南方熊楠と白蓮 さん プロフィール

  •  
南方熊楠と白蓮さん: 紀州犬 南方熊楠と白蓮
ハンドル名南方熊楠と白蓮 さん
ブログタイトル紀州犬 南方熊楠と白蓮
ブログURLhttp://kisyu-inu.hatenablog.com/
サイト紹介文未来の紀州犬を皆様とともに考えるサイトです。 宜しければお寄りください
自由文2頭はそれぞれショータイプと狩猟犬タイプ

2頭とも日本犬保存会に登録された紀州犬である。

日々の暮らしを掲載しています。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供23回 / 333日(平均0.5回/週) - 参加 2016/09/13 20:16

南方熊楠と白蓮 さんのブログ記事

  • 過去の記事 …
  • 人は生物と暮らすことが精神安定上不可欠なのである。
  • バックナンバー日本犬保存会 JKC(ランク) AKC(ランク「人は生物と暮らすことが精神安定上不可欠なのである。」映画などに「脱走」をテーマしたものは多い 脱走の成功の可否は、練られた企画、周到な準備、そして天の時であろう。熊楠は仲間由紀恵(白蓮)のフェロモン臭に誘われ、台風5号という天の時を得て熊楠の犬舎から脱走した。私は何か奇妙な鳴き声に白蓮の犬舎に向かった。すると白蓮の犬舎の外側で熊楠 [続きを読む]
  • 散歩15頭引きにみる紀州犬の目指すべき方向
  • 散歩15頭引きにみる紀州犬の目指すべき方向バックナンバー日本犬保存会 JKC(ランク) AKC(ランク犬舎内の気温は朝8時で26度 湿度60%10時以降は風も吹かず、犬舎内の彼らの体感温度は気温と変わりがない状況が続いていた。どうやってもこうやっても、彼らの食欲は著しく減退した。食欲減退の原因とされる溜置きした飲料水の傷みがあるが、ステンレスのワインクーラー3.5L用ものに2.5Lを入れ毎朝ペットボトルの新 [続きを読む]
  • 紀州犬2頭引き散歩  男の迷いは優柔不断 女の迷いはミステリアス
  • バックナンバー日本犬保存会 JKC(ランク) AKC(ランク梅雨後半はその本来の性を表し始めた。徳島市内でもうんざりさせられる程の雨にみまわれた。徳島県内でも那賀川の上流は、紀州犬が生まれた紀伊半島の中央部の1500m前後の尾根が連なる地域によく似ている。木々高く聳え立ち日照を妨げ、太平洋からの湿った空気は山地にあたり年間3000ミリ近い降雨を齎す。四国にも今はお遍路をする巡礼者が多く訪れ、高野山に似た [続きを読む]
  • 持続可能な経済的合理性と飼育環境の両立
  • 紫陽花六月はアジサイの花が美しい花びらのグラデーションは美しい水彩画のようでもある。  今年の梅雨前半は空梅雨模様だ。本来なら高い湿度が、目に見えない湿気の層となって強い日照を和らげてくれるのだが、今年の陽射しはそうはいかないようだ。 暑さを嫌うはずの犬たちだが、犬舎内の直射日光のあたるところをワザワザ選んでそこで休息する。この陽光を受けたがる傾向は、ノミダニなどの寄生虫の駆虫、ビタミンD吸収 [続きを読む]
  • 理想の紀州犬への模索
  • 理想の紀州犬への模索愚かな試みか? 犬舎の周りで起きる小さな出来事だが、白蓮にはそれが不安でストレスを感じていた。それら記憶の断片の事象と現実の事象が繰り返され、些細なことで問題ではないと記録されるまで不安が残こっていたのだ。それが漸く慣れて、これらの事象が異変として自分を襲うことがないことが理解できたのだろう。 高速道路の工事は犬舎から50m以上離れてはいるが、ショベルカーやブルドーザーそ [続きを読む]
  • 犬とオオカミの交配  勇気と精力を倍化させるため
  • 先日阿部珈琲館な時間徳島公園前の阿部珈琲館に寄った。自家焙煎 珍しい カメルーン コーヒー カブラミ を買った。フェアトレードの認証のあるものではないがアラビア(ジャバ種)またはロブスタ種で、甘味と香りが魅力ですが、最近は黄砂に苦しむ私にはあまり香りは分かりませんでした。中から浅煎りがよく、ミルもあら挽きが良い印象です。ナイジェリアとの国境はカメルーン山(標高4100m) などの山脈が連なり、北部のアダ [続きを読む]
  • 世界最大のドッグショー そのレベル crufts dog show 2017
  • 4/13日漸く空は快晴に包まれた。徳島市内花見時期は概ね3月下旬〜4月上旬である。とくしま桜前線2017それが今年4/9〜4/11 の3日間 温暖前線が居座り、時折強雨波浪注意報が発令される程の気象状態であった。 そのお蔭もあって徳島県の渇水対策本部は、4/13日那賀川の長安口ダムと小見野々ダムの総合貯水率が回復したとして、同日午前9時に取水制限を全面解除した。http://www.topics.or.jp/new/?p=3963 徳島公園午前11時過 [続きを読む]
  • 紀州犬 その未来を見つめて
  • 3/17日 白蓮は予防接種を終えた。    名義変更も完了した。    直ぐにポイントを示す様や、どのような犬や状況にも動じない気の強さ父  親譲りなのかもしれない    父親は日本犬保存会 全国展 1席 優良若大将である。    この犬が突然生まれたのではないように、血統を作った人たちの努力もあり地方展には参加予定である。  但し私自身はあまりこの日本犬展には興味がないコアワクチンだけにしてほし [続きを読む]
  • 許嫁来る 環境適応までの  悪戦苦闘 疲労困憊の5日間
  • 許嫁来る 環境適応までの  悪戦苦闘 疲労困憊の5日間 3月3日お雛祭りの日 白蓮は熊楠の許嫁(いいなづけ)としてやって来た。12月16日生まれ 77日齢白蓮 日本犬保存会に登録された紀州犬御見守り柵越えのお見合いは熊楠の激し過ぎる思いのため僅か30秒で終了した。殺気さえ感じるほどであった。熊楠はテストステロンを注入されたように変貌した。急に凛々しくなり、その後は私の衣服についた白蓮の匂いのメッセー [続きを読む]
  • ネオテニー ネオテニー化
  • 2歳4ヵ月 体重23.6kg 紀州犬の規定枠を超えた。ウエストに括れはある。冬山には完全な装備と危険だと思えば途中で諦める勇気も必要である。当然しっかりした登山計画もなくてはならない。徳島には標高6,100mm の弁天山がある。そしてこの山を徳島市は市民遺産として選定している。さて「生き残る種とは、最も強いものではない。最も知的なものでもない。それは、変化に最もよく適応したものである。」とはチャール [続きを読む]
  • 頑固な日本犬との付き合いは思い通りに行かないことを楽しむこと
  • 犬は人間に管理された社会に生きる動物だ、人間が冷暖房の効いた部屋で過ごすように犬もそれを望むことは否めない。天然記念物と言われる日本犬は人々の暮らしに冷暖房がなかった時代から共に暮らしてきた。そのため安易に冷暖房の効いた部屋に入れてやるとその本来の日本犬の魅力が失われてしまうことになる。つまり日本犬の最大の魅力であり長所は長年この気候風土に馴染み共に暮らしてきたという歴史の重みだ。病気になり難い [続きを読む]
  • オオカミのような毛色に生まれて
  • 本格的な冬将軍はまだ訪れてはいないが、外飼いの犬の宿命か寒さから犬舎までが遠く感じ回数が減る。「躾」という機能が薄れてしまうことは否めない。毎日1回以上の散歩は行っているが、給餌時間は毎日が帰還兵と愛犬の再会のように、溢れ出るオキシトシンと空腹がそれを極めて濃密なものに変えている。オキシトシン愛情ホルモンjp.reuters.com オキシトシン 尻尾ふる人間は寒くなれば服を着こめば済むが、裸で暮らす犬は「 [続きを読む]
  • 紀州犬とジャーマンシェパード
  • 毛艶が悪くなってきた。原因は下痢が思いあたり、下痢の原因に現在 使用中のフィラリア予防薬 ダイロハートがある。カルドメックのジェネリック医薬である。成分は イベルメクチン136mgとピランテル114mg(中型犬用)合成イベルメクチンはフィラリア予防薬フィラリアについては下記に詳しく記載2016-10-23毎月20日 フィラリア予防の日 補足 親フィラリアの駆虫についてピランテルは犬回虫、犬鉤虫の予防薬ピ [続きを読む]
  • 紀州犬とアイリッシュウルフハウンド
  • 早朝5時45分頃決まって朝啼きをしていたのですが日ノ出が遅くなって漸く啼かなくなったので、寒いこともあり散歩を1日一回に減らしました。すると体重は一か月で700gも太り21.55kgになり、1か月に1回程度しか吠えなかったものが4日に1回くらい吠えるようになった。(吠えたことで直ぐに気になって直ぐに見に行ったことが悪かったのでしょう。)些細なことが気になるのでしょう。同時に首輪も大型犬用に変更する。(ローテーショ [続きを読む]
  • 毎月20日 フィラリア予防の日
  • 毎月20日はイオンの日ならぬ フィラリア予防の日である。日本名 カルドメック ジェネリック医薬品 ダイロハート (フィラリア予防薬)ミクロフィラリア駆虫薬ブレドニゾロン (ステロイド薬)サイエンスダイエット ビーフにハンバーグのように包み込むフィラリアは犬に寄生する糸状虫のことである。(イヌの心臓の右心房と肺動脈に寄生する犬糸状虫)犬を宿主とし中間宿主として蚊をおく糸状虫で、糸状虫は線形動 [続きを読む]
  • 誕生日
  • 10月7日 2歳の誕生日を迎えた。体高53.7cm 体長59.7 体重20.7kg 体高と体長の比 111.17(若干胴長)体高と体長の比は、100対110(日本犬 平均)首輪は赤備えに変更し、首輪には「天佑神助 」と彫った。万葉にある 犬枇杷(いぬびわ)も候補であった。 武勇で、後の世に語りつがれるようにならなければという意だ。戦国武将たちは機能性を度返しその鎧を飾った。 豊臣秀吉 唐冠兜 写真 「天佑神助 」(天や神の助け ご加 [続きを読む]
  • 草を食む ペットフード選択は難しい
  • 草を食む ペットフード選択は難しい1)その後 その位置にオシッコする場合 縄張りの主張 問題ない2)その後 その位置にオシッコしない場合肉食動物であれば炭水化物は不要と考えがちだが、オオカミは仕留めた獲物を食べる際、内臓から食べる、それは内臓に獲物の動物を食し途中まで消化された穀物等の炭水化物があるからである。2)の場合も概ね心配することはない一般的に主要な栄養成分のカロリー量は次のとおり [続きを読む]
  • 阿波犬
  • 阿波犬というのが以前いたそうである。昭和の初期、日本犬保存会が設立され同時に全国各地の土着の犬の調査が行われた。この時天然記念物紀州犬、秋田犬、甲斐犬などが指定を受けている。調査の結果 土着の犬として阿波犬はいたが既に絶滅しているというものであった。阿波犬についての書籍は全国の図書館検索でも、アマゾンでも見つからない僅かに徳島県立図書館に「愛犬の友」という雑誌の1973年11月号に阿波犬の特集が掲載 [続きを読む]
  • 猟能訓練 シャーペイ君との出会い
  • 猟能訓練は山中の崖に面した窪地のようなところで行われる。万一窪地からイノシシが這いあがると楯を持った人間が再び窪地に追い落とすのだ。この窪地に1歳未満 小型の30kg程度の イノシシを離しておき、ここに紀州犬を離ち猟能を鍛えるのである。さて写真は徳島動物園の「ハイイロオオカミ」である。徳島動物園のオオカミは野生のオオカミを捕まえ輸入したものではないと見える。野生のオオカミ半径30cm深さ15 [続きを読む]
  • 過去の記事 …