ShoreLineEastAsia さん プロフィール

  •  
ShoreLineEastAsiaさん: ShoreLineEastAsiaのブログ
ハンドル名ShoreLineEastAsia さん
ブログタイトルShoreLineEastAsiaのブログ
ブログURLhttp://ameblo.jp/shorelineeastasia/
サイト紹介文ロシアの正規IFAが、資産運用に関する様々なことを書かせて頂いています。
自由文『海外投資』『オフショア投資』『海外積立投資』『海外一括投資』『海外銀行口座開設』『海外不動産投資』『海外法人設立』の無料相談・資料請求ならロシアの正規IFAまで〜
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供180回 / 192日(平均6.6回/週) - 参加 2016/09/14 14:02

ShoreLineEastAsia さんのブログ記事

  • ブログのお休み
  • 2017年3月23日から2017年3月31日までブログの更新をお休みさせて頂きます。 次は2017年4月1日に記事をアップさせて頂きます。 [続きを読む]
  • Vol.178 : デイヴィッド・ロックフェラーの死去
  • Facebookで書かせて頂きましたが101歳でロックフェラー家第3代当主であるデイヴィッド・ロックフェラー氏が死去しました。 日本では、それほど大きく報道はされていませんが世界のメディアはこのことを大きく報道し世界に大きな衝撃が走りました。 ※The wall street journalより ロックフェラーの死去で、今後大きく影響する可能性があるのがアメリカの中央銀行であるFRBです。 FRBはけし [続きを読む]
  • 重要報告
  • 今まで、弊社の中でクライアントの事務処理や細かい処理をする『カスタマーサポート』はありましたが、日本語対応ができなかったため日本人クライアントにはお伝えしていませんでした。 そのため、担当コンサルタントに直接連絡して頂いていたかと思います。 準備が遅れてしまいましたが、ようやく日本語対応できるカスタマーサポートの準備が整いましたので、4月1日から正式に日本語でカスタマーサポートを稼働させて [続きを読む]
  • Vol.177 : 相続税対策に海外のスキームを活用する
  • Facebookの創業者が慈善財団を設立してそこに自身の資産を寄付していることは日本でも大きく報道され日本では『ザッカーバーグはヒーロー』的な報道をされていますが多くのアメリカ人は『この慈善財団は相続税対策』と認識しています。 実際、財団を設立するにあたりアメリカでは『課税逃れ』とバッシングもされているのでアメリカ人の多くが相続税対策と認識しているのはその報道があるからだとも言えます。 ※Fo [続きを読む]
  • Vol.176 : ロシア社債のETF
  • ロシアネタが続きますが下記のファンドは、ロシアの社債に投資をするETF(上場投資信託)です。 チャートはとんでもなく急落したように見えますが実際は上と下で20%くらいの差しかありません。 また、2014年から2015年の下落はロシアへの経済制裁の影響です。 しかし、社債を発行している企業が破産したわけではないので社債の価格は元に戻り、ファンドの基準価格も元に戻っています [続きを読む]
  • Vol.175 :上昇傾向のロシアルーブル
  • ロシア資本の弊社にとって、ロシア国内の情報を取得することは、とても簡単なことです。 例えば、日本国内で報道されていないことだと数年前、原油安の影響やロシアへの経済制裁への影響でロシア国内の景気は大きく傾き、ロシア国内の銀行が『毎週のようにどこか破綻していた』こと。しかしそのペースは日に日に鈍化していき『正常に戻りつつある』こと。 このような情報をリアルタイムで簡単に取得できる立場に弊社はあ [続きを読む]
  • Vol.173 : 上昇するアメリカ金利!!
  • ご存知の方も多いと思いますが再び、アメリカが利上げをすることとなりました。 ※NHKニュースより 為替市場では、利上げ発表と同時に『利益確定の売り』もあり、ドル円は円高に向かいましたが・・・・ ※Investing.comより しかし、これは一時的でしかないと見ています。その根拠は、確実に上昇しているアメリカドル金利です。 12ヶ月建てのLIBOR金利は下記です。 ※glo [続きを読む]
  • Vol.172 : 中国からお金を逃す方法
  • 徹底的に管理監視がされている中国では中国人でも外国人でも、中国国内にあるお金を海外に持ち出すのは、けっこう大変です。 しかし、そこに風穴をあけたのが仮想通貨のビットコインでもありました。 仮想通貨のことをあまり詳しくない人は多くの中国人が値上がり目的で仮想通貨を購入していると思っていますが(値上がり目的の人も多いですが)実際の所は、中国国内で多くの元がビットコインに両替されそのビットコイン [続きを読む]
  • Vol.171 : 外貨は日本円の保険と言う考え方
  • 例えば、運用をしてリスクを取りたくない人でも日本円で1000万円の預金があればそのうちの2割、3割くらいは外貨にしておくべきだと私は考えています。 しかし、このご提案をすると何割かの人は『円高に振れ、為替損失が発生することを嫌い』外貨預金を躊躇します。 ただ、例えばあなたが100%、1年後の為替が円安になると分かっていたらあなたは1000万円の預金を2割、3割ではなく全て外貨にしませんか? [続きを読む]
  • Vol.170 : 積立投資の満期までの推移
  • 積立投資の資産価値の変化を毎日『今日の運用状況』として、ブログにアップしていくのは面白いかなぁ?と思い、今日から毎日アップさせて頂くことにしました。 ※こちら クライアントの許可は頂いていますが個人情報をオープンにするわけにはいかないので全ての個人情報は隠させて頂いています。 しかし、毎日の数字の変化ははっきりと分かるようになっています。 ご興味のある方は『アメンバー申請』と『読者 [続きを読む]
  • Vol.169 : フーコック島での不動産投資
  • ちょっと面白いかなぁ?と思い現在調査している案件があるのですがそれが『フーコック島での不動産投資』です。 フーコック島???? と、思った方も多いと思いますがフーコック島は、ベトナムの中にあるリゾート島でイメージ的には、シンガポールのセントーサ島に近いです。 場所は下記。 ※Googleより ベトナムの不動産投資は、2015年7月住宅法の改正によりベトナムに入国できる外国人が [続きを読む]
  • Vol.168 : タンス預金を銀行を使わず海外に送る
  • 今後、マイナンバーが銀行口座に紐付けされ『政府に資産を把握されるのが嫌だ』と言う理由で銀行にお金を入れたくなく自宅の金庫などに、現金を置いている(タンス預金)人はかなり多いのではないでしょうか? また、その人達の中にはセキュリティーや日本円の価値下落のリスクを考えタンス預金の一部をオフショアなどの海外へ移したいと考えている人もいるかと思います。 問題は、どのようにオフショアへタンス預金を送 [続きを読む]
  • Vol.167 : 下がり続けるアメリカの失業保険継続申請件数
  • リーマンショック以降、アメリカの失業保険継続申請件数が下がり続けています。 ※Investing.comより チャートを見て頂いて分かるようにここまで長期間にわたり下がり続けているのは初めてのケースです。 そして、失業保険継続申請件数が下がり続けていることが意味することは『アメリカの景気が良い』と言うことです。 もちろん、このデーターだけでアメリカの景気の良し悪しを判断してはいけな [続きを読む]
  • Vol.165 : 連動する仮想通貨
  • 乱高下しているビットコインですが今、再び、最高値を更新しているのをご存知でしょうか!? しかし、弊社が注目しているのはビットコインではなく、他の仮想通貨です。 2つの仮想通貨のチャートを添付させて頂きました。 世の中に仮想通貨は何百種類もあるのですが時価総額(仮想通貨の)がトップ10に入るような仮想通貨は、時価総額トップのビットコインの上昇につられて上昇することが多い [続きを読む]
  • Vol.164 : 豪ドルとオーストラリア国債
  • 2011年から2016年まで豪ドルは対米ドルで、5年近く下落を続けました。 ※Investing.comより この背景にあったのが、先日ブログでも書かせて頂いたコモディティ価格の下落です。もちろん、それが全てはないですが(この間、オーストラリアの金利も低下しているため)一般的に資源国の通貨は、資源価格の下落で売られることが多いです。 しかし、コモディティ価格が下げ止まったことで今年に入り豪ドルは上昇 [続きを読む]
  • Vol.163 : 医療保険の考え方
  • 昨日、少し日本人クライアントと『医療保険』について話をさせて頂きました。 今の日本の医療制度を考えるとそこそこの貯蓄がある人は『医療保険はいらない』と思います。 それは、現在の日本の医療制度では、ガンになっても実際に自己負担の金額はかなり低いためです。 なので、そこそこの貯蓄があれば医療保険はいらないと言う発想になるのですが・・・・ ただ、日本の医療制度は少子高齢化の影響で崩壊しか [続きを読む]
  • Vol.162 : 上昇するコモディティ価格
  • 2013年以降、コモディティ価格は下げ止まらず、とんでもなく売り込まれてきました。 コモディティ価格の下落は中国の需要低下によるところとも言われましたが(間違いではないです。)、しかし最大の要因の1つは『中国企業』にあります。 かつての日本の企業もバブル期に財テクと称し余っているお金を『株式』『先物』『不動産』で運用する企業が多かったですが、中国企業にも全く同じ状況でした。 儲かったお [続きを読む]
  • Vol.161 : 弊社専属の格安税理士
  • すでにご利用されている方もいるのでご存知の方も多いと思いますが国際税務にも詳しい、日本の税理士の先生を弊社クライアントの方限定で、格安でご紹介しています。 私は、個人の確定申告などは(法人も)基本的には優秀な税理士に任せた方が良いと思っています。 その考えの根底にあるのは『何かあれば全て税理士の責任』と言う考え方です。 個人が確定申告をする場合は税務署もミスを指摘しくることが多いですが [続きを読む]
  • Vol.160 : 積立投資のモニター募集
  • このブログで書かさせて頂いているオフショア生保の積立投資は、毎月の一定の金額を年金のように積立、それをファンドに分散させ投資をする投資です。 ファンドの売却や購入に手数料は発生しないですし小額で複数のファンドに分散できるので(ファンドのアドバイスは弊社が行いますが)とても人気の商品です。 そして、現在その商品のモニターを募集しています。(弊社が募集しているわけではないですが・・・) 条 [続きを読む]
  • Vol.158 : マレーシア不動産の買い取り
  • 過去にもマレーシアの不動産バブルについて書かせて頂きましたが、その記事は※こちら マレーシアの不動産のピーク、もしくはもっともマレーシアの不動産は加熱したのは2013年前後ではないでしょうか? 今から、3、4年前にマレーシアで不動産を買われた日本人の方も多いと思います。 で、その時はまだ完成前のマンションだったと思いますがそれが、去年の夏あたりからようやく完成をしだしているころかと思い [続きを読む]
  • Vol.157 : 円高になる理由
  • 為替市場は1日におよそ4兆ドルの取引金額があると言われています。日本円で言えば450兆円以上なのでそれが、わずか1日で取引されていると思えばいかに巨大な市場なのか?と言うのがよく分かるかと思います。 また『およそ』と表現させて頂いたのはその数字が正確ではないためです。 なぜ、正確な数字ではないかと言うと為替の取引は、末端の店頭取引などもあるためそれらの取引データーは取得しにくく、正確な数字 [続きを読む]
  • Vol.156 : 通貨安の市場を狙う
  • オフショア生保のラップ口座は為替手数料がなしで様々な通貨建ての金融商品にアクセスができます。 これは、大きなメリットの1つとなりますがアメリカ大統領選挙後、ドル高により大きく下落している通貨が複数あります。 ・ドル/メキシコペソ ・ドル/ブラジルレアル(レアルは最近レアル高傾向ですが。それでも安いは安いです。) ・ドル/トルコリラ ・ドル/ロシアルーブ [続きを読む]