kanoryo さん プロフィール

  •  
kanoryoさん: finder
ハンドル名kanoryo さん
ブログタイトルfinder
ブログURLhttp://kanoryo.seesaa.net/
サイト紹介文知人の写真から紡いだひとり言。ずっと書き溜めてきましたが、ブログにまとめてみようと思います。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供22回 / 23日(平均6.7回/週) - 参加 2016/09/11 21:29

kanoryo さんのブログ記事

  • 過去の記事 …
  • shadow
  •  赤いルージュ  ブルーのシャドウ  色を落とした鏡の中に  もろい私が透けて見えて    心のはじっこがめくれあがる… 2007/01/28 023http://aicparis.exblog.jp/ [続きを読む]
  • alone
  •  「サミシイ」   声に出したら、もっと淋しくなった  あわてて奥歯をかみ締めて  涙を我慢する  だって泣いたりしちゃったら  もっともっと  淋しくなるから    雨が降ってて  よかった 2007/07/12 022http://aicparis.exblog.jp/ [続きを読む]
  • history
  •  小さかった頃のあなたを  力いっぱい抱きしめたい  ママの帰りを待っている夜    一人ポーチで膝を抱えていた  その、寂しいうなじを  暖かいキスで温めてあげたい  バスケットの試合で腕を折ったあなたの  もう片方の手を握って  一緒に涙をこらえてあげたい  くちびるの下にかすかに残る縫い傷や  眉毛の上の水疱瘡のあと  刻まれてきた  あなたの history  できるなら  その頃のあなたのそばで  五月雨のよ [続きを読む]
  • linger
  •  心からあふれ出るものを  書いて書いて書き散らして  すべてを吐き出してしまえたら  からっぽになれるのかな  軽くなって、また一から歩き出せるのかな  軽くなって  ただ流れるように漂うように  歩いていけるのかな  からっぽになったあと  そこには何が残るのだろう  たぶん  そこに残る芯のものを見るのが怖くて  また今日も言葉を飾っている 2007/06/26 019http://aicparis.exblog.jp/ [続きを読む]
  • bystander
  •  踏み込めず  踏み込まず  傍観者の顔で  やりすごす  行く手にあるかもしれない悲しみを  思い煩って  辛いことがあったとき  傷つかないように  心に保護膜を貼っている  転んでから薬をつけたって  ちゃんと治る  わかっていても  臆病なウサギのように  息を殺して  穴の中にうずくまる      bystander  今日も  逃げているのは  もしかしたら  過去からなのかもしれない  いくじなし 2007/06/22 018h [続きを読む]
  • mobile
  •  膝を抱えて寂しさをやり過ごす  手のひらに入ってしまうほど小さな携帯だけが  二人をつなぐ唯一のもの  地下鉄に乗っただけで途切れてしまうような  微弱な電波にすがりつく  気まぐれに送ってくる  メールや声  すぐ隣にいるときでさえ  見えない心  だから  ただ  待っているだけの夜を  私も見せない 2006/06/11 017http://aicparis.exblog.jp/ [続きを読む]
  • fake
  •  もう本物しか身につけない  そう言って  ピアスの穴をあけた 君 fake  演じていく心の負担  なんども別れを口にするけれど  引き戻されていく  それが真実  でも、いつまでも  fake  別れを口にするたびに増えていく  かたっぽだけのピアス  本物しかつけないはずの耳たぶに  刺さるfakeの残骸たち 2007/06/10 016http://aicparis.exblog.jp/ [続きを読む]
  • Spiral
  •  投げつけてしまった言葉に  君は一瞬で青ざめた    逃げるようにそむけた顔と  その薄い肩が小さく震えて  伸ばした手を拒絶する  伝わらないもどかしさと  自分のズルさ  なによりも苦しいのは  君がそのズルさに気がついているということ    僕たちは同じ螺旋階段を  別々に上り下りしているだけなんだ  すれ違うこともなく     2007/06/06 015http://aicparis.exblog.jp/ [続きを読む]
  • KODOKU
  •  一人にしないで。  そうつぶやいてみる。  だれに?  一人には、もう慣れたはずなのに。  誰かに向かって、つぶやいてみたくなる。  それがKODOKU。  だれがそばにいてくれても、  大きくあいた空洞は埋まらない、たぶん。  だから、きっと、ずっと、KODOKU。 2006/04/24 014http://aicparis.exblog.jp/ [続きを読む]
  • be washed
  •  家中のコップを  すべて並べて  ひとつひとつ  洗って磨く  泡がはじけて  指先がふやけて  涙の行き先も  一緒に排水溝  流れていく  流れていく  洗い流してしまいたいのは  アナタへの情念  なのに 2007/06/07http://aicparis.exblog.jp/ 000013 [続きを読む]
  • summer has gone
  •  ひまわり  絵日記  麦わら帽子  縁日  ヨーヨー  盆踊り  風鈴  ひぐらし  線香花火  遠雷  夕立  焼けた背中  「また来年ね」って君が手を振る    夏が帰っていく   夏が終っていく  「また、来年ね」  小さくつぶやく  うるんで見えない  うしろ姿に 2007/08/27 012http://natural-sea.jugem.jp/?month=200707 [続きを読む]
  • forever
  • 永遠を信じられない君は  目の前の小さな幸せのかけら達を  一生懸命拾い集める  「ダイスキダヨ」      「アイシテイルヨ」  注ぎ続ける僕の言葉を       毎日、毎日拾い集めて  心の中に重ねていく  いつか、心が満たされて  一瞬だけでも  永遠を  信じることができるまで  僕は今日も言葉を君に注ぎつづける  「ダイスキダヨ」     「アイシテイルヨ」 2007/05/29 011//http://aicparis.exblog.jp/ [続きを読む]
  • tear drops
  • 満たして  あふれて  零れ落ちる  満たして  あふれて  零れ落ちる   幾つもの 痕を残して    怖くなる  弱くなる  臆病になる        満たして  あふれて  零れ落ちそうな  アナタへの思い     心を持っていかないで   2007/05/24 010http://aicparis.exblog.jp/ [続きを読む]
  • reset
  •  雨ざらしの自転車のように  ぼろぼろになって軋みながらも  まっすぐに走り続けていた君    雨は土砂降りになり、  君は走るのをやめた。  ブレーキは最後に大きく軋んで  君はそのまま倒れるようにうずくまる。    やめるって  理性と惰性で走り続けていくよりも  もっと勇気がいるんだ。  君はきっと  また、立ち上がる。  差し伸べられた手を振り払って  きっと自力で歩き出す。  今はからっぽになった心を [続きを読む]
  • farewell
  •  過ごした日々が思い出になるまでに    どれくらいかかるのだろう    今日が思い出になるには   どれくらいの涙が必要なんだろう    今はもう  僕が君に出来ることは     記憶の中の君を笑顔にしてあげることだけ  笑顔の君だけを刻み付けて  またいつか、逢おうね… 2007/02/03 008http://aicparis.exblog.jp/ [続きを読む]
  • solitude
  • 一人ぽっちのときよりも二人でいる時のほうがもっと孤独… そんなとき、いったいどうすればいいのだろう 孤独っていうのは孤独じゃないときを知っているから 気がついてしまうものなんだ 最初から一人だったら、気づかずにすんだのに…暮れていく部屋の真ん中で とまどいながら 閉ざした窓をみあげている2007/03/28 007http://aicparis.exblog.jp/ [続きを読む]
  • contrail
  • 例えば卵の内側の薄皮のようなもので 君と僕の世界が隔てられているだけなのかもしれない みあげたら飛行機雲 空に残した引っかき傷は 世界を二つに分けたように見えても いつかにじんで同化してしまう 今、君をこんなに身近に感じてる 2007/02/11 006http://aicparis.exblog.jp/ [続きを読む]
  • roses
  •  触れたらぽきんと折れそうで  僕は手を伸ばせない  君はまっすぐ上を向いて  一生懸命背伸びする  近寄りがたいほど気高く切ない  だから、もしも  ちょっと疲れてしまったら  思い出して  僕はいつもここにいるよ。 2007/01/30 005http://aicparis.exblog.jp/ [続きを読む]
  • window
  •  ウィンドーに映った姿しかみせないアナタに    どんどん心を奪われる      −素顔のままに生きることは難しいですか? 2007/01/28 004http://aicparis.exblog.jp/ [続きを読む]
  • rouge
  •  グラマラスに装った  その長いまつげの下に  幼さを隠して微笑んだ  赤いルージュは嘘じゃない  早く大人になるための儀式 2007/01/28 003http://aicparis.exblog.jp/ [続きを読む]
  • metro
  •  違う電車に乗ったって、またすぐに会えるよね  だって行き先は同じだもんね そこから先は約束どおり  同じ電車に乗っていこうね 各駅停車でゆっくりいこうね  一緒の時間が「行き先」だから2007/01/28 002http://aicparis.exblog.jp/ [続きを読む]
  • 4 You
  •  愛しい人  あなたが悲しみに   涙を流しているとき 私もどこかで  きっと  泣いている。  あなたが悔しさに  くちびるを噛んでいるとき  私もどこかで  きっとこぶしを握り締めている。  悲しみも悔しさも苦しみも  代わってあげることはできないけれど  でもね  あなたが嬉しいときは  私もどこかで  きっと  あなたの3人分  喜んでいる  その出来事に  それを喜ぶあなたに  そして  目に鮮やかに浮かぶ [続きを読む]
  • 過去の記事 …