masa_farmer さん プロフィール

  •  
masa_farmerさん: 帰園田居 | 農家になります いざ京都へ
ハンドル名masa_farmer さん
ブログタイトル帰園田居 | 農家になります いざ京都へ
ブログURLhttp://blog.livedoor.jp/masa_farmer/
サイト紹介文東京でサラリーマンをしながら新規就農を目指して準備中です。
自由文2016年11月から京都府亀岡市で新規就農予定です。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供57回 / 160日(平均2.5回/週) - 参加 2016/09/18 09:27

masa_farmer さんのブログ記事

  • 肥料の情報がもっと知りたい
  • 肥料の情報を調べていますが、肥料について調べながら、購入を検討してます。いろいろな文献や参考書を調べていると、野菜の追肥用に燐硝安加里が良さそうと感じました。ただ、燐硝安加里といっても3成分(NPK)量が異なる肥料が複数あるようで、事前に肥料の詳細をインターネットで調べようとしています。確かに製品の3成分の違いなどは見つかるのですが、どうしても、肥料の値段がどこにも出てきません。どうして?きっと農協に [続きを読む]
  • 祝初売上! & 直売所ごとの特徴
  • 初売上!おかげさまで、昨日、ほうれん草、小松菜を近所の直売所に出荷し、初売上を上げることが出来ました。栽培中、大雪に見舞われたり、草取りに負われたり(今から思えば、トンネルが不必要でした)右往左往しましたがなんとか第一歩を踏み出したという実感です。直売所への出荷しばらくは、近所の直売所に出荷予定です。さて、就農してからどこに出荷するのかあれこれ迷っていましたが、現在は、色々な野菜を少しずつ出荷安定 [続きを読む]
  • 日本農業システムのオンラインショップを利用してみました
  • 農業資材を買いたい春に向けて、いろいろな野菜を育てようと準備しています。そこで、あれこれと買う必要がものがあります、種、出荷用の袋、肥料や農薬など。ところで、今までそのようなものを買ったことがないのでどこで買えばいいのか迷ってしまいました。近くの農協や個人経営の販売店は、商品の展示が少なく、欲しい商品名を伝えて買うシステムなのでどんな商品があるのかいまいち分かっていない今、利用するにはハードルが高 [続きを読む]
  • 日々の野菜相場を把握する方法
  • 直売所に出荷するときに価格をどうやって付けよう?当面は、農場の近くの直売所で野菜を販売する予定です。その出荷予定の直売所では、当日の出荷前に、自分で野菜に価格を決めます。周りでは他の出荷者と大きく変わらない価格を付けているか近所のスーパーの野菜の価格を参考に決めているようです。客観的な価格野菜の相場は押さえておきたいと思うところです。災害や天候不順が続きた時など野菜の価格が上がることは新聞などのニ [続きを読む]
  • 農業を始める際に税務署に提出する書類
  • 税務署に開業届などを提出しました独立して農業を始めるにあたって、税務署に「個人事業の開業・廃業等届出書」を提出する必要があります。(提出しなくても、特に罰則などはないようですが)提出期限は開業後、1か月以内です。私の場合、本年1月1日を開業日にしたかったので、今月中に書類を提出する必要がありました。この書類を提出した理由は、①屋号を決定できる②所得税の青色申告ができる①屋号については、勝手に決めても [続きを読む]
  • 京都府の農業の研究機関の報告会に参加しました
  • 「試験研究成績報告会」に参加しました今日は、京都府の農業の研究機関である農林センターの「試験研究成績報告会」に参加してきました。 これは、京都府が行っている農業に関する研究結果を、農業関係者(行政、農家、農協等)に報告するもので、毎年開催されているようです。口頭発表あり、ポスター発表ありと研究テーマも多岐にわたっており、非常に参考・勉強になる内容でした。京都の特産である黒大豆の加工に関して、莢 [続きを読む]
  • 就農して早々に自然の洗礼を受けました
  • いよいよ初出荷・・・いよいよ、農業を始めてから初めての出荷が出来そうになったので出荷袋やコンテナの調達など準備を進めていました。先週末の土曜にはコマツナを収穫して、日曜に直売所で売る予定をしていました。いよいよ初出荷かー、感慨深いな。と思っていましたが、雪に埋もれてしましました。週末、京都は数十センチの積雪となり、ただいま現在も出荷できない状況となっております。農業は自然と共に自然相手では致し方な [続きを読む]
  • 土壌調査 ③PH、ECの測定
  • 土壌の教科書を調べていくと、土壌調査で最も基本的な調査項目にPH、ECというものがあります。そこで測定してみましたのでその過程を記しておきます。理科の実験みたいで楽しかったですよ。PH、ECとはまずは、PHについて調べたこと。PHとは土壌が酸性かアルカリ性かを示した指標。PH7が中性。それより小さいと酸性、大きいとアルカリ性。好適PHは作物ごとにより違う。土壌溶液中の水素イオン(H+)と水酸化物イオン(OH−)の割 [続きを読む]
  • 農地を借りるときの手続き
  • 農地を借りる手続き農地を借りる手続きを行っています。その手続き方法について調べたことを整理しておきます。農地を借りるといっても手続きの種類は複数あります。これは手続きが規定されている法律が複数あるためです。調べたとこと次の2つの法律があるようです。農地法:農業委員会等の許可を受ける方法農業経営基盤強化促進法:市町村が定める「農用地利用集積計画」により権利を設定・移転する方法ご参考に手続きの違いが分 [続きを読む]
  • 農家が個人型確定拠出年金に加入するか迫られました
  • 「確定拠出年金加入者資格喪失手続完了通知書」というお知らせが来ました会社を退職後、確定拠出年金の管理機関からお知らせが来ました。「確定拠出年金加入者資格喪失手続完了通知書」というものです。内容は、簡単に言うと、「これまで企業型確定拠出年金に加入していましたが、会社を退職されたので、働いていた会社の確定拠出年金の資格がなくなります、今後どうしますか?」というものです。退職後6か月以内に判断しないとい [続きを読む]
  • 土壌調査 ②作土の深さ
  • 作土の深さを調べます前回①土壌の区分・土性として野菜を作る予定の農地が土壌区分:灰色低地土土性:壌土(粘度25.0〜37.5%)であることを確認しました。今回は野菜を作る畑の「作土※の深さ」を調査しました ※作土とは 耕耘されている深さ作土が浅いと・肥料をやっているわりに、作物の出来がよくない・大雨が降ると、なかなか水が引かないなどの難点があります。調査開始です簡単な調査方法です。「地面の上から先のとが [続きを読む]
  • 農地を借りるときに必要な「土地登記簿謄本」を取得しました
  • 農地を借りるのに必要な書類農地を借りて野菜を作ろうとしています。農地を借りる手続き(いくつか方法がある)については、今後まとめたいと思っていますが、 私が借りようと思っている方法に必要な書類である「土地登記簿謄本」を取る方法を書いておこうと思います。法務局での手続き取得場所はお住まいの「地方法務局」で取得できます。私の場合は亀岡市役所の中に亀岡法務局証明サービスセンターがあり、そちらで取得する [続きを読む]
  • 土壌調査 ①土壌の区分・土性
  • 定量的な分析科学的かつ定量的な分析を生かした農業をしたいと思っています。目的は、不必要な投入(肥料や農薬)を行わず過投入とならず、環境に配慮した持続可能な農業を展開できるお客様に安心できる農作物を提供できる経費を削減し効率的な経営を行う土壌の区分、土性を確認まずは、就農地の土についての分析を少しずつ行ってみたいなと思っています。始めに土壌の区分、土性を確認していきます。なお、参考図書として「だれに [続きを読む]
  • 農家の在職証明
  • 図書館をよく利用します図書館が好きです。必要な本・人に薦められた本は迷わず買う習慣にしていますが、買うか判断に迷うときはいったん図書館で借りて、内容が手元に置いておくべき、または何度も読みたい本はその後買うようにするという利用の仕方をしています。今は住居地である京都市の図書館を利用しています。ただ、京都市の図書館にない本もあるので、利用できる図書館は多い方が有難いです。就農地である亀岡市の図書館も [続きを読む]
  • 農村に溶け込む第一歩、挨拶
  • 畑で働いていると道行く人とすれ違う畑で働いていると、道行く人とすれ違う機会が多くあります。農作業をしている人、散歩している人、ご近所の人、登下校の小学生等々。そんなとき、なるべくこちらから挨拶の声をかけるようにしています。そうする理由は、農村で生きていくうえで改めて人のつながり・人間関係が非常に重要であるとの考えからです。農業を始めて1月あまりですが、農業はお互い助け合いながら生活するというシステ [続きを読む]
  • 年会費を支払う必要のある資格を継続するか否か
  • 資格を継続するには年会費が必要サラリーマン時代に取得した資格(証券アナリスト検定会員)があります。資格をする際に得た知識(財務分析、経済の基礎的概念など)は非常に大切で農業にもきっと役立つものですが、資格自体は農業をするにあたっては全く必要となりません。農業を始めてからも資格を継続するか否か、悩ましい問題です。何せ資格を継続するためには年会費(18,000円/年)が必要だからです。この資格は1次試験、2次 [続きを読む]
  • 農業を始めて一か月 やはり身体は痛いです
  • やはり身体が痛い農業を始めて約1か月が経ちました。サラリーマン時代との変化を一つあげるなら、「身体が痛い」です。毎日、脚・腕どこかしら筋肉痛、腰も肩も。さらに背中の筋肉も張っていて、ぴきぴき痛いです。サラリーマン時代は、ビールのジョッキを持ち上げるのとPCのキーボードを叩くより強い力を出すことがほとんどありませんでした。スポーツもほとんどまったくしていませんでしたし。それは農業を始める前から想定され [続きを読む]
  • 農作業の時にあると便利なバッグ
  • 農作業にバッグが必要これまで農作業に必要な道具はすべてポケットに入れるなり、必要な度に保管場所に取りに行っていました。これは非常に非効率。取りに行く度に作業が中断します。良く使うものは常に身に着けられる必要性を感じていました。また、昨日おしりのポケットに入れていたiphoneの画面にひびが入りました。立ったり座ったりを繰り返していておしりの重さに耐えられなかったと思われます。どんなバッグにする?どんなバ [続きを読む]
  • 農業を始める前に取って良かった資格 大型特殊自動車免許
  • いろいろな資格を取得サラリーマン時代にいろいろな資格を取得しました。大体の資格は、仕事の事情で取得しました。証券アナリスト、日商簿記2級、FP2級、スパイス&ハーブ検定3級など取得しましたが、今のところ大型特殊自動車免許の資格を取っておいて良かったと考えています。そもそも、 大型特殊自動車免許を取得したのは今年2016年の2月でした。その時は近い時期に脱サラし、農業をすることを決めていました。当時、調べ [続きを読む]
  • 農作業用に腕時計(チープカシオ)を買いました
  • 農業を始めてから気になっていたことが一つありました。腕時計がめちゃくちゃ汚れるということ。特に、先日、ビニールハウスの張替を行ったときにはほこりまみれになって大変でした。さらに、常に手は泥まみれですので時計を触るたびに泥も付きます。「何とか対応せねば。」ということで時計を買うことにしました。条件としては、汚れても気にならない値段が高くない防水ありということで検討したところCASIOのF-91W-1JFを購入しま [続きを読む]
  • 農村の良いところ 農機具の貸し借りを通じて
  • 11月から実家の育苗農業を手伝いながら、空いた時間で自分の野菜を作り始めました。 この時期からの育てられる野菜であるコマツナを作ることにしました。うまく収穫できれば道の駅などの直売所での出荷をしたいなと。他の農家に長期に研修も行っておらず、父親にアドバイスをもらっていますが、分からないことだらけで、近所の人の畑を覗きに行ったり、書物で調べてみたり。ところで、コマツナ・ホウレンソウの種を播くにあた [続きを読む]
  • 栽培計画を作りながら再確認できたこと
  • 栽培計画を作っています。今月から本格的に農業を始めています。何か試しに栽培してみたいなと、調べたところ、今の時期から作れる野菜は、コマツナとホウレンソウがちょうど播種に間に合う時期です。そこで栽培計画を作っています。畝の幅や株間を調べつつ、売上や経費のデータを調べました。これらのデータは、ネットで調べると、各JAが品目ごとに作っていたりします。本当は自分の地域のJAが作っていればいいのですが、現在未確 [続きを読む]
  • 農作業中に見つけた謎の現象 魚が空を飛ぶ?!
  • 農作業中に、頭の中が???になる現象を見つけました。(魚が苦手な人は要注意)木の枝に魚??トビウオ??京都ですので海からは100キロくらい離れています。川にいる小魚の様ですが。。。枝に刺さってますね。ネットで調べると「モズの早贄(はやにえ)」というモズの習性だそうです。Google先生に聞くと、モズは魚だけでなく、いろいろな餌を枝に刺すようです。ほんとうにいろんな生き物を枝に刺すようで・・・東京でサラリー [続きを読む]
  • 農業を始めて通勤が楽になりました、気分的に
  • 通勤が楽 農業を初めて通勤が楽になりました。通勤時間は、サラリーマン時代は50分、農業はじめてからは40分と大きくは変わりません。違いは電車通勤から自動車通勤になり、電車の発着時間、乗換時間を気にしなくてよい満員電車に乗らなくてよい雨でも傘をさす必要がない一方で、不満は新聞を読む時間がなくなった(代わりにオーディオブックを聞いています。)最大の違いはしかしながら、一番大きな違いはおなかが痛くならないで [続きを読む]