rakudancho さん プロフィール

  •  
rakudanchoさん: 駱駝ん町のブルース食堂
ハンドル名rakudancho さん
ブログタイトル駱駝ん町のブルース食堂
ブログURLhttp://ameblo.jp/rakudancho/
サイト紹介文大腸がん第4期。ステージ4。転移先:原発巣そばリンパ、肝臓2か所、肺。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供91回 / 279日(平均2.3回/週) - 参加 2016/09/14 23:13

rakudancho さんのブログ記事

  • 「夢で逢えたら」…外来化学療法2ndライン4クール目の経過#2
  • 序、状況:大腸がん第4期。いわゆる「ステージ4」。転移先:原発巣そばリンパ、肝臓2か所、肺。 2016年06月、大腸原発巣及びリンパの開腹手術。大腸管30センチ摘出。07月の療養期間を経、08月より化学療法=抗がん剤治療開始。プロトコル:mFOLFOX6+アバスチン。2週間で1クールを繰り返す。初日の通院にて半日日帰り入院で吊るし点滴、終了後、風船点滴を装着し、帰宅する。3日目夕方に風船点滴終了、通院にて針を抜く。開始から [続きを読む]
  • 「鬱るんです」…外来化学療法2ndライン4クール目の経過#1
  • 序、状況:大腸がん第4期。いわゆる「ステージ4」。転移先:原発巣そばリンパ、肝臓2か所、肺。 2016年06月、大腸原発巣及びリンパの開腹手術。大腸管30センチ摘出。07月の療養期間を経、08月より化学療法=抗がん剤治療開始。プロトコル:mFOLFOX6+アバスチン。2週間で1クールを繰り返す。初日の通院にて半日日帰り入院で吊るし点滴、終了後、風船点滴を装着し、帰宅する。3日目夕方に風船点滴終了、通院にて針を抜く。開始から [続きを読む]
  • 「果てしなき消耗戦」…外来化学療法2ndライン3クール目の経過#2
  • 序、状況:大腸がん第4期。いわゆる「ステージ4」。転移先:原発巣そばリンパ、肝臓2か所、肺。 2016年06月、大腸原発巣及びリンパの開腹手術。大腸管30センチ摘出。07月の療養期間を経、08月より化学療法=抗がん剤治療開始。プロトコル:mFOLFOX6+アバスチン。2週間で1クールを繰り返す。初日の通院にて半日日帰り入院で吊るし点滴、終了後、風船点滴を装着し、帰宅する。3日目夕方に風船点滴終了、通院にて針を抜く。開始から [続きを読む]
  • 「進撃の花見」…外来化学療法2ndライン3クール目の経過#1
  • 序、状況:大腸がん第4期。いわゆる「ステージ4」。転移先:原発巣そばリンパ、肝臓2か所、肺。 2016年06月、大腸原発巣及びリンパの開腹手術。大腸管30センチ摘出。07月の療養期間を経、08月より化学療法=抗がん剤治療開始。プロトコル:mFOLFOX6+アバスチン。2週間で1クールを繰り返す。初日の通院にて半日日帰り入院で吊るし点滴、終了後、風船点滴を装着し、帰宅する。3日目夕方に風船点滴終了、通院にて針を抜く。開始から [続きを読む]
  • 外来化学療法2ndライン2クール目の経過#2
  • 序、状況:大腸がん第4期。いわゆる「ステージ4」。転移先:原発巣そばリンパ、肝臓2か所、肺。 2016年06月、大腸原発巣及びリンパの開腹手術。大腸管30センチ摘出。07月の療養期間を経、08月より化学療法=抗がん剤治療開始。プロトコル:mFOLFOX6+アバスチン。2週間で1クールを繰り返す。初日の通院にて半日日帰り入院で吊るし点滴、終了後、風船点滴を装着し、帰宅する。3日目夕方に風船点滴終了、通院にて針を抜く。開始から [続きを読む]
  • 外来化学療法2ndライン2クール目の経過#1
  • 序、状況:大腸がん第4期。いわゆる「ステージ4」。転移先:原発巣そばリンパ、肝臓2か所、肺。 2016年06月、大腸原発巣及びリンパの開腹手術。大腸管30センチ摘出。07月の療養期間を経、08月より化学療法=抗がん剤治療開始。プロトコル:mFOLFOX6+アバスチン。2週間で1クールを繰り返す。初日の通院にて半日日帰り入院で吊るし点滴、終了後、風船点滴を装着し、帰宅する。3日目夕方に風船点滴終了、通院にて針を抜く。開始から [続きを読む]
  • 外来化学療法2ndライン期突入、1クール目の経過#2
  • 序、状況:大腸がん第4期。いわゆる「ステージ4」。転移先:原発巣そばリンパ、肝臓2か所、肺。 2016年06月、大腸原発巣及びリンパの開腹手術。大腸管30センチ摘出。07月の療養期間を経、08月より化学療法=抗がん剤治療開始。プロトコル:mFOLFOX6+アバスチン。2週間で1クールを繰り返す。初日の通院にて半日日帰り入院で吊るし点滴、終了後、風船点滴を装着し、帰宅する。3日目夕方に風船点滴終了、通院にて針を抜く。開始 [続きを読む]
  • 外来化学療法2ndライン期突入、1クール目の経過
  • 序、状況:大腸がん第4期。いわゆる「ステージ4」。転移先:原発巣そばリンパ、肝臓2か所、肺。 2016年06月、大腸原発巣及びリンパの開腹手術。大腸管30センチ摘出。07月の療養期間を経、08月より化学療法=抗がん剤治療開始。プロトコル:mFOLFOX6+アバスチン。2週間で1クールを繰り返す。初日の通院にて半日日帰り入院で吊るし点滴、終了後、風船点滴を装着し、帰宅する。3日目夕方に風船点滴終了、通院にて針を抜く。開始 [続きを読む]
  • 「侍座」…外来化学療法15クール目以降の出来事#2
  • 序、状況:大腸がん第4期。いわゆる「ステージ4」。転移先:原発巣そばリンパ、肝臓2か所、肺。 2016年06月、大腸原発巣及びリンパの開腹手術。大腸管30センチ摘出。07月の療養期間を経、08月より化学療法=抗がん剤治療開始。プロトコル:mFOLFOX6+アバスチン。2週間で1クールを繰り返す。初日の通院にて半日日帰り入院で吊るし点滴、終了後、風船点滴を装着し、帰宅する。3日目夕方に風船点滴終了、通院にて針を抜く。開始 [続きを読む]
  • 「変化しない治療、変化する心」鬼怒川温泉、栃木県、201701末
  • 先月は2017年正月。治療クールのスパンを確実に守る我が主治医の意向で、正月早々4日目から抗癌剤治療だったのだが、癌羅患者である事、闘病生活を送ること事が、次第に嫌に為り始めた2017年の新たな年明けの月でもあった。 02月現在、14クール目に突入した現在も、腰に着けた風船お土産点滴中は、其の我が身に嫌悪感や忌まわしさを憶え、針が抜けても鬱々と副作用期間を過ごし、5日目に身体が薬から抜けてようやく安堵の時を [続きを読む]
  • 「病は木から墜ちる」…外来化学療法13クール目8日目
  • 序、状況:大腸がん第4期。いわゆる「ステージ4」。転移先:原発巣そばリンパ、肝臓2か所、肺。2016年06月、大腸原発巣及びリンパの開腹手術。大腸管30センチ摘出。07月の療養期間を経、08月より化学療法=抗がん剤治療開始。プロトコル:mFOLFOX6+アバスチン。2週間で1クールを繰り返す。初日の通院にて半日日帰り入院で吊るし点滴、終了後、風船点滴を装着し、帰宅する。3日目夕方に風船点滴終了、通院にて針を抜く。開始から一 [続きを読む]
  • 「中性脂肪の恐怖」…外来化学療法12クール目8日目
  • 序、状況:大腸がん第4期。いわゆる「ステージ4」。転移先:原発巣そばリンパ、肝臓2か所、肺。2016年06月、大腸原発巣及びリンパの開腹手術。大腸管30センチ摘出。07月の療養期間を経、08月より化学療法=抗がん剤治療開始。プロトコル:mFOLFOX6+アバスチン。2週間で1クールを繰り返す。初日の通院にて半日日帰り入院で吊るし点滴、終了後、風船点滴を装着し、帰宅する。3日目夕方に風船点滴終了、通院にて針を抜く。開始から一 [続きを読む]