social-note さん プロフィール

  •  
social-noteさん: ソーシャルレンディングの投資ノート
ハンドル名social-note さん
ブログタイトルソーシャルレンディングの投資ノート
ブログURLhttp://sociallending-note.com/
サイト紹介文ソーシャルレンディング投資のメリットや危険性(デメリット)等、様々な情報を分かりやすく解説します。
自由文ソーシャルレンディングの投資に際し、そー言えば、といった感じの備忘録的に利用できるサイトを目指しています。

参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供27回 / 162日(平均1.2回/週) - 参加 2016/09/15 09:32

social-note さんのブログ記事

  • 知られていないソーシャルレンディングの期限リスク
  • ソーシャルレンディングのリスクについて、各案件のリスクや運営会社のリスクはよく知られています。まだマニアックと言えるソーシャルレンディング投資の世界、参加者はその辺りの事情をご存知の投資中〜上級者が多いため、リスクを把握した上で投資している方が殆どです。しなしながら意外に知られていないリスクがあります、それが”期限のリスク”。どういうことかと言えば、絶対的な金額は返ってくるけど予定通りの期日にお金 [続きを読む]
  • ラッキーバンクとトラストレンディングの違い
  •  主に不動産案件のソーシャルレンディングを扱って、10%程度の利回りの案件が多いラッキーバンクとトラストレンディング。不動産で利回り約10%、と言えば内容も一緒じゃないか?、という感もしますが、両者を比べてみると同じ不動産系ソーシャルレンディングですが、違いもあります。 今回は不動産案件中心で利回り約10%の案件が多い、ラッキーバンクとトラストレンディングの違いをまとめてみました。ラッキーバンクとトレスト [続きを読む]
  • 2016年の中国のソーシャルレンディング市場が2倍以上拡大
  •  2016年は日本でソーシャルレンディング市場が立ち上がりを見せた年と言え各方面から注目を浴びることになりましたが、お隣中国は既にソーシャルレンディング大国とも言える存在です。そんな中国のソーシャルレンディング市場が2016年は前年比で2倍以上拡大している様子。 日本とも、そしてソーシャルレンディング市場の本場とも言える欧米ともまた違った状態の中国のソーシャルレンディング市場ですが、爆発的に市場が拡大して [続きを読む]
  • クラウドクレジットの案件、為替ヘッジについての考え方
  •  先日、クラウドクレジットのセミナーに参加した際に、会社の方が時間を使って説明していたのが、為替ヘッジについて。海外案件のみを取り扱っているクラウドクレジットにおいて、為替リスクをどう考えるかは、投資する側にとっても大きな問題です。 1%程度と言われている手数料を払っても為替ヘッジをつけるか、それとも為替リスクを取っても利回りアップを狙うのか。先進国の通貨は為替ヘッジは無くてもいいかな、と思う面も [続きを読む]
  • クラウドクレジットの神戸セミナーに行ってきました
  •  クラウドクレジットはセミナーに積極的なソーシャルレンディング運営会社として知られています。11月は全国7都市(札幌・仙台・名古屋・京都・神戸・広島・福岡)でセミナーを開催。丁度時間があった管理人、神戸のセミナーに参加して参りました。 クラウドクレジットの考えやクラウドクレジットのソーシャルレンディング案件について、深く話を聞くことができた非常に有意義な時間となりました。セミナーに積極的なクラウドク [続きを読む]
  • ユニークな存在のクラウドクレジットについて
  •  日本のソーシャルレンディング業界は、多くの案件で国内の不動産案件を手掛けています。不動産案件、確かに儲かりますので・・・。ただソーシャルレンディング=不動産、となるとイマヒトツ面白みが・・・、という方もおられるのでは。 新興系のソーシャルレンディング運営会社で、クラウドクレジットという会社があります。クラウドクレジットは海外案件に特化している、ユニークなソーシャルレンディング運営会社となります。 [続きを読む]
  • 業界最大手maneo(マネオ)について
  •  日本のソーシャルレンディング業界を語る上で、欠かせない存在と言えるのが業界最大手のmaneo(マネオ)。2016年にはVC(ベンチャーキャピタル)からの資金調達にも成功し、IPO(株式上場)も視野に入りつつあるようです。 35,000人以上の投資家を抱え、これまで530億円以上の案件を成立させてきた業界の雄maneo。日本のソーシャルレンディングを語る上では、maneoの存在抜きには語れないので、今回はmaneoの会社や案件の特徴に [続きを読む]
  • ラッキーバンク(Lucky Bank)について
  •  新興系ソーシャルレンディング運営会社の中でも、着実に実績を上げているラッキーバンク(Lucky Bank)。2014年の会社設立ながら、案件は人気であり、資金調達の実績も約60億円に到達。 ラッキーバンクはどんな会社なのか、また同社の案件の特徴は? 不動産を担保に取って、不動産案件ベースに融資を行っている、新興系ながら着実なソーシャルレンディング運営会社と言えます。正式な社名はラッキーバンク・インベストメント株 [続きを読む]
  • SBIソーシャルレンディング及び案件について
  •  ソーシャルレンディング運営会社の中では珍しい、上場会社のグループ会社であるSBIソーシャルレンディング。ソーシャルレンディングへの投資に際しては、運営会社のリスクも考える必要がありますが、SBIソーシャルレンディングは運営会社のリスクをそれ程取らなくてもよいという、日本のソーシャルレンディング投資の中では、珍しい存在とも言えます。 そんなSBIソーシャルレンディングの会社内容及び、取り扱っている案件につ [続きを読む]