久留米じいじ さん プロフィール

  •  
久留米じいじさん: 野菜つくりが面白いにきまっちょる
ハンドル名久留米じいじ さん
ブログタイトル野菜つくりが面白いにきまっちょる
ブログURLhttp://noritomi294.hatenablog.jp/
サイト紹介文家庭菜園を20年の久留米じいじだよ、畑と花と暮らしのはなし、苦労は多いがたのしいよ。
自由文野菜を作り続けて20年だよ、なかなか上手にならないね。75歳を過ぎて後期高齢者の仲間入りをしたよ。ボケ防止にとブログを始めた、これはおくさんのお勧めだ。きっと「新鮮な野菜を食べて、ブログを続けて長生きして下さい」とじいじは思っているが、おくさんの本音はさだかでない。畑や花や暮らしのことを紹介するからネ。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供234回 / 228日(平均7.2回/週) - 参加 2016/09/12 17:46

久留米じいじ さんのブログ記事

  • キューリは夏秋野菜として欠かせない物、上手く育って欲しい。
  • こんにちは、久留米からです。昨日は、終日雨でしたよ。人参にとっては、喜びの雨だったでしょう。キューリは、3回植付けます。キューリの種まきをします。「今頃からですか、少し遅れているようですが」いやなに、これは2回目に植え付けるための、苗つくりですよ。「え、2回目とは、どういうことですか」始めの、1回目に植え付けるものは、種まきからですと少し寒い時期で難しいですから、これは苗を買って植え付け [続きを読む]
  • つるつる坊主植えのジャンボニンニク!ぐんと育ってきました。
  • こんにちは、久留米からです。予報どおり本日は雨。遅れ人参の場所に、いっぱい降ってくれ。育ちが旺盛なジャンボニンニク4月の暖かさで、ぐんと力強く育ってきました。根元を、土ごと発酵的に処理したから、3月の追肥を取りやめました。このようにたくましく育ってきました。育成途中の空いた場所を、土ごと発酵が可能なら追肥代わりになるようですね。もうそろそろ、とう立ちのつぼみが出る頃です。それらしいものが [続きを読む]
  • 種まきを2度失敗した人参は!今なんだか発芽してきたよ。
  • こんにちは、久留米からです。暑い一日でした。飼い猫も、外に出たがらないようです。なんだか、人参が発芽してきた。この場所は、土ごと発酵を一番最初に取り組んだところです。そこに、人参の種を2月初めにまきました。不織布をかけ、その上に透明ビニールをかけておきました。2月中旬、発芽はしない、寒いからだと考え、元通りにして様子を見ることにしました。2月下旬、ほんの数本発芽したものの、土がカラカラに [続きを読む]
  • 昨日は快晴で暑かった!スナックの棚を直しました。
  • こんにちは、久留米からです。とても暑かった、一日でした。スナックの棚直し何日か前の強風で、つぶれかかった棚を直しました。グチャグチャになっていて、綺麗に成形は不可能です。四隅の支柱に、添える形に支柱を添えて、引っ張り括りなおしました。が、もう、元のきれいな状態にはなりません。せいぜい、通路が通れるようになったから、上出来でしょう。もともと、密植状態でつるが上下に入り混じっていますから混雑 [続きを読む]
  • 夏野菜の植え付け!まずはトマトを植える場所作りです。
  • こんにちは、久留米からです。暖かいというか、暑いくらいの一日でした。トマトを植える場所この場所の決定が、毎年一番悩むところです。青枯れ病が出ないところ、と言っても目に見える訳ではないから、せいぜい、連作を何年あけているか古いメモを見るだけですがねえ。植えるのは、接ぎ木苗を6〜8本、品種はまだ迷っています。メーカーの効能書きを見ると、どれも良さそうだけど。青枯れ病がない、熟しても実が割れない [続きを読む]
  • 初物のスナックが美味しかった!今日はとれないのですかねえ。
  • こんにちは、久留米からです。筑後の中山の藤が、見ごろだそうです。今日は、ツバメが飛ぶのを見ました。今年は、何もかも一段と早いようです。スナックが好評 昨日、夕食で食べたスナックが好評で、もう少し食べたいと要望がありました。まあ、倒れている部分の負担が少しでも、少なくなるならと畑に出ました。探せばありそうです。今年は、出来るだけ早めに、早めに収穫してゆかないと、この後普通に植えたスナックもあ [続きを読む]
  • 先日の強風で倒れた、超密植スナックは初収穫です。
  • こんにちは、久留米からです。百年公園の久留米つつじも、高良山の公園のつつじも満開とのニュースがテレビでありました。街中も、つつじ、ハナミズキの満開がもうすぐです。超密植のスナックは、初収穫でした。南面の下の方は、だいぶ前から実がなっていました。もうそろそろ良いかなあと、見ると食べられる大きさのものが数個ありました。数は少ないのですが、初物をありがたくいただきました。ところが、残念なことに2 [続きを読む]
  • トマト遊びは進行中!超大玉のトマトは取りやめにしました。
  • こんにちは、久留米からです。昨日から、一晩水に漬けた種は、膨らんでいるようです。これなら、種まきは大丈夫。サンマルツァーノオレンジ超大玉の旨果トマトの輪切りは、半分に分けて種を取りました。ゼリー状に包まれたままで、およそ30粒ほどありました。直接植える残り半分にも、同じくらい種が入っているでしょう。どっと発芽したら、どうするか心配です。種まきの準備使用するプランター用土は、開封して時間 [続きを読む]
  • 果たして発芽するかどうか!昔の残り種と冷蔵庫のトマト。
  • こんにちは、久留米からです。昨日は、70ミリほどの大雨でした。今日は、一転して晴れです。暑くなりそうです。昔の古い種再度、種箱を整理してみると、ビニールの小袋に入ったサンマルツァーノとオレンジと書いた種を発見。これは、これは、たぶん3,4年前のものだ。このまま捨てるのは、もったいない芽が出なくてももともとだ。干からびているから、ひとまず水に漬けることにした。水を含んで、膨らんでくれるだろう [続きを読む]
  • ゆっくりのスタートです!遅ればせながらトマトの種まきです。
  • こんにちは、久留米からです。芽吹きのとき、何もかも、どっと新芽が湧いてよくよく見ると、こんなものまで、気が付かなかったよ。と、言うことになります。野菜の種をまいた人は、その新芽を愛でることが出来るから種まきの出来なかかった身としては、相当にうらやましいね。仕方がない、少し遅れているがせめて発芽の美しさだけでも味会おうと、台所に行ってトマトを探した。でかい、大玉が冷蔵庫に鎮座していました。この [続きを読む]
  • タイトルバックの花は何がいいか!プランターのモネフィラにしよう。
  • こんにちは、久留米からです。タイトルバックのモネフィラは、家人が買って来てプランターに植えたものである。植え付けた直後と比べると、花数が増えてきた。何気なくテレビを見ていると、何かのコマーシャルで福岡志賀島に行く途中の、海の中道公園にこのモネフィラが、一面に咲いていた。残念なことに、ローカル番組のコマーシャルだから全国的には見られない。芝桜の、一面に絨毯を敷いたような広がりは、全国各地で [続きを読む]
  • 強烈な生存競争があるか!居間の植物たち。
  • こんにちは、久留米からです。居間の南側の良く陽が当たる場所に、小さなテーブルを置き、その上に3個の植物をおいている。小ぶりの胡蝶蘭と、種から育てたアボカドとシャコバサボテンである。小ぶりの胡蝶蘭娘が友達からいただいてきた。3年目になり、春と正月に花が咲くようになった。最近は、葉っぱもひと回り大きくなり、今年の花芽は3本も出て、少し多すぎるようなので脇枝を切った。たくましくなり、野性味を帯 [続きを読む]
  • 暖かい一日だった、極早生玉葱と岡ワカメの話。
  • こんにちは、久留米からです。極早生玉葱畑の極早生玉葱は、茎が倒れだしました。晩生の玉葱では、それが収穫の合図なんですがこの玉葱も、そうなのかがわからない。極早生玉葱の葉っぱは、食べられない。こちらの地域では、どうも玉葱の葉っぱを食べる習慣はなかった。差し上げた極早生玉葱の葉っぱを、食べて見て美味しかったようである。今までに、新玉葱が美味しいことはわかっていたがその葉っぱと茎が、こんなに [続きを読む]
  • 堆肥のやり方の再検討!野菜が良くできるようになるかも。
  • こんにちは、久留米からです。これは、あくまで私の考えです。野菜が連作出来ないという理由は、前作の根を保護するように有用微生物が、取り囲んでいる状態から、一転して根こそぎ抜かれてしまって取り去られたために、有用微生物がいなくなっていることにありそうだ。その畝は、極端に有用微生物が減少しているからこのままでは、連作でなくても上手く育たない。下手すると病気が発生する畝に、なっているかもしれないね。 [続きを読む]
  • ホーレン草、これも手強いなあ!人参と同じで発芽が揃わないよ。
  • こんにちは、久留米からです。ここ何日か、雨続きです。隣の庭の、ずおうの赤紫の花が満開です。桜は、どうなったんだろう。ホーレン草の故郷は菠薐草と漢字で見ると、大昔のどこかの国の名前みたいだ。ずーっと前に、聞いたかすかな記憶がある。いつものWEB検索をする、やはりそうだった。いま、大騒ぎになっている、イラク、イランあたりの昔、ペルシャと呼ばれていた国のようだ。行ったことがないから、よくわからない [続きを読む]
  • 春まきの人参の場所は!連作になるが、縁起をかついだ。
  • こんにちは、久留米からです。今朝方から、身体の調子がイマイチ。満開の桜を見に行けない、トホホですね。春まきの人参の、場所を決めた今までに成績が良かった、ジャンボな人参が収穫出来た所に決定。ええそうです、ここは同じところで連作になる。人参は連作OKだと、本に書いてあったし、ブログでも読んだことが記憶にある。だから、成績が良かった場所と言うことで、連作より縁起が良いということを、最優先にしたよ。家 [続きを読む]
  • 玉葱あれこれ!早生玉葱は美味しいから、どんどん食べています。
  • こんにちは、久留米からです。本日も雨です、せっかく桜が満開なのに見に行けないよ。極早生玉葱の抜き方家人が畑に玉葱を取りに行った。マルチ穴が小さいから、どれが大きいかわからない。ビニールマルチを破らないと、収穫出来ないという。マルチの上を、手のひらでなでるように触ればわかるし、そのまま引き抜き揺さぶって根の土を落とす。それから抜くと、ビニールマルチは都合良く伸びて広がり玉が抜ける、 [続きを読む]
  • 天気予報は、花チラシの雨!桜が散らないと良いですがねえ。
  • こんにちは、久留米からです。本日と明日は、雨の予報です。この時期の雨は、花チラシの雨と言うそうです。当然のことですが、畑に出られません。それで、花の話です。入院していたために、少し時期遅れになりました。水仙の花家のまわりの、あちらこちらに、水仙を植えています。あまり手がかからず、年に1,2回肥料をばらまくだけで、毎年、花が咲きます。同じ球根のチューリップは、かまわないと年々小さくなり最後はな [続きを読む]
  • スナックえんどうの満開宣言!超密植と普通植のスナック。
  • こんにちは、久留米からです。今年の桜は、変ですね。開花宣言から、まだ満開になりません。こんなにスローペースの咲き方は、今までになかったようです。そして、明日から雨の予報で、花チラシの雨と言っています。まったく、メリハリのない春のようです。超密植のスナック外側をぐるりと、防虫ネットで包み込んだからでしょうか花の咲き方も早いようです。1週間から10日程、早いような気がします。まだ4月の初めな [続きを読む]
  • やっとこさ退院しました!ぼちぼちと野菜つくりに復帰です。
  • こんにちは、久しぶりに久留米からです。持病とインフルエンザの合併症で、3月15日に緊急入院しました。現在は退院して自宅療養中です。退院後の体力の衰えに、愕然としました。年は、取りたくないものですね。気になっていた、畑の草とりは近所のAさんが綺麗さっぱりにして下さいました。感謝。感謝です。畑に出られるのは、あと数日かかりそうです。作業が出来るのは、それから先で、しばらくは見て回るだけが、続きそうで [続きを読む]
  • 春夏野菜の計画!ゆとりのある野菜つくりにしたいものです。
  • こんにちは、久留米からです。暖かくなりましたが、本日は小雨で畑作業は開店休業です。春夏野菜の計画。毎年、大まかですが、何をどれくらいと、作る野菜の種類と数を書きだして、その後にどこの場所に植えるか決めています。馬鹿もん、そりゃ当たり前だろう、今頃じゃ遅いよと言われそうです。どんなに書きだしても、あまり良い知恵は浮かびませんね。実は、畑を狭くしたので、簡単に決まると思っていましたが、おっと [続きを読む]
  • 今回の土ごと発酵は、トマト予定畝の養生です。
  • こんにちは、久留米からです。3月5日が啓蟄でした。何日か過ぎたのに、虫が出て来ないようです。朝夕が寒いから、震えあがっているのかな。今日の内容は、次の通りです。・昨日のスナックとピースの、行灯仕立ては。・本日は、トマト予定畝の養生です。・連作の話。昨日のスナックとピースの、行灯仕立ては。防虫ネットの下部が短かったようで、石の重しが外れていました。上部を少し下げて、裾を広げ補強をしました。 [続きを読む]
  • さあ、いっぱいに実ってくれよ!スナックとピースのネット張り。
  • こんにちは、 久留米からです。今日も、暖かくて良い日になりそうです。昨年は、いろんなことがあって、空豆とスナックとグリーンピースは、少し早めの種まきになりました。強い味方の存在、防虫ネット。冬越しで育てる豆類は、寒中の霜対策と鳥たちの迷惑行為の防止が重要ですね。権兵衛さんの種まきじゃあないけど、種をまくときはカラスが、どこかでジッと見ています。姿が見えないと、安心してはいけませんよ。陰に [続きを読む]
  • 綺麗だったよ!クリスマスローズの花で花粉症が治るかも。
  • こんにちは、久留米からです。杉花粉もひどいが、黄砂もひどいよ。車が、灰を被ったようになっている。この時期は、仕方ないなあ。家人の友人から、クリスマスローズが花盛りよ見においでと、お誘いがあった。2週間ほど前の新聞に、クリスマスローズのことが書いてあった。別名「冬の貴婦人」お茶席では「初雪おこし」と呼ばれている。そのことが、印象に残っている。「貴婦人」に会えるのならと、家人のあとについてゆく [続きを読む]