ICOR さん プロフィール

  •  
ICORさん: 東京ポストファクト
ハンドル名ICOR さん
ブログタイトル東京ポストファクト
ブログURLhttp://tokyopostfact.blog.fc2.com/
サイト紹介文転職まもない独身平社員が、中古マンションを買ってリノベーションを敢行。
自由文中古マンションを購入し、低予算ながら全面リノベーションに挑戦。妄想と葛藤の日々、その前後周辺で起きたこと、考えたこと…いつか誰かの参考になれば幸いと思いながら、リノベやインテリアに関するテーマを中心に、細々と綴っていきます。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供176回 / 312日(平均3.9回/週) - 参加 2016/09/18 22:08

ICOR さんのブログ記事

  • インテリア・DIYショップDecor Tokyoに行ってみた【後編】
  • ふと思い立って代官山にあるDecor Tokyoを訪れて塗料や壁紙をコーナーをブラブラした前編。後編は床材コーナーからご紹介します。私は以前にも書いたのですがクッションフロアというものが苦手です。(過去記事→クッションフロアをめぐる葛藤)日本のリフォームにはクッションフロアの登場率が高いのだけれど(賃貸だと特にスクラップ&ビルドありき+コスト優先だから?)やっぱりどこか安っぽく見えたりもするし、あの木や石や [続きを読む]
  • インテリア・DIYショップDecor Tokyoに行ってみた【前編】
  • I'm homeがDIY特集で思わず買ってしまいました。私は特にDIYが好きとか得意とかいうわけでもないのですが、我が家のドアや壁を塗ってから気になるようになりました。というか、お金がない中で家づくりを諦められなかったら、自分でするしかないよね?ってことで^^; 興味深い記事があります。7年前に「リクルート住宅総研」が行った世界の主要都市における「入居後の部屋の模様替え、改修経験」の調査によると、「壁や天井などを塗 [続きを読む]
  • 北欧プチプラショッピング・夏の陣
  • 久しぶりにソストレーネ・グレーネに行きました。気になっていたのはこのプラントスタンドなのですが…画像お借りしました。残念ながら表参道店の店頭にはなかったです。。それでもお店に入ってすぐに気になるものを発見!両方とも買ってしまいました。ガラスのキャンドルホルダーは、除湿剤代わりの重曹を入れておく容器として。そしてカラフルなクラゲを閉じ込めたかのような謎オブジェ…デコガラス、という名前だったかな。実用 [続きを読む]
  • 蜂とトンボと木製シンク(妄想リノベ)
  • 今回は昆虫をモチーフにしたインテリアに焦点をあてています。たとえインテリアデザインの一部としても虫を目にするのはすごく苦手!という方がいらっしゃったら申し訳ないです。これ以上は読み進めないか、もしくはざーーーっ飛ばして頂いて最後の方の木製シンク写真が見えたあたりからいかがかなと思います。虫モチーフと関係ないので^^ そんなにグロテスクな模様は出てこないと思いますが、念のため…さて、前回スコットランド [続きを読む]
  • エリンジウムと、グラスゴー発アザミの壁
  • お買い得花束が気に入りまして買いました。名前が思い出せず、えーと、なんだっけ、エリジウム?…と調べてみたら違いました。エリジウム、それはマット・デイモン主演の映画だった^^; 正解は、エリンジウムです。(ほぼ合ってる! 笑)ひらひらと薄い花びらを擁するものと違って、なんとなく強そうな見た目で、涼し気な青。ドライフラワーにも向くという。エアコンを避けたがる主が住む熱帯気候?の家でもなんとか生息してくれる [続きを読む]
  • アートで涼をとる作戦
  • 前々からダイニングテーブルに置いてあるアートプリントNoah's Ark…(関連記事はこちら)端っこのしわしわ感が気になっていました。無印のアクリルフレームだと四辺が隠せないので、目立ちます。前にも書きましたが50cmx70cmのポスターフレームは、意外と売ってない…売っていても、ちょっと安っぽく見えるアルミフレーム?だったり…まあプリントもフレームも単体では気に入っているということで、しばらく放置していました。と [続きを読む]
  • マンションの暑さを思い知る。
  • 旧居(木造アパート)ではほとんどエアコン(冷房)をつけず、扇風機とうちわと保冷剤でいくつもの夏を越えてきたという自負(大げさ^^;)があるのですが、どうやら以前と同じというわけにはいかないなと、最近思っています。。マンションは密閉性があると聞いていたけど、冬(入居した頃)、それなりに寒かったので、意外と夏も涼しいかなと思っていました。しかし。最近は、一日締め切って外出し夜中に帰宅すると、ドアを開けた [続きを読む]
  • ミレニアルピンクと週末の花束
  • 少し前、houzzに「ミレニアルピンク」ってどんな色?という記事がアップされていました。今、話題の「ミレニアルピンク」ってどんな色?「ミレニアルピンク」…またちょっと聞きなれない…と思って写真を見たら、Pinterestで保存したことのある写真がたくさん出てきました。グレーがかった淡いピンクのことをこう言うんですね。好きな色です。最近Pinしたこの辺りも「ミレニアルピンク」かな…?画像お借りしました。自分にとって [続きを読む]
  • 日々、緑とともに。
  • 時々食卓にお花やグリーンを飾るようにしています。これは、青山フラワーマーケットで売っていたグリーン中心の500円くらいの束。普段、花束はプレゼント用でも自宅用でも、自分で選ぶようにしているのですが(知識もセンスもないけど、いろいろ組み合わせてみるのが楽しい^^)これは「その辺で摘んできました」感が気に入ったので。ちょっとクタッとしても、それも味。となるような植物が好きです^^でも店頭で見たときより、ちょ [続きを読む]
  • バルミューダ・グリーンファンの登場
  • 私は夏が苦手です。それなのに、数年前から自宅ではなるべくエアコン(冷房)をつけないようにしています。旧居はすき間風吹く木造アパートで、窓を開けると隣家の裏庭のもさもさとした緑が見えるという環境。冬めっぽう寒い分、夏は風さえあればなんとかなったのでした。電気代の節約とエコを兼ねて、ほとんどエアコン無しで夏を乗り切ること…5年くらい?その間、扇風機すら持っていませんでした。ちなみに夏にエアコン無し生活 [続きを読む]
  • ジャコメッティ展と白壁のポテンシャル
  • ジャコメッティ展を見てきました。一部撮影OK。ミニチュア版もあって…見せ方がちょっと面白かったです。ミュージアムショップで買ったもの。ポストカードは、欲しいと思った展示作品のがなかったのでジャコメッティご本人が作品と一緒に写っているものにしました。そして、ジャコメッティ…ジャコメッtea…ダジャレか!(笑) 最近?ミュージアムグッズで度々見かけるダジャレ系^^; 中身は静岡の和紅茶ですので期待できます^^ ポ [続きを読む]
  • 訪問御礼と1年前と傘立てのとりとめもない話
  • 7月が始まりましたね。年を取ると時間が経つのが早いとの言うのを身に染みて感じています(笑)切りのいい数字が目に留まりました。元々そんなにPVの多いブログではないので^^;カウンターもあまり気にしないようにしているのですが、いつの間にか延べ5000人もの方に訪れて頂いていたとは、有り難いことです。ブログ初心者の拙い記事ばかりかと思いますが、何か、少しでも楽しんで頂けていたら幸いです。昨年の今頃は、不動産屋さん [続きを読む]
  • ペリウィンクルブルーで葉水を試みる
  • 色の名前には明るい方だと思っていたけれど、Pinterestなどを見ていると「2015年のマルサラ」然り、あまり耳慣れない色名が飛び込んでくることがあります。ペリウィンクルブルーもそのひとつ。ペリウィンクル(別名ヒメツルニチニチソウ)というやや紫がかった青いお花に由来するブルーです。画像お借りしました。ペリウィンクルブルーで検索するとパーソナルカラーのタイプ別で似合う色などで紹介されていたりするので、私が知ら [続きを読む]
  • 新築or中古?人気設備とリノべ展
  • マンションを買うなら、中古か、新築か…。よく議論されるテーマのようですが、私の場合は1秒もたりとも迷ったことがありません!100%、中古でリノべ派!…とまあ、自慢げに声高に言うほどのことはなく、単に、希望エリアで新築を買うなどという財力が、私には一切備わっていなかっただけの話です^^; 時々、単身でも頭金が無くても無理なく買えますという新築マンションの広告も見かけます。綺麗な外観や共有スペース、耐震性に優 [続きを読む]
  • いきなり「緑化計画」?
  • 賃貸時代から何度か観葉植物の育成を試みては、ことごとくダメにしてしまっています。旧居は特に冬はすごく寒くて容赦なくエアコンをつけていたし、逆に夏は扇風機だけで越すという年間を通して過激な気候- -; 多くの植物は陽当りがよくて風通しのいいところで育つようだけど、今思えばその環境にはなかったと思う…。それに独り身で家は空けがちだし…←これについては、ひとり暮らしでもちゃんと植物を育てている人もいるので、 [続きを読む]
  • アメリカ各州で人気のペイントカラー…自分の家なら?
  • ELLE DÉCORのサイトに興味深い記事を見つけたので備忘録代わりにこちらに記しておきたいと思います。出典こちらです。http://www.elledecor.com/design-decorate/color/a10208437/most-popular-paint-colors-by-state/BEHRというアメリカの塗料メーカーが、アメリカの各州で売れている色を発表したそうです。(どこでもポピュラーなのはやはりニュートラルカラーのようですが、近隣の州と比較して売れている色、ということらしい [続きを読む]
  • やってみたかった「欄間」リノベ
  • 私は欄間のある家で育った…わけではないはずなのですが、なぜか欄間が好きです。どうしてなのか、ちっともうまく説明できないけど、とにかく惹かれる(笑)和室に、開放感のある高窓。遊びに行った親戚の家か、旅館の思い出とでも結び付いているのかなあ。もし欄間があるような和室をリノべするなら、ぜひ残したいと思う様式です。今はなかなか欄間のある部屋というのはないかもしれません。リノベ前の我が家も、かつて和室だった [続きを読む]
  • インテリア花模様
  • 生地屋さんに行くと、花模様の布を手にとることが多いです。花柄大好き一番好き!というほどでもないのですが、様々な色やバリエーションがあるのでコレクター魂(?)が騒ぐのだと思います^^リビングとウォークインクローゼットのカーテンはそれぞれ花柄。待機中(用途未定)の布も花柄。これ以上の花を増やしてどうするんだどの方向に行くつもりなんだと、自分を戒めている最中です。お花、好きなのですが、生花にしろインテリア [続きを読む]
  • 今さら気になる”2015年の色”マルサラ
  • 毎年発表されるPANTONEの「今年の一色」。2017年はGreenery という若草のような緑色ですが、私が今ちょっとハマっているのは、遅まきながら2015年のMarsalaという色です。(特にこの色の何かを買ったとか実際インテリアに採り入れたとかではなく…単にPinterestとかhouzzでやたら検索しているだけですが^^;) 画像お借りしました。マルサラって聞いたことあるような無いような響きでしたがシチリア島の「マルサラ酒」というお酒から [続きを読む]
  • ソファの研究(キャメルバックなチッペンデールに憧れる)
  • 税金の支払い通知が来るまで、頭の中がソファでいっぱいでした。ソファについてはリノべが終わる前からずっと思いを馳せていたのですが(過去記事?長椅子の曲線美)、無くても日常生活に困るわけではないのでいまだに後回しにしてしまっています。私のコンパクトなリビングとお財布事情、そのくせ「簡単に妥協はできぬ」などと身の程知らずな執着を見せるため、何にも決まらないこと数か月。。そして、さすがにそろそろ!と重い腰 [続きを読む]
  • 固定資産税という現実、海外ドラマという夢。
  • 自分でマンションを購入したという実感があまりないままに日々が過ぎています。一方で、この間ふと、もうずいぶんとこの家に住んでいるような錯覚を覚えました。1年前の自分はまだ我が家に出会ってすらいないというのに。まだまだ発展途上の家なのですが、少なくともすっかり「自分の居場所」という気にはなっているというか…マーキングした猫みたいなものですかね(違うかも)しかし、実感がないとか言っている場合でもない。と [続きを読む]
  • 「サマーフリンジ」でベッドルームの夏支度
  • ベッドリネンが無駄に豊富な我が家。きっとミニマリストさんはうちでは暮らせません^^; 今週のベッド(掛け布団)カバーは鳥と花の刺繍が施されたものです。ちょっと、しわしわですが、、ニトリのものすごーく薄い羽根布団(真夏以外出ずっぱり)だと、厚味が無くて掛け布団カバーが余ってしまいがちだからしょーがない。ということにしています^^; 配色やデザイン、そして「繊細すぎない」ところが好き^^ そういえばこのカバーの [続きを読む]
  • 増殖する花器と花のある暮らし
  • 食器ですらしまう場所に困っているのに、花器まで増えてきちゃって、どうしてくれよう(←自己責任です^^; )左から、フライングタイガー、ロイヤルコペンハーゲン、MOMO natural、そして、フラスコ(笑)です。もうひとつ100均で買ったのもあるけど…海外旅行のお土産でもらった鉛筆が挿してあって、花瓶としては機能していないのでカウントしないことにする! 引越してからお花を買うことが多くなりました。思い返せば賃貸時代も [続きを読む]
  • ロンドンのホテル"The Rockwell"
  • ここ数年、旅する機会があまりありません。長期ローンを抱えた今、お金のかかる旅行からはますます遠のいた気もします^^; でも元々、旅が趣味です!というほどではないので、今のところさほどストレスには感じていないようです。若かりし頃は今よりもっとお金がなかったから海外でホテルなんて泊まれるわけもなく、イギリスだったら安いB&B、ニュージーランドに居た時はバックパッカーの大部屋を渡り歩く旅でした。それはそれで楽 [続きを読む]