陽花 さん プロフィール

  •  
陽花さん: オランダで刺繍生活
ハンドル名陽花 さん
ブログタイトルオランダで刺繍生活
ブログURLhttp://salon-yoka.blogspot.nl/
サイト紹介文オランダで刺繍教室を主宰する傍ら、アンティーク市などで古い刺繍作品や図案本を収集しています。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供128回 / 289日(平均3.1回/週) - 参加 2016/09/09 22:44

陽花 さんのブログ記事

  • ミース・ブロッホの図案『オランダの風車』
  • ミース・ブロッホ(Mies Bloch)の『オランダの風車』。オランダのあちらこちらの街にある風車が忠実にデザインされています。こちらの図案は、ミース本に載っていない構図です。昔よりだいぶ数を減らしたとは言え、オランダには風車がたくさん残っています。この図案に載っている風車にザーッと目を通してみても、実際に見たことないものがたくさん!この17年間のオランダ生活の中で、数々の風車を目にしてきたつもりでいたので [続きを読む]
  • 夏の夜はカクテルで♪
  • 今週はオランダにしては珍しく、気温高めの晴天続き。というわけで、夕食後は毎日のように裏庭でお酒♪うちの家族の中にはカクテル作りが趣味という人がいるので、その日の気分に合わせていつもオーダー。温かいカクテルも作れるので、もちろんアイリッシュコーヒーも。ご丁寧に、ふわふわホイップ生クリームも上に乗っかっています。ちなみに、このアイリッシュコーヒを入れているガラスコップも金属製ストローもオランダのお洒落 [続きを読む]
  • 夏のお楽しみ♪〜裏庭で刺繍レッスン〜
  • ハーダンガー刺繍のレッスン風景。 いつもレッスン中は ほとんど写真は撮らないのですが、今日はお天気が良くて爽やかな風が吹いていたので、裏庭でレッスン。せっかくなので、たまには…と思って 撮ってみました。 --昨日の生徒さんは2名。まだ始めたばかりの方たちなのですが、お家でもどんどん刺してきてくださって、「これ、楽しい〜♪ ちくちく病にかかりそうです」という言葉も♪ この「ハーダンガーって楽しい!」というお [続きを読む]
  • アンティークの刺繍トレイ
  • アンティークの真鍮製ガラストレイ。 刺繍布がガラス2枚で上下から挟み込まれています。 中央には薔薇とスズランと青い小花。プチポワンやサテンステッチ、アウトラインステッチなどで彩られた、実に繊細な雰囲気の刺繍です。 ---オランダのアンティークオークションサイトで見つけた このトレイ。 いつもなら大抵は出品者のお宅へ伺って、品物を確認してから受け取ることにしているのですが、今回の出品者のお宅はかな〜り遠い。 [続きを読む]
  • 久々のカルトナージュ
  • なかなかタイミングが合わずに、超ご無沙汰していたカルトナージュレッスン。先日、2回目のレッスンを受けてきました。 初回からだいぶ間が空いてしまったので、最初は細かいところを忘れてしまっていたのですが、作っているうちに徐々に思い出してきました。 ついつい糊を付け過ぎてしまうのと、端っこの処理がまだまだ甘いので、それに気をつけないと…。あと、布合わせをどうするか?迷うし悩む…。 でも、こういうモノ作りの [続きを読む]
  • オーストリアのお薦めスパ!
  • オランダに戻る途中、スパに寄っていくことにしました。車旅行の時、帰りがけにスパに寄れそうな日程だと、トランクの中に必ずスパグッズ一式(水着、バスローブ、バスタオル、ビーチサンダル)を積んでおく我が家。家族全員がスパ大好き!なんです。ここは、オーストリアで私が2番目に好きなスパ。 一般的プールスパの他に、子どもが遊べる遊園地スパも併設しているので、大人も子どもも一緒に楽しめる場所。何種類ものウォータース [続きを読む]
  • まるで宮殿! オーストリアのメルク修道院
  • 数日間 ウィーン近郊に滞在した後は、100kmほど車を走らせてメルク修道院へ。もう入り口の門からして立派です。 ここは11世紀末から続く、今現在も活動しているベネディクト派修道院。修道士は30人ほどですが、併設するギムナジウムには900人もの生徒が在籍しているそうです。 18世紀後半に改築されたバロック形式のメルク修道院。宮殿かと見紛うほどの豪華絢爛な修道院で、いわゆる「修道院」という言葉からイメージする「質素」 [続きを読む]
  • ウィーンの街並み
  • 2年ぶりのウィーン。 結婚前から この街とは何故か縁があるようで、今回で確か6回目のウィーンです。 いつ訪れても、本当に美しい街…。 私的には、今まで訪れたことのある ヨーロッパの色んな場所の中では、ウィーンは群を抜いて華やかな街だと思います。 大好きな街♪ [続きを読む]
  • ウィーン郊外の隠れ家的ホテル
  • オーストリアでの滞在中、連泊していたホテル。ウィーン郊外にあり、隠れ家的な雰囲気でとっても居心地良い場所でした。お城を改装したホテルです。こちらのホテルは会議やセミナーなどを行う団体客のみを受け入れ。個人で宿泊できるのは、ここを結婚式場として使うカップルだけのようです。というわけで、今回ここに泊まった理由は 家族の仕事絡みです。なので、家族の仕事中、私はずーっとお庭でチクチクタイムでした。こちらの [続きを読む]
  • ウィーンで見つけた手芸店
  • 旅先で必ず立ち寄る手芸店。探してみたら、ウィーンにも一軒ありました。ただ、この手芸店。中心街からけっこう離れていて、行く途中の坂道で少々バテ気味〜。でも、行ってみて良かった! オランダではあまり見かけないリネンやリネンバンドが置いてありました。アンティークのおもちゃ等も置いてあるお店なので、ショーウィンドウはこんな感じ。知らないで前を通っただけでは手芸店と気づきにくいかもしれません。でも、チロリアン [続きを読む]
  • オランダからオーストリアまでドライブ〜♪
  • 1週間ほど前からずっとオーストリアに出かけていて、昨日帰宅しました。旅行の際にはいつもお隣のオランダ人ご夫妻に家の鍵を預けていくので、帰ってきたらまずはお隣さんへ。オランダは空き巣が非常に多いので、こうやって留守番をお願いできるお隣さんがいると本当に助かります。実は我が家も一回空き巣に入られ、さらに空き巣未遂も一回経験あったりしています…。(オランダは凶悪犯罪はそれほど多くはないのですが、空き巣や [続きを読む]
  • オランダ「あるある!」光景
  • 初夏のオランダでは時々見かけるこの光景。ここは我が家近くのスーパーの真ん前です。白鳥さんご一家が優雅に道を渡っていました。当然のように、道路の両方向で車がストップ。オランダはあちらこちらに運河が張り巡らされているので、こういう普通の住宅街にもたくさんの水鳥がいます。皆がこの光景には慣れているので、静かに白鳥さんたち一家が通り過ぎるのを待ちます。オランダは、時間がゆったりと流れる国…。---さて、先日 [続きを読む]
  • 今年初の夏日は、裏庭で刺繍タイム♪
  • 昨日のオランダは、今年初の夏日。うちの界隈の最高気温は29℃! でも、空気がカラッとしているので、日陰にいると心地良いのです。よほど動きまわらない限り、汗も全くかきません。だから、こういう日には裏庭でチクチクタイム〜♪---そう! 昨日は今年初の庭チク。裏庭のガラステーブルの上に、コーヒーとチョコレートにミントを用意して…。いざ! チクチクタイム開始〜♪オリジナルデザインのテーブルセンターとテーブルクロス [続きを読む]
  • 最近のレッスン風景:ハーダンガー刺繍
  • こちらのブログではあまりレッスン風景のレポートはしてきていないのですが、色々とお問い合わせをいただくことが増えてきておりますので、本日はレッスンについて。---今現在、お教室に通ってきて下さっている生徒さんたち。お住まいの場所は、実に様々。近いところでは、デルフトやデンハーグ。そして…。ティルブルフやワーへニンヘン、アムステルフェーンなど、デルフトの我が家からはけっこう遠い街からも通って来て下さって [続きを読む]
  • Mies Bloch(ミース・ブロッホ)の直筆メッセージカード!
  • ミース・ブロッホ図案。アムステルダムのダム広場にある王宮を描いたクロスステッチ作品です。こちらはカードになっていて、開くとこんな感じ。カードの中には、四つ折りにされた手書きの図案が一枚入っています。とっても素敵なカードなのですが、滅多に手に入らない品物で、今までショップで取り扱ったのも1枚だけ。それも入荷してすぐに日本に旅立っていきました。---そんな貴重なこのカード。先日アンティーク市場で二度目の [続きを読む]
  • Mies Bloch(ミース・ブロッホ)の『ザーンセスカンスの風景』〜鴨
  • 以前の記事でご紹介したミース・ブロッホの『ザーンセスカンスの風景』。こちらの作品の中でたくさんステッチされているのは、家々の前を流れる運河を行き交う鴨たち。オランダは国中に運河が張り巡らされており、ザーンセスカンスに限らずこういう水鳥たちは実に身近な存在です。---うちの近所の道路でも、春〜夏にかけてはこういう光景を目にしたりすることも。この白鳥親子は、突然ここを横断し始めたので、車は両方向でいきな [続きを読む]
  • カリヨンの音が優しく響く街〜ベルギーのメッヘレンへ
  • 昨日の記事の続きです。---ルーヴェンから家へ戻る途中…。家族と「どこかに寄って行く?」という話になり、メッヘレンの街へちょこっとだけ寄り道〜♪ メッヘレンは16世紀初め、当時のネーデルラント(現在のオランダとベルギー)の首都として栄えた街。そんなに大きな街ではないのですが、歴史ある街ということで、見どころがたくさん! メッヘレンの市庁舎はとても荘厳な雰囲気です。ネーデルラントの首都だった当時、メッヘレ [続きを読む]