HIROJII さん プロフィール

  •  
HIROJIIさん: HIROJIIの残日録PART?
ハンドル名HIROJII さん
ブログタイトルHIROJIIの残日録PART?
ブログURLhttp://blog.goo.ne.jp/newhirojii
サイト紹介文軽登山・写真・読書が趣味のジジイのブログです
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供132回 / 227日(平均4.1回/週) - 参加 2016/09/12 07:54

HIROJII さんのブログ記事

  • 信達宿の野田藤
  • 熊野街道 泉南・信達宿 大坂・天満橋から熊野三山に通じる熊野街道の宿場町としてにぎわっていたこの地の梶本家の先代当主梶本昌弘さんが21年前に植え丹精込めて育てた一本の野田藤が花房4万本を超えるほどに成長し 熊野街道信達宿藤保存会の人達の手で 今年も公開されました今年は開花が遅く 23日まで公開予定を26日まで延長され 24日妻とMさんと一緒に見に行きましたJR和泉砂川で下車 案内板にそって熊野街道をゆくと紫色 [続きを読む]
  • 春の庭の花
  • 春本番 春の庭の花が一斉に咲きだしました植えてから20年になるハナミズキ 我が家自慢の一本ですツツジ ここ数年花数が少なかったけれど 復活の兆しですMさんから貰ったタンポポの一種 きれいに咲きました蝶々もやって来て一休みツバキ 鉢植えですが植えた時は名前がわかっていたけれど 年数が経つ中わからなくなりました日曜日 終日晴天 暑くもなく寒くもなく 絶好の草抜き日和り 孫のネネカも少し手伝ってくれました [続きを読む]
  • 金剛山(2) キクザキイチゲとカタクリ
  • 冬の間球根や根茎の姿で地下で過ごし 春の訪れとともに地上に姿を現し花を咲かせて臨床をにぎわし 2週間ほどで花も終わり夏には地上から姿を消し ふたたび地下で眠る「春の短い命ースプリング・エフェメラル」 春の妖精とも呼ばれる花の代表格が キクザキイチゲとカタクリです金剛山・千早園地のキクザキイチゲ千早園地のカタクリ四季の谷のカタクリ今年はキクザキイチゲの花数が多く カタクリも咲いている範囲が数年前より [続きを読む]
  • 金剛山(1) 文殊中尾根から千早園地へ
  • 金剛山でキクザキイチゲとカタクリが咲きだしたとの情報ロープウエイに乗って出かけるのが一番簡単なのだが それでは面白くないそこで考えたのが 文殊中尾根を稜線の遊歩道まで登りロープウエイ山上駅上の千早園地野草園に入るコース下りはピクニック広場からバスの時間に合わせて適宜コースを考えることにしたいつもの細尾谷入口の滝を巻いて 沢途中から文殊中尾根に取り付くこのコースは花の少ないのが難点だが いくつか春先 [続きを読む]
  • 住吉まち歩き 帝塚山・古墳コース
  • 少し暑いが絶好の行楽日和の日曜日 すみよし歴史案内人と一緒に古墳とレトロモダンの街帝塚山を歩きました帝塚山古墳は大阪市内で唯一前方後円墳の原型をとどめる古墳です 実際に上に登ると形がよくわかります全長120M、前方部の幅50M、高さ8M 後円部の直径57M、高さ10M 4世紀末から5世紀初頭の築造といわれる被葬者は 近くに居宅のあった大伴金村という説もあるが時代が合わないらしいまた一説には海の豪族津守氏 [続きを読む]
  • さかな線に乗って加太へ(2)
  • 砲台跡あとを見て 休暇村紀州加太にチェックイン  部屋に入ると目の前に友が島 少し春霞で霞んでいるが淡路島も見える 露天風呂「天空の湯」からの景色を堪能したあと 食事の時間まで部屋からボーと暮れ行く海を見て過ごす食事は春のあおい懐石船盛り九種お酒は冷酒「紀伊国屋文左衛門」まず180ml鯛あおさ鍋いつしか日も落ちてきた鯛のあらだきが出てくると・・・やっぱりもう1本ほしくなるぐっすり眠って 5時半目が覚め 海 [続きを読む]
  • さかな線に乗って加太へ(1)
  • さかな線に乗って加太へ 妻と一泊旅行に出かけましたさかな線とは紀ノ川駅と加太駅を結ぶ 南海電鉄・加太線の愛称です加太さかな線観光列車「めでたいでんしゃ」が運行しています和歌山市駅から「めでたいでんしゃ」に乗車 車内は鯛の模様のシート鯛の形のつり革 楽しくなります鯛の形のつり革の間に一つだけ?型の吊り輪が・・・見つけると幸せになるとか加太のむす雛 ハートの扇子を触ると「めでたい」ご縁で結ばれるかも・ [続きを読む]
  • 半国山登山
  • 半国山は亀岡市西部に位置する標高744.2Mの山朝から気温が低く寒い 随分迷ったが冬のシャツ、帽子、手袋を用意して出かける総勢10名 男性はリーダーK氏と地下足袋のKさん、私の3人女性はHRさん、Nさん、Sさん、HGさんの元気いっぱいの後期高齢軍団等7人亀岡市の宮川バス停付近から林道を金輪寺の駐車場まで上がる車を降りると空気も冷たく風もある 冬支度してきてよかった金輪寺は鎌倉時代創建の天台宗修験道の寺院 広い寺域が [続きを読む]
  • 4月文楽公演を鑑賞
  • 国立文楽劇場で「4月文楽公演」第一部を鑑賞しました 今回は 豊竹英太夫改め6代豊竹呂太夫襲名披露公演となり三河万歳の太夫と才三の二人ずれが扇や鼓を手に家々の繁栄を願う言葉と舞を披露する「寿柱立漫才」と菅原道真(管丞相)が失脚して大宰府に流された後丞相に恩義のある三つ子・梅王丸・桜丸・松王丸とその家族の物語 「菅原伝授手習鑑」の2本立て「菅原伝授手習鑑」の最大の見せ場「寺入りの段」「寺子屋の段」に先立 [続きを読む]
  • 大仙公園のサクラ
  • 日曜日9時ごろ雨があがったので 妻が大仙公園に太極拳の練習に行くというので公園までつきあった太極拳は足元が悪いので中止になったので 2人でサクラ見物広い公園内のあちこちでサクラが満開 公園の前を走るバス道路のサクラ並木も満開 まるで公園がサクラに囲まれているよう昨日今日の雨で散り始めたサクラもあり 毎日サクラを見に来ている公園の近所の人の話では「今年のサクラは咲いて三日目で散り始めた」とのこと 少し [続きを読む]
  • 長居植物園ー花見と万葉講演会
  • 今一つすっきりしない天気だったが 長居植物園に出かけた公園内のサクラは満開 時々小雨振る天気にもかかわらず 大勢の人でにぎわっている植物園のサクラも満開 いい花の下では必ずシートを敷いて傘さしてサクラを見ている人たちがいるどの花も満開の状態だが もう花びらを散らせ始めているのもある日曜日雨風であれば落下は加速するのでは・・・ 一週間前は蕾が堅かったのに 本当に花の命は短い昼頃少しまとまった雨が降っ [続きを読む]
  • 近所のサクラ
  • 近所のサクラがやっと咲きだしまた5日 大泉緑地へ よく咲いている木もあるが全体としては5分咲くらいか平日にかかわらず サクラを待ちかねた人達でにぎわっていましたソフトフォーカスで・・・こちらはすぐ近所のサクラ 6日の様子 ソメイヨシノは咲きだしが早かったのか 強い風で花びらを散らしていました池のほとりのサクラ ヤナギの新芽もきれいでした ソフトフォーカスで撮影 [続きを読む]
  • なごり雪の金剛山
  • 春らしい暖かい一日 金剛山に久しぶりに登りました 1月3日に今年の初登山で登って以来です文殊尾から登る しばらく山から遠ざかっているので調子を見るには絶好のコースやはり急登の登り始めは左膝が痛む  それでもババ谷分岐まで登ってきたころには気にならなくなってきたいつもとあまり変わらぬペースで稜線に出た 所々に雪が残っているこの冬は雪の降りだしが遅かった その分遅くまで雪が残ったのだろうが金剛山で4月に [続きを読む]
  • 住吉まち歩きー「住吉大社祭りコース」を歩く(2)
  • 初辰まいり一番参り・種貸社 古来毎月初めての辰の日に 商売繁盛を願う大阪人の参拝でにぎわうお祓いを受けた「種銭」を授かり それを商売の元手に加えて「一粒万倍」を祈願する初辰まいりは 種貸社、楠珺社、浅沢社、大歳社の順にお参りする種貸社は子宝安産祈願の神でもある室町時代の「御伽草子」の「一寸法師」には 難波の里に住んでいた子宝に恵まれない老夫婦が住吉大社にお参りして男子が授かり これが「一寸法師」お [続きを読む]
  • 住吉まち歩きー「住吉大社祭りコース」を歩く(1)
  • 住吉歴史案内人と歩く住吉まち歩き 住吉大社祭りコースに参加して住吉大社の境内を歩きました住吉大社のシンボル 太鼓橋と呼ばれる「反橋(そりばし)」夏の住吉まつりには 神輿を担いでこの橋を渡る勇壮な祭りが行われる川端康成の文学碑   反橋は上るよりも おりる方がこはいものです  私は母に抱かれて おりました  「反橋」より実母に早く別れた川端康成 継母に抱かれて反橋を渡った時 初めて母のぬくもりを知っ [続きを読む]
  • モノクロ写真
  • カメラメーカーの画像処理ソフトを使って モノクロ写真を作ってみました私が写真を始めたころは 銀塩フイルムのモノクロ写真の時代銀塩フイルムでのような 光と影の写真は思うように作れませんがデジタルモノクロ写真も なんだか昔の写真作りを思い出し懐かしい気がしました大泉緑地の羊くんハルカス展望台から北方向 モノクロにすると影ハルカスがはっきりしたような雪の樹林帯 木の影がもう少し濃ければよかった 研究の余 [続きを読む]
  • 散歩の途中見つけた神社
  • ようやく体調も回復してきて 散歩がてらに図書館に本を返しに行った本を返して2,3冊雑誌を見て いつもと違う道を帰る途中住宅街の一角に小さな神社を見つけた長曾根神社 楠の巨木とサクラに囲まれたこじんまりした静かな神社近くの金岡神社の分社ともいわれ 牛頭大王と八幡大神を祀るこのあたり古代の官道竹内街道の通っていたところだが 古くからの神社かもしれないサクラの開花はまだだったが 花見に備え準備万端 地域 [続きを読む]
  • 写真遊び
  • 撮影した写真はいつもRAW+JPEGで保存しているが 使うのはほとんどJPEGデータブログや印刷はそれで十分事足りているが 時々RAW現像してみることがある私の使っている画像処理ソフト(OLYMPUS Viewer3)はOLYMPUSカメラとの組み合わせでアートフィルターというフィルターをかけてRAWデータを現像し様々な写真表現が可能となっているこの写真はどのフィルターを使って どのように表現すれば面白いか 時々遊んでいるがどの写真に [続きを読む]
  • 体調不良
  • 木曜日から下痢が止まらない 原因はわからないがもう止まるかと思いながら3日目さすがに心配になってきて今朝医者に駆け込む症状から見て重症ではないという レントゲンを撮ってもらい薬も貰って水分を多くとること 油ものを控えることの注意を貰い様子見となった少しはましになったとはいえ 食べれば下すという状態で体がシャンとしないこのところ山に写真にと ずっと走って来た感じなのでこの辺で少し休息も悪くないと思う [続きを読む]
  • 暑さ寒さも彼岸まで
  • 暑さ寒さも彼岸までというけれど 庭の作業していてもまだまだ手が冷たいしかし季節は確実に春の向かって進んでいます開花寸前の我が家のハナモモ 毎年大阪のソメイヨシノの開花宣言と同じ日に開花しますもうすぐ我が家も開花宣言です椿の開花 第1号冬の間踏みつけられていても 春になるといつの間にか咲いている我が家のキスイセンネネカが長居植物園でクイズに答えてもらったビオラを植え付けました昨年のビオラのこぼれ種か [続きを読む]
  • 孫と植物園へ
  • 3連休は絶好の行楽日和 お兄ちゃん2人が野球の試合に行って1人になった 小2の孫娘ネネチャンを連れてババと一緒に 春うららの長居植物園に行きました春満開の植物園ギンヨウアカシアネネカは花よりも こちらの方が興味があるような・・カメもいたよメダカも見つけたスマホでネネカの写真を撮って お兄ちゃんのシン君の応援に行っているママにLINEで送った「サードでスタメン出場」と返事が来たが すぐあと「負けました」と [続きを読む]
  • 大文字山登山
  • 土曜日 春本番のような麗らかな日和 京都の夏の夜空を焦がす大文字焼え有名な大文字山(466M)に登りました総勢8名 今回はハイキング気分で靴もザックも少し軽め 銀閣寺橋からスタート銀閣寺前の土産屋の間を抜け 銀閣寺門前を通り行者の森の入り口へ ここから大文字山への登りとなる原生林を思わせるきれいな森の中を行くが この森もカシノナガキクイムシなど害虫による被害がでているという階段が始まる まだまだ序の口10 [続きを読む]
  • 大仙公園と周辺の散策
  • 12日 大仙公園と周辺の散策まずJR百舌鳥駅のヒガンサクラの開花状況を見る駅の東側の木も西側の木もまだ三分咲くらいかな収塚古墳  5世紀後半の前方後円墳 全長65M 後円部直径35M 高さ3M      仁徳天皇陵古墳(大仙古墳)の陪塚とされるきれいに整備されていました仁徳天皇の像と満開の梅の木仁徳天皇がこのあたりで狩りをしたとき 現れた鹿の耳から百舌鳥が出てきたという故事から百舌鳥耳原という地名が起こったとい [続きを読む]