健康壱番館 さん プロフィール

  •  
健康壱番館さん: 40代からの転職で成功!家族との時間もとれる仕事
ハンドル名健康壱番館 さん
ブログタイトル40代からの転職で成功!家族との時間もとれる仕事
ブログURLhttp://ameblo.jp/kenkouichibankan/
サイト紹介文これが最後の仕事 家族の時間もとれて定年もなし本当に人に喜ばれる技術は整体健康壱番館にあります
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供193回 / 193日(平均7.0回/週) - 参加 2016/09/13 17:52

健康壱番館 さんのブログ記事

  • 目標設定は自分の数字をみるところから
  • vol.193 最近少しワタワタしておりまして・・・(-。−;) それは4月に全国の店長さんが集まる店長会議が開催されるからなのです その中でせんえつながら私昨年に引き続きプレゼンさせていただきます 昨年の様子は 間違えたこれは前日の宴会の食事です 昨年の様子は 間違えたこれも前日の宴会の様子ですできあがっちゃてます &nbs [続きを読む]
  • お客様がお金を払うのは期待感
  • vol.192 〇〇早見表と言えば 年齢早見表や税金の早見表などがぱっと思いつく所ですが 健康に効く!ツボ早見表という面白いサイトがあります 面白いだけでなくかなり役立つ内容なんです 自分の気になる症状を選ぶだけで効果的なツボを教えてくれたり そもそもツボって何?という基本情報やなぜツボ押しがいいのかなどのツボトリビアがいっぱい ツボ [続きを読む]
  • ダブルケア問題を乗り越えるために
  • vol.191 『ダブルケア』という言葉をご存じでしょうか ダブルケアとは子育てと親族の介護が同時期に発生する状態の事をいいます ソニー生命さんの調査によるとこのダブルケア経験者のうち約三割が離職した事があるそうです(男性24.6% 女性37.6%) 【参考:ソニー生命】http://urx.red/Cq4L どちらか一方だけでも仕事と両立するのはなかなか難しい さらにダ [続きを読む]
  • 直線か回り道かどちらを選びますか?
  • vol.190 昨日は春分の日 三連休だったのですね だったのですね… サービス業に携わる者としては祝日なんて関係ない当然のように昨日はお仕事でした 世間は祝日=お休みなんだけどそんな時こそ チャンス 取引先からもお客様からもお問い合わせがない こんな静かな日に集中して仕事しようではないか そう自分にいい聞かせて昨 [続きを読む]
  • お客様にしか見えないものがある
  • vol.189 春らしい季節になってきました 春といえばやりたい事の一つに イメチェン え?私だけ?いやそんな事はないはずです 新しい年度も始まるしおでかけにいい季節だし なんてったって来月初めには全国の健康壱番館から店長さんがあつまる店長会議があるし 髪の毛を整えましょう という事で美容院にいったんですよ (イメージです) 私 [続きを読む]
  • 次回予約を必ずとってもらうためには
  • vol.188 最近の就活事情は随分多様化している テレビでみてびっくりしたのがオファー型の転職サイトと呼ばれるもので 起業が学生をスカウトして一緒に焼肉を食べるニクリーチ 焼肉食べながら協調性やリーダーシップを起業側にみられてるんですって 遠方の学生の為に交通費や宿泊費を企業側が負担するサポーターズ 就活にかかる交通費は学生にとってはバカにならない [続きを読む]
  • 柔軟な対応力が自慢です
  • vol.186 大切な物を落してしまいました ずっと奥にしまっておいたのにちょっとした不注意で落としてしまったんです 何を落したかというと 銀歯です これね なんでこんなことになったかというとハードなグミを食べていたらぱかっとはずれちゃって… 心と歯にぽっ [続きを読む]
  • 部活中に腰を痛めて歩けなくなりました
  • vol.185お子さんが部活中に腰を痛めて歩けなくなりました こんな怖い電話がかかってきたらどうしますか 実は昨日の私の身にふりかかったことなんです 歩けないって骨でも折ったかと思い急いで迎えにいきました 這う息子をつれて病院へいきレントゲンを撮ってもらうと骨に異常なし 病院の先生から出た言葉は骨に異常がないとなると神経か椎間板だ [続きを読む]
  • いい整体師になりたい!その想いかなえます
  • vol.184 昨年の11月知り合いの方からチューリップの球根をいただきました 咲くか咲かないかはわからないよでもいくつかは芽がでると思う何色の花かもわからないけど良かったらもらって そんな感じだからあまり期待はしていなかったけどいただけるという事でありがたく受け取って植えたんです そのチューリップの球根が気が付いたらなんとすべてに芽がでて [続きを読む]
  • 整体師に生の声を聞いてみました
  • vol.183 先日人生で2度目の試みをしました 整体師さんにインタビューです 実は今ホームページの全面リニューアルを行っています それに伴って整体師さんの生の声を配信すべくインタビューを撮っているという訳なんです ちなみに一回目のインタビューは二年前のスクーリングでのこの一幕 スクーリングとは年に一度全国から整体師が集まって開催される大会の事 [続きを読む]
  • 不安を解消!安心のフォローアップ体制があります
  • vol.182 本格的な受験シーズンも終盤を迎えています 涙をのんだ人も目標を達成した人もこれでおわりじゃない 新たな次なるステップにむけて頑張ってほしいなと思います っていきなり教師のような始まりになってしまいましたが成長するための勉強って終わりがない 健康壱番館でも日々勉強です 整体師になりたい と思われる方の大半は一度社会にでて何か仕事を [続きを読む]
  • 全国どこでも同じ整体が受けられます
  • vol.181 現在整体師の皆様に得意な施術と苦手な施術のアンケートをとっています 『全国どこでも同じ整体が受けられる』を目標にして日々訓練中ですがそこは完全手技だけにどうしても得意不得意がある そんな不得意をなくすために不得意部分を研究会や勉強会で教えよう ということで、アンケートを実施しているわけです アンケートの内容を読むと ・専門 [続きを読む]
  • 助けられる側から助ける側になれる
  • vol.180 東日本大震災からもう6年が経ったんですね 震災当時関東に住んでいた私はあの大地震を目の当たりにしました これまでに経験した事がないほどのおおきな揺れと地鳴は自足で立っていられないほどでした 斜めに倒れてしまった電柱 無数の亀裂と緩んでしまった地面 古い建物の配管は折れあふれでている水 気が付けば多くの尊い命が奪われてしまいました &nb [続きを読む]
  • 収入が不安だと思い込んでいませんか?!
  • vol.179 寒かったり暖かかったり天気が安定しない日が続いていますね 春はもうすぐ目の前です 健康壱番館ワールドプラザ店 井上店長 春は草木が芽吹いて厚いコートも脱いでなんかワクワクする季節 春を呼ぶ不安定な季節は喜ばしい?のですが不安定で困るのが収入 現に収入面でのお問い合わせは多いです 残念な事にそれがネックになって一歩を踏み出せない人 [続きを読む]
  • 同じ釜の飯を食う仲間がいますか
  • vol.176昨日の本部研究会に引き続き本日も東洋整体学院では 研修が開催されています 今日の研修は指導員研修といってその名の通り指導員が集まっての勉強会です 遠いところだと北海道の健康壱番館旭川店や九州の健康壱番館熊本店からも毎月参加されています 指導員の整体師さんはここで学んだことを全国に持ち帰って地域の整体師に指導するんですね 本 [続きを読む]
  • 薬を飲まなくても症状が軽くなる?
  • vol.174 薬を飲まなくても症状が軽くなる そんな技術があれば習得してみたいと思いませんか 健康壱番館の整体師の中にはこんな人がいます 自分の母親が病で倒れ命には別状はないが毎日大量の薬漬け こんなに薬をたくさん飲んで副作用がないか心配・・・ なんとか薬を飲まずに楽になる方法はないものか そんな想いがきっかけで東 [続きを読む]
  • お金を払ってでも再受講したい講義
  • vol.171 3月になりました 3月と言えば別れの季節ですが新たな一歩を踏み出す人もいます それは今日から健康壱番館の本部がある広島県福山市ではじまる初級研修にご参加の方々 整体師への志を胸に希望に満ち溢れて今日という日を心待ちにされていた事だと思います 何事も最初が肝心正しい技術の基本をここで学ぶ事が今後の整体人生を大きく左右する [続きを読む]
  • 座学で習った知識を生かすために大切にしている事
  • vol.170 昨日のブログで研修中でも有料施術ができると言う事を書きました 今日はこの事についてもう少し掘り下げて書きたいと思います なんでもそうだと思うのですが座学と実践って全く違う 例えば簿記を勉強しても参考書に書いてある事がそのまま会社で通用するわけではありませんよね 各々の会社で勘定科目も違えば仕訳方も違います でもその基 [続きを読む]
  • 年齢 性別 学歴に関係なく要はやる気次第
  • vol.169 日曜日の東京マラソン盛り上がっていましたね マラソンは特別な道具もいらず比較的高齢からでも気軽にはじめられるスポーツですよね 私の周りにも中高年からマラソンをはじめて見違えるように若返った人がいます そんな人の話を聞くと私もはじめてみようかなと思ったりします と同時に頭の中でどうせ続かん続かん ともう一人の私がスト [続きを読む]