siyou110 さん プロフィール

  •  
siyou110さん: 農業大学8期生の畑だよ〜ん
ハンドル名siyou110 さん
ブログタイトル農業大学8期生の畑だよ〜ん
ブログURLhttp://kurakakemame1.blog134.fc2.com/
サイト紹介文家庭菜園する上で、色々と裏技を駆使して来たが、新たな裏技に向けて奮闘中・・・・・・・
自由文18年前ほんの1畝から始め、今では300坪(4ヶ所)で栽培 年間80〜90種類の野菜を栽培
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供156回 / 231日(平均4.7回/週) - 参加 2016/09/15 20:40

siyou110 さんのブログ記事

  • 品評会用の人参、種蒔く
  • 今年の、のうきょう祭りの品評会用の品種は 【タキイの翔馬】2〜3年前から挑戦するが、いつも参加賞を頂くのみ      今年こそは と、思うが専業農家には到底足元のも及ばないしかし、何事にも挑戦半月前から元肥えを入れ、しっかり耕した畝に、2列に種蒔きする溝を作り、そこへ約25mm間隔にペレット種子を蒔き、薄く土を掛けもみ殻を置いて鎮圧  たっぷりジョロで散水後、不織布を掛けて 種蒔き完了発芽までしっかりと水 [続きを読む]
  • セルリーに藁を敷く
  • 畝には黒マルチを敷いてあるが、セルリーは水で育てると言うらしく乾燥にはめっぽう弱いらしいそこでマルチの上から敷き藁を敷き しかも両サイドを少し高くしてジョロで散水した時や、雨降りに畝の中に水が入るように考案してみた    すくすく?? と育っているセルリー 収穫は10月から11月頃かな?   [続きを読む]
  • なすの誘引方法変更する
  • ここ数年間写真のように畝に対し、直角に枝を誘引している  今回、第二弾のなす(実生)は従来と変わって、畝に平行に枝を誘引する事とした 理由は幅広畝が取れないため、平行にした これによって、収穫時 通路が邪魔にならず通りやすいと思う   [続きを読む]
  • にっくき、青虫め
  • 先月、友達から頂いた山椒の木 畑にあるのは花が咲いても実の生らない木だったので2本頂いて大切に育てている  処が、気が付くと上の方の葉がなくなり、てっきり枯れたのかと思った  良く見ると、何とにっくきあげはの幼虫が鎮座しているではないかおまけに美味しい葉っぱを独り占めして丸々と太ってやがんのしっかりおしおきした後、長靴の裏でぶちゅーっと・・・・・・ 一巻の終わり   [続きを読む]
  • トマトの様子
  • 今年のトマトは出来が悪い 今まで収穫した量は約85個ほど いつもながらメタボぎみで、見るのもいやけがさす しかし、どう言う訳が病気や、虫にはやられていない 例年なら、タバコ蛾の被害や、カルシュウム不足等発生している  今年は玉の周りの葉を丹念にカットし傷の付かないよう注意している また、玉の形が悪いものは根気よく早めに摘果している この時点で、1本の木に34個生っているのが最高だ [続きを読む]
  • 真夏に備え、敷き藁する
  • 藁を敷くと何が植わっているか判りづらいが、これはしょうがです  里芋が乾燥には一番弱い  なすは黒マルチをしてあるが、さらに株間に敷き藁し、蒸発を防ぐ  こうしてあっても、日中になると水を欲しがってしょんぼりしている [続きを読む]
  • 鳥羽の海女料理を食べに行ってきました
  • 海と山に囲まれた、風光明媚な場所にある海女小屋はちまんかまど  まず最初は鯛の生き造り  この日は日本で一番暑かった伊勢地方 なのに炭火ががんがん焚かれているそばでの食事 まったくエアコンが利かないのにはさすがに、サウナに入りながら食事をしているようだ  これで2人分? と思ったが食べたら腹いっぱいに!  締めはアワビの踊り焼き  現役海女さんと楽しく会話しながら海女小屋体験をし、腹いっぱい海の幸 [続きを読む]
  • 始めての、セルリーに挑戦
  • 四月にセルトレーに蒔いたセルリーがようやく畑デビューする事にセルリーは肥料食いで、しかも水が必要という そこで黒マルチの畝に植えることに  秘密兵器を使って、植穴を開ける  2列で30株植え付け やや間隔が狭いようだ  美味しいセロリーが育ちますように (^∇^)   [続きを読む]
  • 久しぶりの雨で、畑の野菜さん大喜び
  • 何日ぶりのの雨か? 畑の主も喜んだがそれより里芋ん、きゅうりさん、なすさんが大喜び 特に水を欲しがる野菜には水を与えていたが、先日より水がめも底をついていた そんな中でこの大量の雨、 ほんとう言うともう少し分割してほしかった お陰で貯水タンクはまんぱんまずは 50 リッターの容器  次は 200 リッターの容器   続いて 300 リッターの容器  最後はは 500 リッターの容器  合計 1.050 リッター  これで当 [続きを読む]
  • ジャンボニンニク収穫する
  • 今年初めて、ジャンボニンニクを栽培してみました思ったより簡単に大きなものが収穫できました  一個約600gあり、結構ずっしり重い  周辺にはイチョウの実のようなものが数個付いている これを、今年の秋に植えると小さなニンニクになる  せっかくなのでスーパーの売り場に陳列して見た 左側が普通のニンニク 売れたらもうけもの 売れなかったら引き上げて今年の種にする予定   [続きを読む]
  • なす これから本格的に・・・・・・
  • 今年は千両二号 5本と、ふわとろ 5本のなすを育てるこれまでは膝から下の花芽は全て欠いていたが、木もしっかり育ってきたのでこれ以降の花芽は実を生らせる事とした  ふわとろは実も柔らかいが、茎も柔らかく慎重に扱っていても、誘引して風が吹くとすぐ折れてしまうすでに5〜6本 折らかしている   [続きを読む]
  • ようやくショウガ、芽を切る
  • 待ちに待ったショウガの芽がようやく生えそろった昨年半数以上が腐った例もあり、今年もどうかと心配していたが何とかほとんど芽が出そろった  今年こそ良いショウガが採れますように   [続きを読む]
  • かぼちゃ、初収穫する
  • 3月初旬に蒔いたかぼちゃがそろそろ収穫時期となった 一株当たり、平均2個づつ成っている しかし2個以上成ると中々止まってくれない  何個か確認したところ、蔕の部分がコルク状になっており収穫のシグナルが出ている  御覧の様に6個収穫 はたしてお味の方は?   [続きを読む]
  • じゃがいも、試掘りする
  • じゃがいもの葉が倒れ始めたので、そろそろ収穫の合図下の写真は、それぞれ一株当たりの収穫量こちらは ”インカノメザメ”  この品種は収量が少ないと言うが、結構な収穫量あり 但し、品種の特性上やや小さい 赤いのは ”アンデス” これは春、秋兼用の品種 一番 遅く植えたのでまだ発展途上国のようである 畑友の Sさん より今年の春に掘りあげたものを種芋として使用する [続きを読む]
  • 初めての、ジャンボにんにく
  • 今年初めてのジャンボにんにく種をもらった I さん からのアドバイスで球を大きくするには葉に養分が行かないように、軸を15cmほど残してカットすると良いとの事言われるがままにばっつさりとカットする  カットした先端部  写真のように、地割れしてきたら収穫のサインらしいです   [続きを読む]
  • ほうずき 実が付く
  • 毎年あと一息と言う所で失敗するほおずき 今年こそはと、期待を込めてモノにしたいものだ 白い可愛い花が咲き始める  良く見ると、けっこう大きめの実が付いている これからの作業は、脇芽取り、アブラムシ・テントウムシダマシの駆除 それに支柱立て 中でも脇芽取りが大変で、取っても取っても脇芽が出る   [続きを読む]
  • とうがらし、4本仕立てする
  • とうがらしもなす同様に4本仕立てで栽培 これまで脇芽はこまめに取り、ある程度中央部分は摘心してきた  8本中、全て4本にはなっていないが ほぼ完成形となった昨年はこのやり方で、12月初めまで収穫でき 高さは1.800mmで芯留めした   [続きを読む]
  • かぼちゃ、その後
  • かぼちゃが支柱いっぱいに伸びている これ以上、上には登れない 当初から一株に2個生れば、摘心する事と決めている 約半数以上は摘心したが、未だ全く花芽がない株がある  以下が、成長したかぼちゃの面々です           ざっと数えて、10〜11個ほど生ってます [続きを読む]
  • とうもろこしの異変
  • とうもろこしの髭が茶色く色付き始めた 実を触ってみると確かな手ごたえありしかし、どういうわけか写真のように 雄・雌 同時に咲いている数えてみると7個ほどこのような現象になっている  それとまたまた奇妙な状況が 実の下から髭がでている 今年は異変だらけだ 果たして食べられるとうもろこしができるか心配である   [続きを読む]
  • ここで、一休み
  • 畑の一角にお花畑 この処、少し作業すると汗ばむ季節となった そんな時、休憩しながらこの花を見る 疲れもすこ〜っし やわらぐ  以前にもこんにゃくの花を紹介しましたが こちらは綺麗に咲いた   [続きを読む]