西成青写真 さん プロフィール

  •  
西成青写真さん: 刺しゅう(刺繍)ラボ
ハンドル名西成青写真 さん
ブログタイトル刺しゅう(刺繍)ラボ
ブログURLhttp://ameblo.jp/2470-ao/
サイト紹介文手芸用生地(刺繍・ブティ・刺し子)の図案写しサービスとオリジナル商品のご紹介をさせていただきます。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供13回 / 338日(平均0.3回/週) - 参加 2016/09/13 11:00

西成青写真 さんのブログ記事

  • 過去の記事 …
  • 染色体験で染めた生地
  • 染色体験で染めた生地です。色々な染め方があって、とても面白いです。 生地は薄い綿ローン ハンカチ用赤い点が効果的でした。色選びは難しいです。後戻りは出来ないので出来上がるまで全体がどのようになるのか心配でもあり、楽しみでもあり -*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*- 厚めの綿生地  風呂敷用  こちらはグラデーションです。実は上級者向けだそうですが先生が一緒に染めてくださいました。 生地 [続きを読む]
  • オリジナル染色生地の販売のお知らせ
  • オリジナル染色生地 在庫限りですのでお早めにお申し込みください。 本式の染色方法を用いたグラデーションの染色生地です。表面のみ染色加工しております。裏は白です。今回はコスモの綿オックス生地を使用し、グリーンの濃淡がきれいなグラデーションに染めあがりました。コスモ糸328〜315Aのお色に近いグリーンです。初心者のかたでも刺しゅうがしやすい綿生地です。カウントステッチの刺しゅうにもお使いいただけます。クリス [続きを読む]
  • 事務所を移転致しました
  •  平成29年5月9日より事務所を移転致しましたのでお知らせ申し上げます。電話番号の変更はございません。旧住所へお送りいただきましても転送されますのでご安心ください。 2階のフリースペースでは「図案相談室」も引き続き開設させていただきます。完全予約制の為、お電話にてご来店日時をお知らせください。  今後とも宜しくお願い致します。 新住所〒557-0053大阪市西成区千本北1丁目19番2号TEL・FAX 06-6656-2888(変更な [続きを読む]
  • 事務所移転のお知らせ
  •   平素は格別のお引き立てを賜り厚く御礼申し上げます。さて、平成29年5月9日より事務所を移転致しますのでお知らせ申し上げます。電話番号の変更はございません。ご迷惑をおかけ致しますが、ゴールデンウィーク中は作業・発送ができませんのでお急ぎのご注文は4月20日まで必着でお願い致します。また、納期指定日4/29〜5/9までは受付停止させていただきますのでご注意ください。5/9以降に旧住所へお送りいただきましても転送さ [続きを読む]
  • 2017年新色のラメ糸発売のお知らせ
  • オリジナル製法のラメ糸に新色3種類がさらに仲間入り致しました。 ラメ糸は割れてきて刺しにくい と 思っていらっしゃるかたもフレンチナッツも出来る「しなやかさ」を体験してください。 刺繍の作品作りを大切にされていらっしゃる皆様の為に考えました。弊社のラメ糸は、全て割れにくく、刺しやすいオリジナル製法です。柔らかな色合いの、しなやかで、細いラメ糸です。 各10m 2 [続きを読む]
  • 細い線と薄い線 1
  • 図案を描く時に、線の太さを気にしていらっしゃるでしょうか? 原稿の線が太いと、生地に写す時に転写紙や保護カバーのビニール等の厚み、筆記具の太さの為に線がズレてしまいます。生地に写った線が原稿とはかけ離れた太さになっていたり、模様が重なったりしていないでしょうか? 原稿をコピー(紙)すると、トナーによって少し太く写ります。コピーのコピー(孫コピー)ではもっと太くなります。コピーを取る度にどんどん太く、 [続きを読む]
  • 自分新聞を作って2016年を振り返ろう!
  • 今年もお世話になりました。 来年もよろしくお願い致します。 一番たのしかったのは お客様からオリジナルラメ糸を「刺しやすい」とご評価いただいたこと 忘れられない味 中央アルプス・駒ヶ岳の水で淹れた自家製サイフォンのコーヒー ビッグニュース アメブロとオンラインストアの開設 これだけはやりたかった 家の片付け 来年の抱負 新商品の発売ができるように頑張ります 二〇一七年も [続きを読む]
  • 線にこだわる図案写し
  • 弊社の図案写しサービスは、お客様が描いた図案を生地に写し、刺しゅうをしている間は落ちないで、刺しゅうが終わってからご自宅のお洗濯で下絵を落として作品を完成させていただくものです。最後にお客様がご満足のいく作品を仕上げていただく為の図案写しサービスです。 従来の方法で、手描きの図案を生地に写すと生地の厚みや質感でどうしても原稿通りには写せないものです。手の力も必要ですし、一日で写し切れない時などは生 [続きを読む]
  • 枠も図案の一部
  • 芸術の分野からではなく、生地に写すときの「枠」が持つ意味を考えてみました。 生地の縦目方向に配置致しますので図案線も正面(縦)に置かなければなりません。 枠には空白部分も含まれますが、その空白も作品を構成する大事な要素と考えております。 図案の中に建物などがあれば、水平・垂直が決まります。お花や模様等、一見して縦・横の区別がつかない図案では枠が全体の配置を決めることになります。また、敢えて余白を付け [続きを読む]
  • 紙にも目がある
  • 洋裁をする時は、生地の耳の方向(縦目)に型紙を置いて生地を カットするように、紙にも目があるのをご存知でしょうか? 生地の横目方向は伸びますが、紙も多少伸び縮みがあるのです。  コピー用紙などには縦・横がない用紙もありますが、 熱をかけると多少の伸縮は避けられません。  ですから、大きな図案を分割してコピーすると継ぎ目が合わない ことがあります。 その様なときは無理に合わせなくてもそのまま送っていただけ [続きを読む]
  • 生地を固めてカットできる「トリム」のご紹介
  • オリジナル商品のご紹介です。 生地に塗って生地を固める工芸用細工液「トリム」を使ってみませんか。1個 50g 750円(税別・送料別途) 〈使用方法〉①刺しゅうが完成したら、きれいに洗って生地を乾かします。②生地の裏に「トリム」を塗って乾かします。 急ぐときはドラーヤーをかけてください。③乾いてから、軽く霧吹きをしてアイロンをかけるときれいに裏打ちできます。④額に入れる時は周囲を額の大 [続きを読む]
  • 新色ラメ糸販売のお知らせ
  • オリジナル製法によるラメ糸に新色3種類が加わりました。 「ラメ糸は刺している間に糸割れしてきて刺しにくい」とのお声をお伺いして、割れにくく、刺しやすいラメ糸”金糸・銀糸(太・細)”を発売させていただきました。お蔭さまで大変ご好評をいただきました。「とても刺しやすく、良く光って作品が引き立ちます」とお褒めのお言葉が嬉しくなって新色も発売になりました。こちらは、ほのかに光るラメ糸です。背景や水・夜 [続きを読む]
  • 過去の記事 …