしまいました。けど、この形を他の物に例えられないにで、このまま「ブリリアントカット型」で進めます。装飾作業に入りました。以前の製作でも記述したのですが、これも現在マイブームの「サテン生地」をバスケットの内側に敷き詰めました。その上に何時ものポリ袋を広げ、土の量増しとし [続きを読む]
  • Brilliant cut
  • ブリリアントカット型ハンギングバスケット作品を紹介するにあたり、無理にでも名前を付けないと記述し辛く番号表記も何だか味気ないし、製作者本人が勝手に付けている名前です。Brilliant cut typeといっても、本人が何となくイメージして付けた名前なので、光り輝く訳でも無く!58面体でも無く、少々”変わった形のハンギングバスケット”だけですので、特に名前は気にしないで下さい。と言う事で、「ブリリアントカット型 Brill [続きを読む]
  • 敷地境界線にゴミ箱?
  • 「御隣の境界線にゴミ箱?」前回のつづきです。お隣との境にある我が家のガーデンフェンスを取り払い、花屋で見かけたブリキの容器をヒントに、違和感無いようなレイアウトにしようとしている所からです。境界線に全てプランターを並べたりするのでは無く、超!縦長の植木鉢?・・・みたいな物を、空間を開けながら設置出来れば拒絶感も無く!お隣の敷地内にも入らずメンテナンスも可能ではないか?少しだけど緑も増えるし、手入れ [続きを読む]