しのちゃん さん プロフィール

  •  
しのちゃんさん: 車椅子でお出掛け
ハンドル名しのちゃん さん
ブログタイトル車椅子でお出掛け
ブログURLhttp://kurumaisu.muragon.com/
サイト紹介文プラチナエイジや障害者がゆったり散歩や美術館を楽しむためのUD情報を紹介します。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供32回 / 166日(平均1.3回/週) - 参加 2016/09/10 18:11

しのちゃん さんのブログ記事

  • サントリー美術館
  • 国立新美術館、森美術館と合わせ3館で「六本木アート・トライアングル」を構成。通称あとろと呼び大規模な美術館が3館集積し、日本における美術の重要な拠点になっている。ほとんどの美術館が月曜日休館に対してあとろは全て月曜はOK。 月曜日がふと空いた時には六本木に向かっている。 サントリー美術館は車椅子になってから2回目である。 1回目は『広重ビビッド』これは保存状態のよい初刷りの浮世絵を所蔵しているため [続きを読む]
  • パナソニック汐留ミュージアム
  • このミュージアムは、松下電工(当時)社会貢献の一環として収集・所蔵してきた20世紀フランスを代表する画家ジョルジュ・ルオーの油彩・版画作品を人々が鑑賞することを目的に、2003年本社ビルの建設を機に当ビル4階に開館したそうです。 初期から晩年までの油彩画や代表的版画作品などを含むルオー・コレクションは約230点で、これらの作品を館内「ルオー・ギャラリー」で常設展示するほか、ルオーに関連する企画展も [続きを読む]
  • 横浜美術館
  • これぞ『ユニバーサルデザイン』の真髄ではなかろうか 誰もが観やすく感動する企画展だった。 篠山紀信展 写真力 THE PEOPLE by KISIN 横浜美術館ならではの広い空間とインパクトのある大型写真がマッチングし 篠山紀信の言葉を借りると 『空間力vs写真力のバトル』 『鑑賞でなく体感!』 まさに温泉に入っているかの如く体を空間に浸しリラックスする。 コンセプトは篠山紀信自ら選んだ写真120 [続きを読む]
  • 初詣その2 明治神宮
  • K2017.1.7放送テレビ東京で放映された『美の巨人たち 明治神宮』物語は3つのキーワードから転回する。 KEYWORD1 大都会の真ん中に、壮大な森と壮麗な建築が共存する奇跡の空間『明治神宮』。234種、約3万6千本の樹木が生い茂る敷地は、総面積70万平方メートルを誇ります。新年にふさわしいこの神社が今日の作品です。正月三が日で300万もの人々が参拝する日本屈指の神社ですが、鎮座祭が執り行われ [続きを読む]
  • 初詣 下北沢近辺4寺社
  • ※PCのトラブルのため松の内内の投稿が出来ず申し訳御座いませんでした。 そうこうしている内に板橋区の乗蓮寺でベビーカー論争が起きてしまいました。 今回の『ベビーカー自粛論争』は 「人混みにベビーカーで来るなんて非常識だ」 「子どもが小さいうちは、親が我慢して当然」という意見が多かったこと。 北区のおときた駿議員は 『特定の施設やイベントがベビーカー自粛を呼びかけることに対しては、個別の事情がある場 [続きを読む]
  • 21_21 DESIGN SIGHT『小さな美術館めぐり』
  • トゥーワン・トゥーワン・デザインサイトと読む 普通の絵画や作品の展示してある『美術館』と違い『デザインミュージアム』 と言う位置づけで日常的な物事を出発点とし、誰もがデザインの楽しさに触れられる場として誕生したミュージアムだそうである。 六本木ミッドタウンの庭(ガーデン)の一角に平屋だが妙に存在感のある建物がある。 それがこのトゥーワン・トゥーワン・デザインサイト 設計は安藤忠雄テーマは「日本の顔 [続きを読む]
  • 東京都美術館『特別鑑賞会にて』
  • 『障害のある方のための特別鑑賞会』普段は大混雑している東京都美術館の特別展で 障害者が安心して鑑賞できるよう、事前申込制で年に4回休室日に鑑賞が出来る。 アート・コミュニケータ(とびラー)が受付や移動の手伝いをし、 展覧会担当学芸員による展覧会ワンポイント・トークも開催されます。 アクセス 近年バリアフリー化の進んだ上野やその他JRの御徒町・鶯谷・日暮里からのアプローチを普通に楽しんでも良いがこ [続きを読む]
  • 府中市美術館『小さな美術館めぐり』
  • 便利なアクセス JRだったら武蔵小金井南口から府中駅行き「一本木」下車すぐ 京王線だったら武蔵小金井(一本木経由)行き「天神町二丁目」下車すぐ ちゅうバス多磨町行き「府中市美術館」下車すぐ ちゅうバスは一人100円のコミュニティバスだが地元の高齢者の足になっている、小振りな車体はかなり混んでいるため車椅子で乗車しその席に座っていた高齢者に立ってもらうのは心苦しいので余裕のある路線バスに乗ろう。 路 [続きを読む]
  • 中村屋サロン美術館『小さな美術館めぐり』
  • 新宿で時間をつぶしたいときどこでつぶしますか? 私は病気前は紀伊国屋で本を立ち読みしていましたが車椅子では座り読み?になってしまいあきらめ今は中村屋サロン美術館に行きます。  カレーで有名な中村屋ですが中村やビルの3階にあります。中村屋創業は相馬愛蔵、長野県安曇野市穂高に誕生萩原碌山(萩原守衛)はじめ藝術家との付き合いや造詣が深く、新宿の古い歴史物を所蔵する小ぶりながら中身の濃い美術館で暇つぶし [続きを読む]
  • 東京ラーメショー2016・ダンチュウフェス『グルメ偏』
  • ①駒沢オリンピック公園で東京ラーメンショー2016第2幕 渋谷で東横線に乗り換えるには109の入口のエレベーターで地下に降りなくてはならないため今回は千代田線表参道で半蔵門線に乗り換えそのまま駒沢大学駅に降りる。 青いテントは優先席 東京ラーメンショーは始めてきたがラーメン店はえてして狭く車椅子で入りにくい店が多いため食べたくてもどうしても敬遠してしまっていた。 土日は混みそうなので水曜日お昼頃行 [続きを読む]
  • 車いす散歩の会 BBQ『番外編』
  • ぶらり車いす散歩の会のイベントBBQに参加しました。 この会は引きこもりがちな障害者に外出を促すべく交流会やイベントを開催しています。 また障害を持つ当事者とセラピストと接点を持つため勉強会も開催しています。 八王子片倉つどいの森公園は平成22年4月3日にオープンした公園です。 大きな芝生広場があり高台で周囲の景色も一望できるBBQの穴場スポットで非常に気持ちが良い公園です。 アクセス JR横浜線 [続きを読む]
  • 東京藝術大学美術館『小さな美術館めぐり』
  • 当初入りづらかったが伝統、藝術の伝道、上野の杜と言う言葉にそぐわしい美術館がある。一歩キャンパスに足を踏み入れると、重々しい門扉、古い建物、煉瓦の壁、石畳、斬新な建物、鬱蒼とした森、大木に囲まれた庭、点在する著名人の彫刻、木漏れ日が差し込むテラス、奥へ進み建物の裏側に回りこむとやっと開放感のあるキャンパスらしい学生の声、この洗練された空間は、日本の景色ではないような不思議な感覚に引きずり込まれしば [続きを読む]
  • 聖徳記念絵画館〔重文〕『小さな美術館めぐり』
  • 概要 聖徳記念絵画館は明治神宮外苑にあり、向かう大通りに沿ってイチョウが植えられています。遠近法により美術館の建物が実際よりも遠くにあるように見えるトリックが仕込まれており、並木道を向かうだけでもそのシンメトリーの重厚な存在感を感じることが出来ます。 大正時代に建てられ明治天皇の業績を後世に残すために作られた明治神宮外苑の主要施設であり、館内には明治天皇のご生誕から崩御までを描いた絵画が年代順に展 [続きを読む]
  • 東京都写真美術館『小さな美術館めぐり』
  • 平成26年9月より2年ほど閉館していた東京都写真美術館がリニュアルオープンし広く綺麗になったと言うことをラジオで聴き見たかった世界報道写真展2016の会期もそろそろ終わに近づいたので他の予定を変更し急遽行くことにした。 ファサードの大型写真  何から何までおしゃれ度満載 ところが…… 思わぬ不便と言うバリアとリニュアルしたのにアンユニバーサル・デザインに襲われる。 読者の方が読んで気持ちの良いもの [続きを読む]
  • 秋のバス旅行『番外編』
  • 『NPO法人自立の家』  http://www.jiritsunoie.com/npo/index.html 主催で自立生活プログラムと称してバス旅行を年1回企画してくれる。 私は昨年の『スパリゾートハワイアン』に続き2回目の参加。 バスは電動リフト付の大型観光バス参加者は障害者13名(内車椅子10台)介助者+主催者14名、運転手さん添乗員さんと大所帯?(人数は少ないけど介助側は大変だと思う。) [続きを読む]
  • 豊かな自然の残る国分寺崖線(がいせん)
  • 豊かな自然、樹木、湧水の残る崖線が武蔵野台地と言われるところ、立川市辺りから国立市、国分寺市、府中市、小金井市、三鷹市、調布市、狛江市、世田谷区を抜け大田区まで野川沿いに延長25?に及ぶ崖の連なりです。 世田谷に30年以上住んでいてそれらしい場所には触れていたのですが、名前を聞き興味を持って調べたらとんでもなく面白そうな土地、散策するには面白そう。 早速私の散歩にも取り入れようとまず世田谷からと行 [続きを読む]
  • 『世田谷散歩その1』千歳烏山駅から寺町へ
  • 車椅子は雨の日が苦手です。 やっと晴れ間が見え、お出掛け日和になり久し振りに散歩を楽しみました。 京王線千歳烏山駅ホームのUDトイレでトイレを済ませスロープを下り改札を出る。上り電車で来た人はそのまま、下り電車で来た人は混雑する踏み切りを渡らなければなりません自転車が多いので注意して渡りましょう。渡ったところがエルモール商店街です。歩道を北に向かいますが、ここも駐輪が多く時に介助者か通行人に整理を [続きを読む]
  • 『番外偏』泉岳寺 港区高輪
  • 三軒茶屋のデイケア『ふらっと』から車で ※このデイケアは障害者支援法の認定を受け認定された者が通える。 世田谷80万人の人口の中、人生半ばで病気、事故等で突然障害者になり社会復帰を 目指して頑張る人たちのために出来た施設である。平均年齢45歳。 朝集まるとお出掛け班、室内作業班に別れる。 お出掛け班は3班に別れそれぞれ行きたい所を決める。 室内作業班は料理やコンピュータなど希望のことが出来る。 し [続きを読む]
  • 『コラム』 #つぶやき 拝啓学芸員さま
  • 美術館をユニバーサルデザインを探す旅に出て、 始めて気がついたことがある。 それは展示法により全く見えないものがある。 例えば台やショーケースに載る小品、資料、その説明文 以前はしょうがないとあきらめていた。 でもこれって私と同じ106センチ目線の 小学3年生にも見えないんだろうなと 小学3年生は文句言わないのかなそれとも この展示会は小学3年生には未だ早いと思っているのかな 小学3年生にも見えれ [続きを読む]
  • 『コラム 』 #ユニバーサルデザインとは
  • バリアフリーとユニバーサルデザイン バリアフリーは、障害者・高齢者などに配慮されて策定されているが、 ユニバーサルデザインは、年齢、性別、国籍、能力等に関わらず出来るだけ多くの人が 利用しやすい生活環境にするという考え方に基づく。 また、普及の方法も大きく違い、 バリアフリーは法律等で規制する事で普及させる「行政指導型」 ユニバーサルデザインは、良いものを褒めたたえ推奨する「民間主導型」 ※「バリ [続きを読む]