ふたせん さん プロフィール

  •  
ふたせんさん: 小学校教師ふたせんの朝3時からの共育現場
ハンドル名ふたせん さん
ブログタイトル小学校教師ふたせんの朝3時からの共育現場
ブログURLhttp://kesuke03.hatenablog.com/
サイト紹介文小学校教員(教師)であり、元ラガーマン。娘2人の父でもあるふたせんのブログです。朝3時起きです。
自由文子供の育ちや自己の成長について記すブログです。自分を成長させたいです。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供276回 / 219日(平均8.8回/週) - 参加 2016/09/18 03:35

ふたせん さんのブログ記事

  • 学ぶことにワクワクした1日
  • 昨日、リクルートさんのスタートアップ支援を行う TECH LAB PAAKさんをお借りして、DAncing Future Learner の第1回を行いました。多数のご参加をいただきまして、多種多様で熱い学びの場となりました。13時から18時まで脳をフル回転して働かせ、多くの学びをいただきました。ここの場には、私と同じ教員(小学校・中学校)や、塾や予備校経営者、起業家、社会人、大学生、脳神経科学の講師、など多種多様な方が混在する [続きを読む]
  • あすこまさんのブログを読んで【学びは人それぞれ】
  • askoma.infoあすこまさんのブログを拝読したなるほどな〜個別化ってひとくくりに考えていたんだけれどその中でも分けられるという考えは新鮮でしたそして「スタディサプリのような」「岩瀬さんのような」という例えが秀逸で、それがものすごい納得した今目指されている個別化っていうのは、きっと「スタディサプリのような」個別化を言っていて、だからタブレット・個別ポートフォリオなどが注目されているんじゃな [続きを読む]
  • 保育園の保護者会に行ってきた 【当たりと外れ】
  • 昨日は娘の保育園の保護者会いよいよラストイヤー1歳からお世話になっているから、なんだかもうすでに感慨もひとしお状態今年1年間の予定はもちろん、どういうビジョンで子供たちを育てていくのかを共有することができたいい会だった何よりも、担任の先生が面白く暖かいこの先生になら任せたいなあという先生だ2人いるんだけれど、その2人のバランスもまたよくて。おちゃらけながらしっかり担当と、着実担当。そんな2 [続きを読む]
  • 子供にとって「優しい大人」になりたい
  • 最近よく思うことです。「子供は力をもっている 大人が邪魔しない」大人が「引き出そう」「引き出そう」とすればするほど子供の邪魔をしてしまうことがあって昨日の算数授業の後半に問題演習(TTの先生や、校内研究のからみもあり、『学び合い』ができない状態)子供たちにやらせてみた終わった子から「ミニ先生」と名付けて。超定番のやり方。その前の時間では、そのミニ先生が飽和状態になった時、つまりおわった子> [続きを読む]
  • 学級通信のコツ
  • 新年度が始まって10日新しいクラスになって10日今年度はある一つのチャレンジをしています。それが「毎日学級通信を出すこと」1日1枚を配布する。今日あったことなんかも入れこみながら、お伝えする。10日経った今、10号まできた。子供達は「今日の学級通信がきたぞー!」と配られるやいなや、食いつくように読んでいる。写真も載っけるから、その中に自分の姿を探しているだけかもしれないけれど、それでいい [続きを読む]
  • 豆腐のような先生になろう 【一緒にいきませんか?】
  • 西村健吾先生教育つれづれ日誌 | 学びの場.com (エッセイが書かれているサイト)西村 健吾(にしむら けんご)米子市立福米東小学校 教諭「豆腐のような通信を!(1.マメで 2.四角く 3.やわらかく 4.面白く)」をモットーに、学級経営に果たす通信の役割を見直し、日夜創意工夫に励んでいます。(上記サイトプロフィール欄より引用)私と西村先生の出会いは本でした「豆腐のような先生」という言葉がとても印象的でか [続きを読む]
  • ふたせんは悩む 【なぜ学ぶのか】
  • 昨日、ふたせんは悩んだふたせんはどうして学ぶことが楽しいのかどうして学び続ける必要があるのか学び続ける人を増やしたいのはどうしてか学ぶって言葉に他の人たちはわくわくするのか。その問いに対して答えられなかった考えた考えた自分が学び続けたいこの学び続ける気持ちをもっとたくさんの先生、たくさんの人たちにも味わってほしい!そう思うのはなぜか?自分が変われる経験を味わってほしいから学び方次第で人 [続きを読む]
  • 仕事が速いS先輩に聞いた、最大の仕事術は「あ○○○○」
  • このブログに何度も出てきている尊敬している先輩S先生数年前、同じ学年を組ませてもらったその指導法や、言葉・間合いの一つ一つに驚かされ、教材解釈にも驚かされ、そして何より変わっていく子供の姿に驚かされたその人の在り方を学んできたそのSさんは今年異動してしまったそのSさんの持っていたクラスを今年受け持つこととなったその子達はSさんのエッセンスが凝縮されてきたような子達また驚かされる毎日この [続きを読む]
  • 私の「休日出勤論」
  • 私は、休日出勤をするこれから休日出勤だあなたは休日出勤しますか?前提休日出勤について様々な考え方があるだろう自分は職場が近いこともあり、すぐに行って帰ってくることができる。でもこれがもし片道1時間〜2時間だったら絶対にしない近いから気軽に休日出勤するいつするのか?朝にする休日の仕事は朝8時までと決めているの5時ごろ職場へ行き、8時ごろ帰る帰る頃に、早めに休日出勤した人や校庭開放で学校を利用す [続きを読む]
  • お疲れ自分! 
  • 疲れた1週間疲れた今日は疲れがどっと出て、まさかの5時起き。。。でも今週の頑張りを許してあげよう自分を。お疲れ自分!けど今週はよく頑張った保護者会1年生を迎える会毎日の学級通信ふり返りジャーナルふり返り書簡人と会いに行く『学び合い』へのトライ暗唱チャレンジ毎日やったこと、新しくやったこと、イベント的にやったこといろいろあったけれど、充実している。この土日はゆっくりしながらもいろいろ [続きを読む]
  • ブログは「人」が書いている【ハピペンさんと会ってきた】
  • 昨日、ハピペンさんに会ってきたブログによる繋がり、ご縁でお会いすることができたinclusive.hatenablog.jpkengobonbeiさんに続いて2人目小学校の先生を120%楽しむ毎日予想通り とても熱い方だった。僕の仮説の1つに「ブログやっている人は、志が高い。」というものがある。わざわざ仕事やプライベートの時間を割いて、発信している。それってすごいことで、相当な労力がかかる。それができる、続けられるってよほ [続きを読む]
  • ルーブリック評価を使って意欲を高めよう!!
  • 今、友人と毎日「ふり返り書簡」をしているイメージとしては下記のような本の感じみんなのきょうしつ作者: 岩瀬直樹,中川綾,西原理恵子出版社/メーカー: 学事出版発売日: 2015/10/13メディア: 単行本(ソフトカバー)この商品を含むブログ (3件) を見る完全燃焼!奇跡の子どもたち 4月編―ドキュメント「全力で育つ」杉渕学級全記録作者: 杉渕鐵良出版社/メーカー: 日本標準発売日: 2011/03メディア: 単行本購入: 2人 : [続きを読む]
  • 「待つ」
  • 自分ってとにかく「待つ」人間だすぐに何かを変えたり、決めなきゃいけないということ限りは「待つ」ことさら、人間関係においては特に「待つ」だって、なるようにしかならないから。言い合いになって喧嘩した時に相手が謝ってこないことに対して、「なんで謝ってこないんだ」と言ったってしょうがなくてその人が「謝ったほうがいいな」と思うまで「待つ」自分で気がついたこと、自分で得た考えしか自分の中には残らない [続きを読む]
  • 初めての保護者会 年度始めの保護者会
  • 明日はいよいよ年度始めの保護者会だ自分はいつも保護者会になると気合が入る保護者の信頼を勝ち得ることに価値を感じているから人一倍時間も労力もかけるスライドや動画も用意するそこで自分が新年度の保護者会、一回目の保護者会をどのように準備し、どのように迎えるかを書いていく「保護者会どうやるの?」「保護者会は苦手・・・」という方に少しでも勇気付けられたらと思う。学級の保護者会は以下のように組み立てる [続きを読む]
  • 素直さ
  • 自分が教室で重視する価値観の一つに「素直さ」がある。言い換えるなら、「オープンマインド」や「自分帰着」。素直さって先生である自分に従順な態度を求めるのではなく何か事が起きたら、自分のこととしてしっかりと受け止めてほしい。誰かのせいにすすのではなく、自分のせいにすることを心がけてほしい。そして抱え込まずに仲間に、力を借りてほしい。間違えたり失敗したりしたら、正直に言って直せばいい。謝る必要が [続きを読む]
  • 忙しいからこそ学び続ける理由 【朝志塾】
  • 4月初め忙しすぎる散々言ってきためっちゃ大変だよ4月の先生 - 小学校教師ふたせんの朝3時からの共育現場〜育つ育てる育てられる〜忙しすぎるよ4月の先生 - 小学校教師ふたせんの朝3時からの共育現場〜育つ育てる育てられる〜仕事づけの毎日になりそう周りの人は21時に帰って、朝8時前に出勤なんて人もザラそんな中、自分で自分のポリシーに気がついたこんな問いが浮かんできた。「自分は何のために仕事をしてい [続きを読む]
  • 忙しすぎるよ4月の先生
  • 今週1週間が終わったまあ怒涛の1週間だったちょっと業務で振り返ってみる3日(月)・新任・異動赴任・職員室机がえ・新分掌立ち上げ・打ち合わせ・新任・異動赴任を迎える会4日(火)・新分掌立ち上げ・職員会議・引き継ぎ・新組織での打ち合わせ??3・事務仕事・運動会の検討5日(水)・新6年生投稿&教室準備・入学式準備・週案簿を書く(・ここでやっと)教室の引っ越し6日(木)・始業式・入学式・入学 [続きを読む]
  • 【「学び場」のお知らせ】学びを遊び尽くす会
  • 疲れた。。。新年度はバタバタすぎ。仕事が多すぎる。これが勤務時間でおわるわk・・・・おはようございます、ふたせんです昨日は初日を終えました。始業式でした。いろいろと思うこともあったり、反省することもあったけれど子供達のまっすぐさに心が動かされました。素敵な子供達の担任に慣れて幸せですそう思うとともに、自分の責任の重さを感じる。この子達をどれくらいまで伸ばしていけるのか。それって結局自分の力次 [続きを読む]
  • 今日は先生が1年間で一番ドキドキする日
  • 今日から新年度始業式皆さんもきっと経験があると思うが、4月の始業式は特別だまずクラス分け新しいクラスになるときの子供達のドキドキはすごいものだ。誰が一緒なのか、どんなクラスになりそうなのか。クラス替えがなくてもドキドキだ。担任の先生が誰になるのかで、どんな1年になるのかが占われる。わくわく半分、ドキドキ半分。子供達はそんな気持ちだろうか。かたや先生たちはどうか。実は先生たち [続きを読む]
  • 「スピーチと女の子のスカートは」
  • 先日書いた、職場のメンターとなる先輩が言っていたその先輩はもういないそれぞれの道へ【別れと原点】 - 小学校教師ふたせんの朝3時からの共育現場〜育つ育てる育てられる〜今日、その先輩の言葉が頭に浮かんだその言葉とは「スピーチと女の子のスカートは短い方がいい」(写真は日本一短いエスカレーター)その先輩は、この言葉をはじめにつけて、話し始めた。聞き手の心を一気に掴んだ。この言葉、本当言い得て妙 [続きを読む]
  • めっちゃ大変だよ4月の先生
  • 今日から新年度が本格的にスタート平成29年度がスタートとなる。先生たちみなさんが今日、「今年度も頑張ろう」と気持ちをリセットされていることと思う。さて、今日は新年度の先生たちがいかに慌ただしいかを書こうと思う。おそらく先生たち100人に「一番忙しいのは何月ですか?」と聞くと90人は「4月」と答えるであろう(勝手な予測)なぜそうなるかを分析・解説する。新しい方との仕事教員の仕事の大変なとこ [続きを読む]
  • 学び続ける「成長計画」を作ろう!作り方と期待効果
  • 新年度がいよいよ始まる今年も1年間が勝負だ必ずやいいクラスを作っていくきっと「新しいクラスはこんなクラスにしよう!」そう思って構想を練っている先生も多いはず。新年度のこの時期の構想って、いろいろ選択肢があるからワクワクするんですよね先生たちって。そのための最初の3日間の計画をしている人も多いのでは?春休みにインプットしてきたことをそろそろアウトプットの段階に入れていかなくてはいけないななん [続きを読む]
  • それぞれの道へ【別れと原点】
  • 4月1日今日から新年度昨日、異動・退職される先生方とのお別れ会が開かれた小学校は春休みの3月の最後の日にお別れ会を行う長年、勤務校を支えてくださった先生方のお言葉には考えさせられた長くいるからこそ見えること、知っていること、積み重なった思い本当にお世話になりました、ありがとうございました。特に、私が以前組んだ相方の人が異動となったその人にはたくさんのことを教えてもらった。特に特別 [続きを読む]
  • 人と会う。人と合う。【教え子から学んだこと】
  • 春休みはいろいろな方と会うことが自分のテーマEduveation Hubwww.kesuke03.xyz学びを遊び尽くす会www.kesuke03.xyz今こその教師教育フォーラムwww.kesuke03.xyzそれぞれの人たちと出会う中でたくさんの学びをいただいた。昨日も会ってきた。初任の時の教え子たちに。初めて送り出した卒業生たちに。前の学校では、タグラグビーチームを作っていて。その子たちと一緒にタグラグビー。部活や遊びで忙しい高校生 [続きを読む]