yearningltd さん プロフィール

  •  
yearningltdさん: 明日の健康のために
ハンドル名yearningltd さん
ブログタイトル明日の健康のために
ブログURLhttp://ameblo.jp/yearningltd/
サイト紹介文2016年、水素の次世代商品としての水素サプリメントをご紹介!
自由文2015年は水素水が大人気でした。
特にフィットネスジム、TVコマーシャルで使用され、有名芸能人、スポーツ選手等で人気を得ました。

2016年、水素の次世代商品として水素サプリメントが注目されています。
この水素サプリメントをご紹介!
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供165回 / 261日(平均4.4回/週) - 参加 2016/09/08 17:10

yearningltd さんのブログ記事

  • 水素と糖尿病
  • 水素と糖尿病 糖尿病は、ホルモンの一種であるインスリンの分泌量が低下することで発症します。インスリンは血糖値を下げる働きをしますが、インスリンの分泌量が不十分だと、血糖値の調整が行われず、血糖値が高いままの状態(糖尿病)となってしまいます。このインスリンは、すい臓のβ細胞で生成され、血液中に分泌されます。このすい臓のβ細胞は活性酸素に非常に弱いため、活性酸素の増加するとすい臓のβ細胞の機能低下を [続きを読む]
  • 水素と生活習慣病
  • 水素と生活習慣病 生活習慣病の原因は、活性酸素による体内の酸化が大きな要因とされています。体内にはこの活性酸素を除去するためにSOD(スーパーオキサイドディスムターゼ)を代表とする抗酸化酵素がありますが、40歳代ぐらいからその生成能力が急速に落ち抗酸化力が衰えてきます。これが老化です。その酸化が、ストレス、紫外線、喫煙、暴飲暴食、食品添加物、大気汚染、激しい運動などにより急激に進行することがあ [続きを読む]
  • 活性酸素
  • 活性酸素 人間が生きるために酸素は欠かせませんが、呼吸をして得た酸素の約2%が活性酸素となります。この活性酸素はウイルスや細菌から細胞を守る役割を果たしてくれます。適量だと問題はありませんが、ストレス、紫外線、喫煙、暴飲暴食、食品添加物、大気汚染、激しい運動などにより過剰に発生します。過剰に発生した活性酸素は、細胞やDNAを酸化させ破壊します。活性酸素は万病の元と言われ、色々な病気の原因にな [続きを読む]
  • 水素とうつ病
  • 水素とうつ病 現在日本のうつ病患者の数は約100万人になっています。人口の約0.8%の方がこのうつ病で悩んでおられます。潜在的なうつ病の方を入れると、さらに多くの方がうつ病になっていることになります。 9年前はうつ病患者が約43万人でした。この9年間で2倍以上に跳ね上がっています。発病の要因は、ストレスや体の病気、環境の変化、思考力や集中力の低下、意欲の低下など生活の中のこのような要因が重なっ [続きを読む]
  • 水素とダイビング
  • 水素とダイビング ダイバーの健康を脅かす最大の敵は、活性酸素だそうです。例えば、紫外線による日焼けは、皮膚に活性酸素を発生させ、 シミやしわが多くできるだけでなく、皮膚ガンになる危険性が高くなります。また高い水圧の中で運動しながら高濃度の空気を取り入れるため、それに比例して体内で活性酸素が多く発生します。さらに減圧症(潜水病)といって、異なる気圧の場所を移動することで、体内の窒素ガスなど [続きを読む]
  • 水素と高血圧
  • 水素と高血圧 高血圧は、生活習慣の乱れ(塩分・油分の摂りすぎ、肥満、過剰なストレス、大量のアルコール摂取、喫煙、運動不足等)により引き起こされます。この生活習慣の乱れにより体内の活性酸素が増加していきます。増加した活性酸素と体内の不飽和脂肪酸が結びつくと過酸化脂質へと変化します。この過酸化脂質が血管内部にこびりつき、血液の流れを悪くし高血圧を発症させます。この高血圧の状態が続くと動脈が硬 [続きを読む]
  • 水素と肩こり・冷え性・腰痛
  • <肩こり・冷え性の原因>肩こりや冷え性の症状が起こる原因の1つに、血管のサビつき(酸化)による血行不良があります。血管のサビ(酸化)というのは、活性酸素によって体内の脂肪が酸化して変性したもの(過酸化脂質)のことです。活性酸素は過剰に増えすぎると身体に悪影響を与えます。この活性酸素が肩に過剰に溜まった場合に肩こりを引き起こします。更に長時間同じ姿勢を保ち続けていると、肩にどんどん活性酸素が溜まり [続きを読む]
  • 水素と認知症
  • 水素と認知症 2015年1月厚生労働省により、2025年の認知症患者は、現状の約1.5倍となる700万人を超えるとの推計が発表されました。これに軽度認知障害(MCI)患者数を加えると約1,300万人となり、65歳以上の3人に1人が認知症患者とその予備軍といえることになります。 現在50代以上の方は、認知症にならないために今から対策が必要です。その為には、血管の老化を防ぎ脳を活性化しストレスを与えないことです。血 [続きを読む]
  • 水素と美肌
  • 水素と美肌 シミやシワといった肌の老化には活性酸素が深く関わっています。活性酸素はストレス、紫外線、激しい運動、毎日のメイク等で過剰に発生しています。この過剰に発生した活性酸素により身体の細胞やDNAが酸化し損傷されることにより、肌にシミやシワを作ります。元々人間には細胞の修復能力が備わっていますが、加齢とともにこの修復能力が低下していきます。これが肌の老化です。活性酸素を取り除き細胞を元 [続きを読む]
  • 水素と糖尿病
  • 水素と糖尿病 糖尿病は、ホルモンの一種であるインスリンの分泌量が低下することで糖度を十分に抑えることができなくなり発症します。このインスリンは膵臓から分泌されますが、その中でもβ細胞という場所から分泌生成が行われます。このβ細胞は非常にデリケートなもので活性酸素が多くなるとダメージを受け、インスリンの分泌量を減少させてしまいます。つまり、ストレスや日常の不規則な生活習慣が重な [続きを読む]
  • 水素と運動
  • 水素と運動 多くのプロスポーツ選手やアスリートが水素商品を愛用しています。ある大学のスポーツ医学の実験結果では、水素摂取で乳酸上昇の抑制や筋疲労が抑えられるといった結果がでています。運動はとても素晴らしい健康法ですが、しかし注意しなければいけないことがあります。運動時には大量の活性酸素が発生するという点です。活性酸素とは、体内に酸素を取り入れる際に発生する物質です。体内に取り込んだ [続きを読む]
  • 活性酸素と暴飲暴食
  • 活性酸素と暴飲暴食 暴飲暴食、早食い、大食いをすると必要以上に過剰な活性酸素が発生します。通常の食事だけでも多くのエネルギーを使い活性酸素を発生させてしまうのに、早食いや大食いは急激に大量のエネルギーが必要になり大量の活性酸素が発生してしまいます。*身体は食べた食事を燃やしエネルギーを作ります。その際に多くの酸素を使い活性酸素が発生するのです。 過剰な活性酸素を発生させないためには、 [続きを読む]
  • 水素とスポーツクラブ
  • 水素とスポーツクラブ 運動後に起きる筋肉痛は、筋肉繊維が断裂して炎症を起こし、その部分が痛むことによって起きます。 その炎症部には大量の活性酸素が発生して治りを遅くしています。 さらに大量に発生した活性酸素は、肌の細胞にも影響を与えシミやしわの原因にもなります。 適度な運動は、身体の新陳代謝を良くし健康な身体を作りますが、激しい運動は美容と健康に逆効果になります。 [続きを読む]
  • 水素とアンチエイジング
  • 水素とアンチエイジング 私たちの身体は約60兆個の細胞からできており、その細胞の中に100〜3000ものミトコンドリアが存在しています。 そのミトコンドリアは、生きるためのエネルギーを生み出しています。 しかしそのエネルギーを作り出す際に悪玉活性酸素も発生してしまいます。 この悪玉活性酸素の強力な酸化力により、細胞やDNAが損傷し破壊されてしまいます。これが老化や様々な病 [続きを読む]
  • 生命維持の仕組み
  • 生命維持の仕組み 生命は、水によって支えられているといっても過言ではありません。 水はH?O 、つまり、水素が2個と酸素が1個で成り立っています。 酸素が無ければ私たちは生きていけないことは誰でも知っていますが、私たちの体を構成している元素のなんと63%は水素で、水素こそ生命エネルギーの源だという事実はあまり知られていません。 また、水素は強い抗酸化力をもち、万病の元といわれる活性酸 [続きを読む]
  • 活性酸素の発生原因 食品添加物
  • 活性酸素の発生原因 食品添加物 食品衛生法において、「食品の製造の過程において又は食品の加工若(も)しくは保存の目的で、食品に添加、混和、浸潤その他の方法によつて使用する物」(4条2項)と定義されています。食品添加物は、保存料、甘味料、着色料、香料、防腐剤などで、食品の製造時や食品の加工・保存の目的で使用されるもので、厚生労働省が決めています。食品添加物は自然の食品ではなく、人工的に作られた化 [続きを読む]
  • 水素と脂質異常症(高脂血症)
  • 水素と脂質異常症(高脂血症) 脂質異常症(高脂血症)とは、血液中の脂質(脂肪)、特にコレステロールと中性脂肪が増えた状態のことをいいます。脂質異常症は全く自覚症状がありません。この脂質異常症を放置しておくと、心臓や脳の動脈硬化が進み、突然、脳梗塞のような脳動脈疾患や狭心症、心筋梗塞などの冠動脈 疾患を引き起こします。動脈硬化を引き起こす主な要因は、コレステロールの内の「悪玉コレステロール(LDL)」が活性 [続きを読む]
  • 活性酸素と老化現象
  • 活性酸素と老化現象 人は加齢と共に老化現象が起きます。 <老化現象>シミやしわが増える視力が落ちる白髪が増える疲れが取れにくくなる筋力が落ちる物忘れが多くなる これらの老化現象は、活性酸素による身体のサビ(酸化)により起きます。 活性酸素を撃退する抗酸化酵素が加齢と共に減少し、体内に活性酸素が増えていきます。 この活性酸素が細胞やDNAを攻撃して老化現象が加速していきます。&nb [続きを読む]
  • 活性酸素と大気汚染
  • 活性酸素と大気汚染 車の排気ガスや工場から排出される煤煙には、窒素化合物NOxという科学物質が含まれています。 窒素化合物NOxは体内で大量の活性酸素を発生させます。 さらにディーゼル車の排ガスから出る黒いすすも、体内に活性酸素を発生させます。 これらの大気汚染物質が体内で大量の活性酸素を発生させ、脂と反応して過酸化脂質を作り、皮膚の保湿機能を奪い、アトピー性皮膚炎の発症や重症化の [続きを読む]
  • 活性酸素と病気
  • 活性酸素と病気 病気の90%は活性酸素が原因と言われています。(残りの10%は風邪、エイズ、結核などの感染症です)外から入ってくる菌による病気以外は、ほとんど活性酸素が関わっているのです。 活性酸素が引き起こす主な疾患 循環器/呼吸器系 心筋梗塞・動脈硬化・肺炎・狭心症など脳神経系 脳梗塞・てんかん・脳出血・パーキンソン病・膵炎など血液系 白血病・肺血症・高脂血症など内分泌系 [続きを読む]
  • 心停止の患者 水素で脳ダメージ軽減 臨床研究開始へ
  • 心停止の患者 水素で脳ダメージ軽減 臨床研究開始へ心筋梗塞などで心停止状態になった患者に水素ガスを吸わせることで、寝たきりになるなどの後遺症を減らそうという臨床研究が始まりました。 効果が確認できれば、早ければ3年後には医療現場で広く行えるようにしたいとのことです。 臨床研究を始めるのは、慶応大学病院のほか香川大学病院、熊本大学病院など全国12の医療機関です。国内では毎年13万人が心停 [続きを読む]
  • 水素サプリメントと副作用
  • この水素サプリメント『Hi-Level120』は、サンゴカルシウムに水素を吸蔵させたサプリメントです。サンゴカルシウムは食品として認められている安全な既存添加物です。そこに、本来ガス(H2)として存在している水素を、サンゴカルシウムの多数の細孔を利用して、細孔に水素を特殊な方法で吸着封入させた、特殊なサンゴカルシウムです。サンゴカルシウムを水素の入れ物とみたてた‘水素の缶詰’といったところで [続きを読む]
  • 活性酸素と放射線
  • 活性酸素と放射線 放射線の素粒子が細胞にぶつかると、細胞を形成する原子から電子をはじき飛ばします。そして細胞が変質することにより、機能が低下したり、死滅したり等の色々な障害を起こします。 その中でもとくに問題なのは、放射線が人体の大部分を形成する「水分子」の電子をこの電離作用によりはじき飛ばし、有害な「活性酸素」に変えてしまうことです。 この「活性酸素」により細胞やDNAが破壊され [続きを読む]
  • 活性酸素の種類
  • 活性酸素の種類善玉活性酸素:スーパーオキシド、過酸化水素悪玉活性酸素:ヒドロキシラジカル、一重項酸素 簡単に言うと善玉活性酸素は基本的に体のウイルスや細菌から守ってくれます。一方、悪玉活性酸素は正常な細胞やDNAを破壊してしまいます。 スーパーオキシドは細胞内のミトコンドリアでエネルギーを作るときに大量に発生します。他の活性酸素と比べて酸化力が低くため、体に与える悪影響も少 [続きを読む]
  • アスリートは短命?
  • アスリートは短命? 昨年10月にラグビーの平尾誠二氏が53歳という若さで亡くなりました。 トップアスリートが若い年齢で亡くなると言う話しをよく聞きます。死因はいろいろですが、『活性酸素』が根本的な原因という説があります。 運動をすると、必然的に呼吸数が多くなり、肺の中に大量の酸素を取り込みます。 激しいスポーツをする人の体内には、大量の活性酸素が発生しているのです。 トッ [続きを読む]