p60papa さん プロフィール

  •  
p60papaさん: WFマガジンp60papaの管理帳
ハンドル名p60papa さん
ブログタイトルWFマガジンp60papaの管理帳
ブログURLhttp://p60papa.mediacat-blog.jp/
サイト紹介文障害持ち父親1人で子供の夢を叶えます。 当面の目標は、子供が中学受験&英検1級の成功です。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供168回 / 163日(平均7.2回/週) - 参加 2016/09/12 15:32

p60papa さんのブログ記事

  • DWE_TEで先生は旧EC出演者でした
  • DWEネタです。TEは欠かさずやっていますが、たまたま出られた先生の名前を聞いたら、聞き覚えのあるネーム。もしかしたら本物?まあ、同じような名前ならあるし、これまで何年もTEやってきて当たったことない先生なのでどうせ違うでしょうと思っていました。だって、フリーカンバで何を話す?って聞かれ、そこで私がECについて何かお話しをしてとお願いしたところ、I don't know EC. と言われたからです。そっか、やっぱり違う先 [続きを読む]
  • 浜_ある科目の授業を見学してみた
  • 塾通いをはじめてから1ヵ月も経過していませんが、テスト結果が悪くてクラスも末席ということで心配なので子供が受講している様子とか、授業の様子を見学させて頂きました。浜はどの授業でも見学可なので助かります。分かったことは、子供は授業にはついていけている。復習テストではベストに入って名前が呼ばれているし、授業中も当てられるときちんと答えている。VSH混合クラスなので、授業ではやさ問だけでなく、むず問やチャレ [続きを読む]
  • 浜_公開テスト結果で落ち込む
  • 浜の公開テストを初めて受け、子供が結果を持ち帰ってきました。あー、うちの子はこんなレベルだったんだね。将来の夢、変えた方がいいかもね。子供が、リーマン・ショックだぁーと落ち込んでいました。そう、まさかの偏差値30以下。1年後はどこまでアップできるか?悩みが増えるばかりです…。読んで下さいましてありがとう。以下のバナー で、関連カテゴリー人気ブログ一覧リストに飛べます。     [続きを読む]
  • DWE回想録_内容は教えない
  • 2歳ころまでの取り組みです。個人差あると思いますし、考え方もいろいろなので、単純にやったこと記載します。DWE教材をどのように使うのか分からなかったとき説明書みたいなものをじっくりみました。使用方法がどこに記載してあったのかは記憶にありませんけど、”親が内容を説明してはならない”と書いてある部分がありました。英語を英語のまま理解する脳を作るために、子供に内容を説明してはいけませんというような趣旨でし [続きを読む]
  • DWE回想カテゴリー作りました
  • (_ _;)/~~~~  今更ですが、 DWE回想のカテゴリー作りました。もうDWE卒業して2年が経過しています。 卒業より1年以上前にプリグラ終わっていて、1年以上かけて卒業課題に じっくり取り組んだため、DWEを本格的に活用していたのは4年or5年前です。ほとんど忘れかけています。ですので順に思い出すことはできないし、あやふやな部分もあります。リクエスト受けましたので、今後(以前のものはすみません)は、こちら [続きを読む]
  • DWEの経験を活かして中受に取り組む
  • DWE経験を中受に活かすことを考えましたので書き留めておきます。そもそも、私は体が悪いから、子供が大きくなるまで見届けられないかもしれない。だったら生きている今のうちに子供に何かしてやれないか。ここからDWEライフがはじまりました。あれから10年、私は去年、二度目の10年延命手術を受けました。結果、成功したみたいだ。もう少しの期間、子供に何かしてやれるチャンスをいただきました。 仕事ができなくなるかもし [続きを読む]
  • 浜の国語_正確な読解力が試される
  • 子供は読書が大好きです。ですから文章を読むのは好きです。エッセイに限らずノンフィクションもラズキッズ(英語のオンライン読書)で多くの本を読んでいるため慣れています。新聞もTimesですが毎週読んでいて、言語にとらわれることなく読み物は大好き。なのに浜の国語の宿題が間違えだらけなのはなんで?という質問を受けました。それは、浜の出題がとってもいやらしいからです。そのままズバリは掲載できませんので、事例を私 [続きを読む]
  • 浜の国語宿題採点を手助け
  • 浜っ子になり、他塾よりも宿題が少ないと思っていたのですがそれは大きな間違いでした。先週は大阪に遊び?に行っていたこともあり、今回は私が宿題を手伝うことにしました。採点することと、誤ったところの解説文を読んであげる程度ですけど。手伝っていて感じたこと。1問を解くのに、3ページくらい読まなくてはならず、意外と時間が必要なことです。こんなに長い文章、しかもエッセイではないから読んでいてつまらないものです [続きを読む]
  • 浜のクラス分け
  • 浜は上からV,S,Hというクラスに分かれていて、うちは下位クラスのHです。さらにHでも一番後ろの席という、本当に末席です。しかし、運が良いのか悪いのか、人数が少ないのでVSHが一緒のクラスになっています。毎週の復習テスト、うちの子はこの中で上位で名前が呼ばれるらしいので頑張ったねぇと褒めていましたが、V,Sの子たちのテストとHとではテスト難易度が異なるらしい。つまり、同じ問題での比較ではなかったの [続きを読む]
  • 用事があって大阪へお出かけ
  • 自分メモとして残します。あくまで自分メモですよ。カテゴリーはお出かけなので、一応イベントにしましたが気にしないで下さい。いろいろとご挨拶されたみなさま、お世話いただいたみなさま、新しい出会いや人のやさしさに本当に感謝しております。以下は、単なる自分メモです。まだの方が大多数なので、大っぴらにならないことを願っています。本メモは終了直後に書いたものなので日付が過ぎれば感じ方もかわるかもしれません。大 [続きを読む]
  • 公文算数を悩んで取り下げ
  • うちの子は公文教室に通っていて、国語と算数を取っていました。現在レベルで効果が感じられていない算数をどうしようか悩み、子供に公文は算数をやめようと持ちかけました。しかし、子供は公文算数は大好きらしく、やめない!って応じません。確かに学校の算数テストはほぼ満点で効果があったと思います。でもうちの子の場合は、中受問題に対応できないのです。計算は公文で時間を測って解いているためとっても速いし、桁の多い計 [続きを読む]
  • やばい、塩分量測定で10g超え!
  • 体調管理カテゴリーの記事です。私は心臓が弱いため、3メッツ以下の運動しかできません。そして、心筋に必要なタンパク質を多く摂取し、心不全対策で塩分を6g/1日以下に制限しなくてはなりません。タンパク質が多く、塩分が少ないものといえば、お肉になりますが、豚と牛は脂肪分が多いので、基本的に鶏肉中心になります。鶏肉ばかりですと飽きがくるので、豚・牛も食しますが、あとは魚で補います。魚は海にいますので塩分が多い [続きを読む]
  • 1年間で算数を上位まで伸ばすぞ!(その1)
  • 子供は現在3年生。もうすぐ4年生になります。今は浜の算数がまったくダメな状況です。学校の算数テストは100点を続けて取ってくるので私は安心して算数については何もフォローしていませんでした。でも、浜の算数は教室内でぶっちぎり最下位です。(算数の偏差値40程度)末席脱出に向けて、算数を1年間で上位まで伸ばそうと思います。1年間なので、全50回程度のシリーズになると思います。DWEもそうだったけど、一生懸 [続きを読む]
  • 浜の算数、大きな数という単元タイトルに騙された
  • もう、浜リュック壊れました!ついていない浜で新4年生に向けた第1単元がはじまっています。うちの子が算数難しいと最初から言うので、家でフォローすることに。。単元タイトルは、大きな数について学びますとなっていました。私は小学生にとって大きな数って、どのくらいなんだろうって興味深々。ちょっと練習問題を見てみました。兆が出ている! 億でもないのか。私が小さい頃って、100万が一番大きな数だって思っていたくらい [続きを読む]
  • ベビーメタル繋がりからガガ様へ
  • 該当カテゴリーの無い、どうでもよい記事です。(すみません)うちの子はベビーメタルが大好きで、DWE卒業式ではヘドバンギャーばかり熱唱していました。そのころ、まだ15歳だった彼女たちはレディーガガのツアーの前座を務めていたためか、全米でも大ヒット。世界のベビーメタルになったのでした。(つぶやき:世界でめちゃめちゃに売れても紅白には出られないのね)ヘドバンギャーの歌詞である『いちご』は15歳という彼女た [続きを読む]
  • 2月から塾が始まり、親もハードで生活変えた
  • 2月から子供の塾対応が親としてもはじまり、始めこそ親がフォローすべきなのにいろいろと忙しすぎて1週を子供に任せて過ごさせてしまいました。さすがに先週の反省を踏まえ、自分の時間確保に向けて新たな取り組みです。自習室を使う塾⇒浜⇒中学理科・社会の学習⇒英語オンラインの⇒部分を無駄なく繋ぐにはどうしたらいいのか考えました。これまで⇒部分はすべて私が送迎していました。会社から帰宅する6時過ぎ頃から、夕食を [続きを読む]
  • 英検準1は不合格
  • 今回の子供の準1結果がネットで閲覧できました。不合格でした。ライティングで失敗したようです。たぶん、論点がまとまっていなかったんでしょうね読み、聞く、書くが各750満点に換算されて合計点で合否判定されます。スコアは読みは想定通り、聞くが1問誤り(たぶん)、書くが撃沈。合計点全体ではとても惜しい・・・あとちょっとだった。まあ、気にすることもないでしょう。小6前に1級取得というペースは維持できている。 [続きを読む]
  • 恵方巻、売り切れと売れ残りの店
  • 子供が学校では節分をしないというので、日本文化を教えたくて恵方巻を食することにしました。というのか、朝に夕食分まで作って、それを私の弁当に持って行ったらとんでもなく不味かったので、ごまかすという意味が半分です。(笑)恵方巻は子供の習い事のお迎えのついでに普段は購入しないデパ地下で選択することにしました。野菜系のちょっとお高めのいい品を買いました。ものすごい人だかりで、どこのコーナーも売り切れ直前です [続きを読む]
  • 浜の漢字問題、ミスプリントか?
  • 子供が浜の宿題プリントを解いて、答え合わせをしていました。すると、赤色の反対は□色、この□の漢字を書きなさいという問題で子供が答えがおかしいから、お父さん教えてーと来た。 子供は青と思ったらしい。 私:惜しいねえ。   世の中の色は、赤・青・黄(マジェンタ、シアン、イエロー)の3色で  すべての色が作られているでしょ。   あなたは赤がマジェンタだと英語で知っているから説明すると、  反対色はシアン+ [続きを読む]
  • 読んでわかるシリーズの本はちょうど良かった
  • 社会が圧倒的に強い娘のために、小5、小6で習うことをマンガ化した読んでわかる○○シリーズの本を購入してみました。社会は、どれだけのことを知っているのかが勝負なので読書量でなんとかなってしまうのです。まだ浜での社会テストは受けていませんので社会は強いと言ってしまって良いか分かりませんが英語で世界史や世界文化、政治から入ってきているので相当の下積みがあるはずです。これをいつ読むのかという心配は不要です [続きを読む]
  • 浜のWeb講義、もしかしたらシステマティックなのか?
  • 浜学園テストのWeb講義をはじめて受講しました。最初なので、どんな機能があるのか私も知りたく、使い方を子供に教えるのとともに、解説を聴いていました。このWeb講義は受講に際し、どれを受講するのかという申請を個別に行う必要があります。そして、その設定が完了するまで数日要するというものでした。日曜日に時間ができたので視聴しようとしたら、なんと個別設定申請が必要だということで、慌てて申請したのです。設定期間は [続きを読む]
  • 塩分管理を強化
  • 体調管理カテゴリーの記事です。体調不良だと即入院で生活に困ります。普段の薬代・通院代も大変ですが、子供の食事や洗濯、すべてに困ります。慢性心不全患者が一番気を付けなくてはならない塩分管理に力を入れることにしました。塩分の濃度を下げようと血液中の水分を増やすので不整脈が足のむくみと胸水を作ってしまうのです。そういうことで、私が一番気を付けているのは塩分制限です。塩分は1日6gまで。この6gは妻が料理 [続きを読む]
  • DWE_30年記念イベントチケット届く
  • DWEのマーク先生はじめ、EC30年記念コンサートが大阪泉で開催されます。チケットの入場整理ナンバーを見て驚きました。予約開始時に速攻で予約したと思っていたのにBだったのです。しかもECと物品の販売方法が異なり、事前にチケットと同封されてきたカタログ一覧に記入して入口でチケットとともに渡すという方法のようです。このカタログを持ってこない方は購入できません!と注意書きもあります。ということは、もしや1000 [続きを読む]
  • 英語時間を削減中、どこまで減らすか悩む
  • 何が根拠かわかりませんけど、脳の成長上、英語は自然に学ぶなら9歳までの伸びが効率的であり、この年齢を超えてからは論理的(文法等)に考える脳に変わるというようなことを聞いたような気がします。ですから、ここからは英語は維持学習に削減し、算数や国語(日本語)、理科、社会へと広げていきたいです。特に、私は小5、6あたりでの算数の伸びはすさまじく、この時期に絶対に技術系に進むんだと自ら決意した記憶があります [続きを読む]
  • 空焚き、出火しなくてよかった。(^_^.)
  • 慌てていて、やらかしてしまいました。空焚きです。幸い、何も起きずに良かったです。子供が通塾を開始しました。これに伴い、学童保育をやめて子供は塾の自習室に出掛けます。行きは一人でやってくれるので、私は安心して仕事を完了させてから普通に帰宅することができます。でも、3つの習い事を同日にこなすという日がきました。ピアノ、公文、英語レッスンをやめることなく、塾のカリキュラムがぴったり収まったので完全追加で [続きを読む]