masa_farmer さん プロフィール

  •  
masa_farmerさん: 帰園田居 | 農家になります いざ京都へ
ハンドル名masa_farmer さん
ブログタイトル帰園田居 | 農家になります いざ京都へ
ブログURLhttp://blog.livedoor.jp/masa_farmer/
サイト紹介文東京でサラリーマンをしながら新規就農を目指して準備中です。
自由文2016年11月から京都府亀岡市で新規就農予定です。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供73回 / 305日(平均1.7回/週) - 参加 2016/09/18 09:27

masa_farmer さんのブログ記事

  • 農家の必需品、バッグシーラーの新たな発見
  • 野菜を出荷する農家にバッグシーラーは必需品です農家の方ならバッグシーラーは大体お持ちではないかと思います。バッグシーラーは野菜の出荷をする袋の口の部分をシール止めする道具です。私は出荷用の袋詰めにこちらを使っています。セキスイ バッグシーラーNo.20です。バッグシーラーはいくつかのメーカーが販売しており、私がこちらを購入したのには全く深い理由がなく、近所のホームセンターのコーナンでたまたま置いてあっ [続きを読む]
  • オンラインショップで野菜セットを販売しました
  • オンラインショップで野菜セットを販売野菜セットをオンラインショップで販売しました。農業を始めて「いつかはオンラインショップで野菜セットを販売したい」、と思っていましたが、意外と早く目標達成しました。といっても、大学時代の友人にお願いして買ってもらったのですが。オンラインでの野菜セットの販売には10種類ぐらいの野菜を収穫できることオンラインストアを開設することという「生産」と「販売体制」を整えることが [続きを読む]
  • 直売所でキュウリが売れ残ります・・・
  • 夏の果菜類(トマト、ナス、キュウリなど)が直売所に増えてきました直売所(生産者が野菜を持ち寄っての委託販売)に出荷しています。夏が近づき、果菜類の出荷が増えてきました。果菜類はどうしても、生産者が同じタイミングで結構な量を作るから、直売所では品物がだぶつき気味です。そして、売れ残ります。私もキュウリがいつも残ります。なお、残った野菜は、翌日には出荷しないので自分で食べるか、誰かにあげるかします。キ [続きを読む]
  • 農業の知識を蓄積するための習慣
  • 知識の蓄積が急務昨年の11月から農業を始めて、今年は一年目です。野菜を育てるに当たって初めてのことばかりです。野菜を育てた経験もほとんどないし、就農前に研修も受けなかったため、栽培方法をほとんど知らないまま農業を始めました。ですので今は知識(特に栽培)を蓄えることが急務となっております。知識がないとどんな時に困るか。例えば、ナスの栽培では、枝や葉っぱを適宜減らす、つまり整枝をしないといけないのです [続きを読む]
  • 領収書などに使うスタンプ(屋号、連絡先入り)を注文しました
  • 屋号、連絡先等のスタンプが必要になりました農業を始めてから、「領収書」を書く機会があります。そういえばこれまでの人生で領収書を書いた経験はほとんどなかったので、領収書の書き方も良く知りませんでした。領収書には連絡先(自分の氏名・住所・電話番号等)を書く必要があるようです。もちろん、officeソフトで作成すればいいのですが、とりあえず市販の領収書を使っています。毎回手書きで連絡先を書くのも大変ですし、ど [続きを読む]
  • 自動車通勤にAudibleを活用しています
  • サラリーマン時代から愛用のオーディオブックサラリーマン時代は電車で通勤をしていました。通勤中の徒歩や電車の中でオーディオブックを聞いていました。ただ、電車の中では新聞は本を読むことも多かったので、いまいちオーディオブックを生かし切れていませんでした。農業を始めて、自動車での通勤になりました。オーディオブックをとっても重宝しています。通勤に使っている自動車は走行距離16万キロオーバーの軽バンです、オー [続きを読む]
  • 農作業中にかけるサングラスを購入しました
  • 日差しで目が痛いですここ最近、快晴の日が続き、それはそれで有難いのですが、農作業中の日差しで目が痛いです。太陽の光を直接目に受けるのに加え、マルチや水田の水の照り返りなどのため、夕方に農作業を終えると目の疲れ・目が痛いような気がします。きっと太陽の光は目に良くないだろうなーと思いながら、ネットで検索するとやはり紫外線をたくさん浴びるのは目に良くなさそうです。JINSのウェブサイトより引用です。眼の紫外 [続きを読む]
  • 夏野菜の植え付け判断のデータ | 遅霜のタイミング
  • 夏野菜の植え付けは遅霜が終わってから夏野菜(トマト、ナス、ピーマン、キュウリ等々)の畑へ植える作業がようやく一段落しました。私が農業を営んでいる京都府亀岡市では、この夏野菜を植えるタイミングは、遅霜の心配がなくなるゴールデンウィークごろが良い、とされています。近所の農家の人もそれぐらいのタイミングで、周りの人の植え付け状況を見ながら早すぎず・遅すぎずのタイミングで植えています。遅霜にあたると、作物 [続きを読む]
  • 畑の石を集めています
  • 畑から石がたくさん出てきます今、野菜を作っている畑は昨年末に借りた農地です。その農地は元々水田で、畑を耕すと大小さまざまな大きさの石が出てきます。なぜ、多くの石がでてくるのかというと、農地の住所は”前河原”というぐらいで、犬飼川という川沿いにあり、元は河原なのでしょう。地図で確認しますと、 元々河原であったであろうことが良くわかります。今は川には堤防がありますので、川の水が来ることはないですが、大 [続きを読む]
  • 野菜を出荷袋に入れる作業に役立つシート スベラ―2型
  • 袋詰め作業が大変ここ数日、直売所に出荷するロメインレタスの袋詰め作業をしています。このロメインレタスが、なかなかの大物で袋に詰める作業に苦労しています。ロメインレタスはあまり馴染みがないかと思いますが、こんな姿です。肉厚でシーザーサラダには向いています。野菜を出荷するときにはそのまま袋に入れようとしても、引っ掛かって入りません。これまで、出荷した野菜であるサニーレタス、小松菜、水菜もそのまま袋に入 [続きを読む]
  • 生傷が絶えません
  • 手が傷だらけです農作業中の生傷が絶えません。左手だけでもこのありさまです。①お米の育苗用の木枠を作っているときに木の棘が刺さりました。棘を刺したままにしていると化膿する可能性があったので、消毒した縫い針で棘の刺さった部分をホジホジして棘を取りました。②ソラマメの支柱を立てる際にパイプに添えていた左手人差し指をハンマーで挟みました③水道の蛇口をとめるやつ(ホースバンド)をマイナスドライバーで締めてい [続きを読む]
  • 直売所の野菜袋に張る広告シール
  • webサイトの存在をアピール本格的に農業経営を始めたのは今年の一月からです。今は、営農初年度ということもあり、野菜の栽培に注力しています(せざるを得ない)が、将来的には販売にも力点を置きたいと思っています。そこで、販売に活用できるよう「京都長尾ファーム のwebサイト」http://kyoto-agri.com/を運営しています。現時点でできる営業努力としてまず、「京都長尾ファーム のwebサイト」の存在を知ってもらうことを目標 [続きを読む]
  • 一作目(ホウレンソウ・コマツナ)の振り返り
  • 一作目の振り返り農業をはじめて育てた作物、ホウレンソウ・コマツナの収穫が終わりました。今回はたくさんの反省点がありましたので、経営データを含めて振り返っています。以下、基本的なデータです(2作物を合計したデータですのでざっくりした計算です)。栽培面積:約2a(約200?)作業時間(播種から販売まで):48.5hr(242.5hr/10a)粗利:8,650円(=43,250円/10a)収量:16?(=80?/10a)ちなみに農文協「新 野菜つくり [続きを読む]
  • 農家の休日、サラリーマンの休日
  • 農家の働き方農業を始めて5か月ほど経ちました。そろそろ生活のリズムというかパターンが出来てきつつあります。そこで農家の休日について書いてみます。政府も「働き方改革実現会議」を設置するなど労働のあり方は話題になっていますし。よく「農家は休みがない」と聞きますが、実際はどうでしょうか。農家の休日、サラリーマンの休日まず、サラリーマンの時の休日を振り返ってみます。農業を始めるまでは、銀行で働いていました [続きを読む]
  • 農家の生活をコミュニケーションという観点から振り返る
  • 農家の生活を振り返る友達から、「農業を始めて、普段どんな生活してるの?コミュニケーションとってる?」と聞かれました。良い機会ですので、コミュニケーションという観点から生活を振り返ってみます。普段の一日の流れからどんなコミュニケーションを取っているかまとめてみました。よくある一日朝一は、妻・子供と朝ごはんを一緒に食べます。他愛もない会話をして農場へ行く準備をします。サラリーマンの時は出勤時間が早かっ [続きを読む]
  • 創意工夫で道具を作ってみる、お金をかけずに
  • 手作りの道具いきなりですが、こんなものを作りました。 何なのか分からないですよね「ぐりぐり棒」っていうらしいです。農文協のDVD「直売所名人が教える 畑の作業 コツと裏ワザ」で見て、あったら助かりそうなので、真似して自作してみました。支柱を立てて育てる野菜に使おう野菜の種類によっては、支柱を立てて育てる必要があるものがあります。ナス、ピーマン、トマト、エンドウ豆等々。その支柱を立てる際に、どうし [続きを読む]
  • 肥料の情報がもっと知りたい
  • 肥料の情報を調べていますが、肥料について調べながら、購入を検討してます。いろいろな文献や参考書を調べていると、野菜の追肥用に燐硝安加里が良さそうと感じました。ただ、燐硝安加里といっても3成分(NPK)量が異なる肥料が複数あるようで、事前に肥料の詳細をインターネットで調べようとしています。確かに製品の3成分の違いなどは見つかるのですが、どうしても、肥料の値段がどこにも出てきません。どうして?きっと農協に [続きを読む]
  • 祝初売上! & 直売所ごとの特徴
  • 初売上!おかげさまで、昨日、ほうれん草、小松菜を近所の直売所に出荷し、初売上を上げることが出来ました。栽培中、大雪に見舞われたり、草取りに負われたり(今から思えば、トンネルが不必要でした)右往左往しましたがなんとか第一歩を踏み出したという実感です。直売所への出荷しばらくは、近所の直売所に出荷予定です。さて、就農してからどこに出荷するのかあれこれ迷っていましたが、現在は、色々な野菜を少しずつ出荷安定 [続きを読む]
  • 日本農業システムのオンラインショップを利用してみました
  • 農業資材を買いたい春に向けて、いろいろな野菜を育てようと準備しています。そこで、あれこれと買う必要がものがあります、種、出荷用の袋、肥料や農薬など。ところで、今までそのようなものを買ったことがないのでどこで買えばいいのか迷ってしまいました。近くの農協や個人経営の販売店は、商品の展示が少なく、欲しい商品名を伝えて買うシステムなのでどんな商品があるのかいまいち分かっていない今、利用するにはハードルが高 [続きを読む]
  • 日々の野菜相場を把握する方法
  • 直売所に出荷するときに価格をどうやって付けよう?当面は、農場の近くの直売所で野菜を販売する予定です。その出荷予定の直売所では、当日の出荷前に、自分で野菜に価格を決めます。周りでは他の出荷者と大きく変わらない価格を付けているか近所のスーパーの野菜の価格を参考に決めているようです。客観的な価格野菜の相場は押さえておきたいと思うところです。災害や天候不順が続きた時など野菜の価格が上がることは新聞などのニ [続きを読む]
  • 農業を始める際に税務署に提出する書類
  • 税務署に開業届などを提出しました独立して農業を始めるにあたって、税務署に「個人事業の開業・廃業等届出書」を提出する必要があります。(提出しなくても、特に罰則などはないようですが)提出期限は開業後、1か月以内です。私の場合、本年1月1日を開業日にしたかったので、今月中に書類を提出する必要がありました。この書類を提出した理由は、①屋号を決定できる②所得税の青色申告ができる①屋号については、勝手に決めても [続きを読む]
  • 京都府の農業の研究機関の報告会に参加しました
  • 「試験研究成績報告会」に参加しました今日は、京都府の農業の研究機関である農林センターの「試験研究成績報告会」に参加してきました。 これは、京都府が行っている農業に関する研究結果を、農業関係者(行政、農家、農協等)に報告するもので、毎年開催されているようです。口頭発表あり、ポスター発表ありと研究テーマも多岐にわたっており、非常に参考・勉強になる内容でした。京都の特産である黒大豆の加工に関して、莢 [続きを読む]
  • 就農して早々に自然の洗礼を受けました
  • いよいよ初出荷・・・いよいよ、農業を始めてから初めての出荷が出来そうになったので出荷袋やコンテナの調達など準備を進めていました。先週末の土曜にはコマツナを収穫して、日曜に直売所で売る予定をしていました。いよいよ初出荷かー、感慨深いな。と思っていましたが、雪に埋もれてしましました。週末、京都は数十センチの積雪となり、ただいま現在も出荷できない状況となっております。農業は自然と共に自然相手では致し方な [続きを読む]
  • 土壌調査 ③PH、ECの測定
  • 土壌の教科書を調べていくと、土壌調査で最も基本的な調査項目にPH、ECというものがあります。そこで測定してみましたのでその過程を記しておきます。理科の実験みたいで楽しかったですよ。PH、ECとはまずは、PHについて調べたこと。PHとは土壌が酸性かアルカリ性かを示した指標。PH7が中性。それより小さいと酸性、大きいとアルカリ性。好適PHは作物ごとにより違う。土壌溶液中の水素イオン(H+)と水酸化物イオン(OH−)の割 [続きを読む]
  • 農地を借りるときの手続き
  • 農地を借りる手続き農地を借りる手続きを行っています。その手続き方法について調べたことを整理しておきます。農地を借りるといっても手続きの種類は複数あります。これは手続きが規定されている法律が複数あるためです。調べたとこと次の2つの法律があるようです。農地法:農業委員会等の許可を受ける方法農業経営基盤強化促進法:市町村が定める「農用地利用集積計画」により権利を設定・移転する方法ご参考に手続きの違いが分 [続きを読む]