こっこ さん プロフィール

  •  
こっこさん: 母の自殺と向き合う娘のブログ
ハンドル名こっこ さん
ブログタイトル母の自殺と向き合う娘のブログ
ブログURLhttps://ameblo.jp/saki--24/
サイト紹介文2016年6月母を自死で亡くしました。40代女性です。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供115回 / 337日(平均2.4回/週) - 参加 2016/09/15 23:55

こっこ さんのブログ記事

  • お盆
  • 母が亡くなるまでは、夏休みは何処かに旅行に行っていましたが、今年も実家に帰るのみ。だけど子供達は案外とても楽しかったみたいです。考えてみれば、私も子どもの頃は広島に帰省することが楽しみでした。いとこ達と一日中テレビを見て、駄菓子屋で駄菓子屋を買って食べて、親戚一同で夕食を食べて、風呂に入って寝てただけなんですが、すごく楽しかったんですよね。大人が何処かに連れて行ってくれるわけでもないし、ダラダラ [続きを読む]
  • 自死に関するニュースで
  • ブロガーさんの件や、研修中の新入社員、研修医の自死されたニュース。辛い知らせが多く滅入っていたところへ今度は3年前に自死された歌手の方の死因が、パートナーの不貞によるものだったという記事を読んでしまった。記事に書かれていることが全て事実かはわかりませんが、これが本当なら今頃になって公開された遺族の心情やこれまでの葛藤、亡くなられたご本人の絶望感を想像してしまい、何とも言い難い気持ちになりました。原 [続きを読む]
  • ジャム in Nagoya
  • 昨年は母の死で全く楽しめなかった関ジャニ∞のライブに今年も行ってきました。名古屋はコスプレサミットやお祭りなどいろんなイベントが重なり、かなりごった返してていました。 電車でたくさん食べたのに八天堂に唐揚げ、スイカ杏仁着くなり昼食 ベタにきしめんコメダでカキ氷ゆかりとコラボのチーザ 美味い!超オススメ食べ過ぎ??今回から到着してみないと座席がわからなかったのですが行ってみたらアリーナ 前から10列 [続きを読む]
  • 激しい怒り 詐欺行為
  • すみません、気分の悪い話です。帰り道、自転車を漕いでいたら、知らない電話番号から電話が。母方の祖母の件で高齢者支援センターからでした。90歳の祖母の家に若い男が何度も訪問し、昔母からもらった指環を3つ持って行ったとのこと。騙されたことを息子である叔父にも言えずに訪問看護の人に相談したらしくて、その報告でした。家にあげたら最後、高齢の祖母には太刀打ちできなかったようです。泣きました。人生の終わりに娘を [続きを読む]
  • 加太で釣りと温泉
  • 長男も次男も珍しくオフだったので私が行きたかった海と次男がやりたかった釣りを両立させようと、以前から行きたかった和歌山県加太に行ってみました。釣りはど素人。前日に釣具店へ。行き先と初心者であることを伝えてお店の人に話を聞くと、サビキ釣りが素人にはオススメということで、1番安い竿など、最低限のものを購入。朝は5時に起きていざ出発‼?「あれ?なんか天気あやしくない?」と言っている間に豪雨と雷が。すかさ [続きを読む]
  • フリージング
  • 今日は久々何も用事がない日朝からスイッチが入って一ヶ月に一度あるかないかのスイッチです一通り掃除をしたら常備菜作りスタート地味に玉ねぎの皮むきが面倒で嫌いなのでどこまで剥いたらいいのかたまに迷うし12個購入し、2個は今日使って残り4個は皮むきしてジッパー袋に入れて冷蔵残り6個はみじん切りにしてジッパー袋に入れて冷凍庫に保存。これで普段の調理がかなりラクになります。これすらしたくない時は、生協で刻み玉ね [続きを読む]
  • 外食
  • 用事があり梅田へ子どもたちは友人と天神祭に行ってしまい夕飯を用意しなくても良かったのでちょっと行ってみたかったお店に行ってみました幸せのパンケーキ夕飯どきにパンケーキ、しかも平日でしたが5組待ちで12分程度の待ち時間ということで私には珍しく待ってみました。だけど、結局40分は待ったかな…しかもオーダーしてから運ばれてくるまでが遅い!20分は待ちました。中国人の観光客が食べ終わったあともいつまでも座ってい [続きを読む]
  • しょっぱいケーキ
  • 今月は入院などがあり父と行動を共にすることが多くて必然的にいろいろな話をしました。姉は子育てにおいていろいろな配慮ができずに、保健師さんのお世話になっています。仕事はクビになったけど、母親に精神障害があり保育にかけるとして、保育所にも入れていただいています。世間からは怒りを買うと思います、働きもせず昼間は何をしているのか私も知りません。あの体型を見ると、たぶんゴロゴロ寝ているのだと思います。 姪は [続きを読む]
  • 人工知能
  • ニューズウィーク日本版よりhttp://www.newsweekjapan.jp/stories/world/2017/07/ai-16.php人工知能を利用し自殺を予測する試み現在の精神科医療は、医師の主観に頼っている。だけど、それでは藁にもすがる想いでもがき、正常な判断力や分析力を失っている患者とその家族を救うことはできない。客観的に危険性が診断できる一助となればいいなと思う。医者の仕事の一部を奪うものにもなりうるので、医師会あたりが難色を示さなけれ [続きを読む]
  • good enough mother
  • お母さんが大すきです。その気持ちは本当に正直なところで、お母さんの娘で良かったと心から思っています。だけど、母はすごく厳しくて、うるさくて、殴られたり怒鳴られたり娘としては大変なところもありました。母のことを非難したいんじゃないんです。だけど、自分が子育てしていくなかでかなり影響を受けていることなのです。アダルトチルドレンという言葉があります。その中で、虐待問題に携わることがありました。そこで感 [続きを読む]
  • 朝焼け
  • 今朝、4時半に目覚めてしまいましたが、そのおかげでめっちゃキレイな朝焼けを見ることができました美しい景色を見ると気持ちが浄化します [続きを読む]
  • 心療内科に行かなくなった理由
  • 3月末で心療内科の通院をやめました。理由は祖母の入院で時間がなかったのもありますが、それ以外にもあります。本当に死にたいという言葉がちらつくくらい落ち込んでいるのに、受診したら「元気そうですね!」とか「顔色いいですね」とか言われるんです。それも毎回。いや、いい先生だとは思うんです。だけど、やっぱり人の気持ちって生活をみてない他人にはわからないよなという当たり前のことにぶちあたって。母もそんな気持ち [続きを読む]
  • 一年経って現在の気持ち
  • ・ものごとには全てにおいて終わりがあることを知った。・辛い気持ち、罪の意識、会えない無念さが今後も消えることはないことを受け入れた。受け入れたら不思議と少し楽になった・罪悪感の一方で、それなりに家族も頑張ったので、これ以上どうすれば良かったのだとも時々思うことがある・一時期は物欲すら罪に思えたが、キラキラしたものを見ると気持ちが上がることも増えた。欲しいものもある。・音楽を聞いても辛さが消えなか [続きを読む]
  • 七夕バージョン
  • 生協に売ってて注文。届くのを心待ちにしていましたが、今日届きました。小学生の時は文房具をすべてキキララで揃えたなぁ〜、さすがに今ではグッズは持ち歩きませんが見たらテンション上がります。カワイイ〜〜いい歳して、ラムネ味とかジャンキーな味も好きです。このカプリコはイチゴ味とソーダ味で、フレーバーも好みな上、ミニサイズなので中年のちょっとだけ甘いものを食べたい欲求に丁度いい。罪悪感なし(笑)肝心の七夕 [続きを読む]
  • 看護ができることとは
  • リンパ浮腫に対してのマッサージの講習会に行ってきました。ものすごく刺激を受けた1日になりました。外科手術後のリンパ浮腫は、現時点では1度なると治癒しないと言われており、患者の生活の質を大きく左右するにもかかわらず、病気を治すということに関わるわけではないために、これまで軽視されてきた分野です。最近ようやく専門外来などが出来始めましたがまだまだ少数です。とくに講師の方が本当に聡明な素敵な方で、看護の [続きを読む]
  • 一番の不安
  • 姉が精神疾患を患って20年以上経つ。子どもを授かった時、1番不安だったのが姉に似たらどうしようということ。不安は的中し、長男は姉に似ているところがある姉は大人しく手のかからない良い子だった。だけど、大人になり自分の気持ちや意見を口にするようになると、驚くほど社会に不適合で自己中心的な思考を持っていることがわかった。それが精神疾患によってそのようになったかもわからないのだが、普段は大人しいが時折物凄く [続きを読む]
  • 病は非情ですね。彼女がどんな想いで愛してると最後に述べたのか。今、ご家族が味わっておられる気持ち大切な人ともう会えなくなる、会話できなくなるそれが現実であることを実感してくるのが直後ではなく、それ以降に強くなってくるのをちょうど一年ほど前に経験したので現在の心中はいかばかりかと想像してしまいますいつも通りにすごすとおっしゃっていました。凄いですよね、私なんて色も音も消えてしまい日付けもあやふやに [続きを読む]
  • 何でいなくなってしまったん
  • 父の検査が終了しました。3つある冠状動脈のうち一つは完全閉塞、もう一つは強度の狭窄が見つかりました。徐々に閉塞したので心筋には異常はなかったし、幸いなことに一番重要な部位は何もなっていなかったので、ステント治療を複数回すれば何とかまたゴルフもできるように回復しそうです。 仕事を休み、早起きして掃除洗濯、夕食とお弁当を作り、父に付き添い、医師の説明を受け、高速を飛ばして帰り子どもにご飯を食べさせ、宿 [続きを読む]
  • 父の入院
  • 母の一周忌の帰りに、尾道で寄り道して食べ歩きをしました。子供達も広島に行っても、いつも曽祖母の家ばかりなので、広島のよいところにも連れて行きたいなと思っていたからです。尾道は観光地として人気があります。商店街には食べ歩きできるドーナツやサイダー、クリームぜんざいなどの店やワッフル、尾道ラーメン、尾道焼き、海鮮などのお店。母とも何度も行ったことがありました。 姉と女3人で行った唯一の旅も尾道で [続きを読む]
  • 喪服
  • 一周忌法要のとき、親族は喪服を着ることが多いそうです。いざ着ようと出してみたらあの日の記憶が蘇り、あの日と同じ喪服は辛すぎてどうしても着れずに濃紺のセットアップに黒ジャケットにしました。アクセサリーもパールにはしませんでした。苦行になってしまっては母も喜ばないと思い避けられるストレスは避けるようにしました。広島には茶の子という習慣があり、来てくれた人に渡しますが、商品券にしました。母が好きだった [続きを読む]
  • 命日に 何とも表現できない気持ち
  • 木曜日は母の命日でした。辛すぎてこの先生きていけるのか、こんな辛い気持ちとともに、生きていかなくてはならないことがこの先何十年も続くのか自分の身に起こったこの悲劇は本当なのか。辛いと時間が過ぎるのは遅く感じるはずですが振り返るとあっと言う間に感じる1年でした。 母の友人がたくさん来てくれました。こんなに大きな花束見たこともありません。本当にありがとうございます。母の友達は、メンバーの半分はわた [続きを読む]
  • 一周忌法要を終えて
  • ここ最近、落ちないように気をつけて生活してきました。4月から5月はじめくらいまで、自分のこれまでやってきた事や母の死について徹底的に向き合う作業をしました。そしたらものすごく落ちてしまってなかなか這い上がれないでいました。向き合うというと自発的な表現ですが、向き合わざるをえない状況になってしまいました。簡単に言うと、生活全般が全てうまくいかなくなりました。長男の成績は中学に入った当初は上位だったの [続きを読む]
  • ある方の訃報をきいて
  • http://nme-jp.com/news/38137/有名なミュージシャンの方が自死で亡くなり家族の方がコメントを出しておられます。すごく共感すると言えば薄っぺらく感じるけど本当にすごく共感する内容でした。遺族はクリス・コーネルが服用量を超えて向精神薬のアティヴァンを飲んだかもしれないことに触れている。「医学文献の中にはアティヴァンのような薬はパラノイアや自殺願望、言語障害、判断力の低下を引き起こすと指摘しているものもあ [続きを読む]
  • 食べること
  • このところたまに母の夢をみます。今日は食が細い次男の食事について悩んでいたら、母があれはどう?これはどう?とかいろいろ提案してくれました。いつもそうなんですけど、夢の中でも母は他界している設定なので、会えた嬉しさに泣いているととなりには父や夫がいて、「お母さんに会えて良かったな」と言われて、また泣いているあたりで目が覚めました。半分夢の中でこれは夢だとわかっているのですが母の夢のときはいつもこん [続きを読む]
  • お陰で
  • 今日は母の日。義理の母に花を贈った段階が一番辛かったですが、当日は取り立てて辛いこともなく過ごせました。義理の母は毎年花を贈ったらお礼の電話をくれていたのですが今年はメールでした。正月に行ったときも、腫れものにさわるような扱いだったのですが、自殺に対しての嫌悪感からくるものなのか気をつかわれているのか、単に気を遣わないといけない相手が面倒なのかわかりません。だけど別にショックとかはなかったです。 [続きを読む]