とよね さん プロフィール

  •  
とよねさん: 冷凍されたオシドリとチューリップ人の王国
ハンドル名とよね さん
ブログタイトル冷凍されたオシドリとチューリップ人の王国
ブログURLhttp://reitouoshidori.blog.fc2.com/
サイト紹介文重力が魔力になるパラレルワールドの地球での、人と魔物の戦いを描いた長編ファンタジー小説を連載中!
自由文遠い異星で、種の存続をかけて争う新人類たちを描いた『アースフィアの戦記』シリーズ(完結済み)/重力が魔力になるパラレルワールドの地球での、人と魔物の戦いを描いた長編『虹よ、契約の虹よ』(連載中)など、趣味で書いた小説を公開しています。短編小説もあります。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供41回 / 276日(平均1.0回/週) - 参加 2016/09/18 08:34

とよね さんのブログ記事

  • 新作告知
  • 前回の更新時に予告した長編小説の予告兼目次ページを公開しました。それに伴い、連載中の『虹よ、契約の虹よ』の目次ページをトップから下げます。『鳥籠ノ国』と『失語の鳥』のときのように交互に更新するか、または一作ずつ終わらせることになるかはわかりませんが、とりあえず始めたいと思います。よろしくお願いします( ´ ▽ `)ノ [続きを読む]
  • 【予告】銃と十字架をめぐる冒険
  • 【内容紹介】 ガイア教。 忘却の彼方。地球(ガイア)は人類を生み出して、四つの星に送り込んだ。 第一の星はピション。 第二の星はギホン。 第三の星はチグリス。 第四の星はユーフラテス。 歴史の向こうに地球の実在を証明しようとする試みは、大いなる〈災厄〉による文明荒廃を招いた。 星間通信手段を失い孤立した人類は、人格を持つ存在として地球について語り継ぐ。 地球は信仰の対象となったのだ。 ※ 惑星チグ [続きを読む]
  • 近況報告
  • こんにちは。お久しぶりです。ブログをさぼってリア充してました。『虹よ、契約の虹よ』の更新を待ってくださっている方、毎日ブログに足跡を残してくださる方、更新停止が長引いており申し訳ございません。スランプ中と言っておりましたが、一作インスピレーションが下りてきましたので、現在連載中の『虹よ、契約の虹よ』より先に、250〜300枚程度の短めの長編を一作書いて公開したいと思います。これに成功したら、スランプ脱却 [続きを読む]
  • 宗教の二世以降の信徒は「かわいそうな被害者」なのか?
  • こんにちは。とりあえず今週末に小説を更新するという予告をしておりましたが、結論から申し上げますと書けてません( ´ ▽ `)ノどうやら本格的に書けない時期のようですね。一日十分くらいは書いているのですが、このペースではいつ書き終わるかわからないので、予告の日付の表示は下げさせていただきます。ただ、それだけでも寂しいので、代わりの記事を書こうと思います。20代の女性芸能人が『幸福の科学』という宗教団体に出家 [続きを読む]
  • 【目次】虹よ、契約の虹よ 〈彼方の年代記〉
  • 【内容紹介】 遥か外宇宙から漏れくる重力は、この宇宙で神々となり、魔物となる。地球に住まう人々は、それを崇め、あるいは討伐し、動力に変換する術を発展させて栄えてきた。この世界では重力は魔力になるのだ。 大日本神政国。 七人の女性が正体不明の厄神から呪詛を受けた『災厄の日』から十年。人ならざる力を手に入れた『憑依者』と呼ばれる女性たちは、それぞれの戦いに身を投じていた。 魔力を用いて九州南部を制圧し [続きを読む]
  • 更新延期のお知らせ。
  • こんにちは。去年の末ごろから、どうやらスランプ期が来ているようです。前作『【アースフィアの戦記】鳥籠ノ国』とその外伝2作を書いている間は一度もスランプが来なかったので、もしかして自分にはもう伸びしろがないのではないかと心配していたのですが、どうやらそうでもなかったようです。更新を楽しみにしてくださっている方には大変申し訳ないのですが、今はアウトプットよりもインプットをしなければならないため、次期が [続きを読む]
  • ステンドグラスとお正月。
  • あけましておめでとうございます(´∀`*)私は大晦日と元旦を教会で過ごしてまいりました。深夜と朝のミサにあずかったのですが、初詣とあって座席は満席に近かったです。教会の左右の壁にはスリット窓が並んでおりまして、そのすべてがステンドグラスなのですが、朝の光がステンドグラス越しに差してきてそれはもうきれいなんですね。ミサの最中に「ああベツレヘムよ」という聖歌を歌ったのですが、それもまたとてもとてもきれい [続きを読む]
  • ロードムービー風の夢
  • ロードムービー風の夢を見た。夢の主人公が椙山さんという名前の私の小説の主人公だったんだけど、滅びゆく世界を一人の若者があてどなく旅をするというそのまま小説にできそうな内容だった。何らかの事情で人が人のまま生きることが難しくなり、命をつなぐために動物になってしまう人間と、なお人間のまま残ろうとする人間に世界中が分かれてしまう。人口の大部分を失って荒廃した都市では、空を飛ぶ鳥も元人間。室外機の上のカマ [続きを読む]
  • 『虹よ、契約の虹よ』の連載についてのご案内です。
  • こんにちは(´∀`*)現在連載中の『〈彼方の年代記〉虹よ、契約の虹よ』ですが、作者の身辺が(主に職場での配置転換によって)ばたばたしている状況で、思うように小説に専念する時間が取れない状況です。したがいまして、これまで一度の更新で一章丸ごと公開していたものを、一度に一節ずつの公開とさせていただきます。七章につきましては11月12日(土)の公開とさせていただいておりましたが、こちらは七章一節:11月12日(土 [続きを読む]