ShoreLineEastAsia さん プロフィール

  •  
ShoreLineEastAsiaさん: ShoreLineEastAsiaのブログ
ハンドル名ShoreLineEastAsia さん
ブログタイトルShoreLineEastAsiaのブログ
ブログURLhttp://ameblo.jp/shorelineeastasia/
サイト紹介文ロシアの正規IFAが、資産運用に関する様々なことを書かせて頂いています。
自由文『海外投資』『オフショア投資』『海外積立投資』『海外一括投資』『海外銀行口座開設』『海外不動産投資』『海外法人設立』の無料相談・資料請求ならロシアの正規IFAまで〜
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供200回 / 226日(平均6.2回/週) - 参加 2016/09/14 14:02

ShoreLineEastAsia さんのブログ記事

  • Vol.194 : オフショア生保の信用度は重要なのか?
  • このブログも読まれている方の中にはオフショア生保の積立投資商品をされている方、もしくは検討されている方も多いかと思います。 世の中には、多くのオフショア生保、積立投資商品がありますが『オフショア生保の会社の規模』で積立投資商品の優劣を語っている方がいますが、これは間違った考えです。 考えてみて下さい。 オフショア生保の積立投資商品はオフショア生保が運用しているのでしょうか? 違いま [続きを読む]
  • 報告:弊社カスタマーのLine
  • 少し前に弊社のカスタマー(日本語対応可能な)について書かせて頂きましたが(※その記事はこちら)Lineでもサポートできるように、Lineアカウントも開設させて頂きました。 友だち追加は下記になります。 QRコードでLINEの友だちを追加 ※LINEアプリを起動して、 [その他]タブの[友だち追加]でQRコードをスキャンします。 弊社のクライアント以外でも、友だち追加は [続きを読む]
  • Vol.192 : イギリスの財政状況を考えればポンドは面白い!
  • 昨日、日銀について書かせて頂きましたがもし日銀(政府)の信用が揺らげば金利の上昇だけではなく、『日本円の価値が暴落します。』 それは、1ドル200円、300円と言うレベルではなくおそらく1ドル400円、500円と言うレベルです。 自身の資産を防衛すると言うことを考えた時に円だけではなく、外貨も保有することはごくごく当たり前の考え方だと思いますが・・・・ その選択肢の1つとして今、『ポン [続きを読む]
  • Vol.191 : 日銀の出口戦略と将来
  • 日銀が大規模な金融緩和をスタートさせてから政府関係者が『出口戦略について提言』したのはおそらく初めてではないでしょうか? ※毎日新聞より しかし、その一方では日銀の大規模な緩和に反対だった2人を外し後任に積極緩和を指示するメンバーを選任しています。 ※日本経済新聞より 政府と日銀は『金融緩和をさらに拡大したいのか?』もしくは『もう金融緩和は縮小したいのか?』 [続きを読む]
  • Vol.190 : 日本の不動産市場は異常!!
  • ここ半年くらい、下記のような記事はちらほら目立つようになりました。 ※Bloombergより アパートの空室率が30%を超えていると言う記事ですがこれは世界的に見れば、異常と言わざるえないです。 ちなみに、不動産バブルとも言われているイギリスの都市部のアパートの空室率が何%なのか?ご存知でしょうか? 実は空室率は3%を下回っているのです。イギリスの空室率の推移は下記。   [続きを読む]
  • Vol.189 : 上昇するコーヒー豆
  • 今、世界的にブームが来ているのが『コーヒー』です。 日本でもスターバックス、ドトール、サンマルク、コメダなどなど、コーヒーチェーンがしのぎを削っていますがそのブームは、ブラジルやインド、中国など新興市場にも広がっています。 そして、その影響を直接受けるのがコーヒー豆の価格です。 今、コーヒー豆の価格が上昇をしているのをご存知でしょうか? コーヒー豆の価格の推移が下記。※世界経済のネ [続きを読む]
  • 告知:勉強会|4月19日|東京
  • 急遽と開催となりますが下記の日時で『海外生命保険』『積立投資』『一括投資のラップ口座』の勉強会を開催させて頂きます。 2017年4月19日(水)19時から21時・定員5名・場所:都内 色々な悩みを持たれている方、またはオフショア投資、海外投資を検討されている方、お気軽にお問い合わせ頂ければと思います。 また、弊社はロシアのIFAになりますがアジア市場で積立投資のポートフォリオがパッケージ [続きを読む]
  • Vol.188 : 格安の死亡保険|保険料の支払い方法
  • 先日から、書かせて頂いている格安の死亡保険ですが、一括で保険料を支払ってしまう場合『そのまま保険会社の銀行口座にお金を送金してしまえばいい』ですが 例えば、毎月保険料を支払い10年かけて保険料を払いこ場合は、どうしたらいいのか? いくつか選択肢がありますがもっとも簡単で手数料がかからなのが『クレジットカードやデビットカード』を利用する方法です。 国際ブランドは一通り利用が可能です。&nbs [続きを読む]
  • Vol.187 : 格安の死亡保険|見積もり|その2
  • 昨日、モーリシャスの格安の死亡保険商品について書かせて頂きました。※その記事はこちら 1つの参考ケースとして、見積もりを書かせて頂きましたが :::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::: 男性 ・非喫煙者 ・35歳 ・香港居住・死亡保障の金額:500万ドル(1ドル110円計算で5億5000万円)・保険 [続きを読む]
  • Vol.186 : 格安の死亡保険|見積もり!!
  • 今月になり、何度かブログに書かせて頂いていますが現在、弊社ではモーリシャス籍の保険会社の『格安の死亡保険』をご紹介できます。 その保険会社がUnilifeです。 世界中、どこからでもネット申し込みが可能です。(弊社がサポートするため) 居住国や年齢、男性?女性?、喫煙者なのか?などなど、様々な条件により保険料が変わりますが(ちなみに、居住国により保険料が異なるのはその国の医 [続きを読む]
  • Vol.185 : 老後40年と言う時代
  • 自身のおじいちゃんやおばちゃんもしくは、父親や母親を思い出して頂きたいですがつい30年前、40年前と言うのは70歳前後で亡くなる方がとても多かったです。 『いい大学を卒業し一流企業もしくは公務員になり定年まで働き60歳で定年退職。70歳で死亡することを考えれば退職金と年金で十分すぎるほどの老後が待っていました。』 しかし、現在は80歳、90歳まで生きる方はザラでこれが後、20年、30年する [続きを読む]
  • Vol.184 : レポートの不思議
  • 先日、弊社へIFAチェンジのご相談に来られた方から現状が分かるレポートも見せて頂きました。 しかし、『ん?』と思うことが多々ありました。 それは ・見たことがないファンドがあると言う点・ファンドの基準価格が違う点・ファンドのコードが違う点 です。 順番に話をさせて頂くとオフショア生保F社の積立投資商品では誰でも簡単に『組み込めるファンドの情報』が全て閲覧できるのです。 それが、 [続きを読む]
  • 告知:勉強会|5月1日|名古屋
  • 勉強会の開催は初になりますが下記の日時で『海外生命保険』『積立投資』『一括投資のラップ口座』の勉強会を開催させて頂きます。 2017年5月1日(月)13時から15時・定員8名 色々な悩みを持たれている方、またはオフショア投資、海外投資を検討されている方、お気軽にお問い合わせ頂ければと思います。 また、弊社はロシアのIFAになりますがアジア市場で積立投資のポートフォリオがパッケージ化されて [続きを読む]
  • Vol.183 : モーリシャス籍の生命保険
  • オフショアに拠点を構える生命保険会社の金融商品は、どの保険会社の商品もかなり自由度が高い物が多いです。 それは、オフショアと言う自由度が高く法律の規制がゆるい場所だからゆえにですが・・・・ 例えば ・契約している金融商品を自由に譲渡ができたり・世界中に資金移動ができたり・金融商品の組み替えが簡単だったり (積立資金をラップ口座へ移動したりなど) そして、先日から書かせて頂いている死 [続きを読む]
  • Vol.182 : 仮想通貨はヘッジとして保有すべき
  • 現在、弊社としては仮想通貨の保有はヘッジとして推奨としています。(昔は推奨していなかったですが・・・)ビットコインよりは、まだまだ価格が低い『イーサリアム』や『イーサリアムクラシック』が良いと思いますが・・・・ そもそもお金をどう考えるかですが? 例えば、日本円などは日本銀行が発行し、あたかも日本銀行が保証しているかのような感じなのですが(間違いではないです。)実際は少し違います。 日 [続きを読む]
  • Vol.181 : 保険金の受け取りが自由なのはとんでもないメリット
  • 昨日に続き、海外の死亡保険についてですが・・・ 日本では死亡保険の受取人が限定されていますが海外では『受取人が誰でもOK』と言うのがスタンダードな形です。 不謹慎ですが、例えばこんな形でもOKなわけです。 ・保険金の受取人が被保険者の『愛人』とか・・・・保険金の受取人が被保険者の『彼女・彼氏』とか・・・・保険金の受取人が被保険者の『彼氏・彼女(同性愛者の)』とか・・・・保険金の受取人が被保 [続きを読む]
  • Vol.180 :費用効果が高い死亡保険
  • 先日、少しだけブログで新しい保険について触れさせて頂きましたが(格安の保険料で死亡保険を提供している保険会社)今月から新しく紹介が可能になったのが、下記の保険会社の商品です。 申し込みはオンラインですので世界中のどこからでも申し込みが可能です。 また、死亡保障の金額によっては健康診断を受けて頂く必要がありますが、それも現地の病院でOKです。もちろん健康診断の費用は保険会社持ちです [続きを読む]
  • Vol.179 : 仮想通貨の取引所
  • すでにお話をした人もいますが、弊社としては仮想通貨の保有は資産分散として推奨しています。 ただ、まだまだ乱高下する仮想通貨市場なのでやり方としては『毎日500円購入する』みたいな自分ルールを作り毎日細かく購入するやり方のが良いと思います。 また、仮想通貨も複数保有するのが良いと思いますがオススメはイーサリアムクラシック、イーサリアム他に『MAID』 です。 このMAIDに関しては、購入できる取 [続きを読む]
  • 報告:格安の生命保険
  • ブログの更新が、1日遅れてしまいました。今日から、またブログを更新していきます、 2つ報告がございます。 1つは、昨日から稼働しているカスタマーサポートですが※カスタマーサポートについてこちらシステムの問題で、まだメールでのご案内ができていません。ここ1、2日でメールが届くかと思いますのでメールがない場合はご連絡を下さい。 もう1つは、ヨーロッパの格安の生命保険をご紹介できるようになり [続きを読む]
  • ブログのお休み
  • 2017年3月23日から2017年3月31日までブログの更新をお休みさせて頂きます。 次は2017年4月1日に記事をアップさせて頂きます。 [続きを読む]
  • Vol.178 : デイヴィッド・ロックフェラーの死去
  • Facebookで書かせて頂きましたが101歳でロックフェラー家第3代当主であるデイヴィッド・ロックフェラー氏が死去しました。 日本では、それほど大きく報道はされていませんが世界のメディアはこのことを大きく報道し世界に大きな衝撃が走りました。 ※The wall street journalより ロックフェラーの死去で、今後大きく影響する可能性があるのがアメリカの中央銀行であるFRBです。 FRBはけし [続きを読む]
  • 重要報告
  • 今まで、弊社の中でクライアントの事務処理や細かい処理をする『カスタマーサポート』はありましたが、日本語対応ができなかったため日本人クライアントにはお伝えしていませんでした。 そのため、担当コンサルタントに直接連絡して頂いていたかと思います。 準備が遅れてしまいましたが、ようやく日本語対応できるカスタマーサポートの準備が整いましたので、4月1日から正式に日本語でカスタマーサポートを稼働させて [続きを読む]
  • Vol.177 : 相続税対策に海外のスキームを活用する
  • Facebookの創業者が慈善財団を設立してそこに自身の資産を寄付していることは日本でも大きく報道され日本では『ザッカーバーグはヒーロー』的な報道をされていますが多くのアメリカ人は『この慈善財団は相続税対策』と認識しています。 実際、財団を設立するにあたりアメリカでは『課税逃れ』とバッシングもされているのでアメリカ人の多くが相続税対策と認識しているのはその報道があるからだとも言えます。 ※Fo [続きを読む]
  • Vol.176 : ロシア社債のETF
  • ロシアネタが続きますが下記のファンドは、ロシアの社債に投資をするETF(上場投資信託)です。 チャートはとんでもなく急落したように見えますが実際は上と下で20%くらいの差しかありません。 また、2014年から2015年の下落はロシアへの経済制裁の影響です。 しかし、社債を発行している企業が破産したわけではないので社債の価格は元に戻り、ファンドの基準価格も元に戻っています [続きを読む]