こっこ さん プロフィール

  •  
こっこさん: 母の自殺と向き合う娘のブログ
ハンドル名こっこ さん
ブログタイトル母の自殺と向き合う娘のブログ
ブログURLhttp://ameblo.jp/saki--24/
サイト紹介文2016年6月母を自死で亡くしました。40代女性です。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供100回 / 288日(平均2.4回/週) - 参加 2016/09/15 23:55

こっこ さんのブログ記事

  • 一番の不安
  • 姉が精神疾患を患って20年以上経つ。子どもを授かった時、1番不安だったのが姉に似たらどうしようということ。不安は的中し、長男は姉に似ているところがある姉は大人しく手のかからない良い子だった。だけど、大人になり自分の気持ちや意見を口にするようになると、驚くほど社会に不適合で自己中心的な思考を持っていることがわかった。それが精神疾患によってそのようになったかもわからないのだが、普段は大人しいが時折物凄く [続きを読む]
  • 病は非情ですね。彼女がどんな想いで愛してると最後に述べたのか。今、ご家族が味わっておられる気持ち大切な人ともう会えなくなる、会話できなくなるそれが現実であることを実感してくるのが直後ではなく、それ以降に強くなってくるのをちょうど一年ほど前に経験したので現在の心中はいかばかりかと想像してしまいますいつも通りにすごすとおっしゃっていました。凄いですよね、私なんて色も音も消えてしまい日付けもあやふやに [続きを読む]
  • 何でいなくなってしまったん
  • 父の検査が終了しました。3つある冠状動脈のうち一つは完全閉塞、もう一つは強度の狭窄が見つかりました。徐々に閉塞したので心筋には異常はなかったし、幸いなことに一番重要な部位は何もなっていなかったので、ステント治療を複数回すれば何とかまたゴルフもできるように回復しそうです。 仕事を休み、早起きして掃除洗濯、夕食とお弁当を作り、父に付き添い、医師の説明を受け、高速を飛ばして帰り子どもにご飯を食べさせ、宿 [続きを読む]
  • 父の入院
  • 母の一周忌の帰りに、尾道で寄り道して食べ歩きをしました。子供達も広島に行っても、いつも曽祖母の家ばかりなので、広島のよいところにも連れて行きたいなと思っていたからです。尾道は観光地として人気があります。商店街には食べ歩きできるドーナツやサイダー、クリームぜんざいなどの店やワッフル、尾道ラーメン、尾道焼き、海鮮などのお店。母とも何度も行ったことがありました。 姉と女3人で行った唯一の旅も尾道で [続きを読む]
  • 喪服
  • 一周忌法要のとき、親族は喪服を着ることが多いそうです。いざ着ようと出してみたらあの日の記憶が蘇り、あの日と同じ喪服は辛すぎてどうしても着れずに濃紺のセットアップに黒ジャケットにしました。アクセサリーもパールにはしませんでした。苦行になってしまっては母も喜ばないと思い避けられるストレスは避けるようにしました。広島には茶の子という習慣があり、来てくれた人に渡しますが、商品券にしました。母が好きだった [続きを読む]
  • 命日に 何とも表現できない気持ち
  • 木曜日は母の命日でした。辛すぎてこの先生きていけるのか、こんな辛い気持ちとともに、生きていかなくてはならないことがこの先何十年も続くのか自分の身に起こったこの悲劇は本当なのか。辛いと時間が過ぎるのは遅く感じるはずですが振り返るとあっと言う間に感じる1年でした。 母の友人がたくさん来てくれました。こんなに大きな花束見たこともありません。本当にありがとうございます。母の友達は、メンバーの半分はわた [続きを読む]
  • 一周忌法要を終えて
  • ここ最近、落ちないように気をつけて生活してきました。4月から5月はじめくらいまで、自分のこれまでやってきた事や母の死について徹底的に向き合う作業をしました。そしたらものすごく落ちてしまってなかなか這い上がれないでいました。向き合うというと自発的な表現ですが、向き合わざるをえない状況になってしまいました。簡単に言うと、生活全般が全てうまくいかなくなりました。長男の成績は中学に入った当初は上位だったの [続きを読む]
  • ある方の訃報をきいて
  • http://nme-jp.com/news/38137/有名なミュージシャンの方が自死で亡くなり家族の方がコメントを出しておられます。すごく共感すると言えば薄っぺらく感じるけど本当にすごく共感する内容でした。遺族はクリス・コーネルが服用量を超えて向精神薬のアティヴァンを飲んだかもしれないことに触れている。「医学文献の中にはアティヴァンのような薬はパラノイアや自殺願望、言語障害、判断力の低下を引き起こすと指摘しているものもあ [続きを読む]
  • 食べること
  • このところたまに母の夢をみます。今日は食が細い次男の食事について悩んでいたら、母があれはどう?これはどう?とかいろいろ提案してくれました。いつもそうなんですけど、夢の中でも母は他界している設定なので、会えた嬉しさに泣いているととなりには父や夫がいて、「お母さんに会えて良かったな」と言われて、また泣いているあたりで目が覚めました。半分夢の中でこれは夢だとわかっているのですが母の夢のときはいつもこん [続きを読む]
  • お陰で
  • 今日は母の日。義理の母に花を贈った段階が一番辛かったですが、当日は取り立てて辛いこともなく過ごせました。義理の母は毎年花を贈ったらお礼の電話をくれていたのですが今年はメールでした。正月に行ったときも、腫れものにさわるような扱いだったのですが、自殺に対しての嫌悪感からくるものなのか気をつかわれているのか、単に気を遣わないといけない相手が面倒なのかわかりません。だけど別にショックとかはなかったです。 [続きを読む]
  • カプリチョーザ
  • 炊飯器を見に、ヨドバシ梅田に行ってきました。結局、値段がピンキリすぎて決心がつかず、買わずに帰ってきました。一万円台からあるけど欲しかった機種は一番高くて炊飯器に12万出せるのか?しかも内釜が土鍋で割れやすい可能性がと言われたら決めきれませんでした。蓋が開きにくくなっているけどもう少し今ので粘ろう。お昼は新しい店もいいけど懐かしい店に行ってみようと思いカプリチョーザで、トマトとニンニクのスパゲティ [続きを読む]
  • 参考にしているお弁当ブログ
  • 連休が明けて、またいつもの日常ですね。このところ無理しないをテーマにしすぎたら、ダラダラと余計なことばかり考えて、よけいに泥沼にはまってしまいました。 サボるばかりではダメなんですね。無理なく頑張る、バランスがこんなにも難しいなんて。やっぱりまだまだ前の自分とは違うなと思います母が鬱のときもそこを私が解っていればまた違ったのかなと思いますが、母自身は解って実践していたけどダメだったのかもしれ [続きを読む]
  • ものすごい窮地に付随してくるもの
  • 母の自死自体がショックで、悲しくてそれだけでも充分に傷ついてボロボロなのですが母が、亡くなって、知りたくなかったことを沢山知ってしまい、気が付いてしまい、それによってもかなりのダメージを受けたなぁと思うことがよくあります。そのひとつが、夫の実家との関係。義母はいい人だと思います。が、かなり人間関係がドライでマイペースな人です。お土産とかプレゼントとか、貰うのが面倒というので、はじめは贈ったりして [続きを読む]
  • 今日思ったこと
  • 今日ある方を見舞いました。勤務先で治療を受けられていた方です。終末期、恐らくは連休明けで出勤したらもうその方には会えないと思います。だから今日行きました。身の置きどころのない痛みで食事を摂ることも眠ることもできない。もうそういう状態が2ヶ月ほど続いています。もともと、不安や自分の気持ちを一切言わない人でした。厳しい告知のあとも淡々と表情を変えない。スタッフとして、どこまで病気を理解しているのか掴み [続きを読む]
  • destiny
  • destiny 今、やっている湊かなえさん原作のドラマの主題歌ですが、重厚な旋律がすごく印象に残る歌です歌詞に通り過ぎた時間だけをただ懐かしむのは好きじゃない夢見ていた未来たちと 違う景色を見て 違う人愛したそれでもまださだめを信じてるとありますこれはたぶん、男女のことを歌ったものなので私の状況とは違いますがだけど、何か心に刺さるものがあります。今日は母の一周忌にお土産に渡す品を買い [続きを読む]
  • 母の日
  • 母の日が近づいてきました。去年の母の日は、毎年恒例のフラワーアレンジメントを母と義母に送りました。最後になるなら、もっと心を込めて選べば良かったけど、母のお世話に通う日々で余裕がなく、どんなものを選んだのかすら記憶にありません。姉は鉢植えを選んで贈ったけど、手間のかかる鉢植えを贈ったことを母に怒られていました。母の状態を知りつつ配慮できない姉も悪いけどもらったものに感謝も言わずに怒る母が理解でき [続きを読む]
  • 一周忌をひかえて
  • 母の友達数人は未だに月命日に実家に来てくれます。一周忌にも一緒に大谷に参る約束です。月命日の仏壇へのお参りは、お友達の申し出で1年続けてきましたが、先方からは辞めるとは言いにくいかなと私から切り出したのですが、一周忌で月命日に実家の仏壇に参っていただくのは一区切りつけることにしました。父か私が月命日は実家にいなければならず、長く続けるのは負担になるのもあります。近くにいながら止められなかった、もっ [続きを読む]
  • そうだ 京都、行こう。
  • 休日。夫不在、長男部活の大会で1日不在、次男遠征で不在。こんなことははじめてかもしれない。どう過ごそう。1番の親友がいます。心から気が合い、趣味が合い、貴重な存在です。ジャニオタ友達でもあります。彼女は男運が悪くて、10年以上くされ縁でズルズルと付き合ったり別れたりしている彼氏とスッパリ縁を切る!私は母の出来事以来本当にいいことがなくて、そろそろ負の連鎖から解放してくれてもいいんじゃない?神様?って [続きを読む]
  • 体育会系じゃないので わからない
  • 次男のサッカーのことなのですが。私のイメージするサッカーって、金髪の選手もたくさんいるしチャラいイメージなんだけど、チームには礼儀やいろいろしきたりがあってそれが難しい。たまたま次男がハマったから、仕方なくやってますけど、サッカー少年の親ってなかなか大変です私もスポーツをやっていたけど個人種目だったし、こんなにポジション争い等で親の人間関係が大変だとは知りませんでしたし、自分が非常識なのか、チー [続きを読む]
  • 母からの最後の贈り物
  • 川島なお美さんのご主人の記事をたまたま読みました。https://news.yahoo.co.jp/pickup/6236864なお美さんが亡くなってからご主人の誕生日に届いた腕時計。今までは、腕時計は別れてしまうジンクスがあるからと、もらったことはなかったのに。母の最後のプレゼントを思い出しました。ハンカチが二枚でした。阪急百貨店で毎年人気だという七色を使ったセブンカラーズというシリーズです。厄除けの意味があるそうですが、普通にカラ [続きを読む]
  • 干しダコでたこ飯
  • 広島土産に買ってきた干しダコ焼いてチビチビかじるのが好きですが、袋にたこ飯の作り方が書いてあったのでこんなにペラペラなのにたこ飯になるの?と半信半疑ながら作ってみましたたこ飯適当に干したこをカットして醤油と酒に漬けてから炊飯するだけ。油揚げも入れました。ちなみに普段はたこ焼きをした時に多めにタコを買って、余った(余らせた)タコで翌朝はたこ飯にすることが多いです。ちゃんとプックリしたたこにもどり、 [続きを読む]
  • 生かされている
  • いつも読ませていただいている方々のブログに、複数書かれていたことがあります。休みの日にいろいろと悪い方に考えてしまうと。実はわたしもそうなんです。私は不規則勤務なので今日は平日だけどお休みでした。昨日広島から帰ってきて、夜にいろいろ考えて涙が止まらなくなりました。その続きをダラダラやってしまいました。仕事があると起きるべき時間に起きて、出るべき時間に出て、いろんな患者さんとやりとりしているうちに [続きを読む]
  • 春休み終わり
  • 広島からの帰りの新幹線で書いています。 広島に行くといつも、母が亡くなったというよりいなくなってしまったと思います。お陰様で祖母はあるけるようなり退院しました。また一人暮らしがはじまりました。私は、春休みのはじめの方は良かったんだけど 最後は調子が悪くなってしまいました。それでも映画に行ったり、実家に泊まりに行ったり、温泉に日帰りしたり、まあまあ楽しんだかな。長男は年パスを使って4回もユニバに [続きを読む]
  • 爆睡!ユメミーワールド大突撃
  • 約1年前に公開されたクレヨンしんちゃんの映画です。今日テレビでやっていましたがもちろん録画しました。私にとって非常に思い入れの強い作品です。去年の春休みは、母の自殺未遂からの入院で子どもたちをどこにも連れて行ってやれませんでした。春休み、長かった中学受験も終わり、ひたすら遊びを我慢してきた子どもたちと、旅行に行こうか、遊園地に行こうかと楽しい行事満載の予定でした。それが、母の自殺未遂で全てなくなり [続きを読む]
  • パワハラについて
  • うちの母は体調の悪化と鬱の悪化で自死しましたが、パワハラが原因で亡くなった方があまりにも多いことにブログをやってから気がつきました。身近でパワハラを経験しました。された方は心身ともに体調を崩して退職を余儀なくされ、それも最後まで出勤できなくなるまで追い詰められました。私自身も同じ人物からパワハラを受けました。そんな折、また別のパワハラで処分され、他の病院に飛ばされることになった部長の送別の式典に [続きを読む]