naka さん プロフィール

  •  
nakaさん: お父さん必読!少年野球の指導にきっと役立つブログ
ハンドル名naka さん
ブログタイトルお父さん必読!少年野球の指導にきっと役立つブログ
ブログURLhttp://base-ball.boy.jp/
サイト紹介文野球の上達に欠かせない練習方法や上達方法をお伝えします。少年野球を頑張る子ども達を応援します!
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供185回 / 235日(平均5.5回/週) - 参加 2016/09/09 11:53

naka さんのブログ記事

  • 制球難の投げ方のチェック法と改善法とは?
  • インステップの修正今回は、インステップの修正についてアドバイスします。練習・指導方法でお悩みであれば、ぜひ参考にしてみて下さい。インステップの投球フォームは、身体を無理にひねるため、腰や肩、肘への負担が大きくなってしまいます。これが故障に繋がるわけなので、怪我を未然に防ぐという意味ではインステップの改善は1つの案としてあるでしょう。また、コントロールを安定させるのが難しいため、指導者の中には100 [続きを読む]
  • 最適なスパイクの選び方とは?
  • パフォーマンスを最大限発揮するスパイク選び今回は、パフォーマンスを最大限発揮するスパイク選びについてアドバイスします。スパイクでお悩みであれば、ぜひ参考にしてみて下さい。スパイクは走塁・盗塁を行う上でとても大切な要素の一つです。適切なスパイクを選べているかで走塁・盗塁の成功率は変わってきますからね。また、お子さんに合ったものを選ぶことができれば足の速さだって上がります。プロの選手がどのような視点で [続きを読む]
  • 軽いバットと重いバット、どちらを振るべきか?
  • バットを強く振り切る力強さを作るトレーニング今回は、バットを強く振り切る力強さを作るトレーニングについてアドバイスします。練習・指導方法でお悩みであれば、ぜひ参考にしてみて下さい。飛距離はもちろんのこと、身体が安定して、スイング自体が上達するので、野球少年には必須の内容です。これから活躍するためにも、ぜひ取り組んで下さい。さて、まずは『強くバットを振り切る』ということに必要な要素を紹介しましょう。 [続きを読む]
  • バランスを鍛える片足立ちトレーニングの効果的な実践法とは?
  • 軸足立ちの安定今回は、軸足立ちの安定についてアドバイスします。練習・指導方法でお悩みであれば、ぜひ参考にしてみて下さい。まず、最初にお伝えしたいのが、お子様の年齢に関わらず、ウェイトトレーニングの中で、バランスを鍛えることはとても危険だということです。ウェイトトレーニングとバランストレーニング、この2つは絶対に分けて行うようにして下さい。その前提の上で、バランスを養うトレーニングについて考えていき [続きを読む]
  • 小柄でも飛ばせるフルスイングの作り方とは?
  • 今までより強いフルスイングの作り方今回は、今までより強いフルスイングの作り方についてアドバイスします。練習・指導方法でお悩みであれば、ぜひ参考にしてみて下さい。「一生懸命振っていても、フルスイングできていない」という選手が多いものです。三振が怖いのだと思いますが、コツンと弱く当てるだけでは、強い打球は飛びません。もちろん力がない選手だと、ボールに押し負ける原因になることがほとんどです。フルスイング [続きを読む]
  • 子どもの“成長痛”とトレーニングとは?
  • 成長痛とその注意点今回は、成長痛とその注意点についてアドバイスします。練習・指導方法でお悩みであれば、ぜひ参考にしてみて下さい。成長痛はこれを読んでいるお父さんお母さんにもご経験があるかもしれませんね。野球に限らずスポーツをしている方に出やすい症状です。現在お子さんが成長痛に悩むことがあるのであればおすすめの対処法とトレーニング方法を紹介しますのでぜひご覧になって下さい。成長痛に関してまずお伝えし [続きを読む]
  • 自主練習の効率を爆発的に上げる考え方とは?
  • ピッチャーの自主練習の効率を高める考え方今回は、ピッチャーの自主練習の効率を高める考え方についてアドバイスします。練習・指導方法でお悩みであれば、ぜひ参考にしてみて下さい。まず、自主練習によって解決したい目的を考えましょう。大きな話題を考えても、・コントロールを改善したいのか・球のキレを良くしたいのか・球速を伸ばしたいのかなど、一人ひとりによって、色々思いつくかと思います。そして目的が決まったら、 [続きを読む]
  • 細い選手でも身体を大きくできるトレーニングの秘密とは?
  • 小柄な野球少年はどういったトレーニングをするべきか?今回は、小柄な野球少年に最適なトレーニングについてアドバイスします。練習・指導方法でお悩みであれば、ぜひ参考にしてみて下さい。まず、前提としてですが、体形の問題は個人差があり一概に「こう」とは言えません。しかし、結論から言えば、『身体が細い選手でも、筋トレは有効である』ということは言えます。当然のことではありますが、プロテインをとっただけで筋肉が [続きを読む]
  • 足を速くするためには、上半身の筋肉を鍛えろ!?
  • 足を速くするための上半身の筋力トレーニング今回は、足を速くするための上半身の筋力トレーニングについてアドバイスします。練習・指導方法でお悩みであれば、ぜひ参考にしてみて下さい。最初に本日のテーマをご覧になった方は、「えっ?下半身ではなくて、上半身を鍛えるの?」と疑問に思われたかもしれません。意外かもしれませんが、上半身を鍛えると実は、どんどん足が速くなります。もちろん下半身も重要ですが、今足が遅い [続きを読む]
  • 絶対にケガをしない下半身の鍛え方とは?
  • 下半身トレーニングを行う際の注意点とポイント今回は、下半身トレーニングを行う際の注意点とポイントについてアドバイスします。練習・指導方法でお悩みであれば、ぜひ参考にしてみて下さい。冬場では、練習で下半身を鍛えることも多いと思いますが、注意点はやはりあります。回数を重ねるごとに段々と効果に差が出るので、今の練習の効果を高めるためにも、ぜひご覧下さい。よく聞かれるのが、「スクワットやランジは腰や足に負 [続きを読む]
  • 投球を安定させられる3つのチェックポイントとは?
  • 投球を安定させられる3つのチェックポイント今回は、投球を安定させられる3つのチェックポイントについてアドバイスします。練習・指導方法でお悩みであれば、ぜひ参考にしてみて下さい。ポイントを確認するだけで、試合中でも投球の乱れを修正することができるので、ピッチャーの選手には特におすすめです。意識として持っておけば、スローイングの練習にも非常に有効ですので、ぜひご覧下さい。まずは、3つのチェックポイント [続きを読む]
  • 今よりも強い打球を飛ばす芯の捉え方とは?
  • 芯を高確率で捉えて飛距離を伸ばす打撃の意識今回は、芯を高確率で捉えて飛距離を伸ばす打撃の意識についてアドバイスします。練習・指導方法でお悩みであれば、ぜひ参考にしてみて下さい。芯を捉えることができれば、力を使わずに強い打球を打つことができますし、ヒットにもなりやすいです。打撃の真髄とも言えるので、イメージになってしまいますが、ぜひ練習に取り入れて下さい。さて、まずお伝えしたいのは、最も意識するべき [続きを読む]
  • ストレッチの効果をあげるマッサージとは?
  • 家の中でお子さんだけでできる効果抜群のセルフケア方法今回は、お子さんだけでできるセルフケア方法についてアドバイスします。練習・指導方法でお悩みであれば、ぜひ参考にしてみて下さい。ということで、今回はスポーツ界でも話題に上がることが多い、『筋膜リリース』についてです。専用の器具も増えてきましたし、ツボを押すことで身体を柔らかくする、というような説明で済ませるメディアもあるくらいです。まだまだ新しい技 [続きを読む]
  • 俊足になるための走塁強化メニューとは?
  • 足を速くするための正しい走塁メニュー今回は、足を速くするための正しい走塁メニューについてアドバイスします。練習・指導方法でお悩みであれば、ぜひ参考にしてみて下さい。まず、足を速くするには、いくつかの方法があります。重視するのは、◆体幹をはじめとして、速く走れる身体を作る◆全力で走る意識と感覚を身体に染み付けるという2つですね。どちらも大事なので、強く意識して練習に取り入れてほしいですね。スポンサー [続きを読む]
  • 筋力をつけながら柔軟性も伸ばすためのコツとは?
  • 筋力もつけながら柔軟性を伸ばすコツ今回は、筋力もつけながら柔軟性を伸ばすコツについてアドバイスします。練習・指導方法でお悩みであれば、ぜひ参考にしてみて下さい。一般的には『トレーニングしながら、身体を柔らかくすることは難しいのではないか?』と思いがちですが、実はこれ、可能です。むしろ正しいトレーニングとストレッチをしていれば確実に身体は柔らかくなります。本来、身体が固くなるのは、筋肉が緊張した後に [続きを読む]
  • 毎日の習慣にしたい投手専用トレーニングとは?
  • 習慣にしてほしい3つの投手専用トレーニング今回は、習慣にしてほしい3つの投手専用トレーニングについてアドバイスします。練習・指導方法でお悩みであれば、ぜひ参考にしてみて下さい。投手として成長するには、日々の適切なトレーニングが欠かせません。ですので、今回は、家の中でもできるシンプルな「投手専用トレーニング」をご紹介しますので、ぜひお役立て下さい。おすすめするトレーニングは、3つあります。1.お風呂 [続きを読む]
  • 5年後に差がつく!力を使わない打撃の方法とは?
  • 体重を乗せた強打を作る上半身と下半身のポイント今回は、体重を乗せた強打を作る上半身と下半身のポイントについてアドバイスします。練習・指導方法でお悩みであれば、ぜひ参考にしてみて下さい。野球少年の内は、強い打球が出ないのは、当たり前ではあります。しかし、今の内から、正しいスイングができていれば、学年が上がっても高いレベルで活躍し続けられるでしょう。今回は、◆後ろ足の軸足で回転し、体重移動の力を最大に [続きを読む]
  • 身体に負担をかけずにパワーアップできる練習メニューとは?
  • ケガをしている間のトレーニングの注意点今回は、ケガをしている間のトレーニングの注意点についてアドバイスします。練習・指導方法でお悩みであれば、ぜひ参考にしてみて下さい。さて、今回は細かいケガが多い足の故障期間を想定したトレーニングメニューについて、ご紹介をしていきます。例えば、「走っていて捻挫をしてしまい、練習ができない」「膝をぶつけてしまって、走ることが難しい」という場合ですね。まず前提となるの [続きを読む]
  • 2塁打を量産する“走り方のコツ”とは?
  • オーバーランの注意点と効果的な走り方今回は、オーバーランの注意点と効果的な走り方についてアドバイスします。練習・指導方法でお悩みであれば、ぜひ参考にしてみて下さい。オーバーランは外から見るのと、実際に行うのは違う、地味ですが複雑な技術ですね。ただし、コツをおさえれば、そこまで苦労はしないでしょう。プロ野球でもしない選手は時々見かけられますが、一からチャンスを作り出せる重要な技術ですので、ぜひ覚えて [続きを読む]
  • 試合のパフォーマンスを最大にする食事とは?
  • 野球少年が試合の日にとるべき食事今回は、野球少年が試合の日にとるべき食事についてアドバイスします。指導方法でお悩みであれば、ぜひ参考にしてみて下さい。さて、最近は食事について意識している方も多いと思います。中には、運動の前から炭水化物を取り込んでおく、『カーボローディング』という食事法は野球に有効か?と疑問を抱いている方もいると思います。カーボ=炭水化物ローディング=摂取するつまり、運動によって使 [続きを読む]
  • ボテボテのゴロを一瞬で直した“ある身体”の意識とは?
  • 身体の突っ込みを改善して、ゴロを防ぐ身体の使い方今回は、身体の突っ込みを改善して、ゴロを防ぐ身体の使い方についてアドバイスします。練習・指導方法でお悩みであれば、ぜひ参考にしてみて下さい。前に突っ込むバッティングは、根深い問題です。早めにタイミングをとる、という意識が先行してしまい、球を迎えるのではなく、突っ込んでしまいます。なぜ、突っ込むと悪いのか。それは、前のめりになることでバットを振り下ろし [続きを読む]
  • 練習通りの力を試合で発揮するコツとは?
  • 本番でもしっかりと腕を振れるようにする練習法今回は、本番でもしっかりと腕を振れるようにする練習法についてアドバイスします。練習・指導方法でお悩みであれば、ぜひ参考にしてみて下さい。シャドーピッチングでは、綺麗なフォームのように見えるのに、いざマウンドに上がると腕の振りがぎこちなくなり、コントロールも球速もでません。試合で、シャドーのようなピッチングをするにはどうすればいいのでしょうか?まず考えたい [続きを読む]
  • 力を使わずに強打が打てる“グリップ”チェック法とは?
  • インパクトを強力にするグリップの作り方今回は、インパクトを強力にするグリップの作り方についてアドバイスします。練習・指導方法でお悩みであれば、ぜひ参考にしてみて下さい。小学生や中学生くらいの年代、特に低学年のお子さんは、●ボールに押し負けて、強打を打つことができない●速球に振り遅れてしまう●バットを振る際に、身体が泳いでしまうということが多いですからね。実はこういったお悩みは、『グリップの位置』を [続きを読む]
  • 相手の足を100%封じるプロの投球練習とは?
  • 盗塁されない投球術今回は、盗塁されない投球術についてアドバイスします。練習・指導方法でお悩みであれば、ぜひ参考にしてみて下さい。まず、盗塁される原因として、『本番のピッチングを想定して練習できていない』ということが考えられます。そうすると、試合になった時にバッターに意識が集中しすぎて盗塁されやすくなるのです。なので今回は、“本番を想定して、盗塁をさせない練習”をご紹介します。まず、確認して欲しいの [続きを読む]
  • “空振り”でアッパースイングが防げる理由とは?
  • アッパースイングを改善し、レベルスイングに矯正する方法今回は、アッパースイングを改善し、レベルスイングに矯正する方法についてアドバイスします。練習・指導方法でお悩みであれば、ぜひ参考にしてみて下さい。小学校低学年ですと、アッパースイングになってしまう選手は多いです。また、遠くまで飛ばそうとして、アッパースイングになる選手も、少なくありません。正しいレベルスイングに改善すれば、○速球が速くなっても振 [続きを読む]