チョットええとこいなみ カエルな日々 さん プロフィール

  •  
チョットええとこいなみ カエルな日々さん: チョットええとこいなみ カエルな日々
ハンドル名チョットええとこいなみ カエルな日々 さん
ブログタイトルチョットええとこいなみ カエルな日々
ブログURLhttp://blog.goo.ne.jp/ktinami
サイト紹介文和歌山県印南町の魅力再発見 チョットええとこいなみ実行委員会 好き勝手にやってます!
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供84回 / 365日(平均1.6回/週) - 参加 2016/09/12 17:06

チョットええとこいなみ カエルな日々 さんのブログ記事

  • 60周年記念イベント&花火大会
  • 台風の影響で延期となった町制60周年記念イベント&花火大会。秋晴れ…とまではいきませんが穏やかな彼岸の中日(秋分の日)に挙行されました。当地方の名物、餅まきも盛大に行われ大勢の方々が楽しんでくれたようです…が餅が少なすぎる!とお叱りの声も(-_-;)さすが・・餅拾いに命を懸けていると言っても過言ではない町民の方々(?) 皆さんが満足できる量ではなかったかもしれません。。延期となったせいで当初の予定より餅の [続きを読む]
  • 60周年記念式典
  • 遠い山国から祈ってもらった町制60周年を祝う花火大会ですが…翌週の23日に延期となりました今日は60周年記念式典のみ挙行。台風の影響を鑑みて延期となりましたがかえって良かったのかもしれません。花火はもともと慰霊や鎮魂の儀式でもあったのです。あの有名な隅田川の花火大会も大飢饉や病気(コレラと言う説)で亡くなった江戸の人々の慰霊の為に行ったのが始まりだそうです。今回、延期となり9月23日に行う予定ですが、2 [続きを読む]
  • 日本の夏は終わるけど、町制60周年。花火大会なるか!
  • ヒュー〜〜〜〜〜……。ドーーン。(花火ー)日本の夏。金鳥の夏。日本人なら知らない人はないあの有名なCMのバックに写っている花火は印南町で撮られたんだってーーー。それもっと宣伝してもよくない?ていうか、あのCM最近見ないけど……。で。花火です!台風です!明日です!印南町の町制60周年記念式典と、その記念の大花火大会。印南港の方で行われます。無事できるだろうか?心配です。明日の情報に注意してくだ [続きを読む]
  • シーズンですね
  • 秋風を感じるようになったこの頃、印南地区では祭りの「ならし」が始まりましたよ〜。地区の先輩がまだ幼い子供たちに一つ一つ丁寧に教え、継承されてゆく祭り。また礼儀などもこの中で学んでいくことが出来ます。 [続きを読む]
  • 8月はイワシとアジの旬ですが、カマスもありますよ
  • スーパーに行くと、そのスーパーのグループで作っているお料理の月刊小冊子とか、お料理カードとかありますよね?食材の販促が目的だと思うんですけどね。無料でもらえます。日本ってステキ。元写真受付係の近所の二大スーパーでは、どちらも、8月はアジ特集でした。表面を油でこんがり焼いてタレをかけるのとかおいしそうなのがいっぱい。 わ〜い! 作りた〜い!で、アジを買おうとすると……ないんですよ、いつもひどいじ [続きを読む]
  • おまけのサポーター会議
  • 一応…7月末日をもって「チョットええとこいなみ」は活動終了となっておりますが11月19日に予定されている「かえるフェス」で写真の展示、人気投票を行います。それまではおまけのサポーター会議が続くのです昨夜も大勢のサポーターに参加頂き展示写真の選別などを行いました。リーダーである清藤氏が欠席というアクシデントを何とか乗り越えようと必死のおっさんがグダグダになりながら進める会議おっさん…かなりお疲れのよう [続きを読む]
  • 羽根つきの羽根をつくるムクロジがいっぱいあるよ
  • このブログって、記事アップした日のアクセスはそこそこあるけどアップしなかった日のアクセス数はたったの■■ぐらいなんですよ。少なすぎません? って、数字伏せてるから分かんないだろうけど、少なすぎますよ。どうかもっと増えますように。ってお地蔵さんにお願いするわ。たのむよ。で、印南町特産のカスミソウがお供えされたお地蔵さん。   *お地蔵さんと呼んでいいものなのかどうか、正確には知りません。瀧法寺で [続きを読む]
  • 盆だな〜。亡き人も生きている人も一緒に。
  • 川又地区の盆棚です。初盆のおうちのものです。初盆のおうちに、隣組の人が集まって、みんなで作ります。野山で採れる、自然のものを使って、お供えをする場所をつくっています。全て手作りなんです。こんな手のこんだものも。こんな切り紙も。竹とかヒノキの葉とかハスの葉とか、都会で調達しようと思ったら大変なことです。けれどこの地ではお茶の子さいさいです。そして、それを可能にするのが人のつながりです。日本全 [続きを読む]
  • 干してます。カタクチイワシ、ウルメイワシ
  • 朝4時半、印南港に行くと、この兄さまも来ていました。イワシの仕入れです。イワシ漁の船は朝4時頃、港に帰ってくるのです。それから6時頃まで港で選別などされるようです(正確なところは未確認ですが、6時ごろまではイワシが目撃できると知らされていました)けれど、今年はイワシは不漁で、6月からずっと、ほとんど獲れていないのでした。その日の朝も、イワシ船は空で帰ってきました。いや、正確には空ではなく、サバが1尾 [続きを読む]
  • 太刀魚って名前を付けたのは漁師さんにちがいない
  • うきゃー日本刀の刃が大量にあるー!切れそうーーーー!太刀魚(タチウオ)って名前付けたのは、きっと漁師さんだと思うんですよ。だって、スーパーにある太刀魚ってこんなに光ってないもん。とれとれだから、こんなに光る。それに、まっすぐです。ホントに太刀なんだ。太刀以外にありえない。まぶしいんですよ。顔が写りますよ。こんなの陸の流通の末端の海から離れた都の腐敗した貴族とかには見られっこないです。私が今ま [続きを読む]
  • めっちゃ ええとこ いなみ
  • お魚とれた?切目浜で漁師さんの帰りを待っていた猫。60年前に5つのまちむらが合併してできた印南町。「チョットええとこいなみ」では、投稿された写真をカラーのチラシにして毎月全戸配布してきました。それを見て、「印南町にはこんなところもあったのか!」と驚いたりして、楽しんでくださっている方があちこちにいらっしゃいました。合併前のまちむらが生活圏になっていて、ほかの場所のことを知らない方が多いのです。それ [続きを読む]
  • ありがとうの気持ちを込めて
  • 数々の写真を投稿して頂きありがとうございました7月末日をもちまして「チョットええとこいなみ」の投稿写真の受付を終了いたしました。投稿数も2000枚を超え(写真受付係りさんの写真が結構多いけど)フォトラテの閲覧数60万アクセス超えなど予想以上でした。この町に住む私にとってはありふれた日常の景色が、本当は当たり前のことではなくとても恵まれた環境だと気が付いたり。同じ町でも地域が違えば風習も違うってことを知っ [続きを読む]
  • 印南に行けばトコブシにはよく出会うよ〜
  • 家庭菜園も暑いよ〜 と美里のFさん。JRのドアが開き、ホームに降り立つと、暑っ!あついよ印南っ!家に帰りたい。帰っていいですか?てな感じで三脚かついでぐったり歩き出した月曜日。今回の滞在はたった2日です。そして、写真投稿できる日は、あと3日ですっ!みんながんばれ〜あんまり暑くて足の甲から足首が焼けて痛くなりそうなので、Aコープの隣のドラッグストアの隣の衣料品店に行ったら、ワゴンに入ったソッ [続きを読む]
  • 第13回サポーター会議です。
  • 皆様、暑い日が続いていますね。いかがお過ごしでしょうか?さて、この「チョットええとこいなみ」も一応、今夜の会議で区切りでございます。進行に気を取られ過ぎて写真を撮るのを忘れてしまいましたが・・(^-^;沢山のサポーターと出会い、この町の事を色々と語り合い、とても素晴らしい体験をさせて頂きました。60周年という節目の年に私たちのふるさとについて考えるきっかけを作って下さった方々に感謝申し上げます。さて、11 [続きを読む]
  • ミニトマト 王糖姫(おとひめ)は横に伸ばして育てる
  • 家庭菜園でミニトマト「アイコ」を作っている写真受付係です。印南町の農産物、じまんできるものがありすぎて困っていますが有名なのが、ミニトマト。ハウスの中で一年中作られています。これは「王糖姫」ですが、この名前は、糖度7.0以上のものを農協で出荷するときの専用の名前で、元をただせば、「アイコ」なんです。だから、農協に出荷してない人は、アイコって呼んでます。アイコって、ホームセンターの家庭菜園用苗コー [続きを読む]
  • 川又のとある家で作られているトマト関係の秘密の飲み物
  • チョットええとこいなみ写真投稿活動もあと10日余です。みなさん、急ぎましょう。今ならオペレーターを増やして受付中です (うそ)。さて。トマトの季節ぅ〜!キュウリとナスとピーマンの季節でもあるけど、トマトの季節だよーあ、知ってます?ナスとピーマンとトマトは全部ナス科。キュウリだけはんぱなのよ。で、印南町の最山奥の川又のS子さんのお宅にうかがったらちょっと待ってね、と言っておもむろにミキサー登場。 [続きを読む]
  • 夏の茶粥とか、あの食べ方とか。
  • 番茶が作ってある正しい生活夏は茶粥は食べないんだと思ってました。だって、お粥って、アツアツのをフウゥフゥーして食べるものでしょ?冷めたお粥なんて、だめじゃないですか?法律で禁止されてますよね?  (されてません)私の泊まっている農家民宿でもここのところ全然茶粥が出てこなかったのでああ、やっぱりね。暑いからね。茶粥は冬の風物詩だよね。って思ってたのでした。そうしたら、先日、そっと耳打ちする人がいるん [続きを読む]
  • 番茶リゾットってことですよ
  • 奈良県の茶粥の作り方を前にテレビで見て、なんだか難しそうに感じていた。多分、お茶をちゃんぶくろに入れて出すところからやってたから……?実は単純なのでびっくり仰天。すでに作ってある番茶を、鍋に入れて、熱くなったら米を投入。米がやわらかくなったらできあがり。以上。ですよ!?米は洗っておくとか、ふやかしておくとか、一切なし。乾いたままの、買ってきたままの、袋から出したままの、白い米を熱い番茶の中に [続きを読む]
  • お茶よりも・・
  • わたしゃ…お茶よりこちらの方が・・・(笑)この「チョットええとこいなみ」の企画もそろそろ終わり。。私も一足お先に肩の荷を下ろさせて頂きます(^^;かんぱ〜い(笑) えっ?まだ早いですか? [続きを読む]
  • 昔はみんな家でつくっていた番茶
  • 海辺の地区は別として、稲原とか真妻とかの山手の地区では昔(と言っても昭和30年代とかの話)はみんな家でお茶をつくっていたらしい。まあ、農家ならってことだと思うけど。印南町には農家が多いので。家の畑や石垣の上に植えてある茶ノ木の新芽を5月に摘んでそれを釜で炒って家の前のにわのむしろの上に広げて干すそんな光景のことを懐かしそうに話す人が複数。そんな季節にはあちこちからお茶の香りがしてたんだろうなあ。 [続きを読む]
  • ちゃんぶくろ。って声に出して言ってみよう!
  • この年季の入った感じLOVEちゃんぶくろ、って聞いたときは、笑っちゃった何か響きがかわいくないですかー?茶ん袋、です(多分)。木綿の袋で、この中に番茶の葉を入れて、茶釜に入れてお茶を出す。川又でお茶を作っている人に聞くと、茶ん袋は水から入れて、沸騰したらもう火を止める。煮出すんじゃないのかー茶釜がない場合は(普通ないと思う……)やかんとか鍋でもいいよね。茶ん袋の中のお茶の葉。番茶の作り方 [続きを読む]
  • 番茶、ほうじ茶
  • 日本の夏といえば、ビールです!いや、麦茶です!どっちにしても、麦です。それがですよ、印南町では、番茶です。麦茶もあるんだと思いますが年中番茶、が伝統的習慣。印南町民のソウルドリンクは、番茶です。番茶っていうのは全国的にはいろいろな意味があって、新茶じゃない遅がけに作るお茶だったり、イマイチ定義のよく分からないものです。徳島なんかにいくと、晩茶というものがありそれは7月頃採って作る発酵茶だったり [続きを読む]
  • 涼み台でビールはいかが?
  • 雨雲が九州の方に集結しているみたいです。どんなものでも、たくさんあるところと、全然ないところと、差があるので問題が生じます。印南町にいっぱいあるもの。それは、湿気です夏は、あづい!ひたすら、あづい!やる気が起きません印南町では7月〜9月まで大人も子供も全員夏休みにしたほうがいいですそうしようぜ〜ということで、涼み台です。昨日の記事の、印南町最山奥のむら、川又。家は傾斜地にあって、下は川。その向 [続きを読む]
  • 水害と復旧
  • 川又観音の横の川これまでに見たことのないようなすさまじい被害が出ている九州です。お見舞い申し上げます。印南町の川又地区は、町内でも最も山奥と認識されており(実際には川又と樮川が競っています)、中心部では集会所の近所に民家が静かに並んでいます。小さなたばこ屋さんがバス停の前にあるだけで、「町」といった雰囲気ではありません。が、このあたりには昔うどん屋さんもあって、ほかにもいろいろお店があって、 [続きを読む]
  • そろそろ夏です
  • 今朝早くにトウモロコシをご近所さんに頂きました。梅の収穫も終わり、いよいよ夏ですね。「チョットええとこいなみ」への写真投稿も今月いっぱいで締め切ります。まだ投稿されていない皆さま〜…ぜひ投稿して下さい [続きを読む]