木人 さん プロフィール

  •  
木人さん: えっとアート?
ハンドル名木人 さん
ブログタイトルえっとアート?
ブログURLhttp://artshops.link
サイト紹介文絵が苦手な方から美術やアートが大好きな方まで、美術・アートのAtoZサイトです。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供18回 / 82日(平均1.5回/週) - 参加 2016/09/12 17:16

木人 さんのブログ記事

  • 過去の記事 …
  • 子供の絵を大人がどう評価するべきか?子供の絵に現れる心理とは?
  • 子どもの絵は独創性に富んでいます。子どもらしさに癒され、ご家庭に飾られている人もいるかと思います。その絵のどこに注目すればいいのかを今回は紹介したいと思います。子どもが何気なく描いた絵学校の授業で描いた絵見方や観点を変えると色々なことが分かってきます。私たち大人が、子どもの絵をどう評価し、そして子供の絵に現れる心理とは何かを紹介したいと思います。 スクリブル期は自由に描かせるスクリブル期 自由 [続きを読む]
  • 絵画や彫刻、美術作品の鑑賞方法を紹介(入門編)
  • 初めてピカソの絵を観たときに何を感じましたか?美術館に行った時、楽しめましたか?絵や彫刻、美術作品を鑑賞できるようになると、生活が変わります。今回は、どの作品を観ても面白くなる鑑賞方法を紹介したいと思います。あなたは最近、美術館や博物館に行かれましたか?最近では、インターネットやSNSの普及により、美術館で行われている作品展の情報が簡単に手に入ったり、作品画像を容易に観ることができたりと、より鑑賞が [続きを読む]
  • リアルな絵を立体的に描くメソッド2
  • リアルな絵を描きたい。漫画を描きたいけど、立体的に描く方法がわからない。今回は、そんな悩みを解決していけるようにわかりやすく説明していきます。前回は、光と影についてのお話をしました。こちらの内容をしっかりと理解されておくと、今回は理解しやすいと思います。→「リアルな絵を立体的に描くメソッド1」を読んで見る今回は、陰影や明暗のみならず、「線」で物を立体的に描く方法を紹介したいと思います。 線で立 [続きを読む]
  • リアルな絵を立体的に描くメソッド1
  • 絵を立体的に描くためには工夫が必要です。「影をつければ、立体的になりますよね。」という人もいますが、影のみならず、別の要素の理解も必要になってきます。今回はそのことについて、詳しく説明していきたいと思います。 光の反射と色の関係 そもそも、影は光があってのものです。この世に光がなければ、一切物が見えなくなります。暗闇で次第に物が見えるようになる「暗順応」は、人の目がわずかな光を拾うことで可 [続きを読む]
  • 手先の訓練で、絵も上手くなる、字も上手くなる、脳も活性化!!
  • 手先を使うことは脳トレの一部として有名ですよね。最近字を書いていますか?ペンを握ったのはいつですか?だんだんとスマホやパソコンでしか手先を使わなくなってきていませんか?怠けちゃった脳を、手先の訓練で鍛えていきましょう。人間の脳は慣れた動作を繰り返しても、活性化されません。逆に何か新しいことを始めたり、慣れないことをし始めると活性化されます。つまり、日頃の「慣れ」からいかに脱却し、新しい刺激を脳に与 [続きを読む]
  • 物の見方を変えれば、ぐんと絵は上手くなる PART3
  • いよいよ、「物の見方を変えれば、ぐんと絵はうまくなる」の第3段となりました。ここまで、読んでくださりありがとうございます。今回は、物の正確な形を捉えるの方法をご紹介します。前回までのおさらいをします。PART1では、「物を単純に見ること」について紹介しました。→「物の見方を変えれば、ぐんと絵はうまくなるPART1」を見るPART2では、「物を単純な形に置き換えてみること」について紹介しました。→「物の見方を変 [続きを読む]
  • 物の見方を変えれば、絵はぐんとうまくなる  PART2
  • 物や風景を描く時に、正確に形や大きさをつかめずに挫折をしてしまった経験はございませんか?実に多くの人たちがそれが原因で、絵を嫌いになってしまいます。 でも、物の見方を変えると、面白いように絵は上手くなっていきます。今回からは、前回よりさらに詳しく紹介したいと思います。前回は、物の形を単純に見たり、大きさを比較したりすることが大切であるということでした。 →「物の見方を変えれば、絵はぐんとう [続きを読む]
  • 物の見方を変えれば、絵はぐんとうまくなる PART1
  • 絵が上手な人は、物をよく見て描きます。描いている間によく首が動いていますよね。その理由は、描く対象の情報を絶えず手先に伝えているからです。それに対して、絵が苦手という人はずっと画用紙を見ています。その理由は、物をよく見ずに頭のイメージで描いているからです。実は絵の得手不得手は、そのくらいの差で決まっているといっても過言ではありません。物の見方を変えれば、絵はぐんとうまくなります。今日はその「物の見 [続きを読む]
  • 「絵心がない」という言葉の背後に見える教育現場
  • 私も絵を教えている時には、生徒さんからよく「絵心がないので描けません」と言われました。その時から「絵心って何だろう?」と疑問に思うようになりました。 音楽には「音心」なんて、広く言われることはありません。勉強にだって、「勉強心」なんて言葉は存在しません。「絵心がない」とは、一体何でしょうか?そもそも、「絵心」という言葉の意味は何でしょうか。私には絵心がない?「大辞林」(三省堂編修所)辞書から引 [続きを読む]
  • ニキビの時代があると肌が強くなる
  • 藤田ニコル (画像元:ファースト クラッシュ)年頃になるとニキビに悩まされる人は多く、私も学生時代はつぶしたり、洗顔にこだわったりもしました。今でこそ、気になることはなくなりニキビもありませんが、その当時の苦労は鮮明に覚えています。しかし、このニキビに悩まされた人は、そうじゃなかった人に比べて「肌の老化」が遅いかもしれないという驚きの研究結果が発表されました。テロメアが鍵を握るテロメアとは、染色体 [続きを読む]
  • コラーゲンの大切さを知る
  • コラーゲンはお肌に有効な成分として考えられています。実は髪にも有効で、コラーゲン減が薄毛の原因であると東京医科歯科大学の西村栄美教授らが発表したニュースは有名ですよね。年とともにコラーゲンは減少していきます。それが、加齢による脱毛につながっているわけです。詳しく説明していきます。毛は毛包がないと生えない毛は毛包から生えています。その毛包には「17型コラーゲン」が重要になってきます。今回の実験でわか [続きを読む]
  • 40代から髪の悩みが増える、髪だけは年齢を正直に語る
  • 老いを隠せない体の箇所歳をとると、知識や経験は増えていくもの、減っていくものもあります。減っていくものとは・・・ハリとコシです。肌に弾力がなくなったり、髪が細くなったり、目尻にシワが増えたりと外見上の悩みが増えてきます。でも、オールインワンジェルやマッサージ、紫外線対策、さらには食生活などを改善していくと肌は健康な状態を保つことができ、その努力の結果、年齢よりも若く見られることもあります。しかし、 [続きを読む]
  • 瞳の印象でこんなにも違うとは・・・
  • まず、これらのCMをご存知ですか?久しぶりにテレビCMで見たのですが、可愛くなってます。なんか2次元みたいな感じがします。両方とも神田沙也加さんです。ご存知、あの昭和のアイドル松田聖子さんと神田正輝さんの娘さんです。声は確実にママ似ですね。顔はどうなんでしょうか?パパよりかな?で、デビュー当時の写真です。随分と瞳の印象が変わりましたよね?瞳の円が楕円になりました。さらに白目の部分がせまくなりました。実 [続きを読む]
  • 遺伝的スキンケア、合わない化粧品とはおさらば
  • 女優の綾瀬はるかさんは肌が綺麗なことで有名ですよね。担当したメイクさんの中でも、その肌は芸能界一ともいわれる程です。見た目だけでなく、実際に肌年齢も19歳と言われており、何か秘密があるのでしょうか。調査やインタビューからわかったことは、①化粧水と保湿をたっぷりとする。②メイクは必ず落とす。③睡眠時間をしっかりととる。④ミネラルウォーターを毎日3リットル飲む。⑤よく笑う。 ということですが、美を追求 [続きを読む]
  • 性病が恐い
  • 突然ですが、デリカシーのない質問をします。性病かな?と思ったことはありませんか?私はあります。性器の周辺にブツブツができて、ひどく痒い。まだ、十代の頃、性に関心が芽生え、避妊具をつけずに性交渉することがありました。最低ですよね。ブログだから書けることです。それが原因だったと思います。誰に相談していいのか、病院には恥ずかしくて行けない。そうして、放置していました。(放置したら危険なこともわからず)自 [続きを読む]
  • 誰もが美しくありたい、それを応援したい
  • 私は、幼少の時から太っていました。校内のマラソン大会では、いつもドベ。それをあざ笑う周りの目。気になる体型を変えようとも難しい時期でした。何をしても馬鹿にされる。いじめも受けてきました。いくら頑張っても、人は見た目で多くを決める傾向にあります。竹内一郎さんの著「人は見た目が9割」はあまりにも有名です。考えれば、就職活動や面接で全て整えてから臨むのは当たり前ですよね。太っている人を差別する気持ちはあ [続きを読む]
  • 過去の記事 …