さんちょく さん プロフィール

  •  
さんちょくさん: さんちょくログ
ハンドル名さんちょく さん
ブログタイトルさんちょくログ
ブログURLhttp://sanchokulog.blogspot.com/
サイト紹介文カンボジア在住者によるカンボジア情報、旅行情報を綴っていくブログです
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供89回 / 183日(平均3.4回/週) - 参加 2016/09/18 13:43

さんちょく さんのブログ記事

  • プノンペンのフェリーに乗って川からの絶景を楽しんでみる
  •  プノンペンの街の東側を流れるトンレサップ川。リバーサイドからよく見えるソカホテルをはじめ、このトンレサップ川を挟んだ反対側のチュロイチョンバー半島は、拡大を続けるプノンペンにおいて残された貴重な土地として、当面の間は活発な開発が続きそうな気配です。チュロイチョンバー半島を往く プノンペンの街の北側には日本橋とも呼ばれているチュロイチョンバー橋がかかっているので車で半島へ行き来することができますが [続きを読む]
  • カンボジアのコンサート
  •  先日、カンボジアのコンサートに初めて参加しました。テレビ放送もされたコンサート田舎で行われたコンサートなので、普段は何もない空き地に特設ステージを作って行われたコンサートでしたが、カンボジア国内で人気の歌手が来たということもあり、100mほどにわたって人がいっぱい集まっていました。テレビカメラの後ろまで立ち並ぶ人の群れコンサートは8時ごろから始まり、素人のほうがうまいレベルの歌手の歌や、よくわからな [続きを読む]
  • プノンペン近郊の島、Koh Dachのリゾートで過ごす正月
  •  新年が明けました。カンボジアでは中国の正月やクメール正月に比べて1月1日はそんなに祝わないのですが、最近は少しずつ国際的な正月が浸透してきているようです。 さて、1月1日はカンボジアでも祝日で、友人とも休みが重なったので、プノンペンの近くにある島、Koh Dach(コーダッチ)に行ってきました。 Koh Dachはメコン川の中の島で、プノンペンから6号線を車で北に20分ほど走ったところから島へのフェリーに乗ることがで [続きを読む]
  • タリンからストックホルムまで船で行ってみた〜船内満喫編〜
  •  タリンクシリアラインでのエストニア・タリンからスウェーデン・ストックホルムまでの船旅。前回の乗船編に続いて今回は船内編です。多少の時間と費用を費やしてでも船旅でしか体験できないものがあり、それが船旅の魅力だと思います。ロマンチカ号のデッキからBクラスの部屋に宿泊 私が利用した船はロマンチカ(ROMANTIKA)です。11月の乗船時はタリンーストックホルム間を運航していましたが、12月12日からラトビアのリガとスト [続きを読む]
  • ヨーロッパ最古の薬局「Raeapteek」訪問記
  •  エストニアのタリンにあるRaeapteekという薬局は1422年に創業したといわれていて、ヨーロッパに現存する最古の薬局です。日本語では市議会薬局と呼ばれています。市議会薬局に行ってみた 市議会薬局はタリンの観光地、旧市街のど真ん中にある旧市庁舎広場(ラエコヤ広場)の一角にあります。タリンの旧市街は大きくないので、地図を見なくても道に迷っているうちにたどり着けるような感覚です。 高い塔が目印の旧市庁舎 市議 [続きを読む]
  • コンパクトでおしゃれなタリン空港利用記
  •  エストニア首都にあるタリン空港を利用しました。印象としては、空港自体はコンパクトな作りながら、北欧的なおしゃれな雰囲気が随所に感じられる素敵な空港でした。エアサイド まずはエアサイド(制限エリア内)から。私は到着便を利用したので、その順番に沿って紹介します。エプロン タリン空港のターミナルは滑走路の西端にあり、T字型をしています。ちょうどTの横棒が非制限エリアで、縦棒が制限エリア、縦棒の両側に飛行 [続きを読む]
  • airBaltic リガ発タリン行きBT315便搭乗レビュー
  •  ラトビアの国営航空会社、airBailtic(エア バルティック)でリガからタリンまでのフライトの搭乗レビューです。エアバルティックは国営航空会社ながら格安航空会社として生き残る道を模索している様子で、バルト三国を中心にヨーロッパ各地へのフライトを運行しています。概要利用便:BT 315便 リガ (RIX) 15:30発 タリン (TLL) 16:20着航空券:34.98?(公式サイトから購入)機材:Bombardier Q400 NextGen(全76席)航空券の [続きを読む]
  • ラトビアで不動産を購入して定住ビザをもらうことを考える
  •  ラトビアでは不動産の購入によって定住ビザが取得できます。ラトビアはシェンゲン協定に加盟しているので、定住ビザを取得すればシェンゲン協定に加盟しているヨーロッパの国々への行き来が自由にできます。 このような定住ビザは他のヨーロッパの国では例えばポルトガルやスペインなども発行されていますが、最も安く取得できると言われているのがラトビアです。リガのブラッグヘッド会館25万ユーロの不動産購入で定住ビザ取得 [続きを読む]
  • ラトビア・リガの公共交通機関紹介
  •  リガ市内を観光するには公共交通機関が便利です。トラム、バス、ミニバス、トロリーバスの路線が市内をくまなく走り回っていて、一枚のカードで乗ることができます。料金は1回1.15ユーロと格安です。リガ市内の公共交通機関の地図や時刻表は公式サイトに詳しく掲載されているので事前にチェックすることが可能です。①バスとミニバス 空港と市内の間を移動する際にはバスまたはミニバスが便利です。詳しくはこちらの記事(ラト [続きを読む]