Jin さん プロフィール

  •  
Jinさん: Jinのどろーいんぐ
ハンドル名Jin さん
ブログタイトルJinのどろーいんぐ
ブログURLhttp://zin9648.blog.fc2.com/
サイト紹介文有名人の鉛筆画を描いています。
自由文ジジイが描く絵なので古いものが多くまだまだリアルな領域にはほど遠いですが、新旧問わず、老若男女問わず、ランダムに描いています。映画が好きで特に1970年代の作品からは多くの影響を受けたので時々はそちらの絵が出てくると思います。鉛筆画を描くキャリアはまだ浅く画も紹介文も雑なところはお許しください。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供81回 / 191日(平均3.0回/週) - 参加 2016/09/17 13:49

Jin さんのブログ記事

  • 注目の9頭身美女 中条あやみさんです
  • 今回はあまりにもお顔が小さすぎてその表情を上手く描けるか(?)不安の中条あやみさんです。最近CMなどでもよくお見かけしますし映画でも広瀬すずさんの話題作『チア☆ダン』にも出演しています。お顔立ちはハーフ特有の日本人離れした表情もあるかと思えば角度や光の加減によっては驚くほど日本女性的な美しさを感じさせる不思議な魅力を持った方だと思います。  記事のタイトルに”注目の9頭身〜”とつけたからには肝心の全 [続きを読む]
  • 石川恋さんを描きました
  • 大ベストセラーとなった「ビリギャル」で本の表紙を飾った石川恋さん私も初めて目にした時はその表情に強いインパクトを受けたことを覚えています。『東京タラレバ娘』では髪も黒く自然な感じになって新しい魅力を出してました。自由奔放で天然すぎるキャラクターも彼女にピッタリの役どころでしたね。  今回は3月22日の最終回に何とか間に合せようと速攻攻撃で描いたので????どちらもあまり似てなかったかもしれません(^_^ [続きを読む]
  • 柳楽優弥さんを描きました
  • 今回は凄い目力を持った注目のアクター柳楽優弥さんです。目力とは他人に与える視線のパワーという意味だそうですが俳優という職業柄ではこの目は大きな武器です。  今回もまたハード&ソフトの二つの表情を描くつもりでしたが柳楽優弥さんの場合はソフトでナチュラルなお顔のつもりが気がつけばやはり眼光鋭く2枚目の画も濃い感じのものになりました。  映画『誰も知らない』(2004年)でわずか14歳にしてカンヌ映画祭主演男 [続きを読む]
  • 山崎育三郎さんと石丸 幹二さんです
  • 日本を代表するミュージカル俳優の御二人です。今回は石丸 幹二さんの過去の作品と新たに描いたものあわせてミュージカル界のプリンスと呼ばれている山崎育三郎さんも描かせていただきました。山崎育三郎さん  ミュージカルというある意味では極限の表現力を求められるその世界で長年にわたり培われたものは全くジャンルの違うシリアスなドラマなどでもこの御二人はその才能と実力をいかんなく発揮されています。でも最近ではや [続きを読む]
  • 波瑠さん 新しい画に過去の画も一緒に並べて。
  • 2016年の8月に私のこのブログにていちばん最初にアップしたのが波瑠さんの画です。その時の画と新しい画を一緒に並べて見ていただきたい思いもあり今回また新たに2枚描かせていただきました。新しい画の1枚は比較対象にしたかったので思い切って縦型の画にしました。今回は 新しい画⇒過去の画⇒また新しい画 というレイアウトです。(縦型は画が大きくなり全体が見づらい部分はお許しください。⇒大きな画面を するとア [続きを読む]
  • 夏菜さんを描きました
  • ショートヘアーが印象的な夏菜さんです。デビュー当時はロングヘアーだったようですが髪をバッサリ切ってからは女優活動も順調なようですね。  髪をロングからショートにして成功した女優さんタレントさんは案外多いかもしれません。  例によって私のようなジジィは当初今回の夏菜さんと本田翼さんの区別がつかず(その髪型、パッチリとした印象的な瞳など共通点も多かったので)夏菜さんをかいたつもりが本田翼さんのようにな [続きを読む]
  • 蛯原友里さんを描きました
  • 最近は男優さんが続いていたので今回から何度か続けて綺麗な女優さんモデルさんを描きたいと思っています。蛯原友里さんは最近、某化粧品会社のCMを見て改めて美しい方だなぁと実感させられました。  ??2枚目の画は角度的に難しくちょっと無理があったかなと思います。でもやはり表情が素敵でしたので描きたい欲求を抑えることができなかったです(^_^;ごめんなさい。  ★COMING SOON!次回は夏菜(ナツナ)さんです。毎回 [続きを読む]
  • 松田龍平さん そして 松田優作さん
  • 今回の松田龍平さんを描いていたらその龍平さんの表情から どうしても松田優作さんの姿が私の頭の奥底から浮かんできます。松田龍平さんと過去の作品から松田優作さんも一緒にアップさせていただきます。松田龍平さん 2017年2月作品  松田龍平さんは最近ではそれぞれにジャンルの全く違う作品でもすべてにおいて徹底した役作りをしています。芝居に演技に相当な集中力でのめり込み作品によってはアドリブ的な演技も取り入れて [続きを読む]
  • 斎藤工さんを描きました。
  • また引き続き旬の男優さんを描きました。今回の斎藤工さんも ややハードな表情と、ちょっとナチュラルな表情の二つです。  前回の坂口健太郎さんとはタイプが異なるメリハリがかなり効いた表情の斎藤工さんですが描くうえで気をつけたことはやはり特徴的で男性的な口元(くちびる)でしょうか。今回描いていく経過で アララ…なんか伊藤英明さんに似てきた感じになりましたが(特に上の1枚目はそんな感じです)それでもメゲな [続きを読む]
  • 坂口健太郎さんを描きました。
  • 現在テレビドラマや映画に大活躍で今や飛ぶ鳥を落とす勢いの坂口健太郎さんであります。今回は最近同時進行で描きました二つの表情のものと過去の画を少しだけ修正してアップさせていただきます。  今回の坂口健太郎さんのような整った塩顔系は彫りの深い顔立ちよりもメリハリがつかみにくく けっこう難しかったです。この2点の画の他にも描きましたが下書き段階で挫折してしまいました。??こちらの2つ目の画は結局は表情が [続きを読む]
  • 二つの表情の川口春奈さんです。
  • 最近めっきり大人っぽくなったと評判の川口春奈さんです。今回描きました画はその前のまだ少し初々しさがあった頃でしょうか。また二つの違う表情を描いてみました。  描くうえでは静かなイメージで虚ろげな表情も私は好きです。でも今回も無理に意気込んで(^_^;2枚目の笑顔の表情も描いてしまいましたが川口春奈さん”らしさ”が少しでたのはやはり1枚目の方のような感じです(^_^;    [続きを読む]
  • 男が惚れた 昭和の「男気のあるオンナ」
  • いつの時代にも強い人には憧れますそれが男ではなく女であってもタイトルの”惚れた”は恋愛感情とは別で腕っぷしの強さはもちろんですが その人の持っている人を思いやる”情”といいますか昔はそんな強い女性が登場する映画やテレビドラマが多くありました。今回はまた古い人ばかりになりますが私自身が影響を受けたそんな強い女性たちを描いてみました。『緋牡丹博徒』(1968)緋牡丹のお竜さんこと藤純子さん  藤純子さん( [続きを読む]
  • 二つの表情の土屋太鳳さんです。
  • 今回は演技もさることながら圧倒的なダンスパフォーマンスも素晴らしい土屋太鳳さんです。そして愛くるしいお顔からは想像もできないような身体能力も合わせ持ち(体育大学出身のようですね)多くの可能性を感じさせるこれからの活躍が大いに楽しみな女優さんです。今回は彼女の二つの異なる表情から描かせていただきました。  (今回は途中経過を出張先でスマホカメラで撮ったので一部が見ずらくすみません)このようにまったく [続きを読む]
  • 浅野忠信さんを描きました。
  • 最近はしっとりとした女優さんが続いたので今回は最近ぐっと円熟味が増している浅野忠信さんです。テレビだけではなく映画でも立て続けに話題作が公開されていますね。現在放映中のキムタクのドラマではナチュラルなお顔になっていますが浅野忠信さんはやはりこの無精ひげをたくわえたワイルドなイメージが強いのでこちらから描かせていただきました。  明日(1/30)より出張で数日間は更新もできないかと思い今回は少しスピード [続きを読む]
  • 武井咲さんを描きました。
  • いつも微笑んで はにかんだ表情が魅力的な武井咲さんですが今回は少し虚ろげな表情から描かせていただきました。でもちょっとそれを意識しすぎた感じの画になってしまいました。  (こうして見ると途中経過の3番目のサムネイル画面の画がいちばん似てますね(^_^;)私のようなジジィは武井咲さんを見てるとなぜか安心するといいますかどちらかといえば彼女は昭和の女優さんの面影を思い起こさせる感じがします。以前の私の記事 [続きを読む]
  • 吉高由里子さん そして或る新進俳優の紹介です。
  • 最新のテレビドラマで話題の吉高由里子さんです。もともと演技力のある女優さんですが今回のドラマでまた確実にステップアップした感じです。今回、吉高由里子さんを描いたのは実はある事情がありまして・・・その件につきましては記事の後半でお伝えしていきます。  前回の記事で”サプライズがあります”とお伝えしましたが今回は或る一人の新進俳優を紹介します。その俳優というのは実は私の長男です。長男のことを紹介するこ [続きを読む]
  • 木村文乃さん三変化
  • 今回の木村文乃さんは最近描き溜めておいたもの2点とまた以前に描いた画の三点セットです。??其の一 ??其の二  本来ならひとつのものに集中して最後まで描くべきですが私の悪い性格からか途中経過が今ひとつの時はついついそのまま放置してしまい新たな画を描き始めることもありこの二つの画もそうです。今後はあらためます。??其の三こちらの画は2016年8月に描きました。いつもならかなり濃く手を加えますが今回は極端 [続きを読む]
  • 二階堂ふみさんと私の血圧の関係
  • 意味不明なタイトルですみません。最近私の描いていた画は彫りの深い外人さん、難しい表情のお顔、強面の俳優さんと濃い味付けの画ばかりで私の血圧も少し上昇ぎみでした(ヽ´ω`)今回は薄味でヘルシーで健康にもよろしい二階堂ふみさんです(^_-)-☆もとにした画像もナチュラルで自然な感じのものから描かせていただきました。おかげさまで二階堂さんを描いて私も少し落ち着き血圧も安定してきた感じです(^^♪  二階堂ふみさんを [続きを読む]
  • 遠藤憲一さんを描きました。and過去作品です。
  • 今回の遠藤憲一さんは硬派で渋いイメージを強調したつもりですが最近の私の画ではかなり濃い感じです。これなら後々の濃くしての修正は必要なさそうですね(^_^)  最初の描き始めから中盤戦あたりまでは”いかりや長介さん”のような感じで焦りました(^_^;。雑で粗い部分はお許しください。★★★★★??こちらは2016年7月頃に描いたものです。上の画とは全く真逆でかなりスーパーマイルドな遠藤憲一さんです。いつもなら濃く修 [続きを読む]
  • 水原希子さんを描きましたand過去作品です。
  • 今回の水原希子さんは久しぶりに縦型の画です。表情のバランスがけっこう難しいものでしたがこの顔の表現をダイレクトに表すにはやはり縦型しかないと思いましたので。併せて同じ水原希子さんの過去の画も一緒にアップさせていただきました。          ★★★★★こちらの画は2016年7月頃に描いたものです。今回もお見せするにあたり全体的に濃くしています。私の過去の画は毎回同じことをしていますね(^_^;すみません [続きを読む]
  • イギリスの貴公子様たち
  • 映画「ハリーポッター」シリーズを観ているとイギリスの伝統的な文化を多く感じますし主演のダニエル・ラドクリフの貴公子様的な存在感が映画の魅力をグレードアップしていました。今回の画は最新作に主演したエディ・レッドメインです。『ファンタスティック・ビーストと魔法使いの旅』よりエディ・レッドメイン  彼は今最も人気の高い外国人男優のようですね。正直この画を描くまで彼の名前すらよく知りませんでした。私自身の [続きを読む]
  • 風邪ひきますよ 常盤貴子さん
  • ちゃんと料理もつくって帰りの遅い旦那様を待つうちについついソファーの上で・・・そんな感じの常盤貴子さんです。  目の前で こんな寝顔を見せられたら起こすのもためらってしまうし毛布でもそっとかけてあげたくなりますね。今年の正月は寝正月になったような そうでもないような         ゆっくりできたような 慌ただしかったような皆さんはいかがでしたでしょうか。私も明日から仕事です(ヽ´ω`) [続きを読む]
  • アラン・ドロンと野沢那智さん
  • あけましておめでとうございます今年もどうぞよろしくお願いいたします私の2017年の最初の画に選んだのは外国人男優として戦後の映画界で日本人に最も愛されたアラン・ドロンです。そしてドロンの吹替えを担当していた野沢那智さんについても触れさせていただきました。  すでに80歳を超えているアラン・ドロンですが上の画はまだ20代の頃でしょうか最近CS放送でドロンの特集が組まれて再びその魅力が見直されているようです。洋 [続きを読む]