なかじ さん プロフィール

  •  
なかじさん: 41歳妊活記録 〜妊活と仕事、両立できるかな。
ハンドル名なかじ さん
ブログタイトル41歳妊活記録 〜妊活と仕事、両立できるかな。
ブログURLhttp://ameblo.jp/mica3333/
サイト紹介文アラフォー女性が妊活と仕事を両立する日々の記録。人工授精4回で体外受精へステップアップ中。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供181回 / 336日(平均3.8回/週) - 参加 2016/09/10 20:56

なかじ さんのブログ記事

  • やっとスタート地点
  • 流産手術から二ヶ月。今日が最後の経過観察通院です。長かった…。流産の可能性が高くなってから、辛くて週数をカウントするのを止めたので、正確にいつ流産したか把握してなかったのですが、今日頂いた保険請求用の診断書には8週って書いてありました。それを見た瞬間、妊娠してた頃のいろんな気持ちが走馬灯のように蘇ってきて。幸せな時間をありがとう。またお腹に戻ってきてね。待っているよ。と、悲しみよりも感謝の気持ちが [続きを読む]
  • 愚痴のお作法
  • 共働きの皆様にお聞きしたい。 夫に仕事の愚痴、言ってますか? わたくし現在、9月までは採卵できないこともあり、仕事モード全開中なのですが、それに伴い、仕事のストレスもぐぐーっと増えてます。 自分が判断しなきゃいけない事だとは分かっているし、、難しい案件になるほど自分だけの判断では難しく、上司の助けも仰ぐ必要があるとは理解しているのですが・・・。 あちこちからダメ出しが続いていて、 もーいーかげんにし [続きを読む]
  • リセット
  • 術後26日でリセットしました。もっとかかるかな〜と思ってましたが、意外に早くてホッとしました。でも、妊娠中は卵胞育ってないから排卵してないはずなのに…。このリセットはどういうメカニズムなんだろう。先日の長田院長の診察では、hcg=0になってから70日待たないと良い卵子が採れないと言われました。あと二ヶ月半も!!治療はおやすみしないといけなそう。へこむな〜。いいや、へこんでおこう。そういう時もあるさ。 [続きを読む]
  • 仕事で落ち込んでも
  • 生理がまだ始まらない今、仕事モード全開です。打たれることも、落ち込むこともあるけれど、やっぱり仕事は楽しい。妊活で仕事をセーブしていた時期を経て思うのは、仕事の効率がずいぶん上がったなぁ、ということ。作業の段取りも、後輩への指示も、上司への確認も、クライアントへのレスも、全てが1年前より格段に早くなり、質も上がっている気がします。限られた時間で成果を上げるためにおのずと必要なスキルが身についただ [続きを読む]
  • 運動します!
  • 4月からずっと運動を止めてて、なまりきった私の体…。見るに耐えなくなったので今日から運動再開します!!これから、二駅先の駐輪場に置きっ放しになってるマイチャリを、走って取りに行きます。だいたい5キロくらいかな。本当はスポーツクラブでしっかり汗を流したいのだけど、しばらく運動から遠ざかってしまうとなかなかハードルが高くって…。まずはできることから。運動癖をつけて、妊娠しやすい体を目指すぞ〜 [続きを読む]
  • いのちのはじまり
  • 普段は滅多に映画を見ないのですが、今、見ておきたいと思いました。 いのちのはじまりhttp://www.uplink.co.jp/hajimari/ いろんな親子のかたちがあっていい、という映画らしい。 自分の子供でなくても、子供を育てることで何かが変わる、というのがメッセージ。 自分の子供でなくては意味がない、と思う人はいるだろう。 それも個人の選択。 私は… 自分の子供でなくても、育てたいと思うのだろうか。 その場合、どんな世 [続きを読む]
  • 喜びと悲しみの総量
  • 同僚が、妊娠したようだ。お腹が徐々に大きくなってて、でも怖くて聞けない。動揺している自分がいる。自分だけなんで…って思いそうになり、思いとどまる。私は仕事に恵まれ、同僚や上司にも恵まれている。住む場所も、食べるものも困らない。体も健康で、病気知らず。優しい夫がいて、快適な自宅がある。これでなぜ、自分が不幸だと思えるんだろう。そして、妊娠している同僚が、私より幸福感を感じてるかどうかなんて、誰にも [続きを読む]
  • 受精卵検査についての意識調査 〜後1日で終了
  • 高齢での妊活は、1周期でも無駄にできません。自然妊娠ならまだしも、医療行為として行う不妊治療で、受精卵検査ができるのに行わないというのは、医療側の怠慢ではないのか、とすら思います。今回、流産手術を受けてみて、いかに心身ともにダメージを受け、疲弊するのかがよくわかりました。これを2回繰り返さなければ検査を受けられないなんて。産む身体のダメージを最小化するためにも、受精卵検査が広がってほしいと思います [続きを読む]
  • 第6感!?
  • 前回のブログは、出口のない暗い内容ですみません。 ここで少し、不思議体験を。 今回、着床したと思われるタイミングで、私は猛烈なめまいと吐き気がして、電車の中で座り込んでしいました。 帰宅後、その話を夫にしたところ、彼も同じ時間帯に、強烈な吐き気を感じていたとのこと。 私:なんで夫が〜? 夫:第6感が働いて、着床の瞬間が分かったんじゃないかな。 私:まさか!でも、すご [続きを読む]
  • 強くなりたい
  • 悲しみ方がわかりません。手術を終え、体温も下がり、今日から職場復帰してますが、手術の日を含めてこの3日間、涙が滲むことはあっても、号泣が出てきません。悲しみを感じないように、心に蓋をしていると言った方が良いのかもしれません。流産手術のその日ですら、夫と待合室で、他愛もない話をしながら、ニコニコ笑っていた私。この悲しみ、喪失感に向き合うと、心が壊れてしまいそうだから。長年身につけた処世術。でも、苦し [続きを読む]
  • 明日、お別れしてきます。
  • 木曜日の午前中に、経過観察のためNACに行ってきました。 結論から言うと、まだ弱いけど心拍は確認できて、88bpmありました。胎芽は4mm。 このままだと、3日以内にほぼ確実に心拍が止まるので、日曜日に手術の予約を入れましょう、と。 3番の診察室でした。 診察室でも待合室でも、なんとか涙をこらえることができたのですが、処置室に呼ばれて手術の説明を受けながら、涙腺が崩壊。。。 看護師さんが [続きを読む]
  • 期待しないけど、希望も捨てない。
  • 今、とてもニュートラルな気持ちです。この子の生存確率は5%以下。おそらく遺伝子か染色体の異常で、すでに運命は決まっている。なるようにしかならない。命が続いてくれることを期待はしないけど、希望は捨てないでおこうと思います。5%の確率が残っていることだけでも、ありがたいと思えるようになってきました。次の診察は6/1。この子の心臓が、まだ動いていますように。 [続きを読む]
  • いつかいなくなる命
  • ずいぶんとご無沙汰してしまいました。先週の月曜日に心拍確認のため、NACへ。心拍は見られたものの、52bpmととても弱々しく、深刻な不整脈と診断されました。土曜日に経過観察のため、再びNAC。心拍は96bpmに伸びていたものの、基準値を超えることがなく推移してました。胎芽も3mmと小さいまま…。心臓の形成がうまくできていないので、95%の確率で、10週までに流産するらしい。これから先5日置きに診察なのですが、胎芽の成長を [続きを読む]
  • モード切り替えがうまくいかない
  • 仕事より妊活を優先する!と決意して、早9ヶ月。気持ちの上では完全に、「仕事はほどほど」モードなのですが、いかんせん、仕事量は増えはしないが減りもしません。その結果、日々のゆとり生活のツケが回り、デッドライン直前でガーっと追い込む、という事がここ数ヶ月続いてます。仕事時間を短縮するだけでなく、段取り含めて早め早めに対応しないと、せっかくのゆとりも台無しです。ただね。直前にならないと集中できない悪い [続きを読む]
  • 胎嚢確認【移植周期② BT17】
  • 小さなげっぷが一日に何度も出たり、味覚がおかしくなったり、子宮のあたりにひきつるような痛みがあったり。 ここ最近の体の変化から、 きっと順調、大丈夫・・・ と自分に強く言い聞かせながら、胎嚢確認に行ってきました。 結果、無事胎嚢が確認できました。 診察は宮内先生。 胎嚢内に卵黄嚢も見えていて、サイズも基準値よりすこし大き目。 前回のhcg値が高かったので、成長も少し [続きを読む]
  • 味覚
  • 一昨日から、何を食べても美味しく感じられなくなりました。味がしないし、風味も感じられない。お腹は空くのに食べたいものが思い浮かびません。なんとなくそうかな〜と思ってましたが、さっき食べた、大好きなやよい軒の唐揚げが油臭くて全く美味しく感じなかったので、もう認めざるをえません。これもつわりの症状なのでしょうか。明日は胎嚢確認の日です。どうか無事に育っていますように。 [続きを読む]
  • 深く同意 その1
  • いつも拝見している方のブログで、高齢妊活の方必見の投稿がありました。まずは女性へのメッセージ。深く、深く同意します。この次の投稿で、男性の精子検査についても記載されていますが、これはもうすべての妊活女子に伝えたい!あまりに共感したので、連投でリブロクしちゃいますが、ご勘弁。 [続きを読む]
  • 逆に不安になる値【移植周期② BT12】
  • BT4からBT7にかけて9.0→56.4と失速しかけたhcg。 その伸びがどの程度あるのか、ドキドキしながら診察に行ってきました。 前回の値56.4の約10倍、hcg 600が一つの目標でしたが、 なんと、 hcg 1177 という信じられないくらいの伸びを見せていました。 21倍・・・。 むしろ、不安になる数値です。 寺元先生も 「ちょっと高すぎやな。次がどうなるかやね」& [続きを読む]
  • 下町愛
  • 東京に来て13年。最初の住処は、職場から徒歩で通える距離の極狭アパート。何よりも通勤ラッシュが嫌で嫌で、多少高くても狭くても、ラッシュが無いだけで天国でした。ところがその町は、神輿を担ぐような祭りが未だ健在な、バリバリの下町!お祭り期間は、ふんどし袴のお父さんたちが街を練り歩き、サラシを巻いた法被姿のお母様方がおにぎり握りながら、男たちをサポートしてる。相撲部屋がたくさん連なり、通勤途中の相撲部屋 [続きを読む]
  • 着床判定①〜微妙な?結果【移植周期② BT7】
  • 本日BT7でNACに行ってきました。連休中で午前診療なので、混んでましたねー。 8時10分に着いたのに、もう50番台! ニュートラルでいようとしたけど、さすがに今日は緊張しました。 診察室1の寺元先生。 hcgは、56.4。 ほっとしたのもつかの間。 「着床してますが、前回の数値からいえば70は欲しかった。5日後の伸び次第ですな。」 で、瞬殺。 BT3から今日まで、本当にのんびり [続きを読む]
  • ホルモン値評価について【移植周期② BT5】
  • 昨日の4月29日、BT4でNACに行ってきました。 8時半に受付、10時半にはお会計という異例のスピード!やはり内診がないと早いですね。 今回の移植は、ニュートラルであることを心がけていたのですが、移植後〜BT4までの期間は、自分でもびっくりするくらい気持ちがフラットでした。 というか、感情が動かないよう、無意識のうちに自制していたんだと思います。 血液検査の結果、hcg=9.0となり、理事長から「着 [続きを読む]
  • ニュートラルな気持ち【移植周期 D19】
  • 本日、人生二回目の移植です。繁忙期も過ぎたので仕事も休みやすく、睡眠時間もたっぷり確保でき、前回(年末年始)よりもずいぶん穏やかな気持ちでこの日を迎えています。ちなみに前回の受付番号は「49」よりによって…な数字でした。今回は普通の番号で、それもまた安心材料。よく、ニュートラルな気持ちでいることが大切だって聞きますが、それってどんな状態なんでしょうね。自分では精神的に安定しているように感じても、や [続きを読む]
  • なぜニュートン?の疑問解消【移植周期 D10】
  • NACの滞在時間、3時間半。日曜日にしては早かった方でしょうか。いつも滞在時間が長いので、からなず本を持っていくのですが、今日の選書は「読みたい本」ではなく「読まねばならない本」でした。案の定、1時間くらいで挫折してしまい、女性誌も何だかつまらなくて、退屈で仕方ありませんでした。そんな中、手に取った科学雑誌、ニュートン。何で不妊治療専門クリニックに科学雑誌?と思ってめくってみたら、受精に関するメカニズ [続きを読む]