hogoinuneko さん プロフィール

  •  
hogoinunekoさん: 保護犬保護猫の迎え方
ハンドル名hogoinuneko さん
ブログタイトル保護犬保護猫の迎え方
ブログURLhttp://hogoinuneko.jp/
サイト紹介文犬猫を保健所やボランティアから引き取ることを考えている方に、理解しておきたい情報です。
自由文・保健所から迎える
・ボランティアから迎える
・どんな子がいるのか
・実際の現場
・疑問に思われがちなことを説明
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供21回 / 172日(平均0.9回/週) - 参加 2016/09/09 07:03

hogoinuneko さんのブログ記事

  • 過去の記事 …
  • 家族に赤ちゃんや子どもがいるなら
  • FELISSIMO フェリシモ ともにしあわせになるしあわせ子どもと犬が一緒に育っていく姿、互いに仲良くしている姿は微笑ましく、愛らしいものです。しかし、幼児と子犬を一度に育てるのは親にとってなかなか大変で、穏やかな性格の成犬をと考えるご家庭も増えてきているようです。子どもの情操教育のためにも犬を飼いたいと考える親御さんもいるようですが、単純に情操教育とするには、生命に対する責任はあまりに重いものです。子ど [続きを読む]
  • あなたが高齢者で保護犬・保護猫を迎えたいなら
  • FELISSIMO フェリシモ ともにしあわせになるしあわせ人生を長く犬猫と生きてきて、高齢になってからも一緒に暮らしたい、体力的に子犬は無理でも、成犬なら・・・と考える人もいるでしょう。高齢者の心身の健康のため、またその福祉的な意義として動物の飼育をすることは悪くありません。まずは迎えた犬猫を最後まで自力で看取ることができるかどうかが大切です。現代の高齢者は身体的にはひと昔前に比べて若々しい人が多いものの [続きを読む]
  • 先住の犬や猫との相性について
  • FELISSIMO フェリシモ ともにしあわせになるしあわせ保健所や愛護センターからの譲渡では、そもそも先住の犬猫がいる場合は譲渡しないという条件がついていることがあります。先住動物とは相性を見る必要があり、公衆衛生の観点から希望者が先住動物を連れて保健所に来るのを避けたい、また引き渡した後に「やはり相性が良くない」と戻ってくるのを避けたいという考えで、あらかじめ提示している場合が多いようです。さらに近年で [続きを読む]
  • 老犬を引き受けること
  • FELISSIMO フェリシモ ともにしあわせになるしあわせ保護犬を迎えようとする人には、前の愛犬を病気や事故で亡くしたため、次の子は少しでも長く一緒にいたい、そのために若い犬をと考える人が少なくありません。しつけが入らないことはありませんが、確かに老犬には前の飼い主と長く暮らして身についた習慣があり、新しい飼い主の環境とは馴染まない場合もあります。また、人間同様、高齢になると犬も猫も病気が増えてきますので [続きを読む]
  • 保護犬の年齢について
  • FELISSIMO フェリシモ ともにしあわせになるしあわせ保健所や愛護センターに収容されている犬の年齢は、わからないことがほとんどです。元の飼い主が手放して持ち込んだ場合や、マイクロチップが入っていた場合など、わずかな例外を除いては、推定年齢として紹介されているでしょう。ところが、歩き方や毛ツヤなど見た目が若々しくない、歯石が多くついているなど歯の状態が悪いという理由とその程度から、犬の年齢を高く見てしま [続きを読む]
  • 里親詐欺とは
  • 里親詐欺というのは、保護している人が譲渡条件として定めている目的以外のために、真意や事実を隠して動物を引き取ることを言います。引き取られた犬猫などの動物は、販売、虐待、繁殖、肉や皮革製造などの目的で利用されてしまいます。近年、猫や小型犬においては虐待目的での引き取りや、虐待の状況を動画などで公開する者が現れるなどの事件が散発していることから、保護団体やボランティアからの譲渡条件や手続きが厳しくなる [続きを読む]
  • 咬む犬、無駄吠えの多い犬
  • 犬は咬むもの、吠えるもの、そのことは常に頭に入れて保護犬を迎える必要があります。咬むから、吠えるから捨てられてしまった犬も当然、保健所や愛護センターにはいます。犬にとっては自然な、しかし人間にとって、特に都市生活をする人にとっては受け入れにくい状態ですから、保護活動をするボランティアもなんとかこれを修正して、新しい飼い主に託したいと考えています。一方、保健所や愛護センターではそこまでのトレーニング [続きを読む]
  • 咬む犬、無駄吠えの多い犬
  • 犬は咬むもの、吠えるもの、そのことは常に頭に入れて保護犬を迎える必要があります。咬むから、吠えるから捨てられてしまった犬も当然、保健所や愛護センターにはいます。犬にとっては自然な、しかし人間にとって、特に都市生活をする人にとっては受け入れにくい状態ですから、保護活動をするボランティアもなんとかこれを修正して、新しい飼い主に託したいと考えています。一方、保健所や愛護センターではそこまでのトレーニング [続きを読む]
  • 鑑札と狂犬病予防接種は必須
  • あなたの不満、売りませんか?月最大1万円まで稼げます!飼い主には、犬を飼い始めたら9カ月以内に管轄する行政に届け出ることが、法的に義務付けられています。この時に受け取るのが鑑札です。札に打たれている番号はその犬の個体番号として、転居などで住居が変わらない限り、一生同じです。鑑札には犬の個体番号が記入されていますが、他には飼い主がわかるものは一つも記入されていません。鑑札を付けた犬が保健所などに収容 [続きを読む]
  • 鑑札と狂犬病予防接種は必須
  • 飼い主には、犬を飼い始めたら9カ月以内に管轄する行政に届け出ることが、法的に義務付けられています。この時に受け取るのが鑑札です。札に打たれている番号はその犬の個体番号として、転居などで住居が変わらない限り、一生同じです。鑑札には犬の個体番号が記入されていますが、他には飼い主がわかるものは一つも記入されていません。鑑札を付けた犬が保健所などに収容された場合、この番号をもとに台帳を検索して、飼い主を探 [続きを読む]
  • 悪徳ブリーダー
  • 犬や猫など動物の繁殖を行う人のことをブリーダーと呼びます。お金をもらうのが目的の人も日本では多いですが、動物愛護先進国であるイギリスやドイツでは、ブリーディングは趣味で行っている人のほうが圧倒的に多いとされています。繁殖で稼ごう、生活の糧にしようと考えていたら、犬猫たちにかけるお金や手間はできるだけ省きます。愛情があれば、自分の経済利益ばかりを優先して手間を省くなどということはできるはずもなく、当 [続きを読む]
  • 悪徳ブリーダー
  • 犬や猫など動物の繁殖を行う人のことをブリーダーと呼びます。お金をもらうのが目的の人も日本では多いですが、動物愛護先進国であるイギリスやドイツでは、ブリーディングは趣味で行っている人のほうが圧倒的に多いとされています。繁殖で稼ごう、生活の糧にしようと考えていたら、犬猫たちにかけるお金や手間はできるだけ省きます。愛情があれば、自分の経済利益ばかりを優先して手間を省くなどということはできるはずもなく、当 [続きを読む]
  • 預かりボランティアとシェルター
  • 犬猫を引き取るにあたって、一度その子と会ってみたいと思う気持ちは当然と思います。すぐにでも会いに行ける条件が整っていればよいのですが、そうでない場合もあります。少々わかりにくい部分ですので、説明したいと思います。保健所や愛護センター以外にいる保護動物はA.施設(シェルター)でまとめて世話をしている場合B.ボランティアの自宅等で少ない頭数で預かっている場合があります。それぞれについて説明していきます。 [続きを読む]
  • 預かりボランティアとシェルター
  • 犬猫を引き取るにあたって、一度その子と会ってみたいと思う気持ちは当然と思います。すぐにでも会いに行ける条件が整っていればよいのですが、そうでない場合もあります。少々わかりにくい部分ですので、説明したいと思います。保健所や愛護センター以外にいる保護動物はA.施設(シェルター)でまとめて世話をしている場合B.ボランティアの自宅等で少ない頭数で預かっている場合があります。それぞれについて説明していきます。 [続きを読む]
  • 保健所や愛護センター、行政の事情
  • 毎日肩凝りが辛くて悩んでいる方へ。【モミマー】昔は日本にもたくさんの野良犬がいました。そして狂犬病も発生していました。狂犬病は21世紀の現代になっても、発症すると100%死ぬという恐ろしい病気です。病原保有動物に咬まれて感染した場合、運よく発症前に治療が間に合ったとしても「死なないこともある」という程度です。ただし、予防接種は大変効果があり、打っておけば咬まれてもまず発症しません。自分らしく楽しく [続きを読む]
  • 保健所や愛護センター、行政の事情
  • 昔は日本にもたくさんの野良犬がいました。そして狂犬病も発生していました。狂犬病は21世紀の現代になっても、発症すると100%死ぬという恐ろしい病気です。病原保有動物に咬まれて感染した場合、運よく発症前に治療が間に合ったとしても「死なないこともある」という程度です。ただし、予防接種は大変効果があり、打っておけば咬まれてもまず発症しません。自分らしく楽しく働こう【アパレル派遣なび】もともと保健所は、狂 [続きを読む]
  • 犬の引き取り後のケアの仕方
  • 体臭を消し、汗の臭いもさっぱり!薬用ホットタブ重炭酸湯。薬用入浴剤専門店「炭酸の泉」保健所は公衆衛生を扱う行政ですから、収容した犬や譲渡した犬が原因で伝染病が拡大することがあってはいけないと考えて、対応しています。中には人畜共通感染症もあり、その予防は保健所の仕事として最も責任の重い部分の一つです。少し前までは、譲渡する犬には伝染病予防ワクチン接種をして、免疫が機能する2週間後から引き出し可能とい [続きを読む]
  • 個人が手放そうとしてるのを迎える
  • 前回からの続きです。C) 個人が手放そうとしてるのを迎える里親募集サイト以外にもSNSなどでも、飼えなくなった個人の方が募集をしていることがあります。若い犬から高齢犬まで、また元の飼い主の事情や飼い方もさまざまです。無責任と思えるような手放し方から、どうにもならない事情、果ては飼い主が亡くなって家族や友人など関係者が募集している場合もあります。条件はもちろん、かかる費用や引き渡し方も、募集している人と直 [続きを読む]
  • 動物愛護団体や個人ボランティアから迎える
  • 前のページからの続きです。猫の里親希望の方は、犬の部分を猫に読み替えてみてください。募集方法は動物の種類にかかわらずおおむね同じ流れですが、猫と犬の性質の違いから若干異なる部分があります。これについては、ページを改めてご説明します。世界中の愛犬家から支持される、イギリス産ドッグフード『ネルソンズ』B) 動物愛護団体や個人ボランティアから迎える動物愛護団体や個人ボランティアも、実は保健所や動物愛護セン [続きを読む]
  • 保健所や動物愛護センターから迎える
  • イギリスから直輸入!高品質・無添加のプレミアムフード『NDF ナチュラルドッグフード』保護犬を迎える方法は、大きく分けて3つあります。A)保健所や動物愛護センターなど行政から迎えるB)動物愛護団体や個人のボランティアなどから迎えるC)個人が手放そうとしているのを迎えるそれでは、順番に説明していきます。A) 保健所や動物愛護センターなど行政から迎える方法放浪していた犬や捨てられていた犬、飼えなくなった人が持ち込 [続きを読む]
  • 保護犬・保護猫を迎える前に
  • 最初に、ひとことで保護犬と言いますが、元は人間に飼われていたり、悪徳ブリーダーに飼育されていたりと、その背景は一様ではありません。愛されていた子も虐待されていた子もいます。飼い主から捨てられるくらいですから、本当の愛情を注がれていなかった、乱暴にあしらわれていた、ただの道具として扱われていた、後のことを考えずに飼育されていたと思った方がいいです。中には飼い主以外の人間から捨てられた子もいます。近年 [続きを読む]
  • 過去の記事 …