翔望 さん プロフィール

  •  
翔望さん: Along with the favorite music
ハンドル名翔望 さん
ブログタイトルAlong with the favorite music
ブログURLhttp://mildheartmrock.sakura.ne.jp/music_blog/
サイト紹介文心に寄り添ってくれた音楽に癒されたことに感謝します
自由文人生の折々で心に触れた思い出の曲を中心にあらゆるジャンルの曲をランダムに紹介しています
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供108回 / 338日(平均2.2回/週) - 参加 2016/09/11 21:05

翔望 さんのブログ記事

  • 謙譲の心に生かされる様式美−恋文(由紀さおり)−
  • 恋文 「由紀さおり」と言えば、最近では「Pink Martini」とのジョイントアルバム「1969」が話題になりましたが、もう6年前の話になっています。 また、代表曲と言えば「夜明けのスキャット」でしょうね。 これ以外にいい曲はたくさんあるんですが、その中で異色作は今回取り上げた「恋文」でしょうか? 昔ながらの候文は今では古色同然で若い人には馴染まないかもしれません。 メロディーラインも昭和初期を思わせる歌謡曲然とし [続きを読む]
  • Ti Amero(Il Divo)
  • Ti Amero 「Il Divo」のファーストアルバムの7曲目にクレジットされている曲を今回は取り上げてみました。 「Il Divo」よく聞かれる曲は「Adajo」かもしれませんが、ちょっと違う曲にしてみました。 「Il Divo」は2004年11月にイギリスでデビューした男性4人のコーラスグループです。 メンバー全員の出身国が違うというところが楽曲に深みと陰影を与えているような気がします。(そう思っているのは私だけでしょうか?) メンバー [続きを読む]
  • 言葉にならない心が見せる涙−私を見つめて(松山千春)−
  • 私を見つめて 「松山千春」初期の名曲です。 本当に大好きな曲で、何で見た目危ないオッサンのような方がこのような曲を書けるのか不思議? つれない男に報われない女心ッやつですか? 演歌の世界でよくある話を「松山千春」が情緒豊かに歌い上げます。 もう、涙チョチョ切れですね。 この曲は1978年1月にリリースされた3枚目のスタジオ録音盤「こんな夜には」に収録されていますが、TVで歌っているのを見たことがありません。 「 [続きを読む]
  • 月光受けし白き華、遥けききみを想ふ−Moonflower(Santana)−
  • Moonflower 特にいう事はないんですが、「Moonflower」です。 「Europa」の後に出されたインストです。 1977年に発表されましたが、ライヴ音源とスタジオ録音の新曲が混在した、変則的な内容の二枚組アルバムでした。 「Europa」のようなうねりのあるドラマティックな面は薄れていると思います。 AmazonCDMOONFLOWER Tower RecordCDMoonflower [Remaster] 音楽ランキングへ [続きを読む]
  • 「学生街の喫茶店」はB面だった−美しすぎて(ガロ)−
  • 美しすぎて 1970年にデビューした「GARO」も今は「大野真澄」以外の「マーク」も「トミー」も鬼籍に入られ古のコーラスを聞くことは出来ません。 デビュー当時のコーラスワークのレベルの高さやギターテクは群を抜いていたものです。 元々、「CSN&Y」や「ブレッド」の影響を色濃く受けていたことが幸いしたのかもしれませんね。 今回取り上げた「美しすぎて」はシングルレコード発売時はA面でB面は「学生街の喫茶店」でしたが、B [続きを読む]