愛しの さん プロフィール

  •  
愛しのさん: 愛しの
ハンドル名愛しの さん
ブログタイトル愛しの
ブログURLhttp://itoshino.muragon.com/
サイト紹介文新天地での新しい生活や、胸の中にある「彼」に対する想いを綴ります。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供148回 / 192日(平均5.4回/週) - 参加 2016/09/17 17:42

愛しの さんのブログ記事

  • 幸せを数える
  • これからは、「してもらえなかったこと」じゃなくて、 彼にしてもらったことだけ、数えていこう。 会えなくて寂しかったことよりも、メールがもらえて嬉しかったこと、 一言でも言葉をもらえたことを、数えていこう。 それを、私の大事なメモリーにしていこう。 そう思えるようになってきた。 そうすると、不思議なことに、思った以上の優しい言葉が返ってきたりする。 やっぱり、自分の心の持ち方次第なんだなぁって思う。 [続きを読む]
  • 嫌いになることはないよ
  • 以前、彼に言われた忘れられない言葉。 私が、物凄く不安感が強くて、相手から思うように返信も来なくてどうしようもなく なっている時に彼がこう言った。 嫌いになることは、絶対にありませんから、と。 何でそんなこと、今のうちから言い切れるのかな〜、 すごいな、この人、って思った記憶がある。 あれは、出会って連絡を取りだして間もない頃だったから。 今になって、彼が言ってくれたことが、少しずつ自分にもわかっ [続きを読む]
  • 泣けてくる歌詞
  • 恋って、もっとすぐ簡単に消えるものだと思っていた。 少なくとも、お祭りで買った綿飴よりは持つけど。 10代から20代前半ごろまでは、こう無邪気に信じていられたと思う。 この恋がダメだったら、また次の人にいけばいいや。 でも、30代になって、 こんなにも予断を許さない状況がくるとは。 相手からの連絡を待って待って、何度もメールがきてないか見てしまったりとか。 来たら来たで、もう泣けてきてしまったりと [続きを読む]
  • 胸いっぱいの・・・
  • 去年の10月に、夫の転勤に伴って今の街に越してきて、 彼とはかつてないほどの遠距離になってしまった。 今回もメールで、 私: 海が近い街だから、       海鮮丼の安くて美味しい店あるよ。遊びに来てよ〜 彼: 遠いから、飛行機で行った方が早そうだな(*^^*) 私: じゃあ、私が飛行機で行っちゃおう(^^♪ みたいな会話を無邪気にした後で、何だか急きょ泣けてきてしまった。 あぁ、こんなに遠いんだ [続きを読む]
  • 恋愛に強い体質
  • 恋愛に強い体質ってあると思う。 残念ながら(?!)私は、すぐに不安になってしまう、不安症なので・・・ 強い体質の人が羨ましく感じることがある。 20代の頃仲の良かった女の子が、 「圧倒的に私の方がカレのことが好きだから、不安はある」 とか言いながら、 「今度カレのとこ行って、ゴハン作るんだ〜?」 となって、あれよあれよという間に結婚することになった。 今でも仲良く暮らしている。 想いを貫ける人って [続きを読む]
  • スタディ
  • 嬉しくて幸せで、焼き菓子のように心が膨らむ。 何だかんだで、3日連続、今日も彼とメールできています。 文学好きな彼が、私が住んでいる街に縁の文学作家の話を振ってくれたので、 私はそれについて調べながら・・・(彼ほど詳しくはないので(笑)) 返信を書いていました。 この人と話してるとホントに楽しい。 話についていきたくて、辞書引いたり、Googleで調べたり… 頭が良くて思考がスピーディなので、こち [続きを読む]
  • 今日もメール
  • 今日もお昼の時間に、思い立ってメールしました。 TOYOTA好きの彼に、 新型の●●(車種名)、カッコイイね〜、と。 そしたら、返事来ました。 彼:僕としては、あまり好きなデザインじゃないな〜、   今、乗りたいってクルマないんですよね。 私:そうなんだ〜、ヘッドライトがカッコいいって、●●君(共通の知人)と   意見が一致したんだけどな〜。雑誌で見るのと実物違うのかもね、   午後の部、頑張って [続きを読む]
  • 久しぶりに、彼とメール
  • 今朝、ふと思い立って彼にメールしてみた。 元気? って。 返ってくるか来ないかは、あまりどうでも良くなっていた。 よく、相手のことがどうでも良くなった時に限ってメールが来たりする、 というが、ホントだった。 彼から、仕事の忙しさや近況がひとしきり、少し長めの文章で送られてきた。 彼とやりとりをするのは、実に半年ぶり位…。 相変わらずだよな〜この人のマイペースさ。 とか思いながらも、やっぱり素直に嬉 [続きを読む]
  • 善悪は無い
  • 多分、2人の関係で、どちらかが良くてどちらかが悪い、ということは ないと思う。それが男女であれ、同性の友人であれ。 身近な人に一部始終を話せばきっと、 「それはあなたがこうだからだよ〜」とか、 「だけどその人もこうだよね!」 と何かしらジャッジがされるだろう。 でも、本当は良いも悪いもない、人付き合いに善悪はないような気がする。 彼だって私だって、過去記事に書いた友人だって。 みんなそれぞれの都合 [続きを読む]
  • 依存
  • 特に恋愛で、相手にどうしても依存してしまう。 そういう傾向が10代以降、突然出てくるようになってしまって、 思春期は地獄のように感じたこともあった。 相手の方が精神的に落ち着いていると自分も次第に落ち着いてくる。 それでも、やっぱり他の同年代が謳歌しているような関係が、 なかなか作れなかったように思う。 自分で何とかしたくて、色々な本を読んだり、情報を検索したり、 カウンセリングも受けてみたが、そ [続きを読む]
  • 決意
  • 2年間本気で好きだった人と、もう会えなくなった。 友達だと思っていた人とも、離れることになった。 原因はお互い様だし、私が超・至らなかったからだ。 物凄く後悔してる、ホントあの時は。。。。 でも、沢山のブロガーさんたちが心に灯を燈すようにして、 今日もいいブログUPしてくれてる。 私もなるべく、いい文章いい言葉を選んで書いて書いて、書いてって、 人に読んでもらえるようになっていきたい。 沢山良い写 [続きを読む]
  • 相性最悪
  • 「一番相性の合わない者同士が結ばれて、お互いに色々学び合う」 ・・・と誰かが結婚について言っていた。 これは恋愛でも言えるんじゃないかな〜。 私もいつも思う、彼について。 (何でこんなに相性合わない人を好きになってしまったんだろう。) 私は、人からよく言われるのが 「神経細い」とか「繊細だ」とか。 彼には、もうちょっと「タフな」女性のが合ってると思う、 実際彼がかつて好きになった人や、奥さんの話を [続きを読む]
  • 霊的直感
  • 彼は、ほとんど霊感と言って良いぐらいの、魂からの直感が鋭い人だった。 まるで、私の心に直接アクセスして通じているような、 そういうゾッとする程の怖さと嬉しさが入り交じった感情が 極限にまで達した日々が続いていて、 連絡を取り始めた当初は戸惑いながらも、自分の身に起きたことが 頭でも感情でも整理できないでいた。 だから人と人とは、魂で惹かれ合う、魂で恋をする、何か霊的なものが2人を引き寄せ る、そう [続きを読む]
  • 魂が惹かれ合う
  • 人と人とが惹かれ合うのは、魂同士が惹き合って出会うんだな、 とつくづく思う。 その人にとっての機が熟して、時が満ちて、出会うべくして出会う。 ちょうどそのタイミングにその場所に行くようになっている。 精神的な感度が同じレベルに達した時に、本人同士が出会う。 生きてるって、ロマンがあるよな〜なんて、つくづく感じてしまう。 灰を被っていた女性が本来の姿を表すときとか、 地味な姿だった小鳥が、輝くような [続きを読む]
  • 夏の暑い日に
  • いつも、私は焦りすぎるところがある。 好きな人が出来ると、一刻も早く相手の胸に飛び込みたくてたまらなくなって、 逢いに行ってしまうようなところがある。 今度のもそうだった。 無理言って、相手の所に、飛び込んでいった。 彼は、私とメールをしたり、たまに電話で話せれば十分のようだったし、 私も最初はそれで我慢しようと思っていた。 でも、出来なかった。 彼からのメールが頻繁になればなるほど、 気持ちが掻 [続きを読む]
  • 異種間恋愛
  • 男と女では、異星人同士のように違う。 種族が別だという人もいるぐらいだ。 そもそも、人と人とが想い合うのは、 全く別の個人同士が関わり合うわけだから、 摩擦とかすれ違いがあるのが当たり前なのかもしれない。 お互いに、生まれ育った背景が違うし、文化も個人同士で違う。 だから、しっくり融合するように付き合えるなんて、本当は奇跡なんだ。 他の方のブログやコメント欄を読むと、つい自分のことに重なって、 涙 [続きを読む]
  • 無理
  • 「もう無理だ・・・」 知り合いから、彼について色々と話を聞いていて、頭に浮かんできたワード。 もう無理だ。 もう、これ以上は。 ずっと、ずっと、自分の中で、綱引きが続いていた。 どっちに揺れるか。 でもやっぱり、これは効いた。 彼の、他の女性に関する話で。 これはもう、許容の範囲を超える話だ。 ************ 辛うじて繋がっていた彼とのSNSもオフにして。 メールも消して、アドレスも。 [続きを読む]
  • 話のわかる粋な人
  • 人付き合いで、「話のわかる粋な人」と、出逢えるかどうかで、 人生の質が決まってくる、と近頃では思う。 たまたま私は、「結婚してから、パートナーの他に心惹かれる相手が現れた」 という“非常時”でこれを強く実感することになった。 “非常時”の前と後では、つまり相手の男性に出会う直前と、現在では、 明らかに付き合う人の層が違っている。 以前は、人付き合いはもっと適当で、仕事の延長のような、 あまり個人的 [続きを読む]
  • 昨日、他の方のブログを見ていて、 その方を励ます内容のコメントに思わず じーん、となった。 ちゃんと本人の気持ちに沿ったコメント送れる人って、粋だよな。 こういう人が自分の身近にいてくれたら、辛かったあの時、 どれだけ救われてただろう・・・とも思ったりした。 多分、こういう人は普段はそんなに目立たず、出しゃばらず、 普通の中で普通に暮らしてる人なのだろう…。 その人がいてくれるだけで心強いと思う。 [続きを読む]
  • 本来の姿
  • うつ症状が大分和らいで、今日は月イチの通院の日だった…。 先生から 「薬があなたに合ってたんだね、元気になったね」 って言われた。 「本来のあなたに戻ってきてるんだね、今までのあなたは、どこかが欠けたあなた だった。」 その言葉が不思議と胸に響いてた。 本来の私は、元気でやりたいことができて、友達もいる・・・。 それが本来の姿で、そういう元気な自分でいていいんだなぁ、 と思うと泣けてきた。 先生  [続きを読む]
  • ストッパー
  • 「いかにも引っかかりやすそうなタイプ」というよりは、 昔からしっかりしてそうに見られると思う。 実際、しっかりしているというより、なかなか弱みを人に言えなくて、 うまく助けを求めたり出来なくて、 無意識に色んなことを我慢したり、しているうちに心に「虚」が出来る。 虚を突かれる感じで、時に「ハッキング」されてしまうことが過去にもあった。 魂が、相手の方に、相手の方に引きづり込まれてしまう。 そしてそ [続きを読む]
  • ハッカー
  • 昔から、「とびきり頭が良くて、話が面白くて、とんでもなくエロい男の人」 に弱かったと思う。 そういう人から気に入られやすいし、 話しているうちに自分も惹き込まれてしまうのだ。 全く免疫というか、耐性が無い自分でも呆れてしまう…。 初めは普通に良い人だな〜って思っていて、 どうやら真面目だし、周囲からも信頼されたり、 独特のキャラクターで、ちょっとした人気者だったりして、 ころっと“引っかかって”し [続きを読む]
  • 食べられるイメージ
  • 男の人、というより “哺乳類ヒト科のオス”、 しかもその実、一番に想う人に。 無抵抗なまま、お菓子のように。 食べられるイメージ。 女の人だったら、結構こういう気持ちを何気なく持ちながら、 仕事をこなしたり、家事に勤しんだりしてる、 そう思いながら片付けをしていた。 [続きを読む]
  • スーパー
  • スーパーで買い物をしていると、ドキッとして立ち止まる時がある。 彼みたいな年代の人が仕事帰りのスーツ姿で買い物かごを持っているのを見ると、 彼に重なるからだ。 もしそれが彼だったら、目が合ったら結構気まずくて、お互いにドキッとして 立ち止まっていただろう、凍り付いたみたいに、時間が止まったみたいに。 だから、彼とは近所じゃなくて良かった。 まめな人なので、自分で気が付いて納豆とか買ってそう、 奥さ [続きを読む]
  • 恋を失うこと
  • 「失恋」とは、よく言ったものだな、と思う。 人を失うんじゃなくて、恋を失うんだな、とあらためて感じた。 雪解け水が少しずつ、ポタ、ポタ、と滴るような涙が出てきた。 相手の人とは、あまりに感情のイザコザが多かったので、 当初に感じていた純な気持ちも、途中で見えなくなって、 憎しみしか残らないような時期もあった。 だけど、だからこそ、 失恋って、気持ちを失ってくことなんだな・・・ と染み入った。 純粋 [続きを読む]