Angler-F さん プロフィール

  •  
Angler-Fさん: Angler-F
ハンドル名Angler-F さん
ブログタイトルAngler-F
ブログURLhttp://blog.goo.ne.jp/anglerf
サイト紹介文東京近郊で青物、シーバス、メバルを中心に 気の向くままに釣行しています。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供45回 / 318日(平均1.0回/週) - 参加 2016/09/11 23:23

Angler-F さんのブログ記事

  • 新行徳橋ハゼクラ(7月22日)
  • 週末土曜日。昼12時過ぎにいつもの妙典の放水路へハゼクラ。ソコリから上げ始めるタイミング。濁りは2週間前よりましだけどそれでもきつい。あちこちうろつき1時間で3尾。見切って場所移動しようとすると、河原で暑い中、ロブルアーがブースを出していてルアーを販売中。釣具屋では見かけない限定カラーを思わず衝動買い。次に新行徳橋下へ移動。ここも濁りはさほど変わらず、満ちてきている浅場でマイクロチ〜バくんで3尾立て続け [続きを読む]
  • 赤潮と分かっていても放水路(7月9日)
  • 日曜日大潮。まだ赤潮の影響があると分かっていても昨日と同じく放水路へ。11時頃に現地着。暑い。。妙典護岸はBBQとかハゼ釣り、牡蠣とか貝を取っている人で溢れかえっている。潮色はひどく濁っていて全く底は見えない。妙典大橋の下流側へ行くとなんかのイベントだろうか、ハゼクラアングラーが20人位いて見た事もない光景。昨日と同じで、なんとなく潮色が良さそうな所を橋を境にこまめに移動しながら、ルアーをローテしながら [続きを読む]
  • 赤潮の放水路ハゼクラ(7月8日)
  • 土曜日、大潮。正午に妙典護岸に着くと赤潮の影響ですごい濁り。厳しいだろうけどまあ、少しやってみるかと妙典大橋の下あたりで少しでも潮色のいい所を狙い歩く。ハゼアンのターゲットレッドなど明るい色でポツポツとヒット。廻りはエサ釣りの方が大勢に、ハゼクラの方も1名。1時間で5尾釣った所で終了。赤潮の中でも腹フックに掛かった活性の高いハゼ。 [続きを読む]
  • 江の島裏磯(7月7日)
  • 青物情報を入手し江の島裏磯へ大潮満潮周りを狙って午後4時に到着。子供の頃、よく釣りに来た場所だけど、大平に先行者が誰もおらず嫌な予感。でその通りに、午後6時まで2時間、暑い中、ひたすら弓角を投げるも全くアタリなし。周りは平日にもかかわらず観光客がとにかく多くて、特にインバウンドの方々がすごく多くて大盛況。大平は夕陽が沈むのを待っている人、バックに写真を撮る人が近づいてきて釣りづらい。船着き場にはジギ [続きを読む]
  • 今日も放水路(7月2日)
  • 次の日も放水路。14時に護岸に着くと、天気が良いからか今季一の釣り人の数。ボートもたくさん出てる。昨日と同じ石積み堤へ。子供の爆竹と南の水門?で40人位で練習しているアフリカンミュージックの演奏でかなり刺激的な演出の中、ハゼは、、全然あたらない。濁りが半端なくきつい。牡蠣瀬では昨日見かけたウェーダーの方がルアーを投げている。沖の濁りが気になるところ。15時過ぎると、潮がかなり引いてきて、レッド系のカラー [続きを読む]
  • ハゼクラ江戸川放水路(7月1日)
  • 土曜朝11時。雨が小降りになったタイミングで妙典の江戸川放水路へ。送水管の下あたりのエサ釣り3名を通り過ぎて、南の石積み堤へ。小潮の満潮近くで時折、雨が降ったり、やんで空が明るくなったり。プラス薄濁り。頻繁にルアーをローテしていろいろ試すと明らかにビビッドなカラーの反応がいい。正午を回り、下げが効きだすとヴェーダーの方も2名ほどやって来られた。石積みを移動し、13時30分、ツ抜けした所で終了。平均6〜8?で [続きを読む]
  • ハゼクランクJr.(6月18日)
  • ハゼクラ用の新ルアーがアイマを始め、各社から出てきました。昨日、殉職したマイクロの代わりとして近所の早朝営業のJ州屋で購入してみたのがダイワのハゼクランクJr.なんかドリーファンクを思い出すね。で、向かったのは昨日と同じ場所。曇り空の中、10時30分から、このJr.を中心に5?位のミニハゼをツ抜け。昨日と同様、ルアーをいろいろローテ。30?以下ならミニハゼの反応もいい感じ。12時に終了。 [続きを読む]
  • ハゼクラ ミニサイズ爆(6月17日)
  • 小潮。晴れ。14時頃から船橋界隈の初ポイントでハゼクラ。5?位のミニハゼがたくさん群れている。いくつかルアーをローテした後、マイクロクラピーでヒット。入れ食いを堪能してあっという間にツ抜け。とにかく小さい。。糸切れでルアーをロストしてしまい、ミニハゼをリリースして、その後は場所を変えて、少し深めのポイントへ。食いは落ちるが、途中トレモで13?をゲット。16時半すぎに計15尾で終了とした。 [続きを読む]
  • 国府津ワカシ(6月16日)
  • 友人Bさんからも釣果情報もらって気になっていた今年好調な西湘海岸のワカシ。金曜休みをとって平日釣行。午前5時前に森戸川テトラ近くIC下の浜に入ると、5mほどの間隔でものすごい釣り人の数。目の前にも2組くらい場所を探して歩いていて、その後ろについて大磯方面へ歩く。歩きながら見ていると丁度、何人かワカシがあがっていて出遅れた感じ。昨夜、帰宅後90分睡眠で自宅を3時前に出たんだけどね。駅下あたりまで来て、やっと1 [続きを読む]
  • ハゼクラまだまだ(6月11日)
  • 日曜、午前だけ時間があったので9時に放水路、妙典護岸へ。昼頃が大潮の干潮でもうかなり干上がっていて、貝を採る人で大賑わい。大橋の下に1名エサ釣りの方がいて話をするが小さいのが数尾、まだ時期的に早いと嘆き節。当然、手持ちのルアーをローテしてもアタリがない。10時過ぎに小さいのがようやく1尾。前回と同じマイクロクラピーで。曇り空で水はクリアだがハゼの姿は見れず。大潮の干潮回りでも数釣れるのはもう少し先のよ [続きを読む]
  • ハゼクラスタート(6月4日)
  • 日曜11時頃、ハゼクラをやりに新行徳橋下へ。まったりとした流れの中、エサ釣りではミニハゼが数尾釣れていたが渋い様子。あちこちルアーをローテしながら投げるけど特にアタリもない。途中、同じようにハゼクラをする人に会い、話をすると妙典の護岸で釣れず、移動してきたとの事。昼過ぎに見切って長潮の満ち潮が動くタイミングを狙って妙典へ。BBQとか家族釣れで大賑わいの中、送水管の下で少し投げた後、護岸下流の石積み堤へ [続きを読む]
  • 七枝橋(5月19日)
  • 金曜夜、23時頃に砂町運河へ。潮回り悪い時間だけあって釣り人少なめの中、漣橋まで往復し、東雲北運河へ。こっちはご盛況だけどバチも少なく渋いようで。七枝橋まで廻ってくると様子が一変、大量のアミとクルバチもいてコノシロらしき大群が高速で泳ぎ回っているのが見えて、明暗ではライズも起きている。辰巳方向へ流れがあってローテしながらルアーを通すけどヒットせず。25時頃になると水面も大人しくなって終了。 [続きを読む]
  • 砂町運河(5月14日)
  • 週末、期待の潮回りで日曜夜に砂町運河へ短時間釣行。遠くにディズニー花火、近くのマンション下の公園で花火と爆竹で盛り上がっている中、流れのある運河を打って歩く。台船近くでアタリ。50くらい。散発的にライズは出ているけれど、その後、ヒットせず21時半頃、流れが弛み出した所で終了。 [続きを読む]
  • 砂町運河(5月5日)
  • 長潮。条件は悪くても一昨日のリベンジで22時半に砂町運河から開始。流れとヨレのある場所でライズが散発、スライで上がったのは40?。続けてもう1尾かかるが、バラシ。直後、流れがたるみ出し、再びランガン。池のようなワンドに着くと所々、クルバチがいてライズが出ているが、数投してパス。釣り人は多く、ハクの群れは今夜は出会わなかった。次に前回同様、朝凪橋へ。24時頃から約1時間、辰巳方面へまったりした運河を釣り歩く [続きを読む]
  • ハクボイル(5月3日)
  • 釣りにいける時間が出来たので豊洲あたりの運河へ。20時半からスタート。蛤橋は先行者多数でそのまま汐見と豊洲の合流付近へ。小潮2日目の上潮と南風で流れあるもクルバチの姿は極少量。代わって足元の護岸壁にはアミがびっしり。GWだけあって釣り人多く、朝凪橋渡って対岸から明暗を狙ったりとあちこち移動して一旦22時に終了。次に砂町運河へ。流れは弛んでいるがボイルが出まくり。クルバチもいるがハクの大きな群れがベイトの [続きを読む]
  • 再び運河へ(4月15日)
  • 昨晩と同じ場所へ。19時から開始し、早々にチーバスがヒット。30分後、トップでヒットしてそれなりのサイズと分かったものの手前まで寄せてバラシ。廻りも釣り人が増えてきたのでそこから昨晩と同じコースでランガン。日中の暖かさが残っていて、汗もかいていい運動になるがアタリは・・・・。大勢のシーバスアングラーの間を縫って、護岸際や橋の明暗、台船の際なんかも含めてルアーを投げまくって21時半すぎに終了。 [続きを読む]
  • 運河(4月14日)
  • 気づけば4月。バチ抜けはどうかと大潮の運河を目指して定時ダッシュ。20時半から砂町運河で開始。先行者はたくさんいて、引き上げる人も。クルバチは全然抜けてない中、七枝から八枝へウォーキング。何のアタリもなく22時過ぎに終了。帰りがけ旧江戸の河口に立ち寄るも南の爆風で竿出す気もせず。(ルアー投げている人は数人いましたが) [続きを読む]
  • 福浦でメバル(3月12日)
  • 3月4日(土)所用の帰りに15年くらい前の釣り雑誌にメバル釣り場として紹介されていた横浜の臨港パークへ。23時頃到着し、2投目に巡回中の警備員登場。ルアーと投げ釣りは通行人の安全面から公園のルールで禁止にさせてもらってるとの事で、終了。12日(日)も所用の帰りに金沢八景へ。平潟湾侍従川付近でシーバスアングラーを見かけ、30分ほど投げた後、21時すぎ深浦湾からスタート。大潮の下げでかなり潮位が低く、ボールで遠投して [続きを読む]
  • 深浦湾メバリング(2月18日)
  • 金沢八景周辺でメバル狙い。福浦岸壁〜テトラ帯は釣り人多いが北風強く釣りづらそうなので横須賀深浦湾で19時半過ぎから開始。風の影響も少なく、湾内に潮も流れている。ジグヘッド+ワーム(アクションフィッシュ)で15?級以下、3尾が立て続けにあがる。それ以降、アタリが途絶え、深浦湾内をあちこち移動するが湾奥に行くほど静かで澄んでいてストラクチャー周りでもアタリがない。21時半には深浦から移動し、八景島駅周辺へ。ここ [続きを読む]
  • 旧江戸河口(1月28日)
  • 土曜日。新月大潮。子供がインフルにかかったので葛西/舞浜大橋の下へ避難。バチ抜けし始めたという情報もあってか釣り人多数。中にはご家族で来ている方も。。19時〜表層からチェック。アタリがないのでルアーチェンジでレンジを下げていくとフックに一度だけバチが絡んできた。それでもアタリはないまま橋の下流へ移動。こちらも盛況。でも同様にアタリないままディズニーの花火があがった所で終了。わずかな時間でキャッチした [続きを読む]
  • 内房 金谷周辺メバル行くも(1月7日)
  • 3連休初日の夜に内房へメバルを狙って出陣。富津あたりの漁港の様子を見ながら萩生港に21時すぎに到着。長潮で穏やかな海はすごく澄んでいて底が良く見える。ボールを使って広く探ってみたりといろいろやるもアタリなく金谷港へ。ランガンする釣り人が多い。ここでもあちこち移動するも全く拾えず。。日付けが変わる頃に再度、萩生港へ。潮が動き出してても状況変わらずで最後、竹岡港あたりで数投して25時に終了。次回に期待です [続きを読む]
  • 福浦メバル(12月23日)
  • 祝日。メバル狙いで夕方、横須賀に着くと、前日からの強風がまだ残っている。三春町は誰もいないし、横須賀海釣り公園、うみかぜ公園ともウキ釣りが何人かいるのみでソフトルアーを投げるには厳しい条件。電機屋やホームセンターに行って時間を潰すも風は相変わらず。思い切って金沢八景の福浦へ移動。岸壁は多くの投げ釣りの人がいて幾分、風も弱いが、更に条件のよさそうな場所を探していくつか移動。21時半前にようやく八景島駅 [続きを読む]
  • 旧中川へ行ってみた(11月23日)
  • 祝日。年内ならハゼクラでも型が見れるかもという情報をキャッチして旧中川へ。午後2時頃から平井橋の周辺で始めてみる。空は雲に覆われて、寒い(翌朝は雪でしたね)。川の護岸は遊歩道がきれいに整備されて犬の散歩やランナーとか多くの人が行き交う。そんな中、自転車で釣りに来ている地元のじいさん達もいたけど、釣り方がちょっと変わっていて、川岸のロープ手前2mの間で石の間の穴にエサを入れている。ちょうどカサゴの穴釣り [続きを読む]
  • 大黒海釣り公園(11月13日)
  • 日曜日、朝5時半前に大黒海釣り公園へ。もらった整理券は49。6時の開門時には100人ほどが並ぶ。小学生やもっと小さい子供を連れたファミリーも多い。外側(沖側)の先端に近い所に場所をとり、ルアーで開始。1週間前にはイナダが廻り、シーバスの釣果も出ていたので大潮の朝マズメに期待するも全くアタリなく、周りのルアーマンも含めてヒットは誰も見かけなかった。7時頃、隣の方の投げ釣りにイシモチが連続でかかり、1尾は尺級のい [続きを読む]
  • 横浜沖堤(11月5日)
  • 土曜日。前夜の帰宅は遅かったけど気合いで夜明け前から出陣。朝一便で横浜沖の第1新堤へ。冬装備でのぞむもかなり寒い。沖側でバイブレーション、メタルジグを投げ始めると、早々に30?のチーバスがヒット。これが唯一の見せ場でその後は日も出てきて暑くなった頃まで各種ルアーを駆使するも何もヒットせず、早々に帰還した。廻りでは灯台下で4人のカゴ釣り師がいたが1人は良型のアジをいいペースであげていた。それ以外も子供連 [続きを読む]