ふ〜みん さん プロフィール

  •  
ふ〜みんさん: ふ〜みんの日記
ハンドル名ふ〜みん さん
ブログタイトルふ〜みんの日記
ブログURLhttp://jeweljewel44.seesaa.net/
サイト紹介文日々の出来事をつづります
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供201回 / 346日(平均4.1回/週) - 参加 2016/09/12 12:35

ふ〜みん さんのブログ記事

  • カリカリした固い桃も美味しいよ
  • 東京に戻る直前、農協が出してる店で大好きな「桃」を見つけて買ってきた。ジュルジュルとしたジューシーな桃より、カリカリ固い桃が好き〜お盆に親戚がひと箱持ってきてくれた桃は、そこそこ固めだったけど、カリカリではなかった。これは触った感じはりんご並に固い、東京の店頭には並ばないレベルぐっと指で押してもへこまない。(「まさひめ」という品種)で、剥いて食べると、カリカリにはもう一歩かなでも甘味はジューシーな [続きを読む]
  • 都会では違う自分になれる場がある
  • 昨日書いたでん六の豆菓子「蔵王の森」だけどいくつか間違って書いていた。まず、中には三角の袋入り・・・と書いたけど三角じゃなく四角の袋だった。外から見えるし何度も食べてるのになんでこんなボケてるんだろ?(笑)値段も350円て書いたけど、325円かもしれない。3袋買って千円でお釣りがきたから、袋の中には15袋入っていて(必ずしもではないかも)これを3袋買ったら45袋=45人に配れるからコスパとしてはかなり良いと思う [続きを読む]
  • 職場へのお土産は山形銘菓、でん六の「蔵王の森」
  • 帰りの新幹線に乗る前に駅の売店ででん六の「蔵王の森」を買った。包装のデザインが違うだけで、中身は全国どこでも変わらないようなものよりそこでしか買えない、値段も手ごろで、そこそこ美味しいそういうお土産が好き、この「蔵王の森」は一袋350円で、中に三角の袋入りの豆菓子が14袋くらい入ってる、だから職場でも配りやすい、三角の袋には豆が6、7個入っていて豆の先端にからしマヨネーズがちょこんとついている。甘くない [続きを読む]
  • やっと東京に戻ってきて、ほっとしたような、しないような
  • イッテQ!が始まって5分後くらいに部屋に戻れた。山形新幹線が上野駅に到着し、電車を乗り継いでいるうちに東京に戻ってきた実感が次第にわいてきた。◇母が作ってくれたおにぎりとおかずで夕飯、きゅうりの浅漬け、枝豆、玉こんにゃく、味付け玉子おにぎりはキッチンペーパーで包んである。ご飯がまだ温かい状態だとラップやホイルでは海苔が湿っぽくなるけど、紙なら大丈夫。田舎には頻繁に帰省してるけど10日間も休んだのは何 [続きを読む]
  • 山形新幹線、座席の埋まり方がおかしい
  • 隣が空席のまま東京まで行けそうとほくそ笑んでたけど、米沢駅で埋まってしまった、残念車内の埋まり具合は65%くらいだけど4、5人くらいのグループで乗ってくるとまとまりたいから他に空席があるのに妙な発券の仕方とうか埋め方をするなんでかな、、、ま、仕方ないけど。◇今朝親戚の叔父さんがまた野菜を持ってきてくれた。まず夕顔、長さは50センチ弱それとみょうがとししとう、母が夕顔をキャリーバッグに入れて持ってけって、 [続きを読む]
  • 長い休みも今日で最後、これから東京に戻る
  • (初日青かったトマトが2個だけ赤くなった10日でこの変化は気温が低いから?)始まりは長いと思った休みも今日で最後あっという間の10日間だった。毎日パッとしない天気で晴れたり曇ったり小雨だったり一日中安定しないでも、雨らしい雨が降ったのは昨日の夕方の雷雨くらいで大きく崩れることはなく何より涼しくて過ごしやすくて良かった。だから動きやすく毎日早起きして家事に励んだ途中、お盆の時は親戚の出入りがあり盆礼に行 [続きを読む]
  • 帰省中、この一週間の暮らしぶり
  • 毎朝5時過ぎには起床朝ごはんの支度をして6時半頃には食べ始めるゆっくりと国営放送の連続ドラマを見つつ8時前には食べ終えるその後は、後片付け、洗濯とか掃除をしたりして10時にはおやつ、今日はスイカこれも親戚からもらったもので、昼食の支度をして12時過ぎに食べて、食後はテレビを見るまた後片付けをして、ちょっと昼寝をしたらスーパーへ買い物へ行く戻ったら、またおやつ、近所からもらった枝豆を茹でた、時計を見るとも [続きを読む]
  • 美味しく食べられるなら手間は惜しまない
  • 親戚の叔父さんからもらった大量のトマト我が家では湯むきして塩と砂糖をほんのちょっとまぶしてタッパに入れ、冷蔵庫で半日ほど冷やすしっとり冷え冷えで、ほんのり甘くつるんとしてうま〜い手がとまらなくなる新鮮だから湯むきもつるんとすぐ皮が剥けるこの美味しさを知ってしまったら手間など全然惜しくないのだただこのタッパで最後になるのが残念。昨日の芙蓉の花を夕方にも撮ってみた翌日には復活すると思って今朝も同じ花を [続きを読む]
  • 真っ直ぐなきゅうりを作るコツ
  • 近所からもらったきゅうりを浅漬けにした柔らかくて新鮮、甘い!親戚のあの叔父さんにどうしたらまっすぐなきゅうりを作れるのか聞いてみた父が畑をやっていた時は大きさも不ぞろいで曲がったのも多く叔父さんが作るまっすぐで大きさのそろったきゅうりとは雲泥の差だったからそしたら、一言「肥やしが足りないからだろう」と、肥やしを足してやればいいんだ、「追肥」と言っていた。え、それだけ?でも、タイミングとか何をどれだ [続きを読む]
  • 野菜作りは雑草と虫との戦い
  • なかなか会えない友人と久しぶりに会ったお互いの近況と愚痴をこぼし合う。友人は慣れない畑仕事で悪戦苦闘今は雑草と虫が悩みのタネらしい雑草は手で抜く以外方法はなくしゃがんで1時間くらい作業して立ち上がった瞬間ギックリ腰をやってしまったとかここまではウチの父も畑をやってたから雑草の大変さは想像がついた、が消毒の機械が扱えないためキャベツにつく青虫を左手にカップ、右手にピンセットで駆除してるとか果ては、ダ [続きを読む]
  • 昨日会って、今日も会ってぐったり
  • 今朝の芙蓉の花小雨がパラついたり晴れたりハッキリしない空模様、ちょっと蒸し暑い朝早くから盆礼で親戚をまわる、午前中は2軒まわるのが精一杯、2軒目は留守だったので家に戻った直後、その親戚から電話があって午後は在宅してるから何時に来るって。。。再訪してお茶を出されて30分が限界だった。だって昨日会って話してるから今日また会って話すことなんてもう無いんだよね。ぐったりだった。人疲れと言うか、気疲れというか全 [続きを読む]
  • 盆礼って意味ある?
  • 田舎で会社勤めの人の盆休みは今年は16日までが多いらしくお墓参りの翌日の今日は午後から親戚にお盆礼に行くつもりが先に次々に親戚がやって来てた。あの親戚の叔父さんもトマトをドッサリ持って来てくれた。ありがたや〜(笑)もらっておいて言うのも何だけど、「盆礼」って意味ある?手土産と熨斗袋に入れた現金、商品券の贈り合い、交換会みたいな、多くても少なくても気を使う、本音を言うと煩わしい。。。。 [続きを読む]
  • お墓参り
  • 朝は恒例の納豆もちウチの田舎ではお盆には仏様に餅をお供えする仏壇とお墓の両方に。赤飯をお供えする家もあるあのホームベーカリーで餅をついてお供え用の餅を丸めて残りは納豆もちにして食べた。食後小雨の合間を縫ってお墓参りに行った天気予報ではずっと雨だけどこの時は一瞬晴れて青空になった。昔は仕事を終えた夕方暗くなってからお墓参りに行ったらしいでも今はお盆は休みで夕方まで待つこともない早く家に連れて行ってゆ [続きを読む]
  • 涼しい朝
  • 明け方寒くて布団を掛けて寝た。今年の夏は涼しくてクーラー無しの実家では過ごすのが楽!雲海っぽいモヤがかかってる曇り空で涼しくてもセミは元気良く鳴いている。芙蓉の花、ハイビスカスみたい猫の額ほどの庭のトマトカエルは正面からの方が可愛いね。朝から近所の人から野菜をもらった定番の茄子ときゅうり上にのってる葉物はツルムラサキ野菜はご馳走、助かります [続きを読む]
  • 東沢バラ公園を散策
  • そばを食べた後「東沢バラ公園」に行ってみた。見頃は5、6月頃だがシーズン時は人出が多く、車を公園のずっと手前に置いて徒歩で行かねばならないため高齢の両親には無理だ、今はオフシーズンなのでバラ公園入り口まで乗り入れ出来る。入園料も無料だしほとんどのバラは咲き終えてしまったけどまだ多少は咲いている小雨だけど涼しいので過ごしやすい昔バイトしたことがあるボートハウスがまだあった。スワンボートなんて当時はなか [続きを読む]
  • 指定席の通路も人で埋まった
  • やっと福島と山形の県境の峠を抜けた今朝の東京と同じく天気は曇り、多分外は肌寒いと思うウトウトしてふと目を開けると通路が人で埋まっていた京都で外国人観光客が市営バスにたくさん乗るため地元の人が利用出来ないことが問題になってるらしいが、新幹線の通路に立ってる人達もほとんどが大きなキャリーバッグを持ってるためギチギチで通れないこういう時期だから仕方ないけどJRはどれくらいの立ち席を発券してるんだろうか?ト [続きを読む]
  • 遠くに引っ越した友人が戻ってくるかもしれない
  • ず〜っと近くに住んでいた長いつき合いの友人が、遠くに引越したのは約3年前、なんでそんなに遠くに引越すのか、不便で後悔するよ、言いたかったがぐっと飲み込んだ。引越し先に遊びに来てね、と何度も誘われたが遠すぎて行く気がしない。たまに会っても、やっぱり不便でしょ、とか言ったりはしていなかったのだが、今年に入って初めて会った時「やっぱり不便、遠い」とつぶやいた。3年過ごしてやっと気がついたのね(笑)彼女の場 [続きを読む]
  • やっぱり捨てられないものは捨てられない
  • 何かのバラエティで滝沢カレンちゃんが言っていたことを思い出した。番組の話題から反れて「自分は過去について一切興味がない」というような発言をして、例えばデビューして初めて表紙を飾った雑誌とか着用した服とか、旅行の写真とか、そういのは保管せず、あげるか処分するという。なぜなら、この先の未来の自分にしか興味がないから、今この過ぎてしまった時間には一切興味がない、それに反応して司会の有吉が「実はオレもそう [続きを読む]
  • 東京に住み続けたい、やっぱり都会でBライフが理想
  • からあげ隊長が無事で本当に良かった。やっぱりBライフ系ブログは面白い、でも自分には出来ない、と以前書いた。それは今も変わらない。小屋暮らしのかっちゃんが、掃除機や石油ストーブを買い、冷蔵庫を設置、洗濯機で洗濯するようになったのを見てますますその思いを強くした(笑)、アースノーマットも使っていた気がする。人は一度便利さを知ったらそれはやっぱり手放せないものだと思う。別に不便な生活=Bライフではないし、 [続きを読む]
  • 引越しは転職に似ている
  • なぜか部屋の物が減らない、、、引越しをして大量に処分した。今は家具といえるのは小さなテーブルと転居後に買ったビジネス用の椅子のみで、食器棚もラックもソファーも何もない。まだまだ「物」が多いのだ。言い訳をすると、今の住まいの広さは前の約半分で、収納もクローゼットが一ヶ所のみだからいまだに物が収まりきらない。何でもいいから一日に5個捨てるとか実行しないと絶対減らせないと思うが、ジャングル部屋気質はそう [続きを読む]
  • 芙蓉の花
  • 出勤前母からメールが届いた、どうってことない用件だろうとは思いつつ、早朝に電話やメールがあるとちょっとドキっとする。開けてみたら花の写真が添付されていて「真夏のシンボル芙蓉の花が咲きました今朝はひんやり涼しいです」 と件名にフル記載してあった。こんな花ウチの庭のどこにあったっけ?まだ時間に余裕があったので電話をして聞いてみたら、田んぼと庭の境目にある雑草だと思い込んでいた花だった。せっかくだから少 [続きを読む]
  • ひとりでも、老いても肩身が狭いなんて思う必要はない
  • もう自分には生産性がないと書いて、確かにな、その通りだと改めて思ったが、ふと思い出したことがある。母が陸の孤島の大病院に一昨年入院した時のこと、病室の廊下でお爺さんが「お前ら、俺たちみたいなのがいるから仕事があるんだぞ」と看護師さんに言い放っていた。看護師さんは天使じゃない、人間だから感情があるし、患者に当たることもある。患者も人間でその性格もいろいろだから対応する看護師さんも大変だ、でも大病院に [続きを読む]