hiroaki さん プロフィール

  •  
hiroakiさん: バングラデシュグラフィティ
ハンドル名hiroaki さん
ブログタイトルバングラデシュグラフィティ
ブログURLhttp://aoi20060621.jimbo.com/
サイト紹介文ダッカ・チッタゴンとバングラデシュ5年目を迎えた駐在員の徒然なる日記。
自由文旅行が好きでバングラ国内・近隣の国にちょこちょこっと出かけてます。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供224回 / 226日(平均6.9回/週) - 参加 2016/09/18 17:08

hiroaki さんのブログ記事

  • 新聞より日本ネタ
  • 4月27日のバングラの英字新聞「The daily star」に日本関係の記事が3つ掲載されていたのでご紹介。 1.メトロレール 昨年のテロで話題になったダッカの高架鉄道の工事が進んでいる。 2019年の開業を目指し急ピッチで工事が進んでいる様だ。区間は空港の北のウットラからダッカ中央駅コムラプールの近くの官庁街モティジールまで。 総工費2200億タカ(2860億円)日本からの円借款が1660億(2 [続きを読む]
  • 婚約式に参加してきた。
  • 我社の古参スタッフの御嬢さんの婚約式があったので参加してきた。 場所はチッタゴン・ポートオーソリティ(湾港管理委員会)の中のレストランを貸し切りで。 かなり高級な雰囲気の店。 この御嬢さん仕事は女医さん。御嬢さんとは、数年前御嬢さんが学生の頃ダッカのボジュンドラシティー(デパート)で会ったこともあったし、スタッフのご自宅に招待された時にも何度か合ったことがある。 しっかりはっきりし [続きを読む]
  • バティアリゴルフクラブ
  • 久しぶりにゴルフでラウンド(ハーフで)してきた。 場所は「バティアリゴルフクラブ」。 チッタゴンならではのアップダウンがあり、上級者でも面白いコースらしい。初心者の僕にとっては意地悪コースとしか思えない。 このゴルフコースはバングラ陸軍が運営しており、軍の敷地内なのでセキュリティーもバングラで一番安全な場所に所在している。 しかし、この時期の11時スタートは暑かった。40℃超えの気温の [続きを読む]
  • バングラ相撲
  • バングラ相撲があるのを御存じだろうか? インドには「クシュティ」と言う伝統的な相撲(レスリング)があるが、同様の物がバングラにもある。 その名を「ボリキャラ」。 僕の住むチッタゴン管区で盛んだそうだ(見た事ないけど)。 裸の男が土の上で組み合うので一見相撲にみえるが、ルールをよく聞くとレスリングに近い。 押し出しはなく倒れて背中が土に着いた方が負け。相手のバックをとって投げたりす [続きを読む]
  • haor(ハオール)
  • Haor(ハオール)と言う言葉が最近よく新聞に出てくる。 恥ずかしながら全く知らなかった。 バングラデシュ北東部シレット管区でインド山岳地域から流出する河川により雨期とその後にできる氾濫湖の事をハオールと呼ぶらしい。乾期は農耕地として活用しているそうだ。 ダッカからアシュリアに抜ける道の両側が雨期になると湖になるのでたぶんこんな感じの場所なのだろう。 ハオール付近の住民はこの氾濫 [続きを読む]
  • バングラ人の友人について
  • 仕事ではバングラデシュの人とはよく絡んでおり知人はいるのだが、本当の意味で友人と呼べる人は今のところいない。 距離感が僕とあわない事が多い。 知り合いになり遊ぶことは問題ない。でも、仕事中や深夜に用もなく電話をしてきたりするのは困る。 日本人なら相手が今何をしているか考える。でも今まで知り合ったバングラ人の多くは全く考えない。暇な時ならいざ知らず仕事中で急いでいる時に電話して来て「元 [続きを読む]
  • コンプライアンス
  • コンプライアンス(法令厳守)ってなんでしょう? バングラでは初等教育は5年間、前期中等教育も3年、中期・後期中等教育が各2年の計12年。日本の6・3・3で12年と形は違うが同じ年数。 一応義務教育と呼ばれるものが初等教育。公表上では95%以上が行っていることになっているが実際はそんなに行ってないと思う。お店で茶坊主をしてたり、ぷらぷらしてたりする子供がけっこういる。 実感としては前期・中 [続きを読む]
  • 神様お願い。
  • このところ、夜蚊がいて深く眠れない。 耳元で「ぷーん」ならすぐ起きて殺すのだが、こっそりやってきて寝ている僕の足を噛み逃げて行く。 そして、痒くて起きてしまう。 日本から買ってきた「ベープ押すだけノーマット」をするも、力が及ばない高い天井まで一時退避しまたやって来るのかバングラの蚊には効果がないのかウチではあまり役に立ってない。 1月・4月にまとまった雨が降った為今年は蚊が多い [続きを読む]
  • 春の雨
  • くれないの 二尺のびたる ばらの芽の 針柔らかに 春雨の降る  正岡子規 春の雨は「菜種梅雨」とも言い、しっとり優しい… はずではなかったのか? チッタゴンは、ここ3日ほど毎日が「集中豪雨」である。 一昨日は、雨を伴い夕方からはゴロピカドン。大人になってから雷が怖くて仕 [続きを読む]
  • バングラ国内線
  • 先日、ダッカに飛行機で行った。これがめんどくさかった。 乗った飛行機は「ビーマンエアライン」。この便はジェッタ(サウジアラビア)発チッタゴン経由ダッカで、僕は勿論チッタゴンから乗ったわけだが、機内は国際線の客、チッタゴンから乗った国内線の客がごっちゃになっていた。 ダッカに到着後飛行機は国際線のターミナルに着いた。国際線の客は機内前方から出て、国内線の客は機内中頃から降りバスにのって国 [続きを読む]
  • バングラ産牡蠣
  • 牡蠣が好きです。愛しています。 生でもいいし、フライにしてもいい、焼き牡蠣なんてもう最高。 先日の一時帰国の際、唯一の後悔は牡蠣が食べれなかった事。 と思っていると新聞にバングラで牡蠣(oyster)を採っていると言う記事を見つけた。 初耳である。びっくりしたバングラでも焼き牡蠣が食べれる! 記事を読み進むとラルモニハットのセティ川・ラトナ川で牡蠣を採っている女性達がいるそうだ。 [続きを読む]
  • コックさんは必要か?
  • バングラ駐在の日本人の家または寮にはコックさんを雇っている所が多い。 本当に必要か検証したいと思う。 <コックさんがいるメリット> 帰宅したらすぐご飯が食べれる。 お任せでよいなら献立を考えなくていい。 野菜・肉などの買い物 [続きを読む]
  • 国境について
  • 島国なのでほとんどの日本人は国境問題に直接縁がない。 北海道・根室の知人は「近所の人が漁をしてる時ロシアに拿捕された」と言っていたので僕よりは国境を感じているのだと思う。 バングラデシュは国境の9割がインドと接し、チッタゴン管区の南部のみミャンマーに接しており、歴史的には1971年以前は東パキスタンでその前の1947年以前はインド・東ベンガル州だったので話がややこしい。 バングラ [続きを読む]
  • バングラデシュのGDP
  • 今朝の新聞でバングラデシュのGDP(国内総生産)について書かれていたのでYAHOOで調べました(ナイツ風に)。 2015年のデータですが、バングラデシュのGDPは世界188か国中で何位だと思います? 100位? はずれ 答は46位!予想よりかなり上位。金額にして206億5千万ドル。日本円にして2兆2300億円($1=108円)。中東を除くアジア全体だとなんと13位なんですね。驚きました。 もう開発援助は必要ないんじゃな [続きを読む]
  • 柘植さん送別会
  • 4月15日にお世話になった大使館員の柘植さんの送別会があり、急遽ダッカに行ってきた。 柘植さんは元青年海外協力隊員でバングラデシュでハンドボールの指導をされていて任期満了後、外務省職員になられた。ベンガル語が非常に堪能で何度かバングラの日本大使館に赴任された経験がある。今回の任期は4年8か月だったそうだ。日本人コミュニティーの兄貴的存在で、僕がダッカにいた時、またチッタゴンに移った後もよく飲 [続きを読む]
  • 道路が悪い!
  • 昨日2週間ぶりにバングラに戻ってきたわけだが、まず感じた事は「道が悪い」。日本・バンコクの道路が非常に滑らかだったのでチッタゴンのエアポートロードの凸凹がやけに気になる。補修のつぎはぎが多い。ずっと住んでいるとこんなものかと気にならなかったが… バングラ人の知人によるとワザと道を綺麗にしないそうだ。道が陥没すると補修の仕事ができ道路屋さんが儲かる、役人は道路屋さんからのバック [続きを読む]
  • ポヘラボイシャック
  • 2週間の一時帰国から今日戻って来ました。 いやぁ〜あっという間でした。もっと時間があればいろんな人に会ったりしたかったんですけどね。バタバタしてたら戻る時間になってました。 戻って早々なんですが今日4月14日はバングラ歴の新年「ポヘラボイシャック」なんですね。 今年で1424年だそうです。 何から数えて1424年かは分かりません。笑 自分の年齢もあやふやな人達ですからね [続きを読む]
  • カッタリベールへの旅③
  • ランガマティには午前11時過ぎに到着。 ランガマティには何度か来たことがあるので大体の地理感がある。 時間があるのでガット(桟橋)がある島から本土の方まで3km位歩く。ガットがある島はベンガル人ばかりでチャクマの人はほとんど見れない。 本土の「バナルパ」はチャクマのバザールで狭い道の両側に田舎から出てきた物売りのおばちゃんが並んで商売をして [続きを読む]
  • カッタリベールへの旅②
  • 翌日、朝6時頃起きる。 朝の支度をし桟橋に行くもまだ6時半。出発まで1時間もある。チャドカンで茶を飲んでいるとランガマティまで行くであろうチャクマ族の老御夫婦から声を掛けられる。申し訳ないが僕はチャクマ族ではないのでチャクマ語で話しかけられても分からない。 7時半にランチー(フェリー)がラン [続きを読む]
  • カッタリベールへ行く①
  • 僕の知り合いはこれを読んでないと思い書くので批判はご遠慮願いたい。 以前の話である。その旅行記。 新聞に「kattali beel & pablakhali forest」なる記事が載っていた。 朝8時にチッタゴンオキシジンバスターミナルに行く。カグラチョリ市行きのバスを探すも全て満席。次のバスがいつ来るか分からない。屋根の上ならすぐに出発するバスがあると言う。既に10人位屋根に乗っている。いつになるか分からな [続きを読む]
  • 大阪ダッカ会
  • 4月9日に大阪・天王寺にてダッカ会お花見が開催された。 主催は、元ロート製薬バングラデシュの新井さんファミリー。僕がダッカにいた時は非常にお世話になった。5年前は赤ちゃんだった御嬢さんもしっかりしたお姉ちゃんになっていた。現在は天王 [続きを読む]
  • 葬式と牛とカレー
  • バングラデシュの人達は本当にカレーが好きである。 先日、近親の方のお葬式がありスタッフ2名に行ってもらった。先方からお土産としてカレーを手渡され3時ごろ持って帰って来た。 日本で言う「香典返し」が左の画像の牛のカレーである。確かに美味かったのだが、なんでカレーだろう。不思議だ。 結婚式も新築祝いも普段の食事も全てカレーである。 バングラの方のご自宅にご招待された時も [続きを読む]
  • 補給食料がやって来た。ヤア!ヤア!ヤア!
  • 日本の本社から時々食料が送られて来る。 これは非常に助かる。 一回の飛行機の手荷物は30kg位しか持ち込めない。帰国時、日本製のいろんな物を持ってバングラに行きたいのに醤油やみりんで数kg費やすのは非常にもったいない。ソース・マヨネーズ・乾麺など悪くならない物も船便だと助かる。 手荷物では出来るだけ冷凍モノ、生モノを持って行きたい。 酒類も船便で送って貰いたいがこれはなかなか難しい様だ。 [続きを読む]
  • パイナップルの話
  • 3月中旬から4月末くらいまでがバングラデシュのパイナップルのシーズンである。 画像の様なパイナップル売りが待ちのあちらこちらでみられる。 大きさは日本で見るパイナップルよりやや小ぶりな気がする。味は日本より酸っぱい感じがする。 値段は一個TK30(45円)からTK50(75円)で買うことができる。これは他のフルーツに比べても抜群に安い。これだけ安くても僕がパイナップルを買うのは年1個位。マンゴー [続きを読む]
  • 免許証の更新に行って感じた事
  • 今、帰国して神戸にいます。 今日、運転免許証が失効してたので明石の免許センターまで行ったのですが、日本すごいですね。時間通りに行くと、館内を移動する順番が書いてる紙をもらった。非常に分かりやすくスムーズに事が運ぶ。 実は、本籍が入った住民票を持って行くの忘れてたんですが、「じゃあ」って住民票をとる場所までの地図(タクシーの料金目安まで入ってた!)も用意してくれた。役所が凄い [続きを読む]