ぱどる さん プロフィール

  •  
ぱどるさん: 霧島SUP
ハンドル名ぱどる さん
ブログタイトル霧島SUP
ブログURLhttp://sup4x4.chesuto.jp/
サイト紹介文SUPで楽しむ水上散歩♪ 漕いでフィジークなカラダへ!!
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供67回 / 191日(平均2.5回/週) - 参加 2016/09/10 21:27

ぱどる さんのブログ記事

  • SUP練習日誌より
  • 〜バランス練習開始〜私にとってのSUPやカヌーはあくまでも趣味。大会や記録を目指すものではけっしてない。中高年は、速さや強さに興味が無いのである。暖かくなってきたのでバランス感覚特訓をそろそろ開始。(冬は落ちたくないので、バーチカルムーブは自粛)生涯スポーツとしての健康管理とココロ豊かにする遊び。それがSUPやカヌーである。だからと言ってやたら人にすすめたりはしません。親水性の気質は生まれつきのも [続きを読む]
  • 川内川・上流部散策
  • 河川探索は、生粋の川ガキ(オヤジ)のライフワーク!川に入らずに川好きとは呼べぬ!が持論。川内川は、九州では筑後川に次ぐ一級河川。雄大な川だが、水質となるとあまり評判は・・・最近のビーパル誌でも、転覆隊の川内川下り(下流部)の記事で、「泥色」だとか「臭う」とか散々であった。確かに下流部は、おすすめしません・・・向かい風や海からの逆流もあり、漕ぎにくいし。(下流域は、シーカヤックが適している)しかし、 [続きを読む]
  • 中高年、タテ乗り派!
  • 今週も3泊4日の出張あり。出張先で、近くの川を探索しジムで汗を流す。(もちろん、勤務時間外だ)仕事か遊びか、なにが何だかわからない(笑)(本当に仕事をしているのか?)ともかく、充実した忙しすぎる仕事の毎日だ。(会社は大きいが、しがない社員です・・・)唯一の不満は、ホテルでは料理ができない事。流しの排水溝を毎日ピカピカに磨くのも好きなのに・・・仕方が無いので、ホテルの洗面台やトイレを掃除したり(笑)「来 [続きを読む]
  • 天降川・定例SUP練習
  • 仕事で宮崎県への連泊出張が多い。幸いにも職場近くに、ジムがあるので不自由はない。(そこか!)トレーニングジムには3ヶ所入会しています。(普通は一つだ)一般的に出張は疲れるものである。しかし私には体を鍛えられ、楽しいこと (笑)川の探索もできる。仕事はしているのか?・・・〜サップはココロとカラダに効く遊び〜▽本日の練習写真より〜天降川〜「鉄橋下の瀬」は私の修業場。流れはショボいが、水量と両サイドのエデ [続きを読む]
  • 清流・霧島川でSUP
  • 川を愛するリバーウォーカーとして譲れない条件。それは、「水質が良い事、最低限の水量がある事」だ。汚れた川で泳ぎたくないしね。〜清流・霧島川でSUP〜天降川の支流、霧島川。普段は水量が少なく、岩の多い渓流だ。水はきれいだが川下りはできません。増水時には超激流となり、危険な川へと変貌します。しかし、探せば良い練習場所があるのである。そんな訳で霧島川の秘密スポットでの練習。水深2〜3メートルほどあるが、 [続きを読む]
  • 天降川・上流部散策
  • 天降川は天孫降臨説話のある川。下流部でのサップ、カヌー活動がメインだが、上流部の探索・散策活動もぬかりはない。個人的に「秘境」「神秘的な場所」が大好きである。人の行かない所、人のやらない事が好きだ。(笑)そんな訳で(?)お気に入りの場所を少しだけ紹介します。〜神秘的!天降川上流部〜ミステリアスな秘境でしょう?少々、崖を降りたりする箇所もあります(笑)いつかテント持参でゆっくりと下ってみたい。もちろんS [続きを読む]
  • 天降川・妙見探索
  • カヌー・カヤック歴26年、SUP歴2年。「天降川パドリング活動員」を自負するからには当然、上流部も知り尽くさなくてはなりません。若い頃から天降川探索が好きで、あまり知られていないいろんな風光明媚な場所もマメに散策済み。(海よりも川が好きだ)▽天降川上流部。アクセスが悪いので知る人は少ない。秘境なだけに、ゴミが無いのがうれしい。SUPを浮かべたら気持ちがイイだろうな。天降川は発電所が多く、取水堰に水 [続きを読む]
  • ゴミ拾い=筋トレ
  • SUPは冬でも寒くありません。(落ちなければ・笑)ライフジャケットを新品にリフレッシュ!カヤックでは長持ちしたのに、サップでは運動量が多いのでライフジャケットや靴がすぐダメになる( ノД`)どんだけカラダにイイ運動なんだ▽本日のSUP鍛練。ゴミを載せても絵になる乗り物はSUPだけだ最近、ギャラリーがちらほらと増えてきました。興味があるならSUPしませんか?(笑)3枚あるんですけど。私にとってSUPは健康 [続きを読む]
  • おとなのサップ?
  • SUPの楽しさを味わうなら、ツーリングがおすすめ。しかし遊びは自ら創造するもの。・・・・・・という訳で今回の特集は、〜あぶないオトナのサップ!〜カヌーやカヤックも嗜みますが、楽しい遊びの幅が広いSUPはサイコーにおもしろい 〈流水サップヨガ〉カヤックでは不可能なヨガ。というか、流水でのヨガはSUPでも危険だ。流水SUPヨガ会員募集中(嘘) 〈ウェーブで新聞を読む〉社会人たるもの、新聞は2社読むべし [続きを読む]
  • 球磨川SUP特訓
  • 〇1月28日(土)最近マイブームの球磨川SUP特訓。▽清流・球磨川キャンプは荷物が増えるし寒いのでビジネスホテルに宿泊だ。(笑)▽角折の瀬にて▽川のプロガイドさんと練習。経験豊かなユーモア溢れる「川のプロフェッショナル」!!球磨川でのラフティング&SUPは『コンパス』がおすすめ▽一緒に練習に励む筆者。やはり球磨川は偉大だ。小さな瀬でも天降川の流れとはパワーが違う気のせいか、水質も違うような感じがする [続きを読む]
  • 夕練SUP
  • 日曜日なのに出勤・・・ でも夕練はマジメにやります(笑)1時間ほど基本テクニックの反復練習。静水練習が基本の修業。なぜなら、静水で無理な動きは流水でも無理ゆえ。最後に鉄橋下ウェーブで波乗りを楽しんで練習終了。それにしてもこんな寒い日に、川で練習できるのはSUPだからこそ。落ちなければ寒くありません▽只今修業中、54歳。現在の悩みは年齢相応に見られない事である。▽自画像! (紙・鉛筆)↑ 信じないよう [続きを読む]
  • SUPフィン改造!
  • 本日は代休日。 早速川へ繰り出す。小雨に強風と状況は悪いが、まあこんな日もある。台風、洪水、雷以外なら練習に支障はない(笑)現在、SUPフィンをいろいろと研究中。〜私的フィン3条件〜①小さく壊れにくい事②気を使わずにすむ事③トリックの際、川底や岩に干渉しない事。直進性は最低限でいい。【なんてマニアック!SUPフィン改造編】▼自作のプラダン製フィン。(プラダン=プラスチック製の段ボール)安っぽいが練習 [続きを読む]
  • 極寒SUP
  • 【球磨川SUP練習】昨日は時折、雪のちらつく球磨川での極寒SUP。ひょんなことからラフティング&SUPガイドの店長さんとSUP練習することに。場所は馬場公園上流の瀬と瀞場。2時間ほどの基本練習。家族以外のSUP乗りのかたを初めて見ました。いつも独りでの練習なので感無量。為になるお話を惜しげもなく、いろいろと聞かせていただきとても勉強になりました。(フィンまでいただきました)今後のSUP練習への励み [続きを読む]
  • 風を感じろ!アニキマフラー
  • 【 風を感じて生きるべし!】SUP修業中の身とはいえ、遊び心も必要だ。そんな訳で、風を感じるアツいヒーローアイテム。それが愛と正義の「アニキマフラー」だアニキマフラー着用の心得より〜 「ヒーローの誇りを持って着用すべし」! 「風を感じて生きるべし」! おおっ!アツいゼーット!!何でもない動作が怒涛のムーブに吹きあれる風に立ち向かうかのようだ。自由度の高い趣味ゆえ、なんでもありなのである。・ [続きを読む]
  • 片手漕ぎターン!
  • 年末年始、仕事でまさかの遠方出張!出張先近くのジムにも通いハードワーク。ちゃんと仕事をしていたのか?・・・という訳で只今、正月の代休取得中。・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・2週間もSUPを漕がなかったのは初めてだ。案の定、安定感がいまひとつ。渇水期で水位も低く、流れのパワーもない。そんな時こその秘密特訓メニュー。秘技(笑) 「片手漕ぎターン」! 【片手漕 [続きを読む]
  • リバークリーンアップ(9月〜12月)
  • 【天降川 リバークリーン】〜SUPでゴミ拾いをスタイリッシュに楽しく〜↑ 天降川(あもりがわ)は私の修業場だ。道路のゴミを拾う人は多いが、川に漂うゴミを拾える者は安全装備のパドラーのみだ!1回の量は少ないが、ちりも積もれば山となる。量よりも一生継続することが大事だ。ゴミ拾いはイベント時のみの活動ではないのである。 《 9月〜12月分まとめ 》▽9月11日▽9月18日▽9月25日▽10月2日▽1 [続きを読む]
  • SUP虎の穴〜⑥
  • 【リバーSUP虎の穴】 雑誌には載っていないSUPテクニック研究 〈リバース・スピン〉リバースストロークで360度以上回転する基本練習。スクォートカヤックでの基本テクニックです。SUPもSQTから学ぶことが、たくさんあります。静水で慣れたら流水で練習しましょう。 (THE SQUIRT BOOKより)フォワードストロークでの回転より簡単です。〈ポイント〉〇ボード後方に重心をかける。〇水を押し出 [続きを読む]
  • 冬こそSUP!
  • 「練習」よりも「特訓・鍛練・修業」が好きだ(笑)疲れる、きつい、重い、それが楽しい「TKOの法則」!◇本日のSUP練習◇冬の川は水量が少ない。いつもの練習場所も30cmほどの水量低下で隠れ岩が顔を出す状態。普段よりシビアなコントロールが必要だ。▽地獄のグランドトリック特訓!虎の穴式トリック特訓名物。 「荒波スクリュー!」流れでボードを立てて下る修業だ。虎の穴では安易な落水は禁止事項である。(真剣に漕 [続きを読む]
  • バランス特訓!
  • 〜バランス感覚がSUPの醍醐味〜12月だというのに汗ばむ気温。2時間ほどのパドリング特訓。◇本日のSUP練習◇▼流れの中で「手放しバランス特訓」不安定な流れでの「漕がない練習」は体幹強化に最適です。ルールは簡単。 流れの中でボードを傾けた状態で「漕がない、落ちない」という地獄の特訓です。 (笑)虎の穴式SUP特訓、ぜひお試しあれ!スリル満点ですぞ!〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜中 [続きを読む]
  • 脚を鍛える!
  • 〜中高年の鍛練コラム〜中高年は脚から衰えるのは周知の事実。老化で姿勢が悪くなるのは、腰や背中よりも大腿部(大腿四頭筋)の筋力低下が主な原因。早い話、「運動不足」ということです。「加齢のせい」にしてはいけません。。。姿勢の悪い、腹の出たオヤジにはなりたくない。よって中高年は歳を取るほどに、若い頃よりも真摯にカラダを鍛えなければならないという恐るべきパラドックスが存在するのである。ただし無理をしてはい [続きを読む]
  • SUP虎の穴〜⑤
  • 【リバーSUP虎の穴】雑誌には載っていない(無駄な)テクニック紹介。《 虎の穴 心得の條 》我が命 粗末にせず己の技量 向上させ技の習得 如何にても 果たすべし尚死しても あの世で漕ぐべし死しても あの世で漕ぐべし《 虎の穴 理念 》技の習得により心と体を鍛え夢中になって楽しむことで、見る人にもパドラーと同じ楽しみを与えること。ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーほとんど漕がずに回る!?「慣性 [続きを読む]
  • SUP虎の穴〜④
  • 【リバーSUP虎の穴】〜雑誌には載っていないSUPテクニック紹介〜・・・・・・たぶん無駄なテクニックです(笑)ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー ★今回は「サップスクリュー」の巻!「サップスクリュー」とは筆者の造語で、ピポットターンを進化させた回転ワザ。滑らかに360度以上回転させるテクニック。それが「サップスクリュー」!!「サップスピン」はフラットに近いが「サップスクリュー」は高角度のスピン [続きを読む]
  • GATHヘルメット
  • 冬場のSUP練習に最適な愛用ヘルメット。それが「GATH」のヘルメット!通称「ガッチャマンヘルメット」だバイザー開閉の調整が可能。風防にもなり日差しを遮り、雨の中でも視界を確保。バイザーが不必要な時は収納できます。なんという優れもの!(画像gathsportsサイトより)↑↑ この女性、白鳥のジュンに似ています(^^♪頭部に密着し耳を覆うので、寒くないのが嬉しい。今年の冬も、GATHヘルメットが強い味方!欠点 [続きを読む]
  • 荒波SUPヨガ
  • 〜虎の穴流SUPヨガはスリリング!〜小雨の中、2時間ほどのSUP練習。巷では「SUPヨガ」が流行っているそうだ。自然の中でリフレッシュできカラダにも良いという。(出典: weheartit.com )早速、虎の穴の練習に取り入れなければ(笑)〈虎の穴流SUPヨガ〉流れの中で行うのが虎の穴流なのである。気を緩めると、波に揉みくちゃの洗礼が・・・難易度高し! 体幹シェイプに最高かも。▼ちなみに虎の穴の掟。〜心得の條〜 [続きを読む]
  • SUPウェーブ特訓
  • 2時間ほどのSUP練習。水温が低いので長袖長ズボン。いつもの天降川・鉄橋下ウェーブで特訓だ。 ←流れ方向50代にしてこんなに楽しい趣味があって、とてもシアワセだ。筋力、バランス感覚が向上し、楽しくてスリリング!ストレス解消、リフレッシュ効果も抜群!一石二鳥、いや六鳥ぐらいの効能だ。まさに「遊びをせんとや生まれけむ」「どうせ生きるなら夢中になって楽しんで生きようゼ!」私の信条でもある。・・・・・・・ [続きを読む]